ここから本文です

投稿コメント一覧 (120コメント)

  • >>No. 603

    まだ協議中ですか、やっぱり……

    となると、
    協議終了 → 治験計画届出書作成(要半年)→ 届出(いわゆる申請)(普通ならIR)→ 30日待つ → 自動的に受理(いわゆる承認)→ 治験開始

    なので、治験開始は来年央
    治験(Ph3)に3年 米販売承認は6年先の話
    もし、Ph2のやり直しとなるとさらに遅れる 

    最初に米Ph2が始動したのが上場年の2002年、半端ないもたつきぶり 

    4ケタ回復は甘くないと思いますよ 米治験開始IR程度でどれほどのインパクトが?
    日経記事に洗脳された民衆がワッと飛びついて1000円越えになった、あんな破茶滅茶相場は2度来ない

    表向きアンジェス応援でも、実は早く逃げ出したい気持ちが透けて見えるコメが他にもチラホラ 洗脳から解放されるのがちょっと遅いと思うけど

  • 吉野さんノーベル賞受賞に対する朝鮮人と中国人の反応

    朝鮮日報
    「彼の受賞のニュースは……痛恨のニュースであった。」
    朝鮮人
    「でも大阪の人でしょ?本当に日本人かどうか分からんよ 我等同胞の可能性もある」
    「朝鮮人は日本人を妬むために生まれてきた 日本人を妬み、日本人に嫉妬して死ぬ 日本人を羨ましげに妬むこと、それが朝鮮人の存在意義だ」

    中国人
    「日本は毎年当たり前のように受賞してる。恐ろしい国だ! 尊敬すべき国だ!」
    「黄色人種だって白人と同じように世界に貢献できる。日本の存在がそのことを証明してくれている。」
    「また1人基礎研究の偉大さを認められた日本人が誕生か。このアジアの隣人に、敬意を払わないわけにはいくまい。」
    「科学に国境はない。中国人は彼らから学んでいかないと。日本だろうがアメリカだろうが関係ないんだ。
    偉大な科学者たちに敬意を払おうじゃないか!」 
    「謙虚で、腰が低い。典型的な日本人の姿だね。そして中国人は真逆だ。僕らは彼らの姿から学ぶ必要があるよ、本当に。」
    「日本は本当に凄い国だよ。大げさでも何でもなく、アジア人の誇りだ。」

  • 冴えない銘柄が2016/1の日経一面トップ記事で一変、一気に出来高100倍に 頂点では、洗脳された人たちが1日1万コメの狂った日々 そして株価6倍強に  コラテ日本なんか売れないことが分かる人は儲けた

    今は夢から現実に戻る途中 

    コラテ日本ネタが終わったあと、アンジェスにあるのはあさって、しあさってのネタばかり

    売れないクスリのコラテ日本では業績何も変わらず、真っ赤っかが今後も延々と続く
    それでも株価は今でも人気化前の3倍
    実力がついてこないこの銘柄、果たしてこの高株価を人気だけで維持できるのか?

  • コラテ米Ph3治験申請(or届出)済みとのコメはガセだったか アンジェスさんにしては随分手際がいいと感心していたが、やっぱり まだ協議中なら申請はもっと先の話 30日ルールとかは仕切り直し 申請時にはIRが出てもいい
    Ph2のやり直しも有りうるとか そんなことになれば市場はどう受け取るのか 下手をすればコラテ米販売開始まで10年かかるかもしれない 誇張ではない あさっての話もいいとこ 
    また、来年終了予定の細胞薬PLX-PAD、米欧豪Ph3(米Fast Track指定)も見ないことにすることはできない もし成功すればコラテ米にはきつい打撃

    権威紙・日経が大々的に報じれば、個人投資家は簡単に洗脳される 「コラテはスゲーんだ」 しかし、製薬側の見方は違う 「これ、儲かるのか」だけ 
    製薬から見ればコラテはそれほど大げさなクスリではない 第一三共にコラテ欧米を切られたし、その後田辺三菱が引き受けてくれるまでの4年間、どこからもオファーがなかった そのため、開発は大幅に遅れた
    欧、中国も大きなマーケット 山田さんは現在コラテ欧中の提携先模索中と言うが、現在じゃなく以前からずうっと待ち続けてきたんだろうが 一番頼みやすいのが田辺 しかし、田辺「コラテ欧中までは勘弁して」なんだろう 
    交渉期限は迫っている 5年延長されているとしてもコラテ特許権は2021年には消滅する 無権利になると提携も導出もできなくなる

    売れないクスリのコラテ日本ネタが出尽くしたあと、残るのはあさっての話ばかり 連続チョンボのためにチンケな売上が続き、上場してから17年も経つのに安定黒になる日が見えない

    普通なら今のような高企業価値は維持できない しかし、日経記事による人気化はまだ続いている なので株価はどちらに転ぶか分からない
    まさに人気だけが頼りの銘柄

  • 今年も世界ではノーベル賞、朝鮮ではノーベル症の季節がやってきた

    ソウルのメディアSBSのインタビュー記事(9/30、翻訳) 
    一部のみ抜粋

    記者
    「「ノーベル賞の季節」が帰ってきました。今年のノーベル賞受賞者が次々と発表されます。今回も間違いなく「私たちはなぜノーベル賞を受けられないか?」というような残念な言葉が続くでしょうし、残念な気持ちがします。私たちの科学界は今どこまで到達し、さらになにを補完すべきなのでしょうか?」

    ヴュートリッヒ教授(2002年ノーベル化学賞受賞)
    「………韓国の現実は「私達はなぜノーベル賞をどうして受賞できないのだろうか?」と焦燥感を出しています。それも非常に多く焦っているように見えます。おそらく受賞できないのも当然かもしれません。以前にも話しましたが、ノーベル賞だけ見ていらだちを出すのは、悲劇的なことす。……」

    記者
    「それでも、韓国人はノーベル科学賞受賞者を輩出したいと願っています。」

    教授
    「……とても焦っています。……韓国政府と国民は、「ノーベル賞」という成果にだけ執着する傾向があります。……」

    ……………………
    プライドだけは高いこの民族にとってはノーベル賞ゼロなんてあり得ない 隣の未開人種が続々貰っているのに、優秀な我々朝鮮人がなぜゼロなんだぁぁ
    そのプライドに見合う実力が根本的に欠如している人種であることは己自身の歴史を直視すれば分かりそうなものなのに それが分からないから朝鮮人なのかもしれない
    教授は「焦るから」と言うが、焦っても焦らなくても同じことだろう

  • ほおぅ、そうですか 思っていたより随分早い

    治験申請(正しくは届出)後、30日以内にFDAからクレームが来なければ自動的に承認(正しくは受理)となる(30日ルール)

    この話が本当なら承認IRが出る日は近い

  • 600円の高株価はキープできるのか?
    時価総額650億円、東一除くバイオ40銘柄中5位の高評価は維持できるのか?

    チョンボを繰り返すアンジェス、元々は140億円と、分相応の時価総額だった 
    それが2016/1の日経一面トップ記事で超のつく人気銘柄になった 株価は6倍強まで上り詰めた まさに大化け そして、現在でも人気化前の3倍

    140億円→650億円 コラテ日本仮免で企業価値がここまで変わるのは妥当なのか 高々ナグラの穴埋め程度のクスリなのに

    この先も、コラテ米、コラテ適応拡大、高血圧、エボラとか、どれも今日明日じゃなく、あさっての話ばかり どうなるか分からないあさってネタなんかに市場は興味ない
    それに、安定黒になる日は一体何時来るのか、まったく見えない コラテ日本がこれでは、今後も延々と印刷事業が続き、株希釈が止まらない見通し 大先輩お先に失礼と、ベンチャー卒業して東一昇格した銘柄、遠くない将来東一資格を得る銘柄が沢山ある中で、山田さんはと言えば「東一?ファー?」 最古ベンチャーアンジェスさんのPLで開発後期にあるのはコラテだけ、まるで去年上場したフレッシュベンチャーみたい 17年間連続チョンボのツケは大きい 

    これでは、バイオ上位にランクされる現時価総額が妥当とはとても言えない

    人気だけが頼みのアンジェスさん
    この人気、果たしてどこまで分不相応の高株価、高時価総額を支え続けてくれるのか

  • 既出なら失礼

    文芸春秋10月号
    三木谷浩史が<167億円>出資した「光免疫療法」(8 pages)

  • コラテ日本は売れないの念押し食らって、もうこのネタでの買い煽りは終了
    次の買いネタは何?6年以上先の米コラテ? これも先行競合薬が失敗してくれることが望みの綱の残念さ
    バイオ最古参なのにまともな売上もなく、投資家さん、おカネ頂戴のおねだりがこれからも延々と続く

    2016年の日経一面トップ記事に煽られて膨らんだ夢の風船もようやくはじけたようだ 
    人気だけは超一流も、これ以上の買いはもう無理筋
    時価総額はもっと落ちないと分相応にならない

  • >>No. 839

    2020年承認(頭頚部がん)はステラケミファ子会社の話だし

    ここのDDS技術は楽しみだが、まだ治験も始めていないようでは岡山大BNCTがん治療が世に出るのはいつのことか分からない 市場が関心を持つにはまだ早い

  • 市場が失望したのは薬価60万円ではない

    ピーク時売上、12億円(患者年1000人、アンジェス予測)に失望したのだ 
    この売上は、患者1人当たり2回投与(注射回数ではない)と仮定した上の計算
    60万円×2×1000 = 12億円

    ロイ料率40%としてアンジェスの手取りはピーク時でも5億円弱 
    まず、そこまで売れない 何故なら、アンジェス予測の年1000人の患者なんてまず無理 薬事日報の予想という年270人がまだ近い その場合にはピーク時のアンジェスの手取りは1.3億円

    コラテ日本は高々ナグラザイムレベルのクスリ、は前々から指摘しているとうり

    実際に販売が始まって決算の数字を見せつけられるまで、日経一面トップ記事による洗脳が解けないのかもしれない いつまで日本初の遺伝子薬!に酔っているのか

  • >>No. 539

    >これらの4品目が今年度中に申請予定で、

    こことは直接関係ない話だが、念のため

    1と2についてはそのとおりだが、
    3と4については2019年承認申請予定はないだろう

    3 タカラバイオのTBI-1301を用いた滑膜肉腫、国内試験はまだPh1/Ph2中
    4 セルシードの食道細胞シートを用いた国内治験は成功せず 追加試験実施し、2022年の承認申請目指す

  • ① ちょっと前まで「コラテ、マンセー! アンジェス、マンセー!」
              ↓
    ② ほんのちょっと前「コラァー、ヤマダァ、カネ返せぇ」
              ↓
    ③ 今「行くうぅ 鼻血ブー」
              
    なんとも忙しい人たち 
    ネクストステージは? 
    ②に戻るとか

  • よくやった
    ただ、黒転の要因が売上増ではなく、経費の削減によるところが………

    市場が高く評価してくれればいいが

  • >>No. 9434

    >とりわけ、お問合せはメールしか受け付けませんというのは最悪です。

    問合せはメールで、は普通の対応ですよ

    他バイオの中には電話対応できるところもあるが、多くはメール対応のみ

    では本当に電話対応がないのかと言えば、そんなことはない

    一般に、会社のpdf・IRのどれかを開くと、その件についての問合せ電話番号が出ている 電話して「広報担当者お願いします」、で担当者と話しできる 問合せ内容がその件に無関係であっても答えてくれる

    サンBについても同じ 
    これまでに数回電話している IR内容とは無関係なこと、例えばSB6-23の特許について、とか、大日本住友との契約内容について、とかで聞いても差し支えない範囲で答えてくれている

    *「人間の屑です」とかは言い過ぎですよ 
    *ただし、こういうコメに対して「文句あるなら売れよ」の常套句が出るのも問題 ホルダーが会社批判するのは当たり前のこと 全コメがサンB賛歌の板なんてどれだけ面白くないことか

  • 長文コピペ大好きさん

    ついでながら、
    そーせいさん:博士号取得者 75名超

    アンジェスはアンジェスなりに生きよう

  • >注目は、特許実用新案の見事な多さです。なんと97件(検索では106件)と他のバイオ(オンコリス12件・そーせい21件)とは比較とならない特許を獲得している。


    ちょっと、ちょっと
    そーせい:グローバル特許件数 400超

    そーせいさんと較べちゃダメ アンジェスはアンジェスらしく行こう

  • 東大で成功してますよ

    東京大学医科学研・藤堂具紀教授のウィルスを用いた脳腫瘍(膠芽腫)医師主導治験 Ph2
    このウィルスはがん細胞内でのみ増殖し、これを破壊する

    中間解析で高い有効性を確認、このデータで承認申請し年内承認へ(2019/2)

    最新情報
    製造販売承認申請者である第一三共の準備整わず、申請遅延へ(2019/7)

    最近は光免疫療法に関心が集中しているが、藤堂ウィルス療法も前から注目されている
    この療法について知りたければ、YouTubeで
    「サイエンスZERO ウィルス」で検索 (NHK放送 2016)

    がんのウィルス療法はタカラバイオ、オンコリスも開発中で、光免疫療法とともにがん治療の新しい流れになるかもしれない

  • そーなんすか

    気まずいのでアンジェスさん逃げ出したか

  • 近く上場のステムリムとアンジェスさんは大阪のビルに同居 3階と1階
    毎日笑顔で顔を合わせる先輩・後輩は親しい仲間同士? それとも腹の中では?

    もしステムが脳梗塞試験で成功すれば山田さん動揺 
    ペプチドで治療できるならアンジェスさん遺伝子治療の立場なくなる

    安価な低分子化合物であるペプチドを静脈注射するだけで脳梗塞が治る、重症虚血肢も治る、アトピー性皮膚炎も治る、あれもこれも治る
    とても信じられない 誰もがウソだと思う
    でも、動物で効果ありなので可能性は認めるしかない

    案に反して上場前のステムの人気は非常に低く、時価総額は当初予想のアンジェスの2倍より遥かに低くなるとか
    ペプチド薬が余りにも奇想天外でインチキ臭いと見られているのかもしれない 
    その代わり、もしペプチドがホンモノと分かったときには、チンケな売上コラテ日本のようなチマチマした話ではなくなる

本文はここまでです このページの先頭へ