ここから本文です

投稿コメント一覧 (628コメント)

  • 昨年、5000円を超えたところで、一部売却してしまった。

    失敗だった。

    しかし、まだ、若干、保有している。

    私は、儲け損なったけれども、わずかではありますが、この会社の株式を保有していることを、株式投資の損得を別にしても、誇りに思っています。

    病気で苦しんでいる方々に、一筋の光明がみえてくることを、本当に期待しています。

    日本を代表するエクセレントカンパニーです。

  • ずっと含み損が、続いています。

    少し、含み損が減ったかと思うと、またまた、含み損が拡大します。

    買値に戻るのと、私の寿命が尽きるのと、どちらが先になるか。

    とにかく、仕事で無理をせず、長生きするしか、譲渡損失を出さずに済ます術がない。

  • 4日前の11月9日に、暴落リスクを回避すべく、ポジションを減らしてしまい、儲けそこなった私。

    自分でいうのも情けないが、愚かだった。

    まだ、ほんの少しだけれども、保有しているので、値上がりすること自体は、歓迎だが。

    なかなかうまくいかない。

    会社に勤務しているが、薄給のまま、何年も私だけ1円も昇給しないし、ボーナスもゼロ。

    これから、ボーナスの支給明細を、他の従業員に手渡しに行きます(これが、私の仕事ですから)。

  • ヤマト運輸の福岡県内の営業所で、暴行事件が発生しています。

    加害者も被害者もヤマト運輸の従業員と思われます。

    こんな、ヤクザみたいな会社に、荷物の配送を頼みたいでしょうか。

    それと、S川も、以前、問題を起こしたことがあります。

    やはり、親方日の丸から民営化した会社の方が、まともではないでしょうか。

  • 日経平均が400円も上げたのに、逆行安。

    ここまでひどいと、涙も枯れてしまう。

    他にもいくつかダメ銘柄を抱えており、いつまでたっても、含み損。

    まだまだ続くよ含み損

    野を超え山超え谷超えて

    はるかな時まで僕たちの

    はかない株の夢つないでる

  • くだらないことをやっているから、株価が下がる。

    含み損が雪だるまになっている。

    どうしてくれる。

    こんな訴えを起こされる時点で、ダメ。

    恐ろしいほど、レベルの低い人間が、会社経営や人事の仕事をやっている。

  • いったいいつになったら、買値まで戻るのだろう。

    ダメ株ほど、長いつきあいになるな。

  • そだねー。

    高配当、原油価格も上昇気流に乗り出した。

    いまだに、含み損人生だし、この値段で売るつもりにはなれません。

  • 値幅制限をみると、上限が569.3円となっています。

    569円以下で売りたい人がいれば、ストップ高とはならず、売買が成立しますが、さて、そういう奇特な方がおられるのかどうか。

    なかには、慈悲の心で、売ってあげようという人も絶対いないとは言えませんが。

    連休明けの相場の行方に注目しています。

  • まもなく、東京オリンピックの女子マラソンの選考会が始まります。

    私は、鈴木亜由子選手を応援したい。

    彼女は、愛知県東三河の名門時習館高校を卒業し、名古屋大学経済学部に進学、その後、大きな期待を受けて、日本郵政に入社されました。

    私と同郷(愛知県出身)でもあります。

    1位がベストですが、とりあえず、東京オリンピックのスタート地点に立つべく、2位でもよいから、代表の座を獲得していただきたい。

    さすれば、ご祝儀相場となるかもしれません。

    このところ、簡保の不正など暗いニュースが多いですが、暗雲を吹き飛ばすような鈴木亜由子選手のラストスパートに期待しています。

  • 空売りの筋との我慢比べです。

    早く決済したいのが本音ですが、今、含み損を確定させてしまうと、身ぐるみはがされて、株式市場から退場させられてしまう。

    多くの人は、スッテンテンにさせられて、株の取引きから強制退場させられて、もう二度と株の取引きなどしないとなるのだろう。

    私見では、今の原油価格では、採算の合わない油田が世界に数多くある。採算割れの価格で原油を生産し続けるのは無理だから、今の原油価格が続けば、必ず、生産量が減少する。
    そういう形で原油市場が均衡にむかうと考えています。
    銅価格についても、全く同じことがいえます。

    原油相場(及び銅価格)の下落以外に、JXTG株が下落する理由があるなら、ホールドすべきではないとの考え方にもなるが、原油価格(及び銅価格)の下落に伴う棚卸資産(銅鉱山)の評価損が大幅減益の原因なのだから、いずれ、どこかの時点で、原油価格(銅価格)がもう少し上昇し、JXTGの株価もこれに連動して戻るだろう。

    願わくば、800円台まで戻ってほしい。
    最低でも、700円は超えてもらいたい。

    待ってまーす。

  • なるほどね。

    資金力に乏しい弱者をこやしにして太るということか。

    資本主義だな。

    マネーゲームだな。

  • ここの含み損だけで、年収の半分を超えている。

    まるで、近いうちに倒産するのではないかという勢いの下げ方だね。

    短期筋にいいようにおもちゃにされている。

    私は、仕事は、健康を害さない程度に続け、長生きして、買値まで戻るのを、何年でも待つ。

    待つ。

    待つ。

    待つ。

  • 頭がおかしいのか、と言われても、700円超えを待つ。

    777円になったら、売りたいな。

  • どれだけ下落しても、この株はホールドします。

    損切りは絶対しない。

    私は、500円割れの株価は、様々な指標から考えると、いくら何でも売られすぎだと思っています。

    今でも、個人的には、700円を超えて当たり前だと思っています。

  • これまでに、何度か、日本政府が、日本郵政の株式を売り出し、善良な日本国民が、購入している。

    しかし、過去の売り出し価格全てを、現在、大きく下回っている。

    株式投資は自己責任といったって、政府売り出しの株式は、その売却代金が国庫に入るのだから、結果論的に考えれば、政府が、善良な日本国民をだまして、高値で売りつけたことになる。

    日本政府は、今、公的年金について、マクロ経済スライド制を導入し、実質的に、年金支給額を目減りさせていこうとしている。
    そして、公的年金だけでは老後の生計を賄えないのだからとして、貯蓄から投資へと日本国民を誘導している。

    日本国民を投資に誘導している日本政府が売り出した日本郵政の株式について、まさか、購入した日本国民に損をさせるとは、思いもよらない。

    これが、政府売り出しに応じて日本郵政株を購入した日本国民の一般的な認識です。

    素人がカモにされたと言われればそれまでだけれども、素人に対し、貯蓄から投資へ誘導してきたのが日本政府であることに鑑みれば、日本郵政株の暴落は、国家的詐欺に等しい。

    私は投資の素人で、今、日本郵政株を保有しているけれども、巨額の含み損を抱え、途方に暮れております。

    私だけでなく、少なからず、こういう方々がおられるのではないでしょうか。

  • 同感です。

    買値に戻るまで、何年でも、死産株としてホールドです。

    しかし、こんなバナナのたたき売りのような売り方して、本当に、売りの人、だいじょうなのかなあ。

    1年間に22円配当がもらえるし、ここの配当政策は、安定配当なので、業績が上下しても、配当額は、そんなに変わらない。
    とりわけ、減配は、まず、ありえない。
    むしろ、今後、増配含みだと思っています。

    ところで、ペンシルバニアにある製油所がダメージを受け、ガソリンの供給に支障が出ているというニュースがありますが、JXTGの業績に、何がしか影響があるのでしょうか。

  • 含み損が雪だるまのように膨らんできた。

    3000円台に戻るのは、いつになるのだろう。

    それまで、死産株として塩漬けになる。

    公的年金では、とても老後の生活費を賄えないので、健康を害しない程度に、のらーりくらーりと働き、薄給にあえぎながらも少しずつでも貯蓄していき、3000円台を回復した暁には、株を売却する。

    長期保有になりそうだ。

  • >>No. 739

    NTTの株主で、菅のたわけが官房長官をしている自民党に、今度の参議院選挙で投票する人が、いったいどれだけいるのだろう。

    衆議院の解散はなくなったから、今回、参議院選挙のみ。
    政権選択選挙ではないのだから、自民党が選挙で負けても、自民党の政権は続く。

    であれば、今の菅のやり方にNOというメッセージを送るためにも、今回は、自民党に投票せず、自民党にお灸をすえるのがよい。

    選挙で痛い目に合わせないと、愚かな政治家は反省しない。
    俺は、菅の官房長官解任を求める。

  • 2019/06/21 09:41

    >>No. 975

    コングロマリットディスカウントといっても、あまりにも安値で放置されている。

    私も、今年中に、4000円まで上昇する可能性が、充分あると考えております。

    ガチホです。

本文はここまでです このページの先頭へ