ここから本文です

投稿コメント一覧 (174コメント)

  • >>No. 548

    マイナス15パーセントに訂正。

  • トータルリターンはこの1年で15パーセント近傍だ。また本日なぜ指数にこれほど負けるのだ。運用者を変えろ。糞投信。

  • 信託報酬の1パーセントを返却しろ。

  • 2019/08/08 17:43

    ここに積み立てるよりも貯金したほうが良い。およそ年金が代わりにはならない。正直、糞投信だ。

  • 2019/07/12 17:09

    日経指数は上昇。ひふみはマイナス196円。相変わらず糞投信だ。皆さん、セゾン投信、コモンズ、鎌倉に乗り換えましょう。

  • あなたは先見の明があり、かなり賢い。たいていの人は1000万くらいつぎ込み、30万の購買手数料を払い信託報酬は1.5%です。銀行に預けても0.001%の利息ですから、10%の収益があるなどと証券会社の営業から言われると心が動きます。怪しいと気づけばいいのですがたいていはそれができないまま損失を膨らませます。独立系は良いのですが大手の証券会社の投信は、ほぼ詐欺です。そしてそのターゲットは孤老の方です。彼らは結構なお金を持ています。証券会社はそういう人たちの家に直接行くか電話して勧誘します。これは大手の証券会社に勤務していた義弟の、さらに私の友人からの話です。

  • 投信の内容など彼らには全く理解されていません。ただ上司に売りさばくこと、自分の査定をよくすることだけです。銀行以上にひどいのは証券会社です。抱え込んだ商品を売りさばかねば自社の損失となります。だから上司はどんどん売れ、取れるところからどんどん金を取れとはっぱをかけます。営業マン・ウーマンは売るためには嘘でも何でも言います。その相手はたいていの場合、一人暮らしの高齢者です。私の義弟は大手の証券会社に勤務していましたがこの悪辣なセールスが嫌になり、人間を壊すと言い、5年で離職しました。同じような人物を複数知り合いにいますが、一様に証券会社のセールスなど真面な神経の持ち主には務まらないと言っていました。彼らも上司からのノルマ、自分の査定のため人を騙しても生き残るしかないのです。

  • >>No. 284

    まず間違いなく下がり続けますね。来年の相場観は例のリーマンショックなんてものじゃないですよ。世界恐慌の可能性すらありです。

  • No.858

    強く売りたい

    5.5%弱の値下がりは異常だ。…

    2018/12/25 21:18

    5.5%弱の値下がりは異常だ。ひふみ投信そのものに問題あり。

  • アメリカ市場が概ね2%の下げで終わっている。その影響です。

  • 2018/12/17 16:58

    日経平均0.62%の上げ、ひふみ投信0.97%の下げ。アメリカ市場の影響か?

  • 何事も時間が次の手を思いつかせてくれます、静養しながら冷静に事の成り行きを静観することは大切なことだと思います。投資も心の平安も時間が大切ですね。

  • 一分訂正あり。良く調べてみたが10年保有の投信は44%の上昇~100%の上昇のものがありました。SP500は10年前に10000㌦を投入し、10年後の現在120000ドルに成長しています。4本の投信は独立系の積立投信です。SP500とNASDQは期初に10000㌦投資しています。その間、手付かずにしてきました。

  • >>No. 275

    含み損は今後もさらに大きくなります。次の手を考えてください。ずるずると奈落に陥るばかりです。簡単に申し上げると、楽天証券かマネックス証券で口座開設をしてSP500かNASDAQをETFで買うのです。ただし一括購入はやめてください。初めにややまとまった資金を投入し、その後は毎月、投入日を設定して積み立て型にするのです。来年は間違いなく上下動の激しい相場になります。その時にスポットで多めの金額を投入です。基本は常に余剰資金を手元に置いておくことです。チャンス到来の時はそれで買いを入れるのです。

  • >>No. 24

    主として米国株式のインデックスファンド、欧州株のインデックスファンド、国内外の国債インデックスファンド、(主としてアメリカの国債)などで構成されていますね。危険は冒さず、超長期で投資した成績を見守りましょう。
    因みに概ね10年前の設定来の上昇率はセゾングローバルバランスは44%、資産形成の達人ファンドは104%になります。典型的パッシブ運用です。

  • >>No. 26

    正しい判断ですね。ただ、セゾングローバルバランスの良い点は自動引き落としで積み立てられることです。専業に支障をきたすことがありません。超長期で臨みBUY and HOLD and FORGETで行けます。楽天のバンガードは私もしていますが、値の上下動が気になりますし、下げが買いのチャンスなので結構、専業に支障をきたします。お金の工面もあれこれと考えます。ただ楽天のバンガードは信託報酬のことを考えなくてすみ、これは大きなだアドバンテージです。

  • >>No. 32

    月1000円でもいいじゃないですか。要は資産を若いうちからどう増やすかを考えることです。給料の上昇につれて掛け金を徐々に増やしていく方法でよいのです。いづれ1000円が10万円になりますよ。

  • >>No. 255

    時々電話をよこし親しげに話しかける。そして顧客の保有の株、投信についてコメントをする。客が保有している株・投信が不振だと別のものを紹介する、と言う。これが奴らの狙い。奴らの話は客に損切りさせ、乗り換えれば棄損分は取り返せるという。しかも奴らの本音は次のものを売りつけることで自分の出世・賞与の査定になることが狙い。くどいくらいに乗り換えることで棄損分を取り返せるという嘘八百を言う。客から根こそぎ、金を分捕る作戦だ。こんなことを毎日している。普通の神経の持ち主なら申し訳なうと思うが、社内・組織がそのように洗脳されている。あくどい奴ほど出世するから誰もが無我夢中だ。如何にさもしく、あくどい輩か分かるでしょう。こんな詐欺まがいのことが職業として認められているのです。アメリカでは小学生のカリキュラムに金融リテラシーが設けられている。欧州でも同じです。日本は相当遅れている、というか証券会社、新聞、財務省がそれぞれ利害関係を持っているのです。

  • >>No. 28

    証券会社の営業マン・ウーマンは腹の底から腐りきっています。社内で顧客を泣かせ、損失を被らせた輩が出世栄転しているのです。組織そのものが顧客から金を分捕ることに洗脳されています。それも一人暮らしの高齢者にターゲットを絞ります。これに耐えきれなくなった若い社員は5年以内に70%超離職しています。一般投資家は少しでも将来の不安を解消できるならと証券会社・銀行の投信を買うのですが、奴らはそんな投資家を金銭欲、強欲な客とみなしこいつらから金をいくら分捕れるかをまず考え、自分の阿漕な所業を正当化します。
    なぜこれほどまでに日本人はこんな輩に騙されるかと考えたことがありますか。これは日本の教育が悪いのです。アメリカでは小学生の時から金融リテラシーをカリキュラムに入れ、投資に対する教育をしっかりしているのです。お金は卑しいもの、蓄財が正当なものという日本的閉鎖教育が年齢を重ねた人ほどハイエナ証券会社・銀行に騙されるのです。

  • >>No. 35

    私はセゾン投信バンガードグローバルバランスとセゾン資産形成の達人を両社とも設定来BUY andHOLDしています。両社の成績は バンガードグローバルバランスは45%の上昇、資産形成の達人は107%の上昇です。私ならこの1年のリターン、シャープレシオ、また10年の保有で私が感じたことなどで、どちらに分があるか分かります。まずこれだけで資産の達人に軍配が上がります。因ってバンガードグローバルバランスを解約して、資産形成の達人に移行することは正しいと思います。解約した投資金は全額資産形成に一括投入するのではなく、積み立て額を増やし、時間分散して毎月貯蓄する感覚で資金投入したらよいと思います。来年の相場は現時点での世界の相場観から見て上下動の激しいものになります。これはむしろチャンスとみて良いでしょう。手元にまとまった資金を持ち、値が急落した時にスポットでの買いを勧めます。口数を増大させるためです。「株価を買うのではなく時間を買う」という投資の諺がありますが、これを実践してみてください。
    さらにもう1つ興味があるのはアメリカ市場を丸ごと買う(これはワールドインデックスを買うと同じ)ことです。私の考えですが日本に比重を置く投信には限界があると思っています。SP500、NASDAQをETFで購入です。アメリカのこの10年の市場の拡大は類を見ません。世界経済の成長6~7%、世界の人口増加3%とアメリカの人口構成、アメリカの技術力、などすべてにわたりアメリカの経済発展に貢献すると思います。さらに円ドルレートは現在概ね113円位でしょうが、2~3年以内に120円台になります。これらのETFはマネックス証券、楽天証券で口座開設してください。そのほかは不可。積み立て(ドルコスト平均法)、毎月特定の日に資金投入、国際分散、長期保有、値が崩れた時にスポット買い、これをBUY and HOlDで10年先を見てください。

本文はここまでです このページの先頭へ