ここから本文です

投稿コメント一覧 (43コメント)

  • 盆休み、明細書をざっと読んでみたがインライン化に向けた計測スピードアップ手段として以下が考案された様だ。

    特許請求範囲5によれば、
    「イメージングプレートは3組あり、それぞれの組の前記イメージングプレートを、順に回折X線が入射する位置まで移動させる移動手段と、1つの組の前記イメージングプレートに回折環が形成されている間、前記回折環検出手段を制御して別の1つの組の前記イメージングプレートに形成された回折環の形状検出を行うとともに、前記回折環消去手段を制御して、別のもう1つの組の前記イメージングプレートに形成された回折環の消去を行う測定制御手段とを有することを特徴とする」
    で、これだけで計測時間1/3に短縮可能かな?

    更に、明細書には、
    「受光手段は、撮像面に回折X線の像が形成され、形成された回折X線の像の形状を検出することができればどのようなものでも用いることができ、例えば、X線CCDやX線CMOS等の撮像素子を2次元に並べたイメージセンサ、2次元のマイクロギャップ方式、X線強度を検出する微小開口のセンサ(シンチレーションカウンタ等)を2次元で走査する手段、又はイメージングプレートと該イメージングプレートにレーザ光を走査して走査位置と蛍光強度を検出する手段等がある 」
    となっており、更なるスピードアップ手段も模索している様子。

    尚、残留応力取得手段はもちろんオンリーワン技術のCOSα法だ。

  • IRは(共願相手に遠慮あってか)相変わらずのだんまり継続だが今月、目を引く特許公開2件あった。いずれも「搬送物の応力測定装置」
    当社丸山氏と、東北大(マイクロシステム融合研究開発センター)の田中 俊一郎教授が発明者。
    インライン計測に向けた基本技術みたいだな。

  • 記念配大判振る舞いの結果Q1 BPS=2122→1977まで低下してるので一旦、この辺まで売り込まれないとすっきりしないかもな。
    で、丁度、利回り5%超えとなりそのころには売りも枯れてくるかも?

  • ま、結果、やはり可もなく不可もなく、だったか。
    来週は先走り組の失望売りで急落見るかもしれないが、中長期組にとってはこの受注残、悪くはないな。

  • HPの会社概要→沿革がやっと更新され2018年11月以降の新製品開発状況等が追加されている。
    その中で目を引いたのは2018年11月の「電磁鋼板用マッピングシステムを開発」
    だが、これまでIRが開示をサボっていただけなのか、やっと開示できる状況になったのかわからないが後者であればそろそろQ1数値にも反映されていてもおかしくない頃かな? 

    又、同HPの採用情報→「数字で見るPULSTEC」には有給取得率86.8%、離職率(昨年実績)1.5%等、新しく開示されているが、職場環境も悪くはなさそうだな。
    Financial Data Book の分野別売上高推移表も刷新され新分野の拡大傾向がよく把握できるようになった。
    若手IRもなかなか頑張ってる様子。好印象だ。

  • 2003Q1 7/24(木), 2004Q1 7/26(月)を除くと、2005年以降では最も早い。
    鈴木氏社長就任後の2012Q1 以降は木が4回、金が2回、水(2018/8/8友引)が1回、ちなみに2018Q1は黒大幅拡大だった。
    今年はスピード感あり友引ではあるが金曜でもあるし、可もなく不可もなくといったとこかな? 前期からの勢いが継続してるといいですね。

  • 1Q 8月2日(金)友引・・・・・・ウーン (・・?

  • mura R関連と見られる特許出願が先月、今月と公開されているのでご参考まで。
    いずれも当社単独出願かつ、審査請求付き。
    7月 4日 特開 2019-109052 X線回折測定装置
    6月27日 特開 2019-105580 X線回折測定装置及びX線回折測定システム

    相変わらずのダラダラ株価だが開発は着々と進捗している様子だな。

  • フタあけてみれば短信から4日間でナント570円、17.5%の下落。
    上乗せ特別配当25円帳消しどころか怒涛の失望売り、なんてことだ!

    新規参入組の見切り売りだけではなさそうだな。
    煩い筆頭株主には屈服し満額回答、一方、将来性見込んで参入した一般株主には冷や水浴びせるような業績予想、そんな弱腰経営陣に嫌気さした中期組もいたかもしれないな。

    現経営陣にはもっと自信持ち株主に向き合ってほしいものだ。
    一般株主の皆さん、次回株主総会には出来るだけ参加し盛り上げようじゃありませんか!

  • 結局、筆頭株主提案へは満額回答となり、ご本人としては文句なしだな。
    ただ、株価的には同提案以降、行って来い。満額回答の恩恵受けない新規参入組にとって今回の短信内容にはがっくりの一言だろう。

    魅力的なIRが出るまではこの辺のレベルでしばらくヨコヨコだろうな。
    次回総会にはウナギ弁当くらいだして一般株主を元気づけてほしいものだな。

  • 普通配+10円、記念配+15円は、長年、無配に泣いてきた長期株主に対しての精一杯の誠意、って格好だなぁ。
    半面、更なる成長を見込んで新規参入してきた向きは当てが外れしばし、退散?
    会社予想は増額余地を残したかなり控えめに見えるが、ま、硬いとこかな。

    筆頭株主提案に対する意見表明内容もなかなか筋が通っているが、法務のレビューに時間を要したことがうかがえる。シャンシャン総会への地ならしもこれで整ったかに見えるが、今期配当予想はせめて+10円の増額継続くらいの意気込みは見せてほしかったな。

  • 4Q単独売上予定が878百万だけど生産能力から言ってこの辺が目一杯かもな。
    (IRは引き続き沈黙継続、期待していた通期再増額は難しいか。で、記念配上乗せも無い?)

    そうなると今期予想に注目が移る。3Q受注残1721百万から4Q単独売上を差し引いても843百万の受注残が繰り越しとなるが、注目点はこれに4Q単独でどの程度の受注が上乗せされているかだ。
    今期増収、増益予想とセットにて125円普通配案が出てくれば筆頭株主殿もある程度は納得するかもしれないが、昨今の貿易摩擦再燃懸念を背景に経営陣が慎重すぎる予想を出してくるとも限らないので、なかなか読みにくい。
    明日の短信はそういう意味でなかなか興味深いものがある。

  • 先の株主提案に対する取締役会意見表明がなかなか出てこないが、筆頭株主殿との折り合いをどのようにつけるつもりなのかな?
    次回総会時役員改選に向けソルトランディング狙うなら決算短信発表前になんらかのIRを出す必要もあるだろうがさて・・・

    個人的には、前期記念配込み125円を今期以降の普通配とする案が株価的にもより好ましいと思われるが、これには今期の業績予想をどの程度のレベルで出してくるかがポイントだな。前期再増額があれば尚、良しだが。

  • 4月25日付け特開2019-66336にて、X線回折測定装置に関する新たな公開特許公報が開示されている。審査請求付きだが今後、用途が更に広がる可能性もあり楽しみではある。特許囲い込みもここまでくれば向う10年くらいはとりあえず食えそうかな(笑)。
    内容は、
    測定対象物の結晶粒が大きかったりすると明瞭な回折環が検出されない場合がある為、従来はX線回折測定装置の筐体を揺動させる機構を設けることにより明瞭な回折環を得る必要があったが、この場合、筐体を揺動させるための装置のコストがアップするという問題や、装置の重量がアップして運搬の負担が増大するという問題があった。本発明はこの問題を解消するためなされたものだそうだ。
    本新技術にて揺動装置が不要となり、測定現場では更に使いやすくなるみたいだな。

    当社単独出願でもあり又、特許出願公開されたことで今回はIRも早めに開示できるだろう。

  • ここ数か月、昨年比2万株ほど積みあがっていた信用買い残も10連休を控え先週~昨日までである程度、手仕舞いされたのではないかな。
    今日以降は連休明けの約定となる様なので、小口のダラダラ下げも昨日までで、今後は通期業績&今期会社予想を睨んだ神経質なヨコヨコの値固めの動きになるだろうがこの辺でIRが一発、欲しいところだが既に沈黙期間入りかな?

  • 通期決算発表5月13日(月)予定とのことだが、今回は堂々の月曜で、とりあえず悪くはなさそうだな。
    27日から世間並みの10連休(IR逃げ切り宣言?(笑))、従業員の皆さん、大いに骨休めしてくださいね。
    イースター前に小口換金売りが続いたようだが今週もダレるのかな?
    いずれにしても連休明けが楽しみだ。

  • 前期業績に市場評価がやっとついてきただけと思われる。
    昨日終値時点でも
    PER 11.8, 利回り3.45%, ROE 15.7%, PBR(連)1.9。しかも財務優良。
    友人情報によれば某投資顧問から目標達成宣言でたとのことなのでしばらく一服するだろうが、今後の評価はGW明けの短信や新規IRにて更なる利益成長を確信できるかどうかにかかってくる。
    大株主殿がIRに投じた一石も中身の良し悪しはともかくとして、市場にはそれなりのインパクトがあったということは確かみたいだな(笑)。ありがとう。

  • 明日はおもしろくなりそうだけど、一方、要注意だな
    (1)Y ファイナンスニュース:21時05分配信 ダイヤモンド・ザイ
    (2)某投資顧問:個別ではパルステック(6894)、***などに注目、だそうだ

    3000円台定着するといいですね。

  • まだ取締役会の意見表明が出てない様なので(相変わらず遅い(-_-;)、次回総会に向けた折衷案と言うことで以下は如何か。

    通期予想再増額ある前提で、
    普通配を100円→125円 (来期は内、50円程度の中間配を実現させたい)
    記念配を予定通り25円とし、今年度は計150円とする。

    再増額なければ現状でやむを得ないかな。

    尚、現役員を含む当社従業員(人財)は当社成長持続の要中の要、再増額あるとするば彼らにも更に十分、報いてほしい。

  • 昨日のTDnetにもあったが、業績急回復に対する市場評価がなかなかついてこず苛立っておられるのだろう。
    3000円超えにはそのぐらいのインパクトが必要というのは理解できるし、長年無配に泣いてきた長期株主の気持ちもわからないでもない。
    が、現業績を急回復させたのも現経営陣+中堅社員であることも確か。
    やっと明るい将来が見えた今、個人的にはもう少し長い目で見守ってやってもよいのではないのかなぁ、とも思う。
    配当上乗せはうれしいが一方、経営陣vs大株主の対立悪化を市場がどう受け止めるかの方がちょいと心配。
    ま、取締役会でどのような結論となるか見ものだ。そうやすやすとは賛同しないだろうが、更なる業績上乗せが見えているとすればひょっとしてひょっとするかもしれないな。次回総会は役員改選期でもあるし。

本文はここまでです このページの先頭へ