ここから本文です

投稿コメント一覧 (50コメント)

  • 第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、DS-8201(HER2 に対する抗 体薬物複合体(ADC)*1)の日米共同第 1 相臨床試験(以下「本試験」)における、HER2 発 現の胃がん患者を対象とした安全性と有効性に関する最新データについて、米国カリフォル ニア州サンフランシスコで開催中の米国臨床腫瘍学会 消化器癌シンポジウム(ASCO-GI) 2018 で発表しましたので、その概要についてお知らせいたします。

    本試験のHER2発現胃がんまたは胃食道接合部腺がんの患者を対象とした安全性について は、グレード3*2の有害事象として、貧血(24.4%)、好中球数減少(15.6%)、血小板数減 少(13.3%)、白血球数減少(11.1%)等がみられました。グレード4*2の有害事象として、 血小板数減少(4.4%)、白血球数減少(4.4%)、好中球数減少(4.4%)がみられました。

    第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、DS-8201(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)*1)の日米共同第1相臨床試験(以下「本試験」)における、HER2発現の胃がん患者を対象とした安全性と有効性に関する最新データについて、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の米国臨床腫瘍学会 消化器癌シンポジウム(ASCO-GI)2018で発表しましたので、その概要についてお知らせいたします。

    本試験のHER2発現胃がんまたは胃食道接合部腺がんの患者を対象とした安全性については、グレード3*2の有害事象として、貧血(24.4%)、好中球数減少(15.6%)、血小板数減少(13.3%)、白血球数減少(11.1%)等がみられました。グレード4*2の有害事象として、血小板数減少(4.4%)、白血球数減少(4.4%)、好中球数減少(4.4%)がみられました。
    本試験のHER2発現胃がんまたは胃食道接合部腺がんの患者を対象とした有効性については、トラスツズマブと化学療法による前治療を受けた患者44名において、全奏効率*3は45.5%(20名/44名)、病勢コントロール率*4は81.8%(36名/44名)でした。また、患者44名のうちトラスツズマブとイリノテカンによる前治療を受けた患者23名において全奏効率は43.5%(10名/23名)、病勢コントロール率は82.6%(19名/23名)でした。
    現在、HER2を標的としたトラスツズマブによる治療後に進行したHER2発現の再発・進行性胃がんに対し標準的に使用されている抗HER2療法はありませんが、今回発表した本試験の最新データにより、胃がん患者におけるDS-8201の有用性が改めて示唆されました。DS-8201は、現在、HER2陽性の再発・進行性胃がん患者を対象とした日韓共同第2相臨床試験を実施中です。
    以 上

    *1 抗体薬物複合体(ADC)とは、抗体医薬と薬物(低分子医薬)を適切なリンカーを介して結合させた医薬群で、がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体医薬を介して薬物をがん細胞へ直接届けることで、薬物の全身曝露を抑えつつがん細胞への攻撃力を高めた薬剤です。
    *2 米国国立がん研究所(NCI)の有害事象共通用語規準(CTCAE)で規定された重症度を意味し、グレード1~5に分類されます。
    *3 全奏効率とは、腫瘍が完全に消失または30%以上減少した患者の割合です。確定した全奏効率を意味します。
    *4 病勢コントロール率とは、全奏効率に、腫瘍が安定している状態(腫瘍が30%未満減少~
    20%未満増加)の患者の割合を加えたものです。

  • 4,000円は通過点だったと2年先に思いたい。

  • 『三歩進んで二歩下がる』がちょうどいい

  • 8201次第では7,000円も現実的に

  • 2018/02/02 10:10

    RobecoSAM 社の 2018 年サステナビリティ格付けで「シルバークラス」に選定

    第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、世界の代表的な社会的責任投資 の評価機関である RobecoSAM 社*1 が発表した企業のサステナビリティ格付けにおいて、医薬品産 業の「シルバークラス」に日本企業として初めて選定されましたので、お知らせいたします。

    シルバークラスは各産業において最高スコアを獲得した企業との得点差が1~5%以内のスコ アを獲得した企業が認定されるもので、当社の取り組みでは、気候戦略を含む環境分野全体が特 に高く評価され、ガバナンスを含む経済分野では行動規範やマテリアリティ*2、社会分野では労 働安全衛生や健康アウトカムへの寄与および医薬品へのアクセス改善戦略が高く評価されていま す。

    なお当社は、S&P Dow Jones Indices 社と RobecoSAM 社が提供する ESG 投資*3 指標である「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)*4 」の World Index にも、2017 年に日本の医薬品企業と して初めて選定されています。

    当社は今後も、企業理念である「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応え る医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する。」を実践し、社会的責 任を果たし、持続的な企業価値向上を目指し、ステークホルダーの皆さまから信頼され存続を望 まれる企業となるべく努力を続けてまいります。

  • 今日の日経が大幅ダウンしてる中、-2円は満点!!

  • DS-8201の「先駆け審査指定制度」対象品目指定について

    第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、厚生労働省より、DS-8201(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)*1)が、がん化学療法後に増悪したHER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃がん患者に対する治療として、先駆け審査指定制度*2の対象品目に指定されたことをお知らせいたします。
    今回の先駆け審査指定は、HER2発現の胃がん患者を対象に、DS-8201の安全性と予備的有効性を評価した第1相臨床試験の中間結果に基づくもので、本結果は2018年1月に開催された米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム(ASCO-GI)で発表されました。
    DS-8201は、米国食品医薬品局(FDA)より、HER2陽性の再発・転移性乳がん治療を対象として画期的治療薬(Breakthrough Therapy)指定およびファストトラック指定も受けています。現在、複数のHER2発現がんの患者を対象とした第1相臨床試験に加え、HER2陽性乳がん、HER2発現胃がん及びHER2発現大腸がんの患者を対象とした3つの第2相臨床試験を実施中です。
    当社は、がん患者さんに新しい治療の選択肢を提供できるよう、DS-8201の開発を加速させてまいります。
    以 上
    *

  • 各位
    2017年8月7日
    会社名 第一三共株式会社
    代表者 代表取締役社長 眞鍋 淳 
    (コード番号 4568 東証第1部)
    問合せ先 常務執行役員コーポレートコミュニケーション部長 石田 憲昭
    TEL  報道関係者の皆様 03-6225-1126
    株式市場関係者の皆様 03-6225-1125
    iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について

    第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、大阪大学発ベンチャー企業のクオリプス株式会社(所在地:神奈川県横浜市、以下「クオリプス」)への出資およびクオリプスが開発するiPS細胞*1由来心筋シートの全世界での販売オプション権に関する契約を締結しましたのでお知らせいたします。
    iPS細胞由来心筋シートは、ヒトiPS細胞から作製した心筋細胞をシート状に加工した他家細胞治療製品*2です。心臓移植や人工心臓装着以外に有効な治療法がない重症心不全患者の心臓に本製品を移植することにより、心機能の改善や心不全状態からの回復等の治療効果が期待されています。
    大阪大学 大学院医学系研究科 心臓血管外科学(澤 芳樹教授)では心臓疾患を対象とした細胞治療研究の最先端の成果をもとに、iPS細胞由来心筋シートの研究開発にAMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の再生医療実現拠点ネットワークプログラムとして取り組んできました。現在、臨床研究及び医師主導治験の開始に向け準備を進めています。
    クオリプスは、大阪大学の技術・研究成果をベースに、iPS細胞由来心筋シートの開発・事業化を図る目的で設立された大阪大学発のベンチャーです。
    当社グループでは、iPS細胞由来心筋細胞及びその製造方法に関する研究を行っており、現在、実用化を見据えて効率的な生産技術の開発を進めております。
    今後、両社は、世界に先駆けたiPS細胞由来心筋シートを用いた重症心不全治療薬の実用化を目指してまいります。 
    以 上

  • 来月には1,000円台に戻るね

  • 本日前場で全て売りました。十分儲けさせてもらいました。

  • 昨日2,730円で6,000株売りました。
    2,000円割ったら再度購入します。6月中旬には買えるでしょう。

  • 私の予想通り今月は2,000円割れしそうですね。

  • 私の予想通り今月は2,000円割れしそうですね。

  • 来週中には2,000円を割り込むでしょうから買い戻します。

本文はここまでです このページの先頭へ