IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (166コメント)

  • 配当利回り6.00% に注目(03/25)時価総額17億円。底打ち反転↑

  • 配当利回り6.00% に注目(03/25)時価総額17億円。底打ち反転↑

  • 配当利回り6.00% に注目(03/25)時価総額17億円。底打ち反転↑

  • 配当利回り6.00% に注目(03/25)時価総額17億円。底打ち反転↑

  • 配当利回り6.00% に注目(03/25)時価総額17億円。底打ち反転↑

  • >>No. 867

    650まで上値は軽い↑ 売り豚担がれるね👍

  • 2020/03/25 08:36

    >>No. 374

    「スマートシティー」完全自動運転で二酸化炭素の排出がゼロの車や1人乗りの小型のEVなどが専用の道路で走行します。自動運転向けの高精度地図が材料視されている。セコム系で航空測量で国内トップのサービス大手。自動運転向けの高精度地図で要注目。台風被害によって各地の河川で堤防の決壊などが相次ぎ大きな被害が出たことから、堤防の補強やダムのかさ上げといった治水対策に多くの予算が割り振られるもよう。

  • 2020/03/25 08:24

    株価はニュースよりも早く動く。
    今週こそ、初動から倍の1,000超えへ↑


    アンジェスがカイ気配スタート、新型コロナウイルスDNAワクチンが動物向け試験段階へ
     アンジェス<4563>がカイ気配スタートとなっている。この日の寄り前、大阪大学と共同開発中の新型コロナウイルス向けDNAワクチンに関して、プラスミドDNAワクチンの原薬が完成し、動物への投与を行う非臨床試験準備が整ったと発表しており、これが好感されている。

     同ワクチンは、アンジェス及び大阪大学(臨床遺伝子治療学・健康発達医学)が有するプラスミドDNA製品の開発実績を生かして、コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発するというもので、不活化ウイルスをワクチンとする方法(弱毒化ワクチン)や遺伝子組み換えウイルスタンパク質をワクチンとする方法に比べて、短期間で製造プロセスを確立することが可能な点が特徴。同社では今回の原薬完成により、近日中に動物向け試験を開始するとしている。

    出所:MINKABU PRESS

    最終更新日:2020年03月24日 09時10分

  • 2020/03/24 15:00

    ザラバ高値↑

  • 1,000回復↑ 
    巣籠銘柄 イベント中止から漫画アプリが注目されていると。

  • 「スマートシティー」完全自動運転で二酸化炭素の排出がゼロの車や1人乗りの小型のEVなどが専用の道路で走行します。自動運転向けの高精度地図が材料視されている。4667アイサンテクノロジー・2303ドーン・6902デンソー・3653モルフォ・3914JIG-SAW・9790福井コンピュータ・6324ハーモニックドライブ・3666テクノスジャパン・3625テックファーム・6770アルプスアルパイン・6758ソニー・6723ルネサス・9232パスコ など。

  • 2020/03/24 11:27

    今週こそ、初動から倍の1,000超えへ↑


    アンジェスがカイ気配スタート、新型コロナウイルスDNAワクチンが動物向け試験段階へ
     アンジェス<4563>がカイ気配スタートとなっている。この日の寄り前、大阪大学と共同開発中の新型コロナウイルス向けDNAワクチンに関して、プラスミドDNAワクチンの原薬が完成し、動物への投与を行う非臨床試験準備が整ったと発表しており、これが好感されている。

     同ワクチンは、アンジェス及び大阪大学(臨床遺伝子治療学・健康発達医学)が有するプラスミドDNA製品の開発実績を生かして、コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発するというもので、不活化ウイルスをワクチンとする方法(弱毒化ワクチン)や遺伝子組み換えウイルスタンパク質をワクチンとする方法に比べて、短期間で製造プロセスを確立することが可能な点が特徴。同社では今回の原薬完成により、近日中に動物向け試験を開始するとしている。

    出所:MINKABU PRESS

    最終更新日:2020年03月24日 09時10分

  • 2020/03/24 11:17

    再INしてみた👍

  • セコム系で航空測量で国内トップのサービス大手。自動運転向けの高精度地図で要注目。台風被害によって各地の河川で堤防の決壊などが相次ぎ大きな被害が出たことから、堤防の補強やダムのかさ上げといった治水対策に多くの予算が割り振られるもよう。

    台風被害によって各地の河川で堤防の決壊などが相次ぎ大きな被害が出たことから、堤防の補強やダムのかさ上げといった治水対策に多くの予算が割り振られるもよう。20年度以降も国土強靭化の観点からインフラ投資が活発化する公算が大きく、当社の事業環境には追い風が続くと期待する投資家が増えている。足元の業績が好調に推移していることも買い安心感を呼び、カラ売りの買い戻しを交えて上値を試す展開となっている。ストックボイス

  • トヨタとNTTが資本提携へ「スマートシティー」構想を推進
    2020年3月24日 9時49分IT・ネット
    トヨタ自動車とNTTが互いに2000億円規模の出資を行って株式を持ち合う資本提携に踏み切る方針を固めたことが明らかになりました。自動車と通信で日本を代表する企業による異例の関係強化で、世界的に開発が活発になっている、最先端の街づくり「スマートシティー」の構想を推進するねらいがあります。
    関係者によりますとトヨタ自動車とNTTは、互いに2000億円規模の出資を行って株式を持ち合う資本提携に踏み切る方針を固め、24日にも発表する見通しです。

    資本提携によって両社は、トヨタが持つ自動運転などの次世代の車の技術と、NTTが持つ高い通信インフラの技術を組み合わせ、5Gの次の世代の通信規格、6Gの活用を視野に新しい移動サービスの開発で幅広く協力し、世界的に開発が活発になっている、最先端の街づくり「スマートシティー」の構想を推進するねらいがあります。

    自動車業界では、自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる先端技術をめぐる競争が、また、通信業界では大容量の情報を瞬時にやり取りできる通信サービスを目指した競争がそれぞれ世界的に激しさを増していて、いずれもスマートシティーの推進に欠かせない重要な技術となります。

    日本を代表する企業どうしが業界を越えた異例の関係強化に踏み切ることで、最先端の街づくりでリードしたい考えとみられます。

  • トヨタが建設目指す「未来都市」と実現への課題
    トヨタ自動車は静岡県裾野市に「WovenCity(ウーブンシティ)」と名付けた、未来型の新しい都市の建設を目指しています。

    この都市は3つの道路が網の目のように織り込まれていることからその名が付けられ、完全自動運転で二酸化炭素の排出がゼロの車や1人乗りの小型のEVなどが専用の道路で走行します。

    また自動運転の車はライドシェアと呼ばれる相乗りの送迎や宅配のサービスを行うだけでなく、移動型の店舗としても街を走る計画です。

    住宅には家事などを支援するロボットも配備されると見られ、2000人余りが実際に暮らしながら、「MaaS」と呼ばれる新しい移動サービスやロボット技術の実証が行われる見通しです。

    これまでトヨタは「MaaS」の展開や最先端の街づくりへの参入を見据え、ことし1月にパナソニックと共同で住宅事業を統合した新会社を設立したり、去年にはソフトバンクと共同で配車サービスを手がける会社「モネ テクノロジーズ」も設立するなど他社との提携を相次いで打ち出してきました。

    ただ「WovenCity」の実現に向けては、車のデータなどを瞬時に処理できる大容量の通信インフラの整備や収集したデータの取り扱いなどが課題になっています。

    トヨタとしてはこうした課題の解決に向け、「スマートシティー」をアメリカで手がけ、5Gの次の世代の通信規格で大容量の情報を瞬時にやり取りできる6Gの開発を進めるNTTとの関係強化が必要と判断したものと見られます。

  • 【特色】セコム傘下の航空測量最大手。公共測量依存からの脱却掲げ、衛星測量、海外事業再構築を企図
    【連結事業】空間情報サービス・国内公共部門80、同・国内民間部門12、同・海外部門8 <19・3>
    【増益続く】国内公共は着実増だが、海外事業売却で営業微増益。関係会社売却益の一方、不動産減損。子会社解散で税効果。復配。21年3月期は国内公共は受注残豊富、国土強靭化で伸長、民間は物流向け地図情報が堅調。海外は子会社整理進捗で利益改善。
    【連携システム】倉庫の入出庫と配車を連携するシステムを開発、物流向け販売促進。スマート農業研究で東京農大などと協定。 会社四季報

  • 日エスコン(8892) カリフォルニア州ロサンゼルス郡における分譲コンドミニアム開発共同事業への参画に関するお知らせ
    配信元:適時開示
    投稿:2020/03/24 11:00

  • >>No. 687

    多額の借金と新興株の投資失敗が相次いでいるからね。そりゃアポロに3,300億円も空売りされるし、他の大口さんも狙っていると思うで。うんうんそう思う👍

本文はここまでです このページの先頭へ