ここから本文です

投稿コメント一覧 (1701コメント)

  • >>No. 807

    【前期の2Q決算は、11日前に上方修正IR】(その2)

    《上方修正関連の情報》

    ■前期の2Q決算(②)と、11日前の上方修正(①)

    ◆①前期2Q(累計)予想の上方修正
     (2018/11/02、クラ_IR)
    http://www.cluster-tech.co.jp/pdf_data/irpub/irpub20181102.pdf

    ● 業績予想の修正について
    2019年3月期 第2四半期(累計)個別業績予想の修正
    (2018年4月1日~2018年9月30日)

      売上高 営業利益 経常利益 純利益 の
      (前回予想と今回予想)対比表
         ~ ~

    《修正の理由》
    ・ナノ/マイクロ・テクノロジー分野においては、
     PIJが当初予想よりも健闘したことに加えて、
     当社注力中の「他市場・他部品への水平展開」で  ★★★
     『OA機器分野』『産業機器分野』『レジャー分野』★★★
     が、順調に増加いたしました。          ★★★
         ~ ~
    ・その結果、売上が15百万円増加し、第2四半期
     累計期間の"収益が改善"したためであります。 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ◆②前期2Q決算短信
     (2018/11/13、クラ_IR)
    http://www.cluster-tech.co.jp/pdf_data/summary/sm2019-02.pdf

    ========================

    ■今期の1Q決算短信

    ◆③今期1Q決算短信
     (2019/08/09、クラ_IR)
    http://www.cluster-tech.co.jp/pdf_data/summary/sm2020-01.pdf

    《1Q経営成績に関する説明》 ※関係部のみ抜粋
    ナノ/マイクロ・テクノロジー関連分野では、映像機器
    分野は、昨年よりさらに約3割落ち込み、当社も苦戦。

    その反面、当社強みを生かした、営業力強化に取組んだ
    結果として、『OA機器分野』や『産業機器分野』での ★★★
    【新規案件も引き続き順調に増加】したため、     ★★★
    映像機器分野の落ち込みをカバーできました。          

    高耐熱・高熱伝導・低温硬化等の固形封止材「クーリエ」★★★
    は『レジャー関連分野』で、量産が順調に進んでいます。★★★

    以上

  • >>No. 806

    【前期の2Q決算は、11日前に上方修正IR】(その1)

    前期の2Q決算前に出された上方修正では
    《修正の理由》として、クラ注力中の水平
    展開で、以下の3分野が順調に増加した旨
    を上げています。
    ・『OA機器分野』★★★
    ・『産業機器分野』★★★
    ・『レジャー分野』★★★

     ⇒ 前期2Q予想の上方修正(2018/11/02)
        の詳細は、下記(その2)◆①を参照

    幸い、今期の1Q決算短信でも、主力の
    3分野とも、引き続き順調ぶりが伺える
    記述がみられます。

    ・『OA機器分野』や『産業機器分野』での★★★
     【新規案件も引き続き順調に増加】
    ・「クーリエ」は、『レジャー関連分野』で★★★
     量産が順調に進んでいます。

     ⇒ 今期1Q決算短信(2019/08/09)
        の詳細は、下記(その2)◆③を参照

    今期11月の2Q決算でも、上方修正が出る★★★
    のではないかと、妄想しています。

     ※(その2)に続く。

  • >>No. 805

    【株価は、市場関係者の人気投票で決まる】

    saiさん、返信ありがとうございます。

    株価は、市場関係者の人気投票で決まる
    といわれます。

    現在、無名に近いクラが投資家の注目を
    集めるには、業績向上し利益を出すのが
    一番の早道と思われます。

    次回の2Q決算では、予想外の利益を出
    す可能性が高いと、妄想しています(笑)。

    それまで、もうしばらくお待ちください。

  • >>No. 803

    【新素材[CPEK2515]は凄い性能で、ギアに適用可】(その2)

    ======================

    ■[CPEK2515]カタログの入手手順

    ・以下①、②、③、④の順に実行下さい。

    ①下記URLから、HPトップページを表示。

     ◆クラ_HP
     http://www.cluster-tech.co.jp

    ②表示された画面の下段部にある【新素材情報】
     の中で、[CPEK2515]をクリック。
      
     【新素材情報】
       ~
       ~
     [CPEK2515]微細部品向け高強度、高弾性率PEEK複合材料/サンプル提供開始

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ③[CPEK2515]クリックで、以下の画面が表示。

      ※この画面から、クラが委託している
       イプロス社のサイトで管理。

    ◎微細部品向け高強度、高弾性率PEEK複合材料

     ・「エポクラスターT CPEK2515」は微細部品向けに
      開発された熱可塑複合材料です。

     ・高強度・高弾性率でありながら、耐衝撃性にも
      優れています。

     ・さらに、CPEK2515は微細部分の強度が非常に高く、
      非強化材料の1.8倍です。この特徴を活かして、
     【ギア・ボス・爪】など微細部品への展開が可能です。★★★

    ④画面の下部にある
      ▼「PDFダウンロード」ボタンを押すと、
       カタログ(詳細性能データ記載)が入手
       できます。

       ※初回イプロスサイト利用の時には、
        利用者登録要。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    以上

  • >>No. 784

    【新素材[CPEK2515]は凄い性能で、ギアに適用可】(その1)

    >> 高強度、高弾性率PEEK 複合材
    >>「エポクラスターT CPEK2515」

    イスタンブールさん、クラ新素材(複合材)を
    ご紹介いただき、大変ありがとうございます。

    筆者もさっそく「エポクラスターT CPEK2515」
    カタログを入手してみました。

    素人の私から見ても、凄い性能であるのが
    感じられます。
     
     ⇒[CPEK2515]カタログの抜粋は、下記。

    この新素材は、まさに今回話題になっている ★★★
    【オーバル流量計の歯車(回転子)】のために ★★★
    開発された商品のように思ってしまいます。

    "ぽんさん"にも、是非、カタログを見て頂き ★★★
    「樹脂の不可能を可能にする性能か否か」を
    検証して頂きたい。(詳細性能データ記載あり)

    樹脂製のギヤを否定されていた"ぽんさん"から
    お墨付きを頂けたとなると、逆に勇気百倍です。
    よろしくお願いいたします。

    ======================

    ・以下は、[CPEK2515]カタログの抜粋。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ◎開発中PR商品:「エポクラスターT CPEK2515」

     《微細部品向け高強度 PEEK複合材料》

      ”高強度・高弾性・高衝撃グレード”

    ・機械特性 曲げ強度 369MPa  ★★★
          曲げ弾性 29.5GPa ★★★
    ・微細部品の強度 【ギア・ボス・爪】など ★★★
              微細部品へ展開可能
    ・お客様ご用途によりカスタマイズ
          本材料は開発の一例であり
          お客様用途にカスタマイズ
      ~
      ~

     ⇒ P.2に、
       各種試験実測データ値を公開。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ※(その2)に、続く。

      ■[CPEK2515]カタログの入手手順

  • >>No. 786

    【樹脂で不可能と思われていることを可能に】

    >>否定ばかりでごめんなさい。

    >>あくまで樹脂です。
    >>輸送用のギアは金属製の中で
    >>特に硬度と耐久性が必要。
    >>現在、代替えの樹脂は世の中にありません。★★★

    >>流量計は耐薬品性能が特に求められ、★★★
    >>計量、耐久性がクリアすれば    ★★★
    >>採用されると思います。

    ぽんさん、否定コメントは大歓迎ですヨ!

    それだけ、クラ先進技術力を際立たせる
    効果につながります。

    すなわち、クラでは以下が可能です。
    (①、③は【当社の強み】のNoに対応)
    ①樹脂製品の概念を変える
    樹脂でこれ迄は不可能と思われている
    ことを、クラは可能にします。
    ③樹脂材料のカスタマイズ
    樹脂材料をお客様要望にカストマイズ
    することが、クラは可能です。

    これらは、まさにクラが【当社の強み】
    として謳っていることです。

    ⇒ 詳しくは、下記URLを再読下さい。

    ◆【「高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供」】(その1)
     (2019年8月18日:投稿No745)
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/26/745

    あとは、クラの先進技術力を我々が★★★
    どれだけ信じられるかに、かかって★★★
    います。(笑)

  • >>No. 782

    【採用事例には、本当に採用されたものが掲載】

    >> まだまだ可能性はゼロではないと思っても
    >> よろしいですかね?

    gamさんからのご質問に、会社側ではない
    私が返答するのは立場上ヘンなのですが・・・

    クラの可能性は、大有りと思っています。

    クラの【採用事例の掲載写真】は、協業の
    相手先で本当に採用が決まった製品・部品・
    素材を掲載していると、私は信じています。

    クラが嘘をついて、株主や投資家を騙すよ
    うな不誠実なことをするとは、思いません。

    ただ、gamさんも投稿No762(2019年8月19日)
    で記述されている通り、ビジネスの世界で
    は、途中まで順調に進捗していた案件でも、
    突然に、何らかの理由で破談になることも
    事実ですので、注意が必要と思います。
    (特に期待大だった、白色LEDの案件が
     大手化学メーカーD社と、終盤で破談に
     なったのは、とても残念でした)

  • >>No. 781

    【オーバル型流量計は地球上で甚大な数が活躍】

    >> 写真の流量計はオーバル社とは限りません。

    さすがに、用心深い"ぽんさん"ですね。
    常に物事を楽観的に捉える筆者は、見習わ
    なくてはいけませんね(笑)。

    しかし、今回の場合、「クラは業界トップ
    メーカーと協業する」のを常にモットーと
    しているため、クラの採用事例に写真掲載
    してある流量計は、流体計測の国内最大手
    である、オーバル社のものに、ほぼ間違い
    ないと思われます。

    >> 歯車を対にして測定するオーバル型の流量計
    >> ですね。私達の身の回りを含め甚大な数の
    >> オーバル型流量計が地球上で活躍してます。

    >> オーバル社のシェアはメクソハナクソです。★★★

    またまた、ワクワクするすばらしい情報ですね。

    オーバル社の【特色】は、流量計など流体計測
    機器の最大手。~海外へも展開。とありました。
    (前投稿では、"海外へも展開"の部分を割愛)

    オーバル社では、当然、海外でも十分勝算あり
    と考えての海外進出でしょう。

    オーバル社の世界シェアが、これから急上昇
    する可能性が出てきました。

    それに連動して、オーバル社に納品する、クラ
    製特殊樹脂(強度と弾性に富む)で「精密成形
    した部品(歯車)」の売上げも急上昇すること
    になるでしょう。
    (やはり楽観的過ぎる内容ですかネ(笑))

    追伸
    流量計の世界市場予測の数字などについては、
    現在、具体的な裏付けデータが不足気味です。
    データ入手できたら別途報告とさせて下さい。

  • >>No. 779

    【「オーバル流量計」関連市場はかなり大きい】(その2)

    ■「オーバル流量計」関連情報

    《最新版四季報からの抜粋》
    ・オーバル(7727)は、オーバル流量計を主体に
     年120億円以上を売上る産業機械メーカー。★★★

     【特色】流量計など流体計測機器の最大手。 ★★★
      好採算の液体向けがセンサー部門の7割。
     【従業員】<19.3>連669名、単400名

    ◆オーバルの容積流量計
     (オーバルHP>製品案内>流量計)
    https://www.oval.co.jp/products/products_index01.html

    ・容積流量計は、電気などの外部エネルギーが
     不要で、流体のエネルギーで運動子(回転子)
     を作動させ、運動子の回転数から流量を算出。
    ・精度の良い測定ができ、流量の積算にも適し、
     工業計器を始め広く一般に使用されています。
    ・特に国税庁通達で、石油類の課税数量査定に★★★
     容積流量計を使用することが認められてから★★★
     【取引証明用の流量計測分野で重要な位置】★★★
     を占めてきました。

    ◆オーバル流量計の計測原理
    (オーバルHP>技術情報>計測原理)
    https://www.oval.co.jp/techinfo/keisoku/pd.html

    ・オーバル歯車はなぜ回転するのか?の添付図で、
     "クルクル回っている歯車(回転子)"に、★★★
     クラ製樹脂が採用されたと考えられます。★★★

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■クラIR情報

    ◆個人投資家向け説明会資料
    (2019年5月16日:IRプレゼン開催)
    http://www.cluster-tech.co.jp/pdf_data/irpub/irpub20190516.pdf

    【注記】・P.7に、クラ採用事例の一覧写真。
        ・左下部に「オーバル流量計」有り。

      ⇒ 本投稿にも、"採用事例(写真)"を添付。★★★
        ※ クリックで拡大表示されます。

    【追伸】・他の掲載写真から"あれこれ想像"を ★★★
         めぐらすのも、楽しいものですネ。

    以上

  • >>No. 776

    【「オーバル流量計」関連市場はかなり大きい】(その1)

    >> 産業機器関連が伸びているみたいなので
    >> 発表写真にもあった、オーバル流量計。

    >> この関連市場はかなり大きいので更なる
    >> 開拓をしてもらいたい。

    さすがに、現役で業界通のponさんですね。
    「オーバル流量計」ですか!!!
    すばらしい眼力ですね。

    私も、5/16の個人投資家向け説明会資料を
    見て、採用事例一覧の片隅に「流量計」の
    写真掲載があるのは知っていました。

     ⇒ 詳細は(その2)下段部のURLを参照。

    しかし知識不足のゆえ勝手に"小さい市場"
    だと即断して、切り捨てていました。

    今回、ponさんの投稿指摘で、あらためて
    「オーバル流量計」を調べると、何と、

    (株)オーバルは、売上高、従業員ともに★★★
    クラの10倍以上とはお恐れ入りました。★★★
    (クラ売上が極小のせいもありますが(笑))

    「オーバル流量計」の"歯車"には、クラの★★★
    強度と弾性を強化した特殊樹脂がピッタリ★★★
    のようですね。
    (クラは素材を顧客要望でカストマイズ可)★★★

     ⇒ 詳細は(その2)上段部のURLを参照。

    また、現在クラの実力(製造能力)やリスク
    許容度からしても、格好のお相手と思われ
    ます。
    差異化を図りたいオーバルには渡りに船で
    弱小クラにとっても相手に不足はなし(笑)。
    (レジャー分野に続く、量産2番目の表面化
     となるのではないか)

    「オーバル流量計」の関連市場は、かなり
    大きそうなので、更なる開拓をしてもらい
    たいと、ponさん同様に、筆者も切に願って
    います。

    ※ (その2)に続く。
      ■「オーバル流量計」関連情報
       ◆オーバルの容積流量計
       ◆オーバル流量計の計測原理
      ■クラIR情報
       ◆個人投資家向け説明会資料

  • >>No. 752

    【新産業創生の定着には、相当の時間を要す】(その2)

    《あれこれ談義》
    新技術採用を進取する機運の高い新興企業では
    クラが掲げる「新産業創生の革新」とは相性が
    良いかも知れません。
    しかし、上記例で述べたように、改革度の高い
    イノベーションほど、現在日本の大手製造会社
    では、切替えが遅くなる傾向が一般的なのでは
    ないでしょうか。
    日本企業・経営陣のサラリーマン化や事なかれ
    主義の横行などもその遠因なのかもしれません。

    クラ製クーリェがまず始めに、レジャー分野で
    初採用されたのは、比較的小規模で低リスクと
    判断されたのかも知れません。

    《クラ製新部品が続々採用される妄想》
    しかし、A社・社長が同じ業界の社長懇親会で、
    「B社ではクラ製一体成型部品を導入し大成功、
     ユーザー評判も良い」と聞いた途端、今度は
    これまでの状況・立場が逆転します。
    A社に戻った社長は、先進技術部長を呼びつけ
    「なぜ、クラ製一体成型部品の採用導入を早く
     進言しなかった」と問い詰めることでしょう。

    8/9の1Q決算短信には、クーリエを多業界の
    メーカーへサンプル供給しながら、事業を展開
    ・推進しており【レジャー関連分野では、量産
    が順調に進んでいます】との記述あり。

    レジャー分野でのクーリエ高評価が噂となり
    レジャー分野以外の業種へもそれが伝播して、
    クラ製新部品や新素材の採用が、他分野でも
    勢いずく日が近く来ることを妄想しています。

    以上

  • >>No. 747

    【新産業創生の定着には、相当の時間を要す】(その1)

    クラ特殊樹脂による業績向上速度が遅いのは、
    経営陣が技術オタクな点やクラ社風なども勿論
    原因の一つに挙げられるでしょうが、本質的な
    原因は以下の要因が大きいと、筆者は考えます。

    ■《大手A社で採用が決まるまで》
    あなたは「大手企業A社の社員」と想像下さい。
    無名のクラ社から、特殊樹脂の売込に来ました。
    すんなりと、クラ社の特殊樹脂の採用がきまり
    来月から製造ラインで新素材へ切替が始まると
    思いますか?

    《変革を遅延する要因》
    ①あなたが、優秀な新技術研究員だとします。
     どういう調査・研究・実験テスト過程を得て、
     どんな結果が出た段階で、直属上司に自信を
     持ってA社で採用すべきと企画提案しますか。
    ②あなたは、研究員上司の技術部長だとします。
     どんな基準を満足すれば、企画書を社内稟議
     にかけますか。
    ③あなたは、A社が購入する全部品を決定する
     購買担当部長だとします。クラ社提案が良い
     ことは認めますが、一体成型部品を導入すれ
     ばx部品とy部品が不用となり、長年親交の
     あったz社と取引がなくなります。それでも
     急いで稟議書を承認しますか。
    ④あなたは、製造担当役員とします。海外進出
     した工場群の維持管理だけでも大変多忙な中、
     国内本社製造ラインの設備変更や要員教育を
     伴い、トラブル発生しやすい一斉切替を必要
     とする稟議書の承認を急ぎますか。
    ⑤あなたは、定年間近の品質担当部長とします。
     A社製品の品質保証期間は一律で3年間保証
     が売りです。クラ製一体成型部品を組込んだ
     製品で、トラブル頻発したら自分が首になる
     のは勿論、A社屋台骨を揺るがす大事件です。
     あなたは、何をもって稟議書の承認をOKと
     しますか。

    一番確実なのは、市販環境と同じ状況にして
    新部品を組み込んだ製品を、実際に必要期間
    の間、耐久テストを実行するのが良いと言わ
    れています。が・・・

    ※(その2)に続く。

  • >>No. 745

    【「高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供」】(その2)

    樹脂製品の材料設計、金型、成形、後加工まで
    の全行程を一貫体制でサポートする旨が、以下
    でも紹介されています。

    ■(2)≪クラ製品情報≫

    ◆クラ製品情報・トップページ
     (クラHP < 製品情報)
    http://www.cluster-tech.co.jp/product/product_top.html

    ◎高精度・高機能を実現するラインナップ群

    ・高精度、高機能の樹脂製品の提供のために
     開発された製品ラインナップです。
    ・機能性樹脂複合材料をコアとして、材料、
     金型、成形、後加工に至るまでの一貫体制
     で、御社のモノづくりを支えます。

    【注記】
     ⇒ 添付の図表に、着目下さい!

    [お客様の製品]⇒[お客様の課題]⇒[クラが解決]

     既存(樹脂部品・金属部品・セラミック部品)の
     複数部品を、新樹脂で一体成型(新樹脂部品)し、
      ・コストダウン
      ・軽量化
      ・工数低減
     などの「難課題を一挙に解決」する旨を謳って ★★★
     います。

    以上

  • >>No. 744

    【「高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供」】(その1)

    以下は、クラHPからの紹介です。

    ■(1)≪クラ事業方針・当社の強み≫

    ◆クラ事業方針・当社の強み
     (クラHP < 会社情報 < 事業方針)
    http://www.cluster-tech.co.jp/company/strategy.html

    【事業方針】
    ◎高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供
    ・高精度と高機能を軸として、樹脂製品に機能を付加する
     ことにより、お客様の商品価値の向上に貢献いたします。

    【当社の強み】
    ①樹脂製品の概念を変える
    ・樹脂製品は「精度がでない」「物性が満足できない」
     今までの常識で樹脂化を断念していませんか。
    ・当社は、新たな樹脂化の可能性を追求し、
     樹脂製品の概念を変えます。
    ②樹脂製品のコーディネーター
    ・当社はお客様の樹脂製品の設計から生産に至るまでの
     プロセスをトータル的(材料、金型、成形、後加工に
     至るまで)に、サポート提案します。
    ・「お客様の商品価値向上」と「量産を視点」に、★★★
     あらゆる角度から最適な樹脂製品を提案します。★★★
    ③樹脂材料のカスタマイズ
    ・熱硬化性・熱可塑性に関わらず、様々な種類の樹脂を
     取り扱う事が可能です。
    ・独自のコンパウンド技術により、お客様商品にマッチ
     した、オリジナル材料を提案・開発・製造することが
     可能です。
    ④樹脂製品の一貫生産
    ・"樹脂複合材料をコア"として「金型、成形、後加工」
     に至るまで、一貫した技術と生産体制を保有しており、
     提案力、スピード、完成度の優れた樹脂製品を提供で
     きます。
    ・一貫体制ならではの、「安定した量産構築」が可能で★★★
     あり、品質保証も一貫して行います。       ★★★

    ※(その2)に続く。
      ■(2)≪クラ製品情報≫

  • >>No. 622

    【「高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供」】(序)

    golさんの投稿No622(2019年8月8日)での
    ご質問(下記)に返答させていただきます。

    >> ~クラが受注した金型群は、成形品も一括受注する営業戦略を取っているらしく~
    >> 「いるらしく」は推定ですか?

    《結論》
    「いるらしく」は筆者の推定ではなくて、
    クラの【事業方針】そのものです。
    金型だけの受注はありえず、成形品まで
    一括受注するのが自然と考えています。

    《説明》
    そもそも、現在クラは企業活動の肝にあたる
    【事業方針】(クラ_HPに掲載アリ)を
    「高精度・高機能に特化した樹脂製品の提供」
    としています。

    また、【当社の強み】(①~④)では成形工程を
    含む全プロセスをトータルサポートするを強調、
    「量産を視点」や一貫体制で「量産構築」する
    も謳っています。

     ⇒ その詳細は、下記を参照下さい。
      (その1)■(1)≪クラ事業方針・当社の強み≫
      
    ーーー【当社の強み】から抜粋し、以下へ貼付ーーー

    ②樹脂製品のコーディネーター
    ・お客様の樹脂製品の設計から生産に至るまでの
     全プロセスをトータル的(材料、金型、成形、 ★★★
     後加工に至るまで)にサポート提案します。
    ・「お客様の商品価値向上」と「量産を視点」に ★★★
     あらゆる角度から最適な樹脂製品を提案します。

    ④樹脂製品の一貫生産
    ・"樹脂複合材料をコア"とし「金型、成形、後加工」★★★
     に至るまで、一貫した技術と生産体制を保有し、
     提案力、スピード、完成度の優れた樹脂製品を
     提供できます。
    ・一貫体制ならではの、「安定した量産構築」が★★★
     可能であり、品質保証も一貫して行います。 ★★★

    《補記》
    したがって、クラ営業担当者がお客様へ提案して
    注文を受けた段階では、「材料開発⇒試作金型⇒
    量産金型⇒成形⇒後加工までの全製造工程」を、
    お客様からすでに内定を頂いているのが、基本と
    考えています。

    お客様のなかには、試作金型のテスト段階で思わ
    ぬ問題が出て最悪没になったり、自社内のテスト
    承認を得るまでに予想外の長期間を要す場合もあ
    るかもしれませんが、基本は当初の営業提案通り
    全行程の終わりまで進捗するものと考えています。

    ※(その1)に続く。
      ■(1)≪クラ事業方針・当社の強み≫

  • >>No. 710

    【超大型台風10号も、通過後には青空をみせる】

    現在(2019/08/15)、超大型台風10号が西日本全域
    を直撃中!!!

    強風や高波での被害を警戒し、JR西日本新幹線は
    終日運休が決まった模様。飛行機や船便も同様の旨。

    しかし、29年ぶりの超大型台風といえども、それ
    が通過した後には、またカラリとした青空をみせる
    のではないでしょうか?

  • >>No. 709

    【株で儲けるには、安い時に買い、高い時に売ること】

    株で儲けるためには、安い時に買って
    高くなった時に売ることが、肝要です。

    安くなるのは、売る人が買う人よりも
    多い時です。      したがって、

    諦めて投げている人(売る人)が多い
    現在は、安く買い入れるのが正解では?

  • >>No. 685

    【この空売り分を"買い戻す"のも相当大変ですね】

    >> この空売り分を売り抜けるのも相当大変ですね

    gamさんの上記投稿文は、間違っています。

    gamさんは当然知っている上で、あえて初心者を
    混乱させるために、投稿しているのでしょうが・・・

    超初心者のために、以下に説明します。

    信用取引「買い残高」とは、現在、どれだけ
    借金して株を買っているかを示す株数です。
    この先の値上がりを狙い、まず借金をして株
    を買い、後で思惑の通り値上がりしたら株を
    売って、その差額を儲ける方法です。
    「買い残高」が多いということは、それだけ
    手仕舞い(借金決済)のための「売り要因」
    が多くなっているということです。

    信用取引「貸付残高」(=空売り残高)とは、
    現在、どれだけ株を借りて株を売っているか
    を示す株数です。
    この先の値下がりを狙い、まず借株をして株
    を売り、後で思惑の通り値下がりしたら株を
    買い戻して、その差額を儲ける方法です。
    「貸付残高」が多いということは、それだけ
    手仕舞い(借株決済)のための「買い要因」
    が多くなっているということです。

    したがって、gamさんの投稿文を訂正すると
    以下になります。
    ≪誤≫ この空売り分を"売り抜ける"のも相当大変ですね
     ↓
    ≪正≫ この空売り分を"買い戻す"のも相当大変ですね

  • >>No. 682

    【「クラ株価は半年先を予見する」か】(その4)

    ◎【信用取引 貸付残高(前月比・前週比 推移)】

    ◆貸付残高・日証協(2019-08-02付)
    (空売りネット・クラの貸借残高情報)
    https://karauri.net/4240/kasituke/?date=2019-08-02

    ※ 貸付残高は、空売り残高に相当。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■貸付残高≪直近2ケ月・前月比 推移≫

    2019/06/07    
    貸付残高 106,800株  ~~

    2019/07/05 前月比 ※(7/5 - 6/7)
    貸付残高 102,600株 -4,200株

    2019/08/02    前月比 ※(8/2 - 7/5)
    貸付残高 102,600株   +0株

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■貸付残高≪直近1ケ月・前週比 推移≫

    2019/06/28
    貸付残高  97,600株   ~~

    2019/07/05    前週比 ※(7/5 - 6/28)
    貸付残高 102,600株 +5,000株

    2019/07/12    前週比 ※(7/12 - 7/5)
    貸付残高 102,600株   +0株

    2019/07/19    前週比
    貸付残高 102,600株   +0株

    2019/07/26    前週比
    貸付残高 102,600株   +0株

    2019/08/02    前週比 ※(8/2 - 7/26)    
    貸付残高 102,600株   +0株


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    以上

  • >>No. 681

    【「クラ株価は半年先を予見する」か】(その3)

    ◎【信用取引 買い残高(前月比・前週比 推移)】

    ◆買い残高・東証(2019-08-02付)
    (空売りネット・クラの信用取引残高)
    https://karauri.net/4240/torikumi/?date=2019-08-02

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■買い残高≪直近2ケ月・前月比 推移≫

    2019/06/07
    合計 356,900株 ~
    一般 233,500株 ~
    制度 123,400株 ~

    2019/07/05 前月比 ※(7/5 - 6/7)
    合計 359,800株 +2,900 
    一般 239,500株 +6,000  
    制度 120,300株 -3,100  

    2019/08/02 前月比 ※(8/2 - 7/5)
    合計 345,400株 -14,400
    一般 245,500株 +6,000
    制度 099,900株 -20,400

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■買い残高≪直近1ケ月・前週比 推移≫

    2019/06/28
    合計 359,100株 ~
    一般 229,100株 ~
    制度 130,000株 ~

    2019/07/05 前週比 ※(7/5 - 6/28)
    合計 359,800株 +0,700
    一般 239,500株 +10,400
    制度 120,300株 -9,700

    2019/07/12 前週比 ※(7/12 - 7/5)
    合計 360,500株 +0,700
    一般 237,000株 -2,500
    制度 123,500株 +3,200

    2019/07/19 前週比
    合計 354,200株 -6,300
    一般 236,400株 -0,600
    制度 117,800株 -5,700

    2019/07/26 前週比
    合計 351,500株 -2,700
    一般 239,000株 +2,600
    制度 112,500株 -5,300

    2019/08/02 前週比 ※(8/2 - 7/26)
    合計 345,400株 -6,100
    一般 245,500株 +6,500
    制度 099,900株 -12,600

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ※(その4)に続く。

本文はここまでです このページの先頭へ