ここから本文です

投稿コメント一覧 (1608コメント)

  • >>No. 805

    【寄り引け同値は、分岐の前兆】

    寄り付きと引け値が同じになったら
    "転換点が近い"と言う意味です。 ★★★

    こうした形の値動きは売り買い共に
    方向性の決定をためらっている可能
    性が高いと言えます。

    こう言う相場の心理が広がって市場
    価格に反映されだすと、そこまで続
    いた「トレンドは終焉に向かっている」★★★
    と考えられます。

    ◆寄り引け同値は、分岐の前兆
     ~実践相場格言717句~
    https://orange2.net/a_lexis/maxim2/yo017.php

  • >>No. 799

    【次世代パワー半導体のインパクト「SiCのいま」】(その2)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■SiC出番の全体機運が高まる 

     ※ 下記URLの日経BP記事より抜粋

    従来のSi(シリコン)パワーデバイスに比べて、
    パワエレ機器の『電力損失を大幅に削減できる』
    「SiC(シリコンカーバイド)」のパワーデバ★★★
    イスを利用する環境が、急速に整ってきました。★★★

    鉄道や再生可能エネルギー、自動車、産業機器と
    いったさまざまな分野において、インバーターや
    コンバーター、電源といったパワーエレクトロニ
    クス機器(パワエレ機器)で利用されています。

    中でも自動車業界は、電動化の流れの中、SiC
    パワーデバイスへの関心を高めています。
    これまでは、車載充電器への適用が主でしたが、
    2020年代にはいよいよ「駆動モーターを制御する★★★
    インバーターへの適用」が、本格的に始まりそう★★★
    です。以下は、割愛。

     ⇒ 詳細は、下記URLを参照。

    ◆次世代パワー半導体のインパクト
    ~技術から標準化、応用、市場まで「SiCのいま」~
    https://project.nikkeibp.co.jp/event/ne190718/

     ◎先端テクノロジーフォーラムの案内

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ◆次世代パワー半導体のインパクト
     ~「SiCがグッと身近に」~
    https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/TEC/17/072000024/00001/index.html

     ◎マーケット・プルで応用拡大
     ◎応用に即した新材料を選べる時代へ
      ・SiCからGaNへ、そして更なる新材料も

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    以上

  • 【次世代パワー半導体のインパクト「SiCのいま」】(その1)

    2015年春、3億円(半分は政府補助金)かけて
    先端技術新素材の製造工場を建設。その新素材
    主役と期待されたのが「クーリェ」で、主力の
    用途先は、次世代パワー半導体向けと記憶。

    その当時から「クーリェ」は、次世代のSiC
    (炭化珪素)とGaN(窒化ガリウム)のどちらに
    も対応済と自慢していたようだ。

    新工場建設から4年を経過し、ようやく、Si
    (シリコン)からSiCに切り替える全体機運が、
    半導体メーカー(上流)から顧客(下流)まで高ま
    ってきたようだ。

     ⇒ 詳細は、(その2)のURLを参照。

    2018/11/15、新材料量産IRで「クーリェ」が
    レジャー分野向けに量産開始したことがわかって、
    小物級だが新工場設備が稼働したことが確認で
    きてホットしたところ。
    (錆びついていなかったことが確認できた(笑))

    これに続き早い時期に、大物級の次世代パワー
    半導体向けに「クーリェ」が量産開始のIRが
    出ることを期待している。

    ※(その2)■SiC出番の全体機運が高まる 
      に続く。

  • >>No. 761

    【クラよ、早く強くなり高い実績を上げてくれ】

    株価を下げて儲ける【空売り筋のおもちゃ】
    にされないように・・・、

    クラよ、一日も早くもっともっと強くなれ!
     そして、
    クラよ、一日も早くもっと高い実績を上げ、

    株価を暴騰させ【空売り筋を蹴散らして】
    くれ!!!

  • >>No. 756

    【クラ製PIJ(ノズル部)単価は17万円】(その2)

    【注記】以下の記述一部に、筆者の想像を
        含んでいますので、その旨ご了承
        下さい。

    ■クラ今期売上への、影響は?

    PIJ装置(本体)は、装備仕様などで価格に
    かなり幅があるようだが、1台数百万?レベル
    と聞いたような記憶がある。

    リコーの電池を印刷製造で設備投資される、
    PIJ台数はいまだ不明だが、PIJ装置
    (本体+ノズル部)関連の"クラ今期売上"は
     ①どの四半期から、算入されるのか?
     ②どの位の金額が、計上されるのか?
    決算発表数字を楽しみに待ちたい。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ≪リコーとのPIJ関連投稿(抜粋)≫ 

    リコーは、新開発したインクジェット方式
    産業用プリンターで、二次電池を印刷製造
    する事業を成長分野と位置付けて注力する。

    リコーは『2019年度末までに1000億円投資』★★★
    する旨で、この製造設備の一部を占めている
    クラ製PIJ装置(本体)も、今期クラ売上に★★★
    貢献すると、筆者は確信している。

    が、これ以上に、以下に述べる『PIJの
    ヘッドノズル供給ビジネス』に筆者は期待
    しています。
     ~ ~
    リコーの小型2次電池製造が量産開始する★★★
    「2021年度」から、クラ業績に大きく貢献★★★
    するものと期待しています。

    ≪リコーとのPIJ関連投稿URL(抜粋)≫ 

    ◆【リコーとのPIJ関連の凄いBig材料】(その4)
    (2019年5月26日:株式投資道さん:投稿No496)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/25/496
     ■リコーとクラPIJの関係■

    ◆【リコーとのPIJ関連の凄いBig材料】(その5)
    (2019年5月26日:株式投資道さん:投稿No497)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/25/497
     ■PIJがクラ業績に貢献■

    以上

  • >>No. 497

    【クラ製PIJ(ノズル部)単価は17万円】(その1)

    クラ製パルスインジェクター(ノズル部)★★★
    が、価格17万円でAXELサイトから★★★
    手軽に購入できるようになっていること
    を知って、筆者は驚いた!

    (古くからPIJを使用している顧客に
     とっては、当然のことかも知れません)

     ⇒ 詳細は、下記URLを参照。

    ====================

    ■AXELサイトで、クラ製ディスペンサー販売

    ◎AXELサイトとは?
     アズワンが運営する研究用機器や消耗品の
     総合Webサイト。取扱点数 300万点。

    ◆クラ製パルスインジェクター(φ25μm):価格17万円★★★
    https://axel.as-1.co.jp/asone/d/63-1292-53/

    ◆【クラスターテクノロジー】ディスペンサー
    https://axel.as-1.co.jp/asone/maker/MH05990/A0071300/?cond=1922-3043&cfrom=A0070000
    ・2シリーズ(5製品)を紹介

    ◎ディスペンサとは?
     液体定量吐出装置であり、液体を精度良く
     定量供給するコントローラ、及びその周辺
     機器の総称である。語源は英語のdispense
     である。 (ウィキペディア出典)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ※(その2)■クラ今期売上への、影響は?
          ≪リコーとのPIJ関連投稿≫
          へ続く。

  • >>No. 590

    【6月18日(火)『会社四季報』発売】

    四季報発売まで、ちょうどあと1週間。

    前回の四季報(3月15日)より、少しは
    プラス表現の内容となっているのでは
    ないかと期待しています。

    おりしも、クラの売り玉は枯れ切って
    いる状態で、現在、誰かが着火すれば
    アットいう間に燃え広がるのではない
    でしょうか・・・。

  • >>No. 666

    【インテルが、クラに共同開発提案は事実です】(その2)

    ≪インテルから提案の関連投稿≫

    ◆インテルからジョイント話があったのは事実です
    (2017年12月17日:イスタンブールさん:投稿932)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/14/932

    ◆クラが断ったことで益々クラが好きになりました
    (2017年12月18日:golさん:投稿936)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/14/936

    ◆インテルが、クラに共同開発提案の痕跡
    (2017年12月18日:株式投資道さん:投稿939)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/14/939

    [補記]
    ・投稿記事の◎小泉首相がクラを訪問時写真は、
     古いためか、URLが削除されています。
    ・なお、現在は、クラHPの会社情報<沿革で
     紹介されています。下記URLを参照。 

    ◎2003年 小泉純一郎内閣総理大臣 来社
    http://www.cluster-tech.co.jp/company/history.html

    以上

  • >>No. 659

    【インテルが、クラに共同開発提案は事実です】(その1)

    TV大阪(過去の放送分)の以下のURL記録が
    "偽"でない限り「インテルが、クラに共同
    開発提案を持ち掛けたのは事実」のようです。

    =====================

    ◆インテルが、クラに共同開発を提案
    (2003/10/27:TV大阪放映分のプログ)
    http://www.tv-osaka.co.jp/ip/story/2003/10/27/437,3015,1,0,0.html

    TV大阪(過去の放送分)
    2003年10月19日(日)放送分 「東大阪発 ナノテクで世界を狙え!」

    ※ 記事中段からの抜粋を、以下に貼付。

    ~ 安達社長のもとには、大手企業や大学からの
      売込みが絶えません。その評判は、世界へも
      広まっています。去年12月は、アメリカの
      大手半導体メーカー「インテル」が共同開発 ★★★
      を持ちかけてきました。しかし、安達社長は、
      今の状態では「開発の下請け」になってしま
      う、・・・  ~

    ーーーーー

      と、結局、この話を破棄したと聞いています。

    [追加情報]
    インテル米国本社から技術担当役員がクラ訪問。  
    狙いは次世代半導体の開発費を大幅削減できる
    【インクジェット実装技術】だ。ナノ単位間隔 ★★★
    で、半導体基板に金属や液体の微粒子を正確に
    打ち込む。「4~5年かけ、この技術を生かす
    新素材を一緒に作ろう!」とインテルから呼び
    かけを受けたようです。

    ※(その2)≪インテルから提案の関連投稿≫
      に、続く。

  • >>No. 640

    【6月3日セリクラで付けた安値367円が底値では】

    >>テクニカル面
    >> 〇売買高60300株とこの銘柄としては高水準⇒追証による投げ売りと推定
    >> 〇陰線ながら上ヒゲなしで下ヒゲが18円と大 ⇒下値用無しの証
    >> 〇従って5/23高値472円に対する整理局面でのセリングクライマクスか

    golさんが、6月3日引け後に投稿された
    「セリクラで付けた安値367円が底値」
    が、どうやら的中したようですね!
    追証による信用買残の投げ売りが一掃後
    売りが激減、6月4日出来高2500株
    がそれを物語っています。
    ーーーーー
    本日(6月5日)10:00時点、出来高
    400株と売り物薄の中で、390円
    5円高と強含みの展開です。

    日付     始 高 安 終値 出来高
    2019年6月05日 385 393 385 390  400
    ーーーーー

    この調子で、先の好材料をにらんだ本格
    上昇につなげて欲しいものです。

    ≪クラ直近の株価データ≫
    日付     始 高 安 終値 出来高
    2019年6月04日 380 389 380 385 2,500
    2019年6月03日 399 399 367 385 60,300★★★
    2019年5月31日 407 425 404 405 11,800

  • >>No. 621

    【プリプレグって何?】

    2014-11-01
    プリプレグって何?

    フィッシングロッドやゴルフクラブの「高級品の代名詞
    がカーボン」だと思っていたら、ANAやJALで新規
    に採用されているボーイング787もカーボン製・・・。
    自転車も何十万円もするものはほとんどが「カーボン」
    を使っている。ラップトップパソコンも、スマホまでも
    カーボンの時代が来ている。もうすぐ自動車にも本格的
    に採用される動きがあり、ヨーロッパでは自動化して
    量産し始めているらしい・・・。

    そんな話を見聞きして、 カーボン・コンポジット、や
    カーボンでのモノづくりに興味を持つと、次に出てくる
    ワードが「プリプレグ」です。

    【Pre-Preg】(Pre-Impregnated、前もって含浸された)★★★
    のことで、カーボンなどの繊維に、前もって樹脂を含浸
    させた中間素材のことです。
    繊維基材、樹脂(マトリックス)の組み合わせによって
    多くの種類があります。
    逆に言えば、用途に合わせて多くの種類の組み合わせを
    作り出すことができます。

    樹脂(マトリックス)は、大きく分けて熱硬化性と熱可塑性に分かれます。
    ※ 以下は割愛します。

     ⇒ 続きを読みたい方は、下記URLを参照。

    ◆CFRPカーボン 部品&材料のこと
     ~(JCM日本複合材マーケット)~
     (HATENA_blogサイト)
    http://composites.hatenablog.com/entry/2014/11/01/190310

  • >>No. 595

    >>カ-ボンナノチュ-ブにス-パーキャパシタ作成ですね。
    >>ナノメタルインクをインクジェットで塗布配列する可能性大と思います。

    "ぽんさん"ならではの、有力情報を
    御寄せ頂きありがとうございます。

    >>クラの出番があればいいですね。

    まったく同感です!

    微粒のナノメタルインクをインクジェット
    で、正確な位置に塗布配列するとなると、
    クラ製PIJの出番が濃厚ですからね。

  • 【ホンダ、小型EV「Honda e」のサイドミラーは”カメラ式”】

     ホンダは、欧州で2020年春に発売する予定の ★★★
     小型電気自動車(EV)「Honda e」について、
     カメラ式サイドミラー「Side Camera Mirror System」
     を標準装備にすると発表した。

     但し、車載カメラ、CMOSイメージセンサーが★★★
     ソニー製か否かが、まだ、確認できていません。★★★
     当該情報をお持ちの方は、提供をお願いします。★★★

    ◆ホンダ、小型EV「Honda e」のサイドミラーはカメラ式、2020年発売
    (2019年05月30日:CNET_Japan)
    【注】お手数ですが、表題でググッテ下さい。
       (URL付与すると投稿削除されるため)

  • >>No. 588

    【6月18日(火)『会社四季報』発売】

    『会社四季報』2019年3集・夏号は、
     6月18日(火)に発売される。

    先行配信される「サプライズ銘柄」や
    「新興株50」に、クラが選定されると
    俄然おもしろくなるのだが・・・

    ーーーーー

    ◆四季報先取り | 会社四季報オンライン
    https://shikiho.jp/trailer

    当サイトでは、これを先取りする形で
    5月27日(月)から編集部が吟味した
    お宝情報「速報! サプライズ銘柄」を、
    毎日5銘柄ずつ10日間にわたり先行配信。

    また、6月4日(火)からは「主力300」
    と「新興株50」の業績予想を先行配信。

    但し、有料会員限定。

  • >>No. 583

    【伸縮に強いスーパーキャパシタを開発、CNT利用】

    gamさん、ホットニュースを紹介していただき
    ありがとうございます。

    ミシガン州立大学の研究チームは、カーボン
    ナノチューブ(CNT)を利用して"伸縮性
    に優れたスーパーキャパシタを作製した。"

    「医療分野をはじめとする、ウェアラブル★★★
     デバイスへの伸縮可能な電源として適用★★★
     できる。」とのこと。

    ⇒ ニュース記事の詳細は、下記URLを参照。

    当該件は、まだ研究で成功した段階であり
    商品化されるまでには、少なくとも、あと
    数年はかかるものと筆者は考えています。

    また、将来は「リコーの二次電池印刷」と
    競合するようになるのか、共存できるのか
    筆者にはいささか消化不良気味です。

    ponさん、イスタンブールさん、皆さんへ、
    当該件に何かコメントできる事項があれば
    お願いいたします。

    ◆伸縮に強いスーパーキャパシタを開発
     ~カーボンナノチューブの“森”を利用~
    (2019/05/29:fabcrossニュース)
    https://fabcross.jp/news/2019/20190529_highly-stretchable-supercapacitors.html

  • >>No. 576

    本日(5/29)は安値411円を付け、
    結局、5/27の安値422円を下回
    ってしまいました。
    こんな時は、どういう判定になるのか
    golさんにお伺いしてみたいと思って
    いました。

    >>テクニカル面から
    >> 〇売買高は15300株でマアマアの水準
    >> 〇上ヒゲなし⇒高値引け
    >> 〇下ヒゲ10円
    >> 〇3円と小さいながら陽線引け
    >>以上から、どうやら今日は今回の調整の安値
    >>となったようだ。

    やはり、今日の安値411円を、今回
    の調整の安値と考えればよいのですね。

    >>そうであれば、少し時間がかかるだろうが、
    >>先の高値472円は抜くだろう。

    このまま安値411円を下回らずに、
    切り返せば、「少し時間がかかるが
    先の高値472円は抜くだろう」と
    のことで、少しは安心しました(笑)

    何日後に、先の高値472円を抜く
    のかを楽しみに、ウオッチします!

  • >>No. 568

    【リコーとのPIJ関連の凄いBig材料】(その2_b)≪追加(続編)≫

    ■① EE_Times_JapanのリコーIR記事(続編)

    ≪"医療分野向け事例"も紹介≫

     インクジェット技術の応用例として「バイオ3Dプリンタ」★★★
     を用いた"医療分野向け事例"も紹介した。        ★★★

     細胞の種類や数を制御した「細胞プレート」は、薬剤スク
     リーニング試験や、毒性評価試験などの用途に向ける。

     DNAを数個単位で配置した「DNA標準プレート」は、
     ウイルス否定安全性試験などの用途に向ける。

     この分野で"同社が強み"とするのは『高い生存率を維持 ★★★
     する細胞の吐出技術』だという。           ★★★

    =======================

    ■②≪リコー バイオ3Dプリンターの関連投稿≫

    ◆【リコー バイオ3Dプリンターに、クラ関与か】(1-2)
    (2018年7月14日:株式投資道さん:投稿No225)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/20/225

    ◆【リコー バイオ3Dプリンターに、クラ関与か】(2-2)
    (2018年7月14日:株式投資道さん:投稿No227)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/20/227

    以上

  • >>No. 501

    【リコーとのPIJ関連の凄いBig材料】(その2_b)≪追加≫

    日経産業新聞へのリコーIR記事に続き、

    EE_Times_Japan へのリコー掲載記事を
    ≪追加≫で紹介させて頂きます。

    リコーは、長年「バイオ3Dプリンタ」の ★★★
    研究開発を継続してきたことも、記憶して
    おく必要があります。

     ⇒ ■① EE_Times_JapanのリコーIR記事
        ≪"医療分野向け事例"も紹介≫を、
         参照して下さい。

    また、"クラ関与"に興味がある方は、本投稿
    後部に、約1年前の参考情報を貼付しました。

     ⇒ ■②≪リコー バイオ3Dプリンターの関連投稿≫
        を、一読して下さい。
     
    =======================

    ■① EE_Times_JapanのリコーIR記事

    ◆リコー、リチウムイオン二次電池を印刷で製造
     ~【機能する印刷】を具現化 ~
     (2019年02月01日:EE_Times_Japan)
    https://eetimes.jp/ee/articles/1902/01/news075.html

    ーーーーー 以下は、上記記事の抜粋です ーーーーーー

    【機能する印刷】を具現化

     リコーは、「nano tech 2019」(2019年1月30日~2月1日、
     東京ビッグサイト)で、”インクジェット技術”を用いて
     リチウムイオン二次電池を製造する技術を紹介した。

     自由な形状の電池を製造でき、機器に二次電池を直接印刷
     することもできる。
     "全固体電池"についても、今回工法で製造が可能だという。★★★

     同社は【表示する印刷】にとどまらず、【機能する印刷】 ★★★
     の具現化に向け、インクジェット技術や印刷材料のインク
     化、製造プロセスの開発などに取り組んできた。
      ~  ~
     また、セパレーターをインクジェット技術で形成する方法
     も新たに開発。
     「インクの粒子サイズは数百nmオーダーで、膜厚は数μm ★★★
      単位から制御することが可能」という。        ★★★ 
      ~  ~

    ※ ≪"医療分野向け事例"も紹介≫に続く。

  • >>No. 547

    【週間【約定回数 増加率】で、クラが28位】

    クラが、先週(5/20(月)~24(金))1週間の
    【約定回数 増加率】でランキング入りし
    28位となっている。

    1週間前と比べた【約定回数 増加率】は
    6倍となっており、先週は約定回数が
    急増していることがわかる。

    ⇒ 詳細は、下記URLを参照。

    今週も残りの木・金曜で、高水準の商いを
    とりもどして欲しいが・・・

    ◆週間ランキング【約定回数 増加率】 (5月24日)
    (2019年5月25日(土)配信:株探⇒yahooニュース) 
    https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20190525-00000004-stkms-stocks

    ●今週の約定回数増加率ランキング【ベスト50】

    順位     銘柄名   市場  増加率(約定回数) 株価  テーマ
    28位 <4240> クラスター JQG 6.0倍 (  90)  442 バイオテクノロジー関連

  • >>No. 558

    【千里の道も一歩から】
    高峰クラま山の山頂は、まだベール(霧)
    に包まれており、その全容は見えませんが

    今日のこの一歩が高峰へ登る道へと続いて
    いることを信じて、踏み出しましょう!!!

本文はここまでです このページの先頭へ