ここから本文です

投稿コメント一覧 (1328コメント)

  • アミロイドβ仮説に否定的な流れが吹く中
    同仮説を支持するエーザイとバイオジェンダーのアデュカヌマブのフェーズ3が成功した

    医薬品としての探索をしている
    免疫生物のアミロイドβは
    普通に考えたら注目されるんじゃないの

  • インタートレードは元々
    金融向けのシステム会社
    多くの取引実績があったシステムも
    ピークアウトし舵取りが求められていた

    そこに白羽の矢が立ったのが昨年就任した
    立ち上げ時の社長だった西本社長

    彼は立ち上げ時の社長をおりた後
    SEとして次世代のシステム開発を着手する
    それが今の会社の肝入りシステムspider

    spiderは金融で培ったノウハウをベースに
    今までとは全く異なった事業のアプローチが可能となる次世代を担うインフラシステム
    ●昨年度決算説明会 20分頃からspider構想について
    https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=z0sNygmTHCs
    ●スライド17から20枚目
    https://www.itrade.co.jp/asset/44044/view

  • インタートレードの技術は
    ブロックチェーンではない
    ブロックチェーンでつくられた
    異なる経済圏同士をつなぐ技術それがspider

    spiderの採用実績は開示されているだけで
    「大手商社」と「LINE証券」

    その他にも子会社デジタルアセットマネジメントに出資した三井物産や
    ソルクシーズの第三者割り当てを過去
    共に引き受けているSBIにも注目したい

  • アリババはもちろん中国4大銀行の1つも
    ブロックチェーン認可の流れ

    2019.10.22
    企業数300超え、中国規制当局が認可済ブロックチェーン企業リスト発表

    https://www.google.co.jp/amp/s/coinpost.jp/amp/%3fp=113880

    中国の国家インターネット情報局(Cyberspace Administration of China)は、認可を受けたブロックチェーンサービス業者のリストを新たにリリースした。

    仮想通貨メディア8BTCなどが報じている。

    今回のリストには309の企業、あるいはブロックチェーンサービスが掲載されている。

    掲載されている企業の分野も多岐にわたり、金融に限らず医療、サプライチェーン、教育といった様々な分野のサービスが含まれている。

    また、個別の企業に関しても、金融系のスタートアップやHUAWEIやアリババなどのテックジャイアントなどが掲載されている。

    例えば、HUAWEIで言えば、同社のブロックチェーンサービスHiCloudがリストに挙がっている。

    一方で、リストにあるのは、テック系企業のみならず、中国南方航空や中国工商銀行といった中国の伝統的な企業も掲載されている。

    特に中国工商銀行(ICBC)は中国4大銀行の一つであり、世界的に見ても有数の規模を誇る銀行だ。また、昨年にはスマートバンキングの実現に向けてブロックチェーン技術の開発を行っていることが報じられている

  • 貿易関連ブロックチェーンの流れ
    世界同時多発的だね
    Forbesでもブロックチェーンの牽引役と
    評されたIBMの貿易関連news

    2019.10.22
    https://www.google.co.jp/amp/s/coinpost.jp/amp/%3fp=113820

    カナダの大手港湾会社であるGlobal Container Terminals (GCT)は17日、IBMと海運大手のMaerskによるブロックチェーン技術をベースとした国際的な貿易プラットフォーム・Tradelensに参加すると発表した。同社が北米で運営する4つの港で導入される予定だ。

    Tradelensは海運会社・貨物所有者・鉄道など、サプライチェーンのすべてのメンバー間で安全な相互接続を可能にするプラットフォームで、5月には海運会社世界2位のスイスSMediterranean Shipping Companyと4位の仏CMA CGMを、さらに7月に6位の日本ONEを加え世界6大海運会社のうち5社が参加することとなっている。(なお、今回参加したGCTは海運会社ではなく港湾の運営を行う会社である。)

    参考:日本の大手海運業者ONE ブロックチェーンベースの国際的貿易プラットフォームに参加

    港湾は空港と同様に物流の結節点となるため公共性が高く、運営が難しい。さらに旧態依然とした紙による情報の管理が複雑さや不透明さを増している。ブロックチェーンを利用した管理への期待は大きい。

  • good newsきてるね

    2019.10.22 16:10
    Airspanが三井物産と5Gのための
    戦略的提携を発表
    https://japan.cnet.com/release/30385725/
    【ロサンゼルス2019年10月22日PR Newswire=共同通信JBN】
    *三井とAirspanが世界的な5G機会のために提携
    *三井がAirspanの実績のある大規模な配信能力を選択

    Airspan Networksと三井物産は22日、戦略的提携のための合意条項を確定したと発表した。これは三井にとって明日を最も約束する技術かつプレーヤーの一つである同社の5Gビジネスへの投資と成長へ向けた第一歩を表している。

    この協力の一環として三井はAirspanに大規模な5G展開のための財務的、商業的支援ができる。さらに、三井物産の完全子会社のMKIは長年の現地経験とリーチのおかげで日本とアジアでAirspanに営業および開発支援を提供する。

  • 海外でも三井住友、三井物産
    Marco Poloのnews出たね

    https://www.coindesk.com/japans-third-largest-bank-completes-blockchain-trade-finance-test?amp&__twitter_impression=true

    2019.10.22
    Japan’s Third Largest Bank Completes Blockchain Trade Finance Test

    (以下google翻訳)

    日本で3番目に大きい資産である三井住友銀行(SMBC)は、R3のマルコポーロ貿易金融ブロックチェーンを年末までに商業ベースで利用し始める予定です。

    銀行は先週金曜日に、日本の総合商社である三井物産、中間石油化学事業のタイ企業であるIndorama Ventures、およびタイの3番目のバンコク銀行を含む概念実証テストが正常に完了したと述べました。 -最大の銀行。

    演習の過程で、バンコク銀行は三井物産にインドラマベンチャーズの支払い保証を発行しました。その保証に基づいて、SMBCは現実の世界で売掛金を調達することができました。

    このプラットフォームにより、参加者は注文書、請求書、ロジスティクス情報、出荷スケジュール、ポート情報を更新できますが、自動マッチングは声明によると非常に効率的なデータ調整につながります。

    現在、貿易金融プロセスは手作業と紙ベースのままであり、非常に非効率的とみなされています。

    オープンソースのCordaを利用するMarco Poloは、ダブリンを拠点とするTradeIXとニューヨークを拠点とするR3 LLCが支援するネットワークです。バンコク銀行、三井物産、SMBC、バンクオブアメリカ、BNPパリバ、マスターカード、スタンダードチャータードなど、主要な金融機関をメンバーとして数えています。

    このネットワークは最近、ロシアとドイツ間の貿易金融取引のテストを完了しました。

    ブロックチェーンを使用した貿易金融は多忙なスペースであり、推定30のコンソーシアムがテクノロジーをビジネスに適用しようとしています。競合他社には、コーダを利用し、パートナー間でバンコク銀行、HSBC、スタンダードチャータードをカウントするVoltron、およびイーサリアムベースのCargoXとeTrade Connectが含まれます。ハイパーレジャーファブリック。

    最近のテストは、三井物産も含めて、SMBCが今年初めに実施した同様の概念実証演習に従います。2019年2月のテストについては、銀行からはほとんど情報が提供されませんでしたが、今年の第3四半期までにMarco Poloを商品化します。

  • >>No. 85

    この掲示板には賢者がたくさんいる
    せっかくの貴重な情報を潰そうとする
    特定の荒らしもいる

    荒らしは虫かご入り推奨
    >
    >機関か空売りしている
    >例の大口個人か知らんが

    >売り方のやり口がよくわかったよ
    >
    >①掲示板投稿ランクを上げる
    >②連続投稿で掲示板が荒れてるとみせかける
    >③手のひら返しするクルクルポジションが数名
    >おり材料や思惑などの有用な情報を潰しにかかる
    >④①〜③よりただの仕手株だと思わせる

  • 社長ブログには全く同感

    国を超えた、複数の価値観が新しい経済圏をつくる。

    →例えば、音楽が好きなもの同士が集まるコミュニティを例にとると、5Gがすすみ交わせるデータ量が増えると、取れるコミュニケーションの手段がより高度なものになる(より立体的な音やその場にいるような映像、バーチャルライブ空間などもできるようになるだろうか)
    更にインタートレードに代表される
    既存の通貨の概念を越えたフィンテック技術が
    浸透してくると、そのようなコミュニケーションがビジネスに昇華してゆく可能性が出てくる。

    価値観が国を越えてつくろうとする、新たな経済圏に、インタートレードの大きなビジネスチャンスがある

    spiderは金融のノウハウを20から30%ベースとし「異なる経済圏をつなぐ技術」
    spiderは金融以外の領域での活用
    更に世界も目論んでいる
    昨年から大抜擢された敏腕西本新社長
    今年はどんなプレゼンを見せてくれるのか
    ●2018年度決算説明会動画
    https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=z0sNygmTHCs

  • ()内はgoogle翻訳

    17分前のニュース
    Chainstack introduces one-click deployment for R3's Corda
    (ChainstackがR3のCordaのワンクリック展開を導入)
    https://www.finextra.com/pressarticle/80324/chainstack-introduces-one-click-deployment-for-r3s-corda

    R3 partners, enterprises, and governments can now deploy Corda networks in three clicks, enabling them to build and scale solutions on Corda with significantly less time, effort, and resources. This drastically simplifies partner and developer training needs, allowing them to dedicate more time to building working solutions instead of maintaining networks. Chainstack helps to easily scale Corda networks to production while providing complete orchestration, improved reliability, and a higher level of security.

    Built on the latest release of Corda 4.1, developers can expect to be able to create their own private networks for testing environments in minutes and install CorDapps on their nodes instantly. Continuous investment will be made with R3 so that additional features and support will be added over the next few months, including the ability to join existing public Corda networks, manage identities on the network, and automate network orchestration via an API.

    (R3パートナー、企業、および政府は、3回のクリックでCordaネットワークを展開できるようになり、大幅に少ない時間、労力、およびリソースでCorda上にソリューションを構築および拡張できるようになりました。 これにより、パートナーと開発者のトレーニングニーズが大幅に簡素化され、ネットワークを維持する代わりに、作業ソリューションの構築により多くの時間を割くことができます。 Chainstackは、完全なオーケストレーション、改善された信頼性、およびより高いレベルのセキュリティを提供しながら、Cordaネットワークを本番環境に簡単に拡張するのに役立ちます。

    Corda 4.1の最新リリースに基づいて構築された開発者は、テスト環境用の独自のプライベートネットワークを数分で作成し、ノードにCorDappsを即座にインストールできると期待できます。 R3には継続的な投資が行われるため、既存のパブリックCordaネットワークへの参加、ネットワーク上のIDの管理、APIを介したネットワークオーケストレーションの自動化など、追加の機能とサポートが今後数か月にわたって追加されます。)


  • 機関か空売りしている
    例の大口個人か知らんが
    売り方のやり口がよくわかったよ

    ①掲示板投稿ランクを上げる
    ②連続投稿で掲示板が荒れてるとみせかける
    ③手のひら返しするクルクルポジションが数名
    おり材料や思惑などの有用な情報を潰しにかかる
    ④①〜③よりただの仕手株だと思わせる

  • 利確や空売りをしたけりゃ勝手にすれば良いが
    コロコロ変える自分のポジションを不特定多数が見ている掲示板でわざわざ報告する意味を考えると、印象操作という目的意外ない

    なぜならインタートレードの思惑は流れを勉強してなければ理解できないから、売り煽りや機関は掲示板を使った思惑潰しができない
    そうなると売り煽りにとって手軽で効率の良い印象操作はコロコロポジションを変えている人間が多いと見せかけること

    ちなみに私は徹底して買い専です

  • ひとこと様って
    わざわざ呼んでるやつもグルだな

    こんなレベル高いとこくるくる手のひら返しして
    本気で売り買い両方取れるのは
    一部の猛者だけ

    発行株数少ないんだから
    握ってりゃ売りが枯れるのに
    巧妙に印象操作して
    素人からまきあげようとしてるのが透けて見える

  • 2019.10.23〜24
    CORDACON LONDON 2019
    https://www.cvent.com/events/cordacon-london-2019/agenda-48e259ee8ab5479ba457a3deed777252.aspx

    800以上のパートナーシップ
    50以上のセッションがある
    Marco PoloのR3社主宰の
    CORDACONがロンドンで23日より実施

    もちろんMarco Poloネットワークの
    セッションもあるんだけど
    ところでこのCORDA COINって何?
    R3社のステーブルコイン??
    賢者の皆様ご教示ください。

  • いつのまにか75MAも
    良い感じに上がってきてる

  • http://www.sbigroup.co.jp/news/2012/0315_5174.html

    SBIって2012年に
    中国事業統括会社設立してんだね

    SBIと R3社は合弁会社を立ち上げてる
    中国デジタル通貨のホワイトペーパーは
    R3社のcordaベース

    ということは、、、、、

  • 今日は1000タッチで終わると思ったやつ


    甘い

  • 朝威勢の良かった売り煽りバイトどこ行った?
    顔真っ赤にして売ってんの?
    諦めなよ いい加減

本文はここまでです このページの先頭へ