ここから本文です

投稿コメント一覧 (63コメント)

  • 1927年 パールバックは南京事件の難を避けて日本に避難している。 ティーンエイジの頃は自分はシナ人と思っていたシナびいきの人が。

  • >>No. 51

    岡ノ谷一夫氏の考えはわかりませんが、恐らく進化論は評価しているでしょう。 
      私の疑問は「個々人は義務とは無関係に同等な権利を持つ」という公準が、彼の言うようにそれほど重要で美しいことなのか?という疑問と、サルでもこの公準に近い本能を持っているように思うし、逆にヒトの場合でも「公準」と呼ぶほど精神の中に定着しているのか?という疑問です。

  • 「個々人は義務とは無関係に同等な権利を持つ」ことを公準とするがゆえに、ヒトはヒトなのである。 この公準は、ヒトが数万年かけて手にした最も重要で美しい知恵である。 これを捨てれば元サルはサルに戻る。
      同等な「権利」を持つ、その権利とはいかなるものか? ヒトの命に軽重はない、ということか? 通常の社会的「権利」をもし平等に持たせれば、社会はどうなるか・・? そしてこの、命に軽重はない、はヒトだけに限られるのか? もし限られるとすれば、サルでも宗族、種族を他と区別しているから、ヒトのヒトたるゆえん、という話はおかしくはならないか? 
      義務の問題他色々と疑問が湧いてくる言説だが、書いた人は岡ノ谷一夫(生物心理学者・東大教授)で、ジョナサン・マークス著「元サルの物語」に対する書評の中の一節である。

  • >>No. 44

    あこがれてるんではないのです。 優秀な人たちがいっぱいいて、色々対策を打っていたのに赤字を解消できず、ある日キョウセラの社長や、頭脳的には特に優秀とも思えない(もち優秀な人もいますが)人たちが一発で赤黒逆転させるのを目の前に見ていると・・中の人はそれまでなにをやっていたのか?と色々想像はできるものの現実はどうなのか知りたいわけです。 
      特に三菱、新造船が4年で真っ二つになったり、1000億で契約した船が、設計変更に次ぐ設計変更で2400億もかかったり、その新造船の船内で三度もボヤを出したり、航空ではMRJの相次ぐ引き渡し延期や設計変更・・いったいどうなっているの三菱、三菱、ひいては日本の製造業は大丈夫? なにか今までにない変革が起こっているのじゃあないか、それも全日本的な、と思ったのですよ。 で現場のことに詳しい人の意見を聞いてみたかったのです。

  • >>No. 42

    外国人が入ると一気に黒字になる、とはもちろん言えませんが、しかしゴーンやホンハイの場合いかにも劇的ではないですか。 それまで秀才がわんさかいる社内で、ああでもないこうでもないと対策を講じた挙句どうにもならなかったのにですよ。 東芝・・特に三菱は船舶、航空、電気、重工と軒並みヘンではないですか? それも設計段階での変調が多いらしいのですが・・? よくはわかりませんが、製造業の現場で何が起こっているのか、一国民として知りたいのですよ。

  • >>No. 39

    それはそうなんですが・・ だけど赤字の製造業に外人の手が入ると一発で黒字化する、ことが多いという事態が私にとっては疑問なんです。 また日本が外国企業を買収してもその後がうまくゆかないことが多いですよね。 まあその辺のところが知りたいわけです。

  • >>No. 37

    教えてくださいよ、なぜ日本の製造業が自動車を除いて思わしくないのか・・是非。 一国民の疑問です。

  • >>No. 31

    だがゴーンの例もありますし、ホンハイに買収されたシャープも今期は黒字だそうです。 ソニーの出井さんは技術系だけどあまり活躍できませんでした。 ま、その前がオペラ歌手で、あれは盛田さんの失策だったと、後追いで言えますが。 偉い人たちが掃いて捨てるほどいる一流企業で、技術系であれ文科系で社長の陣頭指揮下で色々対策を打っても万策は付き・・しかし後から来た外国人がいともあっさりと経営を立て直す。 これをなんと解釈すべきか・・

  • >>No. 29

    企業の勃興期には、製造業は理科系の、貿易や資源、販売などの業種は文科系がいいのかもしれませんが・・それよりなにより「ヤル気」でしょう。 日本でもシナでも韓国でもさらには東南アジアやアメリカ、ヨーロッパでも、会社勃興期の社長つまり創業者社長の意欲はすごいし、それが企業を大きくした一番の原動力です。 日本の戦後復興は、戦後のどん底から抜け出ようとすることがモチベイションになりましたが、会社を大きくしたい、カネを儲けたいなど・・強く意欲して行動を起こす人であれば理科系文科系を問いませんよ。 そういう意味で今の日本には原初的なモチベイションを強く持っている経営者はいないのでは? 大学で経営学を学んでも世の中そのとおりにはなりませんからね。 本当に意欲するのでなければ道は開けません。
      それに言い難いのですが・・今経営のトップや上層部にいる人たちは、今からン十年前、我々が「新人類」さらには「宇宙人」と呼んでいた、呼ばざるを得なかった人たちのようですし・・

  • キミの好きなように書き込みなさい。 ジャマのようだからサヨウナラ。

  • >>No. 549

    キミも疑い深い、病的に疑り深いな、その上わたしのパスワードまで探るとは。 これはヤフージャパンの失態です。 なぜばれたのか、しっかり検討反省して体制を整えないと信用を落としますよ。PC音痴で、ヤフージャパンに登録したパスワードが漏れる、ということがどれほどの問題か判然とはしませんが・・大問題のような気がしますよ、ヤフージャパンさん。 是非回答をお願いしたい。
      それにキミ、話していて年寄と感じないかい? 75歳だよ。 よほど三菱にウラミそれもおそらく個人的なウラミがあるらしいけど、その「個人的」を梃にはしてもそこを乗り越えないとキミの三菱糾弾には説得力がないよ。

  • >>No. 546

    途中から目の前の投稿に反応しただけ。 キミの推測は当たっていない。 わたしは三菱となんの関係もナイ一国民。
     燃費不正根本には外から新聞記事だけを見ていると二つの問題が大きいと思う。 一つはシナとのつながり、シナ国産自動車のエンジンを供給しているようだが、朱に交われば赤くなる、で企業家魂が汚れた。 もう一つは、大三菱意識、が強すぎるのではないか、ということ。 もう35年前になるが三菱が手動のように扱えるオートマのスポーツカーを売り出した。 展示会場へ行くと二人の先客が奥で話している。 さて一通り見たものの、奥はまだ話し中、客ではなく社員の雰囲気が濃厚だったので近づいて資料を請求してみた。 さっさとカウンターに向かうと、外から手を差し伸べカウンターの下から資料を掴みだすと私に差し出した。 その間一言も発せず、わたしの顔を一瞥もしない、見事な三菱魂に尊敬の念しきりだったね。

  • >>No. 539

      川重よおまえもか! 三菱、IHI,川重その造船業が全滅。 三菱は「不得意の」豪華ホテル型客船、IHIや川重は「得意」のはずの掘削船や特殊工作船での失敗。 これでは得意も不得意もない。 しかもいずれも設計段階での失策が主な原因という。 新聞情報しか知らなので、ウイルス?スパイ?(制作中の船上での三回にも及ぶボヤさわぎ・・今までの日本の大企業でありうる?)、あるいはお花畑経営者?社員の職業的倫理観がゆるゆる? と現場を知らないものにとって、「現場」でなにが起こっているのかしりたいのですよ。 一国民としてね。 
      キミは完全に誤解している。

  • >>No. 537

    だから、三菱が、日本の製造業がオカシイのは・・? コンピューターが他国のウイルスによって、あるいは他国のスパイによって、あるいは働いている人や経営者の問題・・? あるいは一生懸命に頑張ってもだめな世界環境なのか・・? と聞いている。 人の問題としては、大学を出たボンボン社長が問題なのか、あるいは働く人がヤル気をなくしているのか・・と聞いている。 書いてあることを理解しないと誤解するよ。

  • >>No. 533

    一般国民の意識としてそう理解していたのですよ。 ハチャメチヤな動労の要求を、同情二分反感八分で眺めていましたからね。 新聞報道をはじめとするマスコミ報道は必ずしも信用できませんが、その時々のオノレの判断力で真贋を理解するしかない。 
      一年で黒字化したのは確かなようです。 信用できないなら、キミ自ら確かめなさい。
      人間をあまり理想化してはいけません、一方でどうしようもない低劣な尾っぽを引っ付けている存在ですよ。 右翼しかり、左翼しかり。

  • >>No. 530

    塩路一郎、40年も前のこと、キミが生まれる前でしょう。 最近も日教組の委員長が・・まあ小さいですがね・・

  • >>No. 529

    赤字を付け替えしたにしても、本体は黒字化したようですよ。 長年赤字を垂れ流し続けていましたがね。 人間は素晴らしいこともやるが、条件が揃えばすぐに堕落する存在であることを、人生経験を経たものは、様々な事象を見て聞いて、そしてなによりもオノレを顧みて分かるものですよ。 サヨク労働者にはその自覚というか認識が足りない。 現実とは相反する都合のいいことばかり述べたてて、すべての悪を権力者に擦り付ける。 仮に外国ではそういう態度が通用しても、日本の精神からはあまり褒められない態度ですよ。

  • >>No. 525

    日産自動車、優秀な人材は掃いて捨てるほどいるのに、経営悪化に有効な手を打てなかった。 外部から目がランランと眉あくまでも太く、あまり知性的でもなくガラもよくない顔つきのアルゼンチン人ゴーンがトップに立つとたちまち業績回復。 昔国鉄が労働組合が制御できず、無責任経営者とナアナアマアマアで毎年大赤字を垂れ流し続けた。 民営化には大反対、労働条件が悪くなると事故が多発する云々カンヌン。 さて民営化されると一年で黒字化。 事故も減少(北海道のような労組が強いところは例外)、収益も上がり、労働条件も改善された。 昔の日産、その労組の委員長は労働貴族と呼ばれ銀座で豪遊していた。 当時の社長の勝俣さんは当時はやり始めた「文化人社長」、社長が文化人面をし始めるとロクなことはナイ。

  • >>No. 523

    三菱自動車だけのもんだいでもない、ような。 造船然り、航空機然り、重工然り、銀行然り?。
    それにIHIも造船がおかしいらしいよ。 東芝然り、ソニー然り、シャープ然り、三洋然り・・なにか日本の製造業全体がおかしくなってないか? なぜだ?

  •  衣食住、現在の日本ほど恵まれた場所は古今東西ほとんどマレ。 それでも人権の、給料の、と政権批判はカマビスシイ。

本文はここまでです このページの先頭へ