ここから本文です

投稿コメント一覧 (105コメント)

  • お知らせ出ていますね。
    日本トリムHPより

    当社関連会社 ヒューマンライフコード㈱が臍帯血由来細胞を活用した フレイル対策に関する共同研究を開始いたしました。
    リンク出ていますよ。

    メディカルカンパニーは大化けするポテンシャルを持っています。
    頑張れがんばれ!

  • IR出てますね。
    社外取締役 厚労省出身。 
    資本準備金額の減少。

    経営陣頭いいですね。これは上がりますね・・。

  • 2019/05/13 14:28

    いちよし証券 レーティングA
    フェアバリュー7000円!!
    と出てますね。
    安すぎませんか?トリムのポテンシャルはその程度では済まないと私は考えておりますが…。
    目先安い所があれば、コツコツ買い増しいたします。

  • 2019/04/25 17:50

    【今期増配】70円予定。すごいです!!!!
    ここは今期も自信たっぷりですね。
    医療関係も順調に伸びているし、病院運営も先行投資はあるものの、リターンを考えればいう事なし!
    多少の上下はあるかもしれませんが、徐々に上ですね。
    期待通り。順調順調

  • 順調なんじゃないかな②

  • パンフレット出ていますよ。①

  • >>No. 123

    パンフレット出ていますよ。①

  • 日本経済新聞 電子版

    日本トリム関連会社のヒューマンライフコードが掲載されてましたね。 
    創薬が順調に進めばとてつもなく化けるかも・・。
    白血病患者に光が!。medicalカンパニーへGO!

    ヒューマンライフコード、へその緒の細胞で権利
    2019年3月12日 1:30

    再生医療スタートアップのヒューマンライフコード(東京・千代田)は東京大学から、へその緒から間葉系細胞を取り出し保存する技術に関する国際的な独占権を取得したと発表した。同社はこの細胞を白血病治療による合併症の治療に生かすための臨床試験(治験)を2020年にも始める。出産後捨てられることが多かったへその緒の有効活用につながると。

    同社が権利を得た技術は東京大学医科学研究所の長村登紀子准教授の研究に基づく。へその緒から取り出し、培養した間葉系細胞を生きたまま凍結と解凍させられる技術を開発した。新生児のへその緒は鮮度が高く、培養効率が高いという。
    また、間葉系細胞はへその緒のほか、骨髄や脂肪などの組織から採取できる。
    間葉系細胞から分泌されるタンパク質は、白血病治療で起こる合併症を抑える効果があることが指摘されているとの事。
    すばらしい!!!!!
    長期で期待。

  • 決算順調ですね。
    安心して応援できます。

  • 高知大学より、臍帯血、脳性麻痺児の運動機能改善に効果発表

    今朝の新聞に掲載されてますね。
    日本トリムは再生医療にも力入れてますから将来楽しみですね。

  • 下期、再度上方修正出たりする?
    自社株買いしているって事は自信があるからですよね。

  • すごい!上方修正!!!!
    40.2%
    末永く応援したい。

  • 再生医療の可能性素晴らしい。 …
    17日の日経夕刊全面に出てましたね。
    trimのHPから見れますよ。ステムすセルの親会社は日本トリム!!!
    h  ttp://www.nihon-trim.co.jp/upload/media/pdf/file00000094.pdf

  • その通りですね。順張り一本。
    購入して信じて待つ。
    これ一番賢い投資方法。

    2000年の上場時は1030円(2分割したので515円)それが今や10倍!

    1億投資で10億か。中々いいのでは?

  • また自社株買い発表してますね。
    相当将来自信があるのでしょうね。1Qで経常進捗3割行ってますからね。

    本日13日の日経産業新聞、医療ヘルスケア欄に大きく記事が取り上げられてますね。
    ヒューマンライフコードとステムセル、IPOしたらとてつもない事に・・・。
    期待したいところ。

    メディカルカンパニーが作る整水器もグッド。

  • 今朝8/18(土曜)の日経新聞朝刊、企業面に日本トリムグループ企業のヒューマンライフコード社が取り組む再生医療記事が大きく掲載されていますね。

    今後同社のIPOなどが実現すればとてつもないことに・・・。

    記事によると急性脳梗塞の治療に変化が起きるのか?


    「不要な細胞で再生医療」
    骨髄由来の幹細胞を使うことが多かった細胞薬品の開発に変化が訪れている。と。

    ①骨髄由来の細胞薬品ではなく、ヒューマンライフコード社は臍帯由来の細胞薬品。(骨髄採取のリスクもなく、安全かつ安価、そして安定供給が可能)
    ②急性脳梗塞の発症者は年間約17万人。(非常に多い)
    ③急性移植片対宿主病(急性GVHD)は治療が難しいケースも多く、死亡率も高い危険な合併症とされているが、さい帯から取り出した細胞が放出するたんぱく質が免疫抑制機能を持つことに注目し、過剰な免疫反応を抑える効果を狙う。との事。
    ④さい帯は増殖する能力が高く、1本のさい帯から成人300人分の細胞薬品をつくることができるという。
    ⑤更に、さい帯から採れる「さい帯血」の細胞を利用する細胞薬品の治験も近々日本で始まるらしい。

    日本トリムグループ企業には臍帯血の最大手のステムセル研究所もあるよね。

    将来が楽しみでなりません。
    ここは人の為になる良い事してますね。

    medicalカンパニーが作る整水器、これは信頼がおける本物ですね。
    応援したいものです。

  • 日経バイオテクに日本トリムグループ企業のヒューマンライフコードまたまた記事掲載されてますね。
    ヒューマンライフコードが大化けすればここはメディカルバイオカンパニーですね。

    貸借妙味も頼もしい。

  • 東証1部上場銘柄値上がり率トップ。

    凄い売れているのですね。売れているにはわけがありますね。
    長期でロングホールド
    数年後が楽しみです。

  • 決算短信をお読みくださいませ。進捗率が凄いです。
    また、電解水透析も楽しみ。
    以下短信抜粋


    電解水透析機
    設置に向けた折衝中の病院数も順調に増えており、現時点で205病院となっております。仮に成約した場合の売上見
    込みは約45億円となります。電解水透析システムは、医療施設にとっては設備投資となるため、実際の導入可能時期
    は数年後のものもありますが、営業体制を強化し、普及拡大に向けて鋭意取り組んでまいります。そして、次世代の
    グローバルスタンダードへの発展を目指します。

    仮に、電解水透析がグローバルスタンダードになり、透析病院に標準装備された時の売上見込みも入れてほしかった。(笑

    どなたか試算できませんか?一兆円企業になりますね。

    夢は大きく!

  • 日経バイオテクに大きく出てますね。
    ここは本格的にメディカルカンパニーへ入ってます。
    その会社が作った整水器。信頼ありますね。

本文はここまでです このページの先頭へ