ここから本文です

投稿コメント一覧 (5429コメント)

  • >>No. 9

    被害者つらして大儲けした。

    貰ったカネや品々は返さないで無罪放免。

    国会にも出ない、与党の議員さんにも配られてるからだろう。

  • 国会質疑は閣僚たちの答弁能力を国民が図るいい機会だ。
    官僚たちにとっても、閣僚の背後で指図する快感を味わえる、TV画面に出る喜びがある。質疑のストーリを先に漏らしては興味が半減する。

    >国民民主党の森ゆうこ参院議員は16日、国会内で記者会見し、森氏が質問に立った15日の参院予算委員会をめぐり、事前に政府側に通告した質問内容が外部に流出した可能性があると発表した。公務員の守秘義務違反や国会議員の質問権侵害にあたる可能性があり、与野党から事態を問題視する声が出ている。

  • 菅原一秀経産相の疑惑が深まった。メロンリストで実名住所が公表された。

    > 菅原一秀経産相(57)が、選挙区の有権者に対し、メロンやカニ、いくらなどの高級品を贈っていたという「有権者買収疑惑」。 「週刊文春」10月10日(木)発売号 ではその証拠として、菅原氏の選挙区に居住する100人以上の有権者の実名、住所が記された「メロンリスト」の存在を報じた。

  • ホームレスの避難問題、避難人道的対応を期待する。役所は優しい、と言われるように。

    >東京都台東区が台風19号で自主避難所を訪れたホームレスの男性2人の受け入れを断ったことについて、安倍晋三首相は15日午前の参院予算委員会で、「避難所は被災者の生命、身体等を保護するために設置されたもの。各避難所においては避難した全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と答弁した。台東区に事実関係を確認し、対応する考えを示した。

  • 虚偽情報の提供?
    それをやっちゃおしまいよ。

    >[東京 11日 ロイター] - 日銀は11日、スルガ銀行<8358.T>に虚偽情報の提供など考査契約違反があったと発表した。同日付で経営管理体制の改善策と実施状況の報告を求めた。
    日銀は2018年2月から3月にかけてスルガ銀の考査を実施したが、事前に作成を求めた資料で同銀は一部の会議での報告内容などを記載していなかった。また、2014年12月および18年2月―3月の考査では、実態と異なる情報が掲載された会議の議事録が提出されていた。
    日銀は、こうした資料の提出が考査契約違反に該当すると判断。スルガ銀の行為は「誠に遺憾と言わざるを得ない」と指摘した。

  • 教育者の資格なし。

    >神戸市立東須磨小学校の教諭4人が後輩の男性教諭にいじめを繰り返していた問題で、同小の仁王美貴におうみき校長(55)が9日、市役所で記者会見し、加害教諭が「面白ければ良かった」などと説明していることを明らかにした。いじめは1年以上続いていたといい、仁王校長は自身の対応について「認識が甘かった」と謝罪した。

  • 二人目の政治家が名前を出した。

    > 自民党の世耕弘成・参院幹事長の資金管理団体が、関西電力幹部らに金品を渡していた福井県高浜町の森山栄治元助役(3月に死去)が相談役に就いていた兵庫県内のメンテナンス会社の社長から、2015年までの4年間に計600万円の寄付を受けていたことがわかった。

  • >”元助役森山英治”を作ったのは関電

    高浜原発の誘致に尽力した福井県高浜町の元助役、森山氏(3月に90歳で死去)。
    退任後は関電の完全子会社「関電プラント」に顧問に迎えられ、関電の発注先の役員も務めていた。1990年代のことだ。

    「原子力事業を進める際、協力者を大事にしないとやっていけない」

    『密室での地域対策』に森山氏を利用してきたのは関電だった。


    飼い犬が30年間で老獪な野犬に変身していた。

  • 収賄の記録など付けるわけない。ばれても白を切る人間が記録するはずない。

    >関西電力役員らの金品受領問題で、福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から受け取った20人のほとんどが日付や、金品の具体的な内容を記録していなかったことが4日、関電への取材で分かった。関電は「組織として記録を残すよう指示していなかった」と説明。金品受領に組織的対応を欠いた関電の企業統治の欠陥が改めて浮き彫りになった。
     調査委員会は保管されていた金品などから総額3億1845万円相当と算出したが、記憶に基づく申告が多かった。額の信用性は低く、実際はさらに膨らむ可能性が出てきた。 関電によると、社のコンプライアンス部門が聞き取りした結果、大半は記録がなかった。
    (共同)

  • 原発、テロ対策遅れで来年3月停止。

    > 九州電力は3日、テロ対策で原発に義務付けられた「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の完成が設置期限に間に合わないため、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)を来年3月16日に停止すると正式発表した。特重施設の完成遅れで運転停止になるのは全国初。
     他電力の原発でも設置が遅れており、今後、関西電力高浜3、4号機(福井県)など再稼働済みの3電力7基が順次設置期限を迎え停止を迫られる見通し。
     九電は、特重施設の完成遅れで川内2号機も来年5月20日に停止すると公表。施設完成後の再稼働時期が1号機は来年12月、2号機は2021年1月を見込んでいることも明らかにした。
    (共同)

  • 貰った高級スーツ75着は80%以上着用した。返す機会を探したなど大嘘だ。

    >関電が明らかにした金品の受領総額は3億円超。現金や商品券が多い中、米ドルや金杯などの品目も並んだ。また、11人が計75着、3750万円相当のスーツを受領。1着の平均額は50万円という高級スーツだが、返却されたのはわずか14着分だった。

  • 自民党幹事長も地に落ちた。部会の会議に議員たちがさぼって出てこない。

    > 自民党が2日に開いた北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の会合で、本部長を務める二階俊博幹事長が怒りをあらわにした。北によるミサイル発射という日本の安全保障に直結する問題を協議する会合にもかかわらず、出席議員が少なかったためだ。

  • > 関西電力の役員らが高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受領していた問題で、額が突出していた原子力事業本部長を務めた豊松秀己元副社長(65)の受領額は一億円相当以上だったことが二日、関電関係者への取材で分かった。一回で一千万円の現金を受け取った幹部もいた。

    情けない人間の欲望。
    関電の収賄者たちは、3日毎日新聞「余禄」コラムを読んでもらいたい。幕末の勝海舟の賄賂対処を学ぶとよい。

  • 消費税アップは大失敗。時期も間違い、消費落ち込み対策が失敗の原因。
    簡素で分かりやすく公平に。これに全く矛盾した政策は天下の悪法だ。

    〉 10月1日から税率が10%になり、コンビニやスーパーなどでは深夜に値札が交換された。一部の店や駅では、税率変更に伴うシステムトラブルが発生。値段が間違ったり、券売機が利用できなくなったりするなど混乱した。

  • 関電幹部に金が還流される構造を作り、30年間裏金を手に入れてきた。
    構造腐敗の関電役員を厳罰に処せ。

    >関西電力の幹部ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、元助役が関電の全額出資子会社「関電プラント」(大阪市)で約30年間にわたり顧問に就いていたことが明らかになった。元助役は、原発の工事を請け負う同町の建設会社の顧問も務めており、発注と受注の双方に絡む構図が浮き彫りになった。

  • >>No. 1609

    非正規社員たちは、ローン地獄に追い詰められる。

    きわめて危険な誘惑だ。

  • 前回の消費税8%引き上げ等で年間10兆円の税収増になった。等この増税分はどこに消えたか? 高齢化社会に備えて社会保障費に配分されたのは年4兆円、そのほかは米国からの武器調達などに使われた。マスコミにかけてる視点は税収が国民の経済活動で生まれたものではないということ。増収分の使い道のは米国への支払いだったということだ。TV解説でもっと強調すべきだ。

    >2013年から2018年にかけて消費税8%への引き上げによる税収増は年間約8兆4000億円、その他のアベノミクス増税を合わせると国民の税負担はざっと年間10兆円(国税と地方税の合計)ほど増えた。つまり税収が増えたのは景気上昇で給料が増えたからではなく、増税の結果だとわかる。
     その税金はどこに消えたのか。10兆円も増税したのに、国の社会保障関係費(予算)は2013年度の約29兆円から2018年度は33兆円と年4兆円しか増えていない。
     かわりに使われたのが「国土強靭化」の公共事業や、TPP対策費だ。その中でも増税後、毎年、倍々ゲームで増えていったのが、米国からの高額の「買い物」だった。

  • >>No. 105

    昔からの腐ったリンゴをたたき出さないと、難しい。

  • 東京五輪へのロシア参加に暗雲。

    >[ドーハ 27日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は27日、世界反ドーピング機関(WADA)がロシアから提供されたデータに矛盾を発見したことを受け、ロシアが来年の東京五輪に参加するためには新たな調査が必要になるかもしれないとの認識を示した。
    WADAは23日、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)の過去データを検証し、コンプライアンスに関する手続きに入ったことを明らかにした。東京五輪への参加にも影響が出る可能性もある。

  • 大阪地検特捜部の出番でしょう。構造的腐敗が進んでる公益事業体の幹部汚職だ。

本文はここまでです このページの先頭へ