ここから本文です

投稿コメント一覧 (1452コメント)

  • >>No. 208

    golさん、さっそく、丁寧な返答をして
    いただき、大変ありがとうございました。

    >> 以前、具体的な投資顧問会社名をだした
    >> 投稿をした所不都合なことがありました
    >> よって以降一切出さないことにしました

    やはり、そういうものなんですね。お答え
    しにくい質問をして、すみませんでした。

    また、2018年6月04日~6月11日の期間での
    詳しい"値動きと売買高"の実例データで再度
    説明をしていただき、感謝いたします。

  • >>No. 205

    golさんは、これまで一貫して投資顧問会社
    の自社顧客間での株移動を想定されています。

    もし、何という名前の投資顧問会社なのか、
    golさんがご存知で、且つ、企業秘密でなけ
    れば、教えていただけませんか?

  • >>No. 182

    【リコー、「nano tech大賞2019」受賞】《再掲》

    【注】前投稿182の URL を外して、
       本投稿に《再掲》します。

    リコーが「nano tech大賞」を受賞するのは
    2016年以来2回目となり、同一企業で複数回
    の受賞は、リコーが初となります。

     ⇒ 詳細は、下記URLを参照下さい。

    ◆リコー、「nano tech大賞2019」受賞
     (2019年2月4日:リコー_IR)


    ※ 以下は、抜粋です。

    ・インクジェット技術を用いて、ロール・ツー・
     ロールで、リチウムイオン電池を自由な形状で
     製造する技術を開発し、
     「電池のデジタル印刷製造」を大きく前進させ ★★★
     たことが賞されたものです。

    《ナノテク2019・展示内容》
    ◎機能する印刷
    ・リチウムイオン二次電池をデジタル印刷製造する
     「インクジェットプリンティング法による
      二次電池の印刷技術」
    ・インクジェットで細胞数と細胞配置の精密制御を
     可能にする「バイオ3Dプリンター」
    ・高出力薄膜ピエゾを実現し、振動デバイス等を
     印刷で形成する「インクジェットプリンティング法
     によるピエゾ膜の形成技術」

    ◎革新的材料・デバイス
    ・圧力・振動で発電する独自材料によりICを駆動する
     「発電ゴムを用いた環境発電電源」
    ・MEMS応用により小型で低コストな分光器を実現する
     「小型近赤外分光技術」
    ・レーザスペックルノイズを低減し、小型・軽量なが
     ら高精度形状計測を実現する「小型レーザー3Dスキャナー」

    以上

  • >>No. 174

    【リコー、「nano tech大賞2019」受賞】

    リコーが「nano tech大賞」を受賞するのは
    2016年以来2回目となり、同一企業で複数回
    の受賞は、リコーが初となります。

     ⇒ 詳細は、下記URLを参照下さい。

    ◆リコー、「nano tech大賞2019」受賞
     (2019年2月4日:リコー_IR)
    http://jp.ricoh.com/info/2019/0204_1.html

    ※ 以下は、抜粋です。

    ・インクジェット技術を用いて、ロール・ツー・
     ロールで、リチウムイオン電池を自由な形状で
     製造する技術を開発し、
     「電池のデジタル印刷製造」を大きく前進させ ★★★
     たことが賞されたものです。

    《ナノテク2019・展示内容》
    ◎機能する印刷
    ・リチウムイオン二次電池をデジタル印刷製造する
     「インクジェットプリンティング法による
      二次電池の印刷技術」
    ・インクジェットで細胞数と細胞配置の精密制御を
     可能にする「バイオ3Dプリンター」
    ・高出力薄膜ピエゾを実現し、振動デバイス等を
     印刷で形成する「インクジェットプリンティング法
     によるピエゾ膜の形成技術」

    ◎革新的材料・デバイス
    ・圧力・振動で発電する独自材料によりICを駆動する
     「発電ゴムを用いた環境発電電源」
    ・MEMS応用により小型で低コストな分光器を実現する
     「小型近赤外分光技術」
    ・レーザスペックルノイズを低減し、小型・軽量なが
     ら高精度形状計測を実現する「小型レーザー3Dスキャナー」

    以上

  • >>No. 160

    【業績予想の上方修正IRは、いつ出る?】《再々掲》

    本日(2/1)は、上方修正の第一候補日です
    が、さてどうなりますか?

    昨年の業績修正は、決算発表の"約10日前"
    に出ているようだ。

     ⇒ 下記《業績修正の実績》を参照。

    今回の3Q決算でも同タイミングで出ると
    想定すれば、上方修正IRの発表日は?
    (3Q決算発表2月13日(水)から逆算して)

    「2月1日(金)、または、2月4日(月)が有力」★★★
    と考えられる。が、さてどうなりますか?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《業績修正の実績》

    ※ 2018/01/01以降の業績修正IR

    2018年05月01日 業績予想修正 ★10日前に減収増益
    2018年05月11日 本決算短信

    2018年11月02日 業績予想修正 ★11日前に増収増益
    2018年11月13日 2Q決算短信

  • >>No. 2

    【クラ3Q決算は、2月13日(水)に決定】《再々掲》

    本日(2/1)より、いよいよ2月入り。

    クラ3Q決算は、2月13日(水)発表に
    決まっており、その日が間近に近づ
    いて来ています。

    《注目材料》
    ・前回の2Q決算短信では、売上前
     の"商品 及び 製品"品目の金額が
     同前期比でほぼ倍増していました。 
     当該金額は、3Q売上増[または
     4Q売上増]につながってくると
     考えられます。

    ・前期に、長期間売上の主役だった
     カメラ関連を抜いて首位となった
     金型関連は、今期も、引き続いて
     好調を持続しているようです。
     (2018/06/27、株主総会に出席さ
     れたsafさんが、No710で報告済)

    ・最近(1/15)、ハローワーク求人で
     樹脂複合材料等の研究・開発する
     正社員を新しく募集していること
     も、金型関連好調を裏付けている。

    ・また、昨年11月からレジャー分野
     向け(釣り具、電動自転車)に、
     新素材クーリェが量産開始された
     旨が(2018/11/15IR)されており、
     この売上分が3Qから上乗せされ
     てくると考えられる。

    以上の期待から、今回は3Q発表前
    に「業績予想の上方修正が出る」と、
    筆者は考えていますが、・・・

    皆さんは、どう思われていますか?

    PS
    本投稿は、前出投稿No2(2019/01/21)
    の再掲です。

  • >>No. 157

    【2019年1月24日付【New】『微小液滴吐出装置』】(その2)《再掲》

    【注記】前投稿の URL を外して、
        本投稿を《再掲》します。

    ■《カタログ表示手順》
    ・下記URL①をクリックし表示された画面・4Boxの
     一番下に、(URL②)表記がある。
    ・その行(URL②)をクリックするとカタログ画面が
     表示される。

    ◆①クラ_HP> 製品・サービス> インクジェット(Pulselnjector)

    ◆②【New】太陽電池の成膜をインクジェットプロセスで開発『微小液滴吐出装置』
     (最終更新日:2019/01/24_カタログ)

    ■《『微小液滴吐出装置』の説明》

    ◎pL、nLオーダーの溶液を狙った位置に吐出可能!
     ~デッドボリュームの少ない実験が可能~
     【無料、吐出可否テスト実施中】

    「InkjetLabo」は、シンプル&多機能な装置です。

    自動ステージを標準装備することで、溶液を使った
    ライン描画、ドット配置、またBMP画像を使用した
    複雑な描画に対応。

    微量な試薬でも液導入ができ、デッドボリュームの ★★★
    少ない実験/評価が可能です。

    また、薄膜太陽電池の研究開発の成膜工程をマスク ★★★
    レスで行えます。
    スピンコーターの代替えにより、デッドボリューム
    の少ない成膜や溶液を非接触で塗布する為、立体的 ★★★
    な構造にも成膜が可能です。 ★★★

    医療分野については、微量な薬液の2液混合や細胞・★★★
    タンパク質、生体材料の精密配置、バイオチップへ ★★★
    の試料導入など、"再生医療"や"POCTの研究"に利用 ★★★
    できます。

    【特徴】
    ◆手間や時間のかかる液滴評価を、誰でも簡単に ★★★
     はじめられるオールインワンセット ★★★
    ◆実験用に特化した、液体導入法により、微量な
     試料で研究を開始
    ◆液滴観察用カメラを標準装備することで、液体
     の"飛翔状態"と"着滴の状態"が、リアルタイム
     に観察可能

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《メモ》POCTとは?
    "Point of care tesing"の略。

  • >>No. 156

    【2019年1月24日付【New】『微小液滴吐出装置』】(その2)

    ■《カタログ表示手順》
    ・下記URL①をクリックし表示された画面・4Boxの
     一番下に、(URL②)表記がある。
    ・その行(URL②)をクリックするとカタログ画面が
     表示される。

    ◆①クラ_HP> 製品・サービス> インクジェット(Pulselnjector)
    https://premium.ipros.jp/cluster-tech/product/category/30056/

    ◆②【New】太陽電池の成膜をインクジェットプロセスで開発『微小液滴吐出装置』
     (最終更新日:2019/01/24_カタログ)
    https://premium.ipros.jp/cluster-tech/product/detail/2000424371/?hub=163&categoryId=30056
     
    ■《『微小液滴吐出装置』の説明》

    ◎pL、nLオーダーの溶液を狙った位置に吐出可能!
     ~デッドボリュームの少ない実験が可能~
     【無料、吐出可否テスト実施中】

    「InkjetLabo」は、シンプル&多機能な装置です。

    自動ステージを標準装備することで、溶液を使った
    ライン描画、ドット配置、またBMP画像を使用した
    複雑な描画に対応。

    微量な試薬でも液導入ができ、デッドボリュームの ★★★
    少ない実験/評価が可能です。

    また、薄膜太陽電池の研究開発の成膜工程をマスク ★★★
    レスで行えます。
    スピンコーターの代替えにより、デッドボリューム
    の少ない成膜や溶液を非接触で塗布する為、立体的 ★★★
    な構造にも成膜が可能です。 ★★★

    医療分野については、微量な薬液の2液混合や細胞・★★★
    タンパク質、生体材料の精密配置、バイオチップへ ★★★
    の試料導入など、"再生医療"や"POCTの研究"に利用 ★★★
    できます。

    【特徴】
    ◆手間や時間のかかる液滴評価を、誰でも簡単に ★★★
     はじめられるオールインワンセット ★★★
    ◆実験用に特化した、液体導入法により、微量な
     試料で研究を開始
    ◆液滴観察用カメラを標準装備することで、液体
     の"飛翔状態"と"着滴の状態"が、リアルタイム
     に観察可能

  • >>No. 150

    【2019年1月24日付【New】『微小液滴吐出装置』】(その1)

    ポワロ再放送希望さん、クラHPで2019年1月24日
    付【New】の紹介を頂きありがとうございます。

    (クラは、"そっと"カタログの一部に記載する
     だけなので、よほど注意深く監視していない
     と感知不可です(笑))

    >>「太陽電池の成膜をインクジェットプロセス
    >> で開発『微小液滴吐出装置』」というのが
    >> 掲載されていますが、医療分野への応用も
    >> 書かれていますので、「株探」に書かれて
    >> いたバイオ関係の材料とはこのことでしょうか?

    バイオ関係の材料とは、おそらく、今回新たに
    発表されたインクジェット活用PIJ応用形の
    『微小液滴吐出装置』である、と思っています。

    当該装置カタログに、以下が記載されています。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    医療分野については、微量な薬液の2液混合や
    "細胞・タンパク質"、"生体材料"の精密配置、★★★
    バイオチップへの試料導入など、"再生医療"や★★★
    "POCTの研究"に利用できます。

    さらに、【特徴】として、手間や時間のかかる★★★
    「液滴評価を、誰でも簡単に!」はじめられる★★★
    オールインワンセット。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    と謳っていることから、

    "再生医療"や"疾患予防検査"の研究にとっては
    「画期的な効率化」といえるのかもしれません。

    ナノテク2019(1/30~2/1:東京ビックサイト)
    開催案内で、[出展内容]として
     ・導電性インクのパターニングや、
     (有機ELパネル印刷方式が判明すれば、Best(笑))
     ・生体材料のドット配置など、
     ・微小液滴のハンドリング
    をあげていることから、これらが注目を浴び、

    マスコミ取材されて、新聞(日刊工業)などに★★★
    "クラ記事が掲載"されるのではないか!!!★★★
    と、秘かに、期待しています。

    ※(その2)《カタログ表示手順》に続く。

  • >>No. 136

    【リコーのインクジェット技術による二次電池の新製造に、クラ関与か】《追記》

    今回の「インクジェット技術を採用」した
    リコーIRをよく読むと、以下がわかった。

    ★《インクジェット技術の特長》★
    ・製造工程が簡素化できる(冶具等が不要)
    ・電極材料の無駄排除(必要部だけに塗布)
    ・デジタルデータの使分けで多品種生産可

    これらの特長は、JOLEDの印刷方式で
    有機ELパネル製造にも、共通メリットの
    ように感じています。

    PIJ用途が、多方面にますます浸透して
    いることを実感しています。
    クラ応援団にとっても大変麗しいことです。


    ※ 以下は、リコーIRからの抜粋。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    <技術紹介>
    ~電池の多品種生産プロセスの新/旧比較~

    従来の電池電極は、セラミックス等の電極材料を
    混ぜ込んだ高粘度のペーストをスリットから押し
    出して塗布した後、必要な大きさや長さにそれら
    を切り出した加工を行うことで製造されています。

    多様な形状や性能の二次電池を製造するためには、
    形状や性能に応じた"複数の製造ラインを持つ"か、
    時間がかかる製造プロセスの組換生産(冶具交換)
    が必要でした。

    また、電極を切り出す際、電極以外の部分に塗布
    された電極材料は廃棄されるため、多くの無駄が
    生じていました。

    リコーでは、「長年プリンティング領域で培って
    きた材料技術と、インクジェット技術を生かした
    セラミックスの微粒化および独自分散技術により、
    インクジェットヘッドから吐出できる低粘度かつ
    高濃度な電極材料インクの製造を実現しました。」

    リチウムイオン二次電池に用いられているほとん
    どの種類の電極材料のインク化に成功しています。
    また、電池内で電極の短絡を防ぐ部材であるセパ
    レーターをインクジェットで形成できる技術も、
    同時に開発しました。

    これらの電池部材をデジタルデータに従ってイン★★★
    クジェットヘッドから吐出することで、さまざま
    な形状の、電池を製造することができますので、
    製造プロセスが簡易になり、多品種生産のために★★★
    複数製造ラインを持つ必要も無くなります。
    また、必要な部分だけに電極材料を印刷するため★★★
    に、電極材料の無駄もなくなります。

    以上

  • >>No. 132

    【リコーのインクジェット技術による二次電池の新製造に、クラ関与か】《再掲》

    【注】前投稿132の URL を外して、
    本投稿で《再掲》します。

    底から上に上にさん、リコーIRの紹介をして
    いただき大変ありがとうございます。

    今回のリコーIRで、

    『主要部材の材料をそれぞれインク化、インクジェット
     技術を用いて"狙った場所"に重ねてデジタル印刷する』

    と謳っていることから、
    クラ製PIJの関与は、ほぼ間違いないものと筆者は
    思っています。

     ⇒IRの詳細は、下記URLを参照。

    クラは、リコーと、3Dプリンターでも協業していた
    (リコー特許で、名指しでクラ製PIJを使用)
    記憶があり、PIJの用途がどんどん拡大しているこ
    とは、クラ応援団にとっても大変麗しいことです。

    ◆世界初、インクジェット技術による二次電池の新たな製造技術を開発
    ~IoT デバイスやウェアラブルデバイス向けに、
     自由な形状で電池を製造することが可能に~
    (2019年1月29日、リコーIR)

  • >>No. 121


    クラ製PIJの関与は、ほぼ間違いないものと筆者は
    思っています。

     ⇒IRの詳細は、下記URLを参照。

    クラは、リコーと、3Dプリンターでも協業していた
    (リコー特許で、名指しでクラ製PIJを使用)
    記憶があり、PIJの用途がどんどん拡大しているこ
    とは、クラ応援団にとっても大変麗しいことです。

    ◆世界初、インクジェット技術による二次電池の新たな製造技術を開発
    ~IoT デバイスやウェアラブルデバイス向けに、
     自由な形状で電池を製造することが可能に~
    (2019年1月29日、リコーIR

    https://jp.ricoh.com/release/2019/pdf/0129_1.pdf

    ※ 以下は、リコーIRからの抜粋。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    リコーは、世界で初めて、インクジェット技術を用いて
    リチウムイオン二次電池を自由な形状で製造する技術を
    開発しました。

    リチウムイオン二次電池を構成する、主要な部材である
    電極(正極と負極)やセパレーターの材料を、それぞれ★★★
    インク化し、インクジェット技術を用いて狙った場所に★★★
    重ねてデジタル印刷することで、形状の自由な二次電池
    の製造が可能となります。

    これにより、"デザインや性能の多様化"が予想される
    IoT(Internet of Things)デバイスや、ウェアラブル
    デバイス向けの電池製造に、"柔軟に対応"できるように
    なります。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    以上

  • >>No. 122

    【S高の理由は、バイオ関連の材料らしい】《再掲》

    【注記】前投稿のURLを外して、《再掲》します。

    株探ニュース(minkabu PRESS)によると、

    バイオテクノロジー関連の材料で上げた

    らしい。
     
    バイオで、今、注目されているといえば

    PIJがらみの・・・か?

                       <ニュース/主な株式テーマ>
     クラスター <4240> [JQG] 一時S高 バイオテクノロジー関連


    ◆本日の【ストップ高/ストップ安】 前場 S高=7銘柄
    (2019年1月29日 11時50分配信:株探ニュース)

    以上

  • >>No. 78

    【S高の理由は、バイオ関連の材料らしい】

    株探ニュース(minkabu PRESS)によると、

    バイオテクノロジー関連の材料で上げた

    らしい。
     
    バイオで、今、注目されているといえば

    PIJがらみの・・・か?

                       <ニュース/主な株式テーマ>
     クラスター <4240> [JQG] 一時S高 バイオテクノロジー関連


    ◆本日の【ストップ高/ストップ安】 前場 S高=7銘柄
    (2019年1月29日 11時50分配信:株探ニュース)
    https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20190129-00000070-stkms-stocks

  • >>No. 70

    【クラ、いきなり急動意でストップ高】

    クラちゃん、何があったの?

    いきなり急動意でストップ高。

    まさか、売抜けのだまし上げ
    ではないと思うが・・・

    早耳筋が、上方修正を掴んだ
    のだろうか・・・

    ・2019/01/29,11:05
    (4240)クラスターテクノロジー
    ★ストップ高 493円(11:05) 80円高★

  • >>No. 24

    【クラは長瀬産業をもっとうまく活用すべし】

    >>長瀬産業結構すごいな

    >>これだけの売り上げがある長瀬産業が
    >>バックにいるなら、クラの売り上げな
    >>んて一瞬で激増も簡単な気がするんだ
    >>けどなー

    gamさんの、おっしゃる通りですね。

    四季報(2018/12/14)で長瀬産業<8012>の
    記事には(⇒詳細は下記を参照)、現在
    のクラが注力していて得意分野でもある、

    "樹脂"や"素材・材料"の語句が多用され
    ています。

    クラは大親分の長瀬産業をもっともっと
    うまく活用し、早急に業績向上を図って
    欲しいと願っています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ◆四季報(2018/12/14)、長瀬産業<8012>から抜粋。

    《凡例》
     ★★★:"樹脂"の使用行
     ☆☆☆:"素材・材料"の使用行

    【特色】染料・合成 "樹脂" 等の化学品専門商社首位。★★★
    医薬中間体等も展開。倒産したバイオの林原を買収
    【連結事業】"機能素材" 22(3)、"加工材料" 34(3)、 ☆☆☆
    電子16(7)、自動車・エネルギー17(2)、
    生活関連11(5)、他0(4)
    【海外】50 <18・3>

    【最高益続く】電子は特需一巡し横ばい。が、
    工業用や自動車用の "樹脂" が続伸。情報印刷 ★★★
    や "樹脂" 関連の製造部門も採算改善。食品や ★★★
    医薬原料の停滞補い、連続最高益。20年3月期
    は工業用や自動車用 "樹脂" が堅実。     ★★★

    【育 成】米国で3Dプリンタ向け "高機能材料"☆☆☆
    の合弁生産開始、19年初から販売へ。林原は
    医薬カプセル用の "素材" など新分野注力。 ☆☆☆
    17年の米化学会社に続くM&Aも検討。

    以上

  • >>No. 2

    【業績予想の上方修正IRは、いつ出る?】

    昨年の業績修正は、決算発表の"約10日前"
    に出ているようだ。

     ⇒ 下記《業績修正の実績》を参照。

    今回の3Q決算でも同タイミングで出ると
    想定すれば、上方修正IRの発表日は?
    (3Q決算発表2月13日(水)から逆算して)

    「2月1日(金)、または、2月4日(月)が有力」
    と考えられる。が、さてどうなるでしょうか?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《業績修正の実績》

    ※ 2018/01/01以降の業績修正IR

    2018年05月01日 業績予想修正 ★10日前に減収増益
    2018年05月11日 本決算短信

    2018年11月02日 業績予想修正 ★11日前に増収増益
    2018年11月13日 2Q決算短信

  • 【クラ3Q決算は、2月13日(水)に決定】《改定版・再掲》

    クラ3Q決算は、2月13日(水)発表に
    決まり、その日がだんだんと近づい
    て来ています。

    《注目材料》
    ・前回の2Q決算短信では、売上前
     の"商品 及び 製品"品目の金額が
     同前期比でほぼ倍増していました。 
     当該金額は、3Q売上増[または
     4Q売上増]につながってくると
     考えられます。

    ・前期に、長期間売上の主役だった
     カメラ関連を抜いて首位となった
     金型関連は、今期も、引き続いて
     好調を持続しているようです。
     (2018/06/27、株主総会に出席さ
     れたsafさんが、No710で報告済)

    ・最近(1/15)、ハローワーク求人で
     樹脂複合材料等の研究・開発する
     正社員を新しく募集していること
     も、金型関連好調を裏付けている。

    ・また、昨年11月からレジャー分野
     向け(釣り具、電動自転車)に、
     新素材クーリェが量産開始された
     旨が(2018/11/15IR)されており、
     この売上分が3Qから上乗せされ
     てくると考えられる。

    以上の期待から、今回は3Q発表前
    に「業績予想の上方修正が出る」と、
    筆者は考えていますが、・・・

    皆さんは、どう思われていますか?

    PS
    スレッドが変わったので、再度、掲載
    しました。ご容赦下さい。

  • 【業績予想の上方修正IRは、いつ出る?】

    昨年の業績修正は、決算発表の"約10日前"
    に出ているようだ。

     ⇒ 下記《業績修正の実績》を参照。

    今回の3Q決算でも同タイミングで出ると
    想定すれば、上方修正IRの発表日は?
    (3Q決算発表2月13日(水)から逆算して)

    「2月1日(金)、または、2月4日(月)が有力」
    と考えられる。が、さてどうなるでしょうか?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《業績修正の実績》

    ※ 2018/01/01以降の業績修正IR

    2018年05月01日 業績予想修正 ★10日前に減収増益
    2018年05月11日 本決算短信

    2018年11月02日 業績予想修正 ★11日前に増収増益
    2018年11月13日 2Q決算短信

  • 【クラ3Q決算は、2月13日(水)に決定】《改定版》

    クラ3Q決算は、2月13日(水)発表に
    決まり、その日がだんだんと近づい
    て来ています。

    《注目材料》
    ・前回の2Q決算短信では、売上前
     の"商品 及び 製品"品目の金額が
     同前期比でほぼ倍増していました。 
     当該金額は、3Q売上増[または
     4Q売上増]につながってくると
     考えられます。

    ・前期に、長期間売上の主役だった
     カメラ関連を抜いて首位となった
     金型関連は、今期も、引き続いて
     好調を持続しているようです。
     (2018/06/27、株主総会に出席さ
     れたsafさんが、No710で報告済)

    ・最近(1/15)、ハローワーク求人で
     樹脂複合材料等の研究・開発する
     正社員を新しく募集していること
     も、金型関連好調を裏付けている。

    ・また、昨年11月からレジャー分野
     向け(釣り具、電動自転車)に、
     新素材クーリェが量産開始された
     旨が(2018/11/15IR)されており、
     この売上分が3Qから上乗せされ
     てくると考えられる。

    以上の期待から、今回は3Q発表前
    に「業績予想の上方修正が出る」と、
    筆者は考えていますが、・・・

    皆さんは、どう思われていますか?

本文はここまでです このページの先頭へ