IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (34コメント)

  • 以下、東日本大震災時の帝人の医療機関との連携を書かれた帝人の広報です。
    今回のコロナ危機では、もっと多くの酸素濃縮装置や人工呼吸器が必要になると思われます。おそらく政府からの要請もすでにあるのではと推測します。

    避難した患者さんの多くは病院や公共施設に身を寄せていました。そこで震災から5日目には、津波で甚大な被害を受けた沿岸地域の中核病院に50台の酸素濃縮装置を置き、臨時の「HOTステーション」開設に協力。さらに避難先となった主な医療機関を中心に、100台を超える酸素濃縮装置を設置しました。これらはふだん帝人ファーマの装置をお使いの患者さんに限らず、酸素を必要とされる皆さまにご活用いただきました。

  • >>No. 299

    総理の苦労、ストレスはよくわかりますが、思っているだけではダメなんです。この大事な局面でのトップの決断が遅れると10万人規模の人々が犠牲になる。WHOの上級顧問の渋谷さんがこのままなら日本でも十数万人規模の犠牲者が出ると先程のテレビで語られていました。

  • 番組は直撃 Live グッディですね。愛知医大病院の感染症科 教授の三鴨廣繁教授ですね。オルベスコが期待されていると一番手に挙げられましたね。

  • 日本感染症学会の3月31日付けの症例はGOOD NEWSでしょ。間違いなく明日は上げますよ。

  • 日本感染症学会の3月31日までの症例から初期の段階でシクレソニドを使えば重症に至る前に治療できることが、ほぼ確認できたのではないでしょうか。使用方法は簡単なので自宅待機や宿泊先に留まる陽性の方にも治療できます。

  • シクレソニド吸入により回復した以下の症例でも発表されていますね。
    高血圧症・高度肥満を有しながらもシクレソニド吸入を行い、
    良好な経過を得た新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)肺炎
    大阪急性期・総合医療センター 総合内科

  • 早期のファビピラビル、シクレソニド投与にて重症化せず軽快に至った
    COVID-19 肺炎の 1 例
    独立行政法人労働者安全機構 旭労災病院 呼吸器内科
    上記の症例が3月31日付けで発表されました。初期の段階でのファビピラビル、シクレソニドの投与で軽快したとのこと。効果があるのは間違いなく国から指名されるのは時間の問題でしょう。

  • 政府からの人工呼吸器増産要請に対してメーカーへの補助金が検討されているようです。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57381120Z20C20A3MM8000/

  • 感染爆発に備えて動物用人工呼吸器まで準備している状況では在宅用人工呼吸器も使わないといけなくなるでしょう。生産量もマックスで推移していくのでは?

  • 人工呼吸器の方が売り上げになるかもしれませんね。重症患者を2週間ほど人口呼吸器で助けることができれば自らの免疫が出来て自然と治癒するという対処方法が今はとられていてアメリカも、そのための人口呼吸器が一番必要とされています。おそらく台数がいくらあっても足らなくなると思うの生産をマックスにして対応しなければならなくなると予想します。これにオルベスコも必要となれば鬼に金棒です。

  • トランプ大統領が3万台の人工呼吸器の必要性を力説していました。日本でも帝人の人工呼吸器とオルベスコが日本の国民を助けることになりそうです。株主として、この日本の危機を乗り越えるためにも帝人の人工呼吸器とオルベスコの活躍に期待しています。

  • 22日夜のNHKスペシャル”パンデミックとの闘い”を見た感想です。クラスター対策班の押谷仁教授の話から日本もヨーロッパのような危機的状況に陥る可能性が非常に高いことを力説され今が瀬戸際であることを実感しました。既存の治療薬から4つの候補(オルベスコを含む)について東北医科歯科大学の賀来満夫特任教授が説明され、これらがコロナウイルスに打ち勝つ切り札になるのではという強い期待感が感じられました。またオルベスコについては感染症学会での1200種の既存薬から新型コロナウイルスに効きそうな薬を見つけ出す実験により見つけ出したことや神奈川県立足柄上病院の岩渕敬介さんからクルージング船の患者3人への治療では最初は手探りで苦労したことやオルベスコ投与で救われたことなど詳しく説明されていました。見逃し配信などで見れるようえしたら是非見ていただきたい番組でした。

  • 現在放映中の10チャン、ミネヤの番組で竹内一郎医師(横花市立大学高度救命センター)が生中継で実際に使って効いたと思われる治療薬はとの質問に答えて治療薬ではオルベスコが効いたように思うと最新情報がありました。正式には別途発表があるそうです。これからオルベスコが効いたという症例はまだまだ増えていきそうです。

  • ニュース一日「すでに使われている薬 新型コロナ治療に可能性」というタイトルなので間違いなくシクレソニド(オルベスコ)でしょう。夜遅いので録画しました。

  • 参考までに以下、昨夜の毎日新聞の記事の一部ですが現在も10人程度が使用中とのことでした。

    「希望の一つだ」。政府専門家会議のメンバーがこう言って期待するのが、吸入ステロイド薬シクレソニド(商品名オルベスコ)だ。神奈川県立足柄上病院などのチームが患者3人に使ったところ、投与開始から2日ほどで70代女性の熱が下がり、肺炎症状も改善。ウイルス検査で陰性が確認され、8日後には退院した。残る70代男性と60代女性も使用開始後に酸素投与が要らなくなった。現在も10人程度に使用中だ。

  • 株主として株価も上がってほしいが、この薬を使えば助かる命が今、世界には何千、何万といる。そして新型コロナウイルスがそれほど怖い病気ではないとわかれば世界経済も復活するはず。政府が買い上げて困っている国に要望があれば無料で配布するくらいの勇断ができないものか?

  • 世界の新型コロナウイルス感染者数が、このまま増え続けて年内に何千万人になれば中等症から重症の患者数は少なく見積もっても何百万人。救える命はおそらく何十万かも。政府、厚労省、帝人の迅速な対応が望まれます。

  • この薬がヨーロッパやアメリカ、イランなどに供給できれば何千人もの中等症から重症の患者が救われます。オルベスコ、帝人、日本政府が世界の救世主となる。おおげさではない発想だと思いませんか?

  • 色々と調べてみましたが、これが4例目みたいですね。でも医師は発表されないみたいですね。それにしてもよく効く薬です。

  • オルベスコの名前は出てなかったかもしれません。でもぜんそく薬の写真が出ていてオルベスコであることがわかりました。

本文はここまでです このページの先頭へ