ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • >>No. 971

    そうですね

    まあ毎年これからって言ってるような気もしますけどね

  • >>No. 969

    でも成果がほとんど得られていないという評価ですが

  • >25%という中途半端な状態(現在は伊藤忠の持ち分法適用会社)で経営に全くグリップが利かない。

    でも25%前後の持株比率の持分法適用会社なんて伊藤忠には腐るほどありますよね?
    例えばここでよく取り上げられるCITICも確か2割?だったと思います

    岡藤氏は何を怒っているのでしょうか?
    CITICとの提携がうまくいかなくて当たり散らしてる可能性もあると思いますよ

  • まあ株式市場さんもたまに的外れなことを言うけどね

    ユニー早期売却はあり得ないって言ってたけど誰が見ても子会社化した上で、処分するのは見え見えだった
    そう言う記事も出ていた

    まあ概ね役に立つ情報の方が多いけどね

  • デサントのことは株式市場さんも何か言ってましたね

    やはり株式市場さんの情報や分析が無いと不便ですわ

  • ユニーの行方。ドンキへの早期売却はありえない。

    ユニーに関しては、「伊藤忠はコンビニだけが欲しかったのでユニーは早晩ドンキに売却するはず。」
    「ユニーは子会社をどんどん売却させられ最後は本体も売られる」
    という見方があるが、これは商社ビジエンスや岡藤伊藤忠のやり方を全く理解していない見方だ。
    理由は
    1)商社は(プライベートイクイティ)ファンドではないので、事業の売却益だけを考えていない。
    2)小売店は、商社のビジネスの最終ラインであり、川上から川下までのビジネスの最重要パーツである。
    3)コンビにもGMSも、ネットビジネスと対抗するための消費者個人情報収集機能がある。
    からである。
    また、岡藤伊藤忠はドラスティックなようで実は温情主義、慎重な意思決定、人を大切にした経営を重視している。
    例えばユニーとドンキの複合店6店は成功しているが、それを急速に全店に広げる愚策は採らない。
    ユニー側にもプライドとモチベーションがあるからだ。
    実は、複合店では「勝手が違ってうろうろしているユニーの中堅社員」を数多く目撃した。
    彼らの意識改革がどうできるかが重要である。
    今年度は、儲かっているユニー10店舗ほどで、「ドンキ流のディスプレイも施した100%UNY」を
    ユニー社員だけで改装し運営してみるチャンスを与え、ユニー社員の意識改革と成功体験作りに時間をかける。
    それらの店の売り上げが計画を上回れば、伊藤忠はユニーをドンキに売る理由はなくなる。
    要は、農耕型社員から狩猟型社員への意識改革だろう。
    しかし、「売ってなんぼ」の岡藤伊藤忠は、計画未達の時にはユニー全店のドンキへの売却を含むリストラも
    視野に入れるだろう。
    「ドンキ流のディスプレイも施した100%UNY」の成功か否かが日本のGMSビジネスの将来を左右すると言っても過言じゃなと思う。
    ユニーが復活できれば、ファミマと併せ、世界のネット小売と対抗できる国内小売プラットホームを築く事ができると思う。

    https://textream.yahoo.co.jp/message/1008001/0kfa3cibea6bbv/21/569

  • >>No. 867

    超高材料でしょう

    伊藤忠が欲しかったのはあくまでコンビニでGMSの方はいらなかった
    これでファミマの問題に完全にかたがつきましたね

    残るはいよいよCITICか

    本命の提携案件、減損をどうするのか?

    提携は諦め減損処理して岡藤氏は責任をとって退任と言うのもあり得ると思いますよ

  • スクープ ファミマ、ユニー全株をドンキに売却検討

    あらら株式市場さんの予想が大外れ
    株式市場さんはユニー売却はあり得ないと言っていた

    だから逃げたんだな

  • しかしCITICは何故岡藤CEOの責任問題にならないのであろうか?
    CITICは岡藤氏が押し切った案件と何かで読みました
    岡藤氏は他人の言い訳は許さないくせに自分に甘いのでは?

本文はここまでです このページの先頭へ