ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • >>No. 325

    > 病的な妄想癖があるようだな。
    > 彼の半島の人かな?笑

    地方のバカ国立大学卒の紀伊半島人のくせにwww

  • 2019/05/09 23:12

    Build the wall around Melco border !
    Melco must pay for the wall !

  • >>No. 173

    > いよいよだね、自社株買!
    > 今安くしておいて、大量の株買い占めだ!

    ブラック企業反対!の会社が2018年ブラック企業大賞だから、杉山武史の自社株買い発言は自社株買いしないということです。

    また、「この国の経営者は、従業員のやさしさに甘えすぎだと思う。」との広告は
    甘えすぎだと思っていないということです。

  • >>No. 157

    > 28日の決算発表で言及しなければ自社株買いはないでしょうね😅 ブラック企業大賞を受け、子会社が不正をしても誰一人役員を処分しない会社ですから社長の嘘なんて可愛いものです。

    防衛省不正請求がバレて、773億円弁済した責任を取り、社長が半年減給となっても社長の年収はアップし、さらに現在は経団連副会長です。
    そうすると、自社株買いはありません。

  • >>No. 113

    3、防衛省への不正請求がバレて773億円弁済した企業
    4、藤沢労働基準監督署に怒られても無視する企業
    5、JR宝塚線で女子高生のおしりをさわり続けた54歳社員が逮捕された企業
    6、裁量労働制の違法性が怒られそうになったため、撤廃した企業
    7、対価を支払うことが不合理と認められる企業

    > 〇ブラック企業の定義
    > 1、若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業
    > 2、従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業

  • 2019/02/28 10:05

    Finish the wall around the blackest company border !
    Melco must pay for the wall !

  • 三菱電機、忍び寄る「バランス経営」の転機 (1)

    三菱電機が中期経営計画を達成できない可能性が高まってきた。2021年3月期に連結営業利益で4000億円を目指す方針に対し、今期の計画は2850億円。20年3月期の市場予想平均(QUICKコンセンサス)も徐々に切り下がり、現時点では3000億円強にとどまる。株式市場での評価もいまひとつで、直近1年間の株価は日経平均株価や日立製作所を下回る値動きだ。これまで業績や株価をけん引してきたファクトリーオートメーション(FA、工場自動化)機器の需要回復が期待できないこともあるが、理由はそれだけではない。
    「中国で通信インフラの投資が止まっている」。三菱電の皮籠石(かわごいし)斉・常務執行役が嘆くのは、次世代通信規格などに使う光通信用デバイスの販売減少だ。顧客の在庫も積み上がったままといい、今期の電子デバイス部門の営業利益は前期比9割減の10億円になる見通しだ。
    三菱電といえば、FA機器などで全社の利益の大半を稼ぐ産業メカトロニクス部門に目が向きがち。だが、部門別利益の通期予想が期初段階から18年10~12月期までにどう変わってきたかをみると、一番大きく下がったのは電子デバイス部門だ。また、情報通信部門では中国の華為技術(ファーウェイ)向け機器も販売している。三菱電は「ファーウェイを巡る問題の影響は出ていないし、今期予想などにも織り込んでいない」(皮籠石氏)としているが、ファーウェイ製品を締め出す動きは世界的に広がっているだけに予断を許さない。
    スマホや有機EL向けFA機器の需要が低迷している(名古屋製作所)
    これまでは工場自動化の波に乗り、毎年3000億円前後の営業利益を稼いできた三菱電は大手電機の中で優等生と言われてきた。株式市場でも総合電機というより自動化銘柄として成長性を評価され、財務などの健全性も高い。自ら掲げる、「成長性」「収益性・効率性」「健全性」の3つを重視する「バランス経営」の名に恥じない立ち位置を築いていた。

本文はここまでです このページの先頭へ