ここから本文です

投稿コメント一覧 (1587コメント)

  • 昨日の日経19面に乗っている記事であるが、中国では19年秋に5gの商用サービスを始める。矢野経済では年内の契約数だけで400万に達するとみる。契約数は21年で1億を見込み、その後爆発的に増加し世界市場をけん引していくと分析。世界市場の3分の1の15億を占めるらしい。アメリカ4億、欧州8億に達する見込み。この記事からいえることは、5g需要はこれから25年までとしてもまだ先で、今は夜明け前の状況のようだ。めったにない機会。これに乗って命イコール財産をかけるのも、一つの投資方法か。もちろん投資だから危険はあるが。

  • 自己資金で設備投資し、ワラントで設備投資し、ワラントと同時期にストックオプションを確か356円で発行し、来年の株主総会で株価が200円台とかいうのは信じれない。未来がある5gは需要がオリンピック後という説もあるが、ここのデーターセンターはその前にかなり埋まっている可能性が強い。そうであれば、黒字化を果たし利益成長をし、年初更新、去年の高値を更新をする時が来ると考えたい。

  • 富はロゼッタが1000円台の時、業績がすごくよくなるとか言って当てたから、あたるときはすごいから、今日買ってみた。四季報の予想より悪そうなので何か材料が出ないと上がらないと思うが。

  • 今年の株主総会あたりは株価は高かったが、来年の株主総会あたりはワラント資金の行く末もほぼ分かっているだろうから、高値を期待してホールドの予定。350円あたりはストックオプションを発行しているのだから当然に想定できた値であり、普通はそれよりかなり上になると思って会社側は発行したと思う。その材料があるか、それともないか見ることは一興。

  • 前期8円に増配予想、今期決算で大幅増益予想になればお宝株になることも有らばこそ。ここをかってホールドしていたが、今は安値圏であることは確か。去年は会社側にも不手際があったが、今年は成長するところを見せてくれればいいと思う。

  • 野村が7月12日付けで出した投資判断buy、株価目標1210円がどうなるか楽しみ。そら、当たることもあるが、外れることもある。

  • ここ相場があるかはわからんが、毎日20円ぐらい25日線があがっている。週末は1200円ぐらいか。それなら1500円超えても問題ないかもしれない。さてどうなるか、決算が近づいている。

  • 米国務省が5gは今後数十年間我々の経済、安全保障に影響を及ぼす重大なインフラや言うているな。-中国企業を排除する理由ーこの入り口におるということどうなるか楽しみ。日本はアメリカ支持。

  • 先のことはわからんが、常識的には4月1日に356でストックオプションを払い込み、4月5日にワラントを発行し、業績が悪いやいうのは不自然。それに5gがこれからというところで200円台やいうのはお買い得の気がする。先は何があるかわからんが、自己責任で来年はオリンピックでもあるので、242で買い増した。ここ去年の10月からホールドしているが、その間、買いコストを超える山や出来高が急増する山が何回かあった。それに期待。

  • 3655も2000円台ではげしい動きをしていたが、去年は1年で6倍強動いており今年は続伸し今9000円台。凡夫ではこれを読めなかった。ここも読めないかもしれないと思い、年内勝負するのも一つの方法か。

  • 来年2月に創業20周年になると社長が述べておることは、単に述べているだけか、それとも意味があるのか興味津々。例えば離陸なるのか、あるいは企業成長の基礎がなったといえるのかなどの興味がわく。ストックオプションなどもしているし、自信があるのかもしれない。まあ、一喜一憂せず年末へ。

  • 1、4月1日ストックオプション356で3000万払い込み、2、4月5日ワラントなどの新株引受権発表、3、4月11日藤原洋のコラムで新株引受権も比較的短期で終了するのではないかとみていると書く、4、国内外の複数の提案から選んだものであること、などから期待できる可能性が強い。何しろ発行側と資金提供側が時期的に決算内容を知っての上でのものであるからである。とはいえ、結果の世界、株価がどうなるかは神のみぞ知る。まあ、年内はホールドの予定だから来年はオリンピックもあり買い増した。

  • 杉村氏は前から、ここを推奨してきたが、今日兜町ワールドでロングで狙える、事情通が介入しているというと書いてある。着地点は知らないが、まだではないという考え。

  • 自分は長期であり最悪も想定して株運用しているが、一般的に言って4月1日に3000万強のストックオプション払い込み、4月5日に新株引受権増資、これは希薄化する点では株主に不利だが財産が増える点では会社に有利、希薄化も業績が良ければ株価価値も上がるからあまり問題ない。それゆえ、この社会何があるかわからんが、5月の決算はよいものと思いたい。社長のコメントなど見れば、新株引受権の行使など言っており、事情を知っているものが言っておるのであるからそういう結論となる。ただ、昔有名な大手損保のワラントで大損した経験から、会社法人が善人や思うことは間違いであるから、細心の注意は必要。

  • 15パーセント弱の希薄を考えても、株主の皆さんには十分な利益をもたらすと書いてあるから、長期としては信じるしかないし、信じても間違いがないと思える理由がある。調達した資金は19年8月から20年4月までに使われるようだが、そのころには信じたものが負け組か勝ち組か分かることになるようだ。

  • 何が何だかわからんが、救いは4月1日にストックオプションを3000万以上356円で払い込んでいることだな。今日も買い増ししたが、年内ホールドする予定だから、年の瀬に負け組になったか判断しますわ。

  • まだ4月から10月の消費増税までに14000件「セルフレジ」を導入と発表したのはローソンだけだが、セブン、ファミリーマート、ミニストップが導入方針を具体化すればどうなるかだな。ローソンの発表でここは買われたらしいから「みんなの株式」、セブンなどが発表すれば影響があるものと考えたい。話は変わるが、電力会社も4月から女の子がメータを見るのではなく機械が見るように機械を取り付けに来た。聞けば人件費の節約。これも時代の流れだろう。

  • 3月18日の1635円を抜いたし、何か4月相場の準備がなされたという感じ。-そうであればいいがー。国策であるし、ここが2000円台で活躍していた時が懐かしいが、もし上がるとするなら、あの時と違い理論株価などもあるし、業績も内容が異なるものになっているし、最高値を更新するのではないかと妄想。

  • ここを強く買いたいという人がいるのはわかる。モーニングスターの先読み作戦司令室の3月1日の記事に新薬続々開花の見通し、売り上げ17億円-前期比5,3倍の予想…ただ単体の営業赤字は続く予想.2、5月10日に減資と資本準備金の取り崩しで繰越欠損を一掃の計画。3目的は将来の剰余金、自社株買いができる財政状態に近接せしめ資本政策の機動性と柔軟性を図るとしている。四季報よく見れば自己資本率96.9パーセントやないか。真偽はわからんが本当ならば200円台は買ってもいい値。もうすぐ四季報が発売されるから参考になるだろう。

  • 今まで知らなんだが、昨日の真夜中近くに、去年ここを下げ相場に導いた大物投資家がここの掲示板に登場してここをどうするか言っているな。私は本人でないし、大人は答えないが原則やいう人だから、上へ行くか行くかわからんが。今日の下げはそれと関係あるのかもしれない。

本文はここまでです このページの先頭へ