ここから本文です

投稿コメント一覧 (16コメント)

  • >>No. 683

    証券会社に吹き込まれて、変な形での増資をして失敗。まあ、会社側としては既存株主に配慮したつもりだったんだろうけど、裏目に出てダラダラ下げを招いて増資中止。それに対する経営側の説明が実質リリース1枚だけで、いまにいたっても大して説明してない。
    つまり社長のワンマン体制化していて、トップにしっかり諫言できる財務や証券業務に強い側近が社内にいないか、うまくワークしていないのでは、という疑念を呼ぶ。
    また増資失敗で、これから業績を伸ばしていく段階での資金調達に関する不安を招来(コレは実際には問題ないと思うけど)。
    さらに外形的な条件はとっくに満たしているのに、いつまで経っても「過去のコンテナ設置に関する建築基準法遵守の件うんぬん」で一部昇格に向けて動く気配がなく、あまりにその期間が長いので「過去の契約などとの関係で、短期的に解決できる目処は立っていないのでは?」との疑念を呼ぶ。
    そうこうしているうちに景気が悪化してきて、守りの体制に入るとHPで社長が宣言。コンテナの稼働率などについても悪い予想をする人が出始める。
    配当利回りなどはいいので、長期投資にはいいかもしれないけど、もう少し下げるんじゃないかとの思惑で、利確したり買い控えてる人が多いから、現状はダラダラ下げてるんじゃないでしょうか。

  • これ、分割後の優待は据え置きなんだろうな。変更の記述がないし。
    とすると、分割後100株6万円で1000円なら総合利回り4%前後だから、このあたりで下げ止まるかな?
    長期だと6%近くまでいくから、優待エアバッグのラインにあると感じる。

  • ここが1部昇格するには、単位株数の100株への引き下げと、立会外分配or売り出しによる流通株式数比率の引き上げが必須。
    株主1、2位はどちらも長井家の支配会社(パーソンズ・ブリッジ→社長:長井博、ベストライフ→社長:長井力)で、3位の長井博實氏まで入れたら71.5%の株を長井家が保有している。
    1部に認められるには、これを最低限65%にまで落とさないとダメ。
    その他の昇格条件はすでに満たしている。
    結局、長井家のなかで、持ち株比率についてのなんらかの合意がないと1部昇格はないでしょ。
    逆に言えば、その辺りに関係する開示が出てくれば、1部昇格に向けて動き出した、ということで間違いないはず。

  • ほかの考慮要因としては以下の2点。

    ・マザーズ10年ルールでは、マザーズ残留を選択(2015年4月)
    ・掲載期限が切れたのでもうネット上には残っていないが、マイナビの採用記事に社長の「1部昇格をめざす」発言が過去あった。

    ......売り豚の人、突然死しないように気をつけてね!

  • あと、前回の検証に1箇所ミスがあったので念のため再掲載。
    とはいえ結論は変わらず、1部昇格要件は全てクリアずみ(2015/07/29時点)。


    マザーズ→一部直接昇格 形式要件A
    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/transfers/02.html

    ◎株主数 2,200人以上→10,500人 OK
    ◎流通株式 流通株式数 2万単位以上→約9482万単位 OK
          流通株式時価総額 20億円以上→約142億 OK
          流通株式数比率 35%以上→75% OK
    ◎売買高 月平均売買高200単位以上→1日2万単位以上 OK
    ◎時価総額 40億円以上→199 億 OK
    ◎事業継続年数 3年以上前から事業活動 OK
    ◎純資産の額 連結純資産10億円以上→修正:135億 OK
    ◎利益の額又は時価総額 次のいずれかに適合すること →利益額でOK
    最近2年間の利益額総額5億円以上→28.87億<13.12+14.12,純利益> OK
    時価総額500億円以上→199億 不可
    ◎虚偽記載又は不適正意見等→なし OK
     最近5年間「虚偽記載」なし→なし OK
     最近5年間「無限定適正」「除外事項を付した限定付適正」なし→なし OK
     次の(a)(b)に該当しないこと
     (a)最近1年間の内部統制報告書に「評価結果を表明できない」旨の記載→なし OK
     (b)最近1年間の内部統制監査報告書に「意見の表明をしない」旨の記載→なし OK
    ◎株式事務代行機関の設置 東京証券取引所承認の株式事務代行機関に委託→三菱UFJ信託 OK
    ◎単元株式数 100株→100株 OK
    ◎株式の譲渡制限 申請に係る株式の譲渡につき制限を行っていないこと→なし OK
    ◎指定振替機関 指定振替機関の振替業の取扱い対象であること→2009登録済み OK
    ◎合併等の実施の見込み 次のいずれかに該当しないこと→? こればかりは当事者でないとわからない
     合併、会社分割、子会社化、非子会社化、事業の譲り受け、譲渡を行った場合、又は2年以内に行う予定があり、申請会社が存続会社でなくなる場合
     申請会社が解散会社となる合併、完全子会社化、株式交換、株式移転を2年以内に行う予定のある場合
    ◯その他、内部統制等についての的確要件調査→OKのはず

  • マザーズ10年ルールと東証1部昇格について、ここで制度について議論しても意味ないので、東証に直接問い合わせてみたら回答があったぞ。
    結果は予想通り。私信なので概要のみ転載。


    Q. マザーズ10年ルールで、対象企業は1部昇格も選択できるのか?

    A. 東証有価証券上場規程第2編第3章第5節(第316条・第317条)において規定される、マザーズ上場10年経過後の市場選択制度のもとで、上場会社が選択するのは「マザーズ残留」か「東証二部への市場変更」のいずれか。
    上場会社が、この選択を迫られる時期に近接して一部市場への市場変更を希望する場合は、上記の市場選択制度における市場選択とは別に、東証有価証券上場規程第2編第3章第4節(第312条以下)において規定される、通常の市場変更制度に基づいて一部市場への市場変更申請をする必要がある。


    Q. マザーズ10年ルールでの市場選択後、対象企業は市場変更を5年間制限されるのか?

    A. そのようなことはない。10年ルールでマザーズ残留を選んだ場合であっても、その後短期間のうちに別市場への市場変更申請を行うことは可能。

  • やはり、基準Aでほぼ完全に条件をクリアしていますね。
    合併等の予定についてだけは、当事者でないとわからないので保留です。
    あとは万が一の粉飾がなければ、問われるのは昇格への会社の意志だけです。

  • 1部昇格要件について、現在時点の情報で再検討してみました。
    もちろん、こんな面倒なことをした理由は、思惑を呼んで値上がりしてほしいからですw

    マザーズ→一部直接昇格 形式要件A
    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/transfers/02.html

    ◎株主数 2,200人以上→10,500人 OK
    ◎流通株式 流通株式数 2万単位以上→約9482万単位 OK
          流通株式時価総額 20億円以上→約142億 OK
          流通株式数比率 35%以上→75% OK
    ◎売買高 月平均売買高200単位以上→1日2万単位以上 OK
    ◎時価総額 40億円以上→199 億 OK
    ◎事業継続年数 3年以上前から事業活動 OK
    ◎純資産の額 連結純資産10億円以上→単189.13億 OK
    ◎利益の額又は時価総額 次のいずれかに適合すること →利益額でOK
    最近2年間の利益額総額5億円以上→28.87億<13.12+14.12,純利益> OK
    時価総額500億円以上→199億 不可
    ◎虚偽記載又は不適正意見等→なし OK
     最近5年間「虚偽記載」なし→なし OK
     最近5年間「無限定適正」「除外事項を付した限定付適正」なし→なし OK
     次の(a)(b)に該当しないこと
     (a)最近1年間の内部統制報告書に「評価結果を表明できない」旨の記載→なし OK
     (b)最近1年間の内部統制監査報告書に「意見の表明をしない」旨の記載→なし OK
    ◎株式事務代行機関の設置 東京証券取引所承認の株式事務代行機関に委託→三菱UFJ信託 OK
    ◎単元株式数 100株→100株 OK
    ◎株式の譲渡制限 申請に係る株式の譲渡につき制限を行っていないこと→なし OK
    ◎指定振替機関 指定振替機関の振替業の取扱い対象であること→2009登録済み OK
    ◎合併等の実施の見込み 次のいずれかに該当しないこと→? こればかりは当事者でないとわからない
     合併、会社分割、子会社化、非子会社化、事業の譲り受け、譲渡を行った場合、又は2年以内に行う予定があり、申請会社が存続会社でなくなる場合
     申請会社が解散会社となる合併、完全子会社化、株式交換、株式移転を2年以内に行う予定のある場合
    ◯その他、内部統制等についての的確要件調査→OKのはず

  • >ふぁんとむさん
    1部への直接昇格要件を満たしていたことは間違いないと思います。ただ、先ほどの東証のページの図を見ていただけると、10年ルールによる市場選択のところで例示されているのは、2部かマザーズのみになっています。
    ですから、2部への移行はパスした上で、すぐに1部への直接昇格をしたとしても、ルール上は特に問題ないのではないかと思ったわけです。

    もとよりマザーズの市場の理念は1部への直接昇格の準備市場ですから、5年縛りなどは意味がないはず。むしろそれができそうになくなってしまった企業を、2部に追い出すのが10年ルールなのでは?
    だとすれば、もしいぜんに社長がな1部昇格を口にしていたのであれば、数年以内には1部への直接昇格があるのではと考えた次第です。

    まあ、すべては推測なのですが。

  • エリアリンクが今年4月に、マザーズ10年ルールでの2部市場へのを移籍をけったのは確かだけど、それで今後5年間は市場変更できないと判断するのは、なにかルールを誤解しているのでは?
    マザーズ10年ルールは、あくまでマザーズから2部への移籍をなかば強制するものであって、それで他市場、たとえば1部への移籍を制限するものではない気がするのだが....自分自身も4月時点では多少誤解していたところがあったのだけど、その後東証のHPなどをよく読むと、この10年ルールは1部への直接昇格とは何の関係もない、としかどうしても読めなかった。

    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/mothers/index.html

    そもそも東証は、マザーズを1部への直接昇格を目指す新興企業向けの市場として位置づけているわけだから、2部への移籍をエリアリンクが蹴ったのは、もしかしたら1部への直接昇格をめざしているからなのかな〜と最近は考えている。
    そのための昇格要件はすでに全部クリアしているのだし、5年後の市場再選択(マザーズor2部)と、1部直接上場は関係ないのだから。
    この会社の経営陣は保守的だから、事前に1部昇格をめざすことを公言するよりは、多分、承認されてからリリース出すタイプだと思うし。

    まあ、昇格についてはあまり期待しなくても、業績だけでも十分買えると判断しているので、私自身は当面は鬼ホールドです。

  • 株価と業績にいきおいが出てきたら、また1部上場も話題になるかもしれませんね。
    昇格の要件はもう満たしているはずで、さらに2部昇格をパスしたということは、経営陣は1部への直接昇格を目指している可能性ありますしね

  • マザーズ残留か、一部か二部への昇格の選択期限は4月14日までに行う必要がある、と理解しています。
    ご存知かとは思いますが、以前の求人広告で一部昇格を目指す旨の発言がありましたから、最低限2部昇格で、マザーズ残留はないのではないかと期待しますが、さて? 
    ご指摘通り、1部昇格の条件も満たしていますから、当然ながら個人的は一気に一部昇格を期待します。

  • >>No. 1019

    なるほど。それほど大きな障害ではないわけですね。
    とはいえ、治療はシーズン前にはじめなければならないはずなので、今シーズンの利益寄与はいずれにせよ限定的かとは思います。
    しかし、一般への周知がコレから本格的に始まると思えば先高期待。そもそも高脂血症薬も好調だし、HIV薬もあるしと、前向き材料が多くて売り焦る必要はなさそうです。
    こんどの日本アレルギー学会の講習会にも期待したいですね。

  • No.1016

    様子見

    売りどきに悩むな

    2013/11/20 13:52

    無事に承認されたものの、一定の研修を受けた医師のみによる治療ということは、どちらにせよ次の次のシーズンからの現場投入なんですかねぇ。実際の利益への反映はまだまだ先か。。。
    でも、期待でしばらく上げそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ