ここから本文です

投稿コメント一覧 (41コメント)

  • じゅ、十年ホルダーとしては、こ、これくらいは当然の事、
    まだまだ驚きませんよフフフ。。。

    などと、冷静にコメントしたいのですが、
    ここ最近すっかり冴えない動きだったので、
    ひとこと叫ばせて下さい。

    すごイボ、ヤバイボ、嬉しイボーーーーー!!
    信じててよかったーーーー(^^;)

    上昇に転じたときの爆発力はやっぱすごいですね!!

  • 2019/08/29 19:00

    4,000円近辺で一旦利確した人は上手ですね。
    10年ホルダーとしては、これくらい何のその!!
    と虚勢を張りたいところでありますが、
    まさか1か月で半値近くまで下がるとは・・・。
    しかしその分、上昇局面になったら爆発力のある会社ですので、
    9月から新しい展開を期待します。

  • イボキンの皆様、本当にありがとうございます。
    この勢いはすごい!!まだまだ伸びしろが大きいと判断して、
    やはり中堅の投信や大口個人等が玉を集めていると思います。
    ドキドキしますが、株価は見ないようにして、
    仕事とゴミの分別を頑張ります!!

  • 今日くらいは垂れるかと思いきや、強いですね!!
    出来高も伴っての、7月1日からの更なる上昇は気になりますね。
    中堅の投信あたりが新たに予算確保し、買っているのでしょうか?
    当方、ロングですがドキドキします。
    株価がまた一段上の新次元に入るのかな。
    外れたらごめんなさい。

  • 目先の動きはわかりませんが、個人的に10年後のチャートは
    今の凸凹が見えなくなっているくらい高い山になっていると、
    密かに期待しております。

  • ノンホルでスンマセン。
    毎月、メイン垢とサブ垢の玉楼がもう苦痛で苦痛で。。。
    特に、ナミ廻、摩利廻、不動廻!!
    おまけにも一つ焔摩天!!
    この極悪クエのうち、一つでもスキップ出来たら、だいぶ楽になるのにな。
    開発の皆様、報酬アイテムに「玉楼スキップ玉」を追加して下さい!!

  • イボの神様、ありがとう。
    単なるプラゴミの転売業者でなく、自分たちで処理してゆく道を選んだ勇気、
    人手も、設備投資も大きなリスクを抱え、この時代に必要とされる大変な仕事に立ち向かってゆくイボキンの皆さまを、心より尊敬し、応援しております。

    ここから先も幾多の山、谷があるでしょうが、
    当方も微力ながら10年持つ覚悟でついていきます!!

  • 2019/01/29 16:14

    ガイア夜明けの、録画してたゴミの回、やっと見ました。
    中国が輸入ストップしたおかげで、処理できないプラごみの量が
    かつてない規模でヤバイボですね。ヒィー(((゚Д゚)))。
    海洋汚染も深刻ですし、イボキンさんの工場は未来永劫、フル回転ですね。
    自分もゴミの分別だけはしっかりやろうと決意しました。

  • 今日あたりからイボボーンと爆上スタート!!

  • さずが浮動株少なイボ!
    騰がり始めると上昇力がハンパ無イボ!
    現状の株主構成を記録しておくイボ!!

    【株主】[単]13名<18年6月現在> 
     HS興産 640 (39.5%)
     自社(自己株口) 484 (29.8%)
     高橋克実 220 (13.5%)
     高橋勇史 140 (8.6%)
     自社従業員持株会 64 (3.9%)
     山崎喜博 20 (1.2%)
     高橋守 18 (1.1%)
     高見武志 14 (0.8%)
     エンビプロHLD 6 (0.3%)
     リバーホールディングス(株) 6 (0.3%)

     <外国> 0.0%<浮動株> 0.4%
     <投信> 0.0%<特定株> 99.5%

    ※四季報:2018年09月14日 作成より
    ※株数単位:千株

    ロックアップは180日間なので、
    ロックアップ解除は2月初旬ですね。

  • さすがに今は、地合も悪いし厳しイボ!
    でも、下がっても買い増しできるからうれしイボ!!

  • 自社株買い等も嬉しいですが、また、一時しのぎになるかと。
    その予算があるなら、是非、契約内容の精査に使っていただきたい!!

    明日の取締役会では、是非強いメッセージが欲しいですね。

    改めてシノケンは清廉潔白であると!!
    それを証明するため、第3者機関を入れて
    これまでの契約内容すべて精査中である、とか。

    シノケンが潔白であること、それが社会に証明されること。
    それこそが、何より反転の起爆剤になるかと思います。

  • 盛癌MUFGですが、買戻しのタイミングは解りませんが、
    追撃の売り玉もほぼ無いと思います。

    2018/09/06 2.14% +0.18% 781,452株 +65,300
    2018/09/05 1.96% -0.18% 716,152株 -63,100
    2018/09/04 2.14% +0.78% 779,252株 +280,900
    2018/09/03 1.36% +0.81% 498,352株 +295,700
    2018/08/31 0.55% -0.14% 202,652株 -49,000
    (日証協サイトより)

    シノケンでの盛癌MUFGは、皆さんご存知の通り、これまで
    初心者かと疑わざるを得ないような取引をしています。

    8月上旬~8月31日(金)までに52万株を高値で買戻し、
    推定4億円以上の赤字。

    あらかた撤退か、と思われた8/31(金)夕方に、
    TATERUの不祥事発覚。

    よほど悔しかったのでしょうか。
    9/3(月)に29.5万株、9/4(火)28万株を
    あわてて売り直し。

    この時点で、もう売残779,252株、
    全株比率2.14%に達してしまっています。

    空売開始から1年10か月になりますが、
    これまで最大の売残保有が18年2月14日の
    2.26% 817,290株※1です。

    全株比は2.26%ですが、浮動株比でいうなら、
    実に15%※2を超えています。

    これだけの比率になりますと、もう自身の取引で
    株価が大きく動いてしまうので、大きな利幅が取れません。

    機関投資家は厳密な投資ルールで資金を運用しますので
    この数を超えての空売りはまずないかと。
    もし出来るのであれば、とっくにやっているはず。

    では、9/5(水)で6万株買戻し、9/6(木)にまた6万株空売り、
    この気持ち悪い動きはいったい何なのでしょうか?

    おそらく空売増加ランキング上位にシノケンを出させる等して、
    他の売り手を誘っていると思われます。

    実際、空売増加ランキングでググって見ると、
    9月6日(木)の増加率でシノケンが上位5位に表示されます。

    つくづく、あさましいやりクチですね。

     ※1. 6月末、2分割後の換算値
     ※2. 四季報通り浮動株14.6%とすると、約532万株になります。
        81.7万株÷532万株=15.35%となります。

  • 盛癌本当にしつこいね。まさかまた戻ってくるとは。売りも買い戻しもタイミングも大失敗、大多数買い戻した直後にこの下げだもんね。しかしそろそろ株数上限のはず。

  • もっと空売りすべき銘柄がいくつもあるのに、今回は本当についてないですね。
    何でTATERUとは全く関係のない、業界屈指のクリーンな企業シノケンがこんなに売られるのか、
    ちょっと考えてみました。

    ■アパート販売 主要銘柄

     TATERU・・信用銘柄
     D東・・・1株16800円
     T健・・・1株7300円
     レオパ・・1株580円(信用倍率0.64倍) 

    個人の売り方は、肝心のTATERUで空売りできず、
    D東やT健は単元大きいので、普段勝てていない個人にはハードルが高い。
    レオパは踏み上げ怖い。それでここになだれこんだ。

    つまり、昨日今日でわらわらと集まった個人の売り方はチキンで貧乏人、
    投資家の中でもおよそ最底辺の有象無象。
    いつ株価が反転するかもわからないので、
    無理せず利益が出ているうちにうまく逃げなよ。

  • シノケンでも不適切な契約が無かったか、
    過去数千件の取引を一つ一つ精査している段階だと思うよ。
    昔からそういう誠実な会社なので‼ すぐに結果なんか出るわけないだろが‼

    TATERUで空売りできないからって、動物の傷口に群がるヒルのように
    どこからともなく湧いてきやがって‼
    全く無関係のシノケン板であんまデタラメ言うなよ売り方さんよ‼

  • レーティングを出したのは三菱UFJモルガンさんです。
    空売りしていたMUFG盛癌とは全く別の機関で、2社はとても仲が悪いと聞いています。

  • 売り方の幼稚で必死な書き込みを見ると、私は逆に安心しますが(笑)

  • 盛癌MUFGの平均売単価が、ひいき目に見て1300円くらい、
    平均買戻値1700円だとしても-400円×69万株=約2.8億のマイナスです。
    これに半期×4回分の配当負担を入れますとほぼ3.5億程になります。

    たしか盛癌MUFGが売手として日証協サイトに出現したのは
    今から1年9か月前の、2016年11月5日~8日頃だったかと記憶しています。

    その約1月後の2016年12月12日、金融庁・日銀の
    アパートローン監視強化のニュースが出ました。
    https://jp.reuters.com/article/fsa-loan-idJPKBN14016D

    当時、機関の情報力はさすがに早いなと驚きました。
    結果としてはシノケンの企業力の前に、返り討ちになりましたが(笑)

    今回の急な撤退も、何かつかんでの動きでしょうか。

    もしくは、2年を超えると新たに発生する逆日歩等があり、
    その負担の決済が下りなかったのでしょうか?
    元機関の方がいらっしゃったら、このあたりご意見いただけますと嬉しいです。

    いずれにしろ、長期にわたり執拗に売りを微増させ続けてきた盛癌MUFGが
    拍子抜けするほど素早く撤退するので、甚だ不気味ではありますが、
    後学のためしっかり見て記録しておきたいと思います。

  • ◆盛癌MUFGの撤退戦を記録しておきます。

    空売り者 モルガン・スタンレーMUFG
    2018/08/23 0.88% -0.03% 322,992株 -11,100
    2018/08/22 0.91% -0.14% 334,092株 -49,000
    2018/08/21 1.05% -0.11% 383,092株 -41,500
    2018/08/17 1.16% -0.12% 424,592株 -41,300
    2018/08/16 1.28% -0.06% 465,892株 -22,700
    2018/08/15 1.34% -0.07% 488,592株 -24,600
    2018/08/14 1.41% -0.12% 513,192株 -46,900
    2018/08/13 1.53% -0.07% 560,092株 -24,400
    2018/08/10 1.60% -0.14% 584,492株 -50,400
    2018/08/09 1.74% -0.15% 634,892株 -56,000
    2018/07/27 1.89% -0.10% 690,892株 -35,000
    (日証協サイトより)

    盛癌MUFGの返済ですが、株価に影響が出ないように
    少しづつ買い戻しているようですね。てっきり両建てしていて、
    現物返済で一括終了かと思っていましたが。

    皆さんがおおよそ予想されている通り、夏枯れの8月後半を狙って
    8月末までに完全撤退の勢いですね。

    8/24(金)にも数万株買い戻していると思いますので、
    残り30万株ほど、5営業日で買いサバくのでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ