ここから本文です

投稿コメント一覧 (1666コメント)

  • ストロンチウム、、この物質は骨を作っているカルシウムと似た性格を持っています。このため、体内に入るとカルシウムと似た動きをします。

    「ストロンチウムはカルシウムに似ており、いったん摂取すると骨に留まって人体に有害な放射線を出し続けます。骨は人間の血液を作っている大事な部位であり、ストロンチウムに被曝することで、血液のがんである白血病や骨自身のがんを引き起こすとされます。

  • >>No. 583


    風評なら 国が率先して福島から逃げる必要ない。


    単なる風評でないからだ。

  • >>No. 617


    自殺者が出てるのに批判がないなんて嘘。


    原発避難後に自殺した女性の遺族が東電に損害賠償を求めた裁判で、福島地裁は東電に約4900万円の賠償

  • チェルノブイリの事故処理に投入されたリクビダートルとは
    Ликвидатор(リクビダートル)は、清算人の意味で後始末を行う人を意味するロシア語。チェルノブイリ原子力発電所の事故後、60~80万人の人々が事故処理に投入された。

    ロシアに住むリクビダートルのうち65905人(平均被曝量120ミリシーベルト)を対象に1991年から1998年までを追跡した結果によると、その間の死亡は4995件でした。実に、7年間だけで7.6%が亡くなったことになる。

  • >>No. 635

     チェルノブイリ原発事故(1986年)が起き、60万~80万もの人々が収束作業員として駆り出された。高い放射能により使用不可能となったロボットに変わり、人間ロボットとして働いた彼らの事を「リクビダートル」と呼ぶ。「後始末をする人」という意味だ。

     平均年齢35歳。事故当時、徴兵制度があったため拒否することは出来ず、地元はもとよりソ連中から働き盛りの男たちがチェルノブイリに送り込まれた。

     リクビダートルの死者数を、IAEA(国際原子力機関)は2005年「被曝が原因で死亡した可能性があるのは50人」と発表した。だがその数字を多くの専門家が否定し、実際は1万人からの死者が出ているのではないかと言われている。

  • 甲状腺がん
    特徴
    性別では、男:女=1:5と女性に多く、若年者から高齢者まではば広い年齢層に分布します。また、がんの組織型(顕微鏡で調べるがんの細胞の種類)がもっとも予後を決める因子です。その組織型のひとつである未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいのも特徴です。
    甲状腺がんの種類
    大まかに述べると、組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん(この3つを分化がんとよびます)、未分化がんに分類され、この組織型によって病態や悪性度が大きく異なります。

  • 甲状腺乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。
髄様がんは乳頭がん・濾胞がんに比べると悪性度は高いのですが、未分化がんほど悪性度は高くありません。一方、未分化がんはあっという間に大きくなり、予後も悪いものですが幸いその頻度は低いです。本来リンパ系の腫瘍である悪性リンパ腫が甲状腺にできることもあります。

  • 甲状腺がんの症状
    * 首の前面にしこりを触れる
    * 声がかすれる(甲状腺の近くをはしる反回神経へがんが触っている)
    * 首の側面のリンパ節が腫れる
    しかし、未分化がんでは急激な増大、痛み、息苦しさなどを呈します。

  • 甲状腺がんの診断
    * 超音波検査(エコー検査)
    * CT検査
    * 穿刺吸引細胞診(しこりに細い針をさしてがん細胞の有無を調べる)
    * 甲状腺シンチグラフィ、MRI検査など。
    * 穿刺吸引細胞診(しこりに細い針をさしてがん細胞の有無を調べる)
    また、髄様がんでは遺伝性のことがあり、遺伝子診断などで家族の方で無症状の髄様がんが発見されることもあります。

  • 甲状腺がんの治療後の予後は、がんの種類の中では良好であるケースが多いという特徴があります。
    甲状腺がんの多くは進行がゆるやかなタイプが多く、外科療法によりがんがすべて切除できなくても、がんの進行が緩やかなので、長期間生存できる可能性も十分にあります。
    悪性度の低い乳頭がんの場合では、がんができていたとしても治療をせず、経過を観察する場合もあるほどです。
    ただし、ごくまれにですが、がんが未分化がんの場合には、悪性度が非常に高いため、約90%の患者が半年~1年の間で死亡します。

  • 甲状腺がんの10年生存率
     がんの生存率の指標としては、通常5年生存率が用いられますが、甲状腺がんは予後が良いがんであるため、10年生存率が用いられることが多いです。
    また、一口に甲状腺がんと言っても予後が良好なものから非常に悪いものまでありますので、甲状腺がんの種類によって10年生存率が大きく異なります。

  • 甲状腺がんの約90%を占める乳頭がんの場合では、10年生存率は約85%、濾胞がんが約65~80%、髄様がんが約65~75%とされており、がんの中でもとても良好な結果となっています。
    悪性リンパ腫の場合は、5年生存率が約5~85%と、非常に個人差が大きくなっています。
    稀に発生する未分化がんの場合には、非常に悪性度の高いのでどのような治療を行っても効果が見られないことが多く、3年生存率が10%以下となっています。

  • 甲状腺は首ののどぼとけの下方にある臓器です。
甲状腺ホルモンという日常生活に不可欠なものを分泌しています。
    甲状腺の病気は大きく分けて次の5つがあります。
    * 良性腫瘍
    * 悪性腫瘍
    * 甲状腺ホルモン増加(甲状腺機能亢進症:バセドウ病)
    * 甲状腺ホルモン減少(甲状腺機能低下症:橋本病)
    * 甲状腺の感染症
    甲状腺の病気にかかった人は、どういう症状から病気に気付き、病院を訪れるのでしょうか。病気の種類によって症状はそれぞれに異なりますが、一般的には次のような症状をきっかけに、受診する人が多いようです。

  • 甲状腺がんの治療とその成績
     分化がんの治療はまず手術である。手術は病巣の範囲によって左葉切除術または右葉切除術と甲状腺(亜)全摘出術の二種類となる。さらに頸部リンパ節転移がある場合には、腫大したリンパ節だけを摘出するのではなく、頸部リンパ節全体を切除する頸部郭清術を同時に行う。以上の手術の危険率は頸部郭清術を併せる手術を含めても1%以下である。

  • 甲状腺ガン摘出術の手術後は、甲状腺ホルモン剤を一生服用しなければならない。これによって甲状腺がなくても、もとの身体と同じ状態を保つことができる。
 分化がんは非常におとなしいがんであり、穏やかな経過をたどるが、放置すれば、原発巣はやがて甲状腺外へ発育し、筋層、気管、食道、反回神経(声を出す神経)などへ浸潤するし、転移は反対側の腺葉へ、また同側の頸部リンパ節あるいは反対側の頸部リンパ節へ、さらには血行性に肺や骨へ拡がる。血行転移が起こる以前に手術によって病巣を完全に摘除できたときには、ほとんど治る。進行した症例を含めても、その治療成績は10年生存率90%以上である。

  • 甲状腺低分化がんの悪性度は分化型がんより高く、未分化がんよりは低い位置づけられる。
 分化型がんの肺転移の治療は放射性ヨードの内服による。未分化がんの治療は手術、放射線、抗がん剤の集学的治療が必要である。

  • 甲状腺ガン治療
    基本的には、甲状腺の切除と、頚部リンパ節の郭清を行います。

手術後は、甲状腺ホルモン剤やビタミンD剤の服用が必要なことがあります(特に甲状腺全摘の場合)。
また、定期的に受診していただき、再発の有無を確認します。
手術後の見通しは他の癌と比較すると良好です。特に中年以下の年齢層の方では良好です。

手術合併症については、かすれ声、指先がしびれる(低カルシウム血症)、リンパ液が漏れる、大声や高い声を出しにくい、出血(約1%)などが考えられますが、十分に注意して手術を行います。

  • 甲状腺乳頭癌の患者様のうち、2〜5%が家族内の複数の方に出現するといわれています。
遺伝が原因とされており、比較的若年者に多いのが特徴です。また、甲状腺内に癌が多発しやすいといった特徴があります。
    治療としては、甲状腺全摘術と頚部リンパ節郭清術を行います。家族性甲状腺乳頭癌の発生頻度は低いですが、早期発見・早期治療が望ましいので、ご家族のなかで甲状腺乳頭癌の手術をされた方がいるときには、念のために甲状腺の検査をすることをお勧めします。

  • 病気の特徴
    甲状腺癌の種類のひとつで、一番多いタイプです。原因はまだ不明で、症状がないことが多いのですが、あったとしても甲状腺にできる痛みのないしこりや、リンパ節の腫れ程度です。乳頭という名前ですが、胸にある乳腺とは全く関係がありません。この癌細胞を顕微鏡で観察すると、癌細胞が「乳頭」のような形をつくっているので、この名前がつけられています。

  • 甲状腺乳頭癌には、以下のような特徴があります。
    * ゆっくり発育し、性格がおとなしい症例が多い
    * 頚部のリンパ節への転移が多い
    * 肺や骨など遠隔臓器への転移は少ない
    * 進行すると、反回神経(声を出す神経)や気管に浸潤することがある
    * 約5%の確率で家族内発症がある
    診断
    血液検査、超音波検査、細胞診、CTなどの検査を行い診断します。

本文はここまでです このページの先頭へ