IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (16コメント)

  • >>No. 177

    akiさん
    先月、株主になりました。
    女子プロゴルフのスポンサーの割に、確かに株価が安く不思議に思い、
    会社四季報春号を買いました。掲示内容によると、
    18年度の純利益が417億円から19年度は75億円に激減。
    よって、株価も昨年4月の1100円から今の体たらくです。
    今期末(21年3月)は純利益を200億円を見込んでいるとあります。
    この見込みは全くの絵空事ではないでしょうから、コロナ収束と相まって
    回復すると信じていますが、果たして・・・・・

  • >>No. 386

    メモさん
    決算見て、取引時間外に1000円で5200株全て売りを入れて置き、
    今朝、見たら約定してました。2ヶ月余りでー130円×5200株は痛いけど、
    居心地の良い所に引っ越しします。メモさんに良い事がありますように!!

  • >>No. 386

    メモさん
    昨秋、ここを買ってから、ずっと同じ想いをしていました。
    他にもキモイ文章で投稿を繰り返してるのもいるし、買値近くに戻ったら
    引っ越しする積りでいますよ。
    株主として、会社側を叱咤激励するなら分かるけど、同じ立場の株主を
    誹謗中傷するって、どんな性格、どんな生い立ちして来たのか知りたいです。

  • 昭和40年頃、BC戦争と言って、B=ブルーバード、C=コロナで人気を争ってた時代、市場占有率がトヨタの38%に対し、日産は32%で差は6%しかなかった。それが何故?今の体たらく。日産だけが潰れるなら構わないが、サプライヤーの数と言ったら裾野まで数えたら5000社はあるのでは?その社員数と家族への影響を考えたら、西川以下、役員、管理職は『5時までオトコ』ではいられない筈。褌を閉めて、ケツの穴を閉めてブッ倒れるまで働け!

  • ゴーンは管理屋だから、もう役目は終り。これからもルノーからデキの悪い社長が送り込まれるのは必至だが、
    勝負は『技術の日産』が日本人技術者連中でEVを更に変革できるか?だな。

  • 9月25日の終値356円と比べりゃまだ1200円近くも高い!
    皆の衆、安心せいってか、クソ~っ!

  • 減益なのに、外道であるゴーンの為に無理して増配する事なかろう。
    据置きにして、若手の開発連中の鼻先にエサをぶら下げて、高付加価値商品を世に出して貰った方が
    株主としては遙かに有り難いぞ、西川よ。

  • 年初来高値の1月26日は、株統合前に戻せば518円。今の株価を同様に戻せば260円。
    僅か9ヶ月で丁度半値。日経平均は20%弱値下がりしたのと比較して、この会社をどう見るべきか?
    この間にKYBのようにデータ捏造問題が起きた訳でなく、単純に将来性を危惧しての逃げでは。
    ナンピン期待のオラは以前から言うとるように、統合前150円×5=現750円で待ってるで。

  • 製薬会社って、いつも『開発には10億円掛かる』って言い訳をホザク。
    オプジーボが安くなると言っても、一人あたり年間1000万円。
    バカヤロー!人の弱みにつけ込んで暴利を貪る神経はシナやチョウセン人か?
    本庶教授の爪の垢でも煎じて飲め、小野薬品の商品より遙かに利くぜ。

  • 2018/10/01 14:18

    実際あったんだよ。まだホンダが初の4輪N360の発売前に。
    オラが日産系列に入社した39年、当時、BC戦争って言ってな、B=ブルーバード410と
    C=コロナ時代。トヨタが市場占有率38%で日産は32%ほどだった。
    あの頃は日産関係部品を生産している会社と言う事で胸を張れたがなぁ。隔世の感ありでんな、西川よ。

  • いつまでも不正続きが終るやら。株主へお詫びの印に自社株買いしろや。
    それでなくてもトヨタと比較して1,000,000,000株も多いぞ。
    この桁数を数えてみろ、正しく数えられたらナゼ?株価が安いか分かるやろ。

  • 2018/08/24 14:42

    おいっ!西川、円安で日経がこんなに上がってるのに、日惨自動車は下がるんだ?
    まさかお前、社長室に籠って秘書を膝に乗せて戯れてんのか?バカヤローッ!
    全国の営業所を回って、ハッパを掛けると共に、お前も個別セールスして3台でも注文取って来い!!

  • 当時、日産の労組には塩路一郎と言う東大出の委員長がいて、就任すると、事もあろうに会社側に送迎車と運転手を準備させて労働貴族と言われてた。管理職人事は勿論、役員人事まで口を出す始末でそれは酷いもんだった。
    この異常な労使関係に終止符を打ち、人事介入や送迎車・運転手を取り上げたのが、あの石原 俊社長で
    漸く当たり前の労使関係に戻った。
    自分は日産傘下の部品メーカーで働いていたが、部品メーカーの組合も塩路の影響が強く、塩路が日産から追放されるまで、部品メーカー各社も組合対策に頭を痛めていた。

  • ここの購買技術課は部品メーカーに対し、『3:3』を確立しろと能書きをコク。
    『3:3』とは、一人が3つの工程を一人前に出来て、3人が同じ工程を一人前に出来る事!
    これを確立すれば、作業のやりくりが出来るから、完成車出荷検査で欠勤や早退にも対応可能。
    部品メーカーには、やたらとうるさい事をヌカスくせに、テメエの所はこの体たらく。
    我々部品メーカーが日産を監査・指導してやりたいもんだ・・・と、全部品メーカーは感じてる。

  • 昔、NQC賞ってのがあって、納入品質評価の高い企業を表彰しとったんや。
    そのNQC賞を取った小糸工業がヘッドランプ内に雨水が浸入する市場クレームを起こして受賞を辞退した事が。
    NQCだ体制監査だASES評価だと下請けにはヤカマシイほど要求して来て、自分の所はこのザマ。
    日産の品質保証部は、下請け企業を監査するより、自社の管理部門や工場を監査して回れや。
    下請け企業は鼻血も出ない、コストカットされて、問題を起こすと倒産する恐れがあるし、
    品質保証の考え方・実践力が日産より上だよ!

本文はここまでです このページの先頭へ