ここから本文です

投稿コメント一覧 (353コメント)

  • これを見ると、
    環境分析センターが被災してるけど、
    中央試験センターは無事なんですかね。

    ------------------------
    環境分析センター
    〒388-8006 長野県長野市篠ノ井御幣川877-1
    環境分析センター 所属部署
    ・環境部

    長野本社・中央試験センター
    〒387-0001 長野県千曲市雨宮2347-3
    長野本社 所属部署
    ・管理部総務課
    ・管理部経理課
    中央試験センター 所属部署
    ・長野本社 営業グループ
    ・土質試験部(中央土質試験センター)
    ・現場試験部
    ・非破壊試験部(非破壊試験センター)
    ・コンサルタント部
    ------------------------

  • 結構厳しい状況ですな。
    本社機能を東京に置いたことは、
    リスクヘッジという意味で
    良かったかもしれませんね。

    -------------------------
    工場やリンゴ畑浸水 台風19号 県内産業にも影響

    土質・地質調査などの土木管理総合試験所(同)は、同市篠ノ井御幣川の環境分析センターが床上50センチまで浸水し、装置の一部が故障したとみられるという。

    信毎web(10月14日)
    -----------------

  • >>No. 257

    こういうときは、反応せずに粛々と『違反報告』いたしましょう。
    削除されたでしょ?

  • サギーラが出てくれば、下げる。

    このスレのジンクスは、今回もハズレ無しですな。
    私の嫌いな二大買い煽りの1人です。
    見苦しいこと、この上なし。

  • 誰かが言ってましたが、多分億単位で損失を出してると思いますよ。
    1200円台で、安いわ〜と言って百万株買ってたので。
    400円マイナスとして、まぁ4億ですか。
    今までFPGで稼いだ分をほぼ吐きだしたんじゃないですか?
    自分で『回転は死ぬ』とか言ってたのに、
    結局回転し損なって損失こうむるとかw

  • 2019/05/14 17:49

    鬼より怖い一文新値、ですね。
    大底を打てたかなー。

  • 2019/05/08 21:17

    多分、この件ですよね?
    ----------------
    しかしながら、本件は、当社が開発により価値を高めた不動産を信託受益権化したうえ単独の投資家に対して一棟販売するものであることから、信託設定、運用指図等の役務提供よりは不動産開発による価値向上が主体であることを重視し、当該開発による価値向上で主たる収益を得る実態を表すため、売上高として不動産信託受益権の売買価格相当額を計上するものです。なお、売上高の計上方法がいずれであっても、案件販売による損益への影響額は同一であります。
    --------------
    なので今までと違って特段大きな利益があがるというわけではないです。
    ただ、ここで言いたいのは、オペリースの陰に隠れて煮え湯を呑まされていた(?)不動産事業担当者の方々が、勝利の凱歌をあげることができたという一点なのですよね。
    これはきっと、これからのプラス要素としとして働くと思いますよ。

  • 2019/04/28 18:16

    平成最後の投稿です。
    新たなるステージを令和で迎えるFPGに幸あれ!
    皆さま、良いお年を(・∀・)!

  • 2019/04/26 23:00

    ふつーにスゴい決算ですよね。
    1Qからここまで持ってきただけでもスゴいのに、2Q時点の組成のケタ外れさ。
    そして2Qでここまで追い上げたのにまだまだ在庫があるとか。
    いや、今期は本当にすごいことになりますよ?

  • 2019/04/25 08:53

    保険の代わりにオペリースが本格化することが3Qの楽しみの1つでしたが、不動産関連事業の最低22億円売上が飛び込んできたことは、本当に予想外のポジティブサプライズでした。
    成長の第2のエンジンがフルスロットルすることを思うと、ほんとすごいです。

  • 2019/04/24 20:58

    売り方を援護とか、やめてくださいw

    しかし、まったく予想してなかったIRでしたね。
    26日の2Q決算発表で詳しい説明があると思うので、別の楽しみが増えました。

  • 2019/04/24 20:24

    『売買価格相当額を計上』
    なので、売却したという意味ではありませんでしたね、すみません。

    大事なことなので2回言います。
    売却してませんw

    売却していないので、信託受益権の手数料収入が入り続けますかね。

    いやはや、すごい。

  • 2019/04/24 19:42

    『本件は、当社が開発により価値を高めた不動産を信託受益権化したうえ単独の投資
    家に対して一棟販売するものであることから、信託設定、運用指図等の役務提供よりは不動産開発による価値向上が主体であることを重視し、当該開発による価値向上で主たる収益を得る実態を表すため、売上高として不動産信託受益権の売買価格相当額を計上するものです。』

    つまり、土地を入手して開発し、入手した価格よりもはるかに高い値段で売却できたという手柄自慢ですね。
    不動産関連事業の社員の皆さんの歓喜の声が聞こえてくるようです。

  • 2019/04/24 19:31

    前期で売上が約7億円だった不動産関連事業が、この一発で22億円以上の売上を取れたってことでよいですかね?
    ちなみに今期のその他事業(保険仲立人、不動産関連、M&Aアドバイザリー)の売上高予想は39億円です。
    前期はその他事業で30億円だったことを考えると、何か見えてきますね。

  • 珍しく、ものすごく自信満々なIRですね。
    まぁ、そりゃそうか。
    主事業たるオペリースではなく、不動産事業としてあげた大金星ですものね。
    前期の売上の10%以上を単独であげたなんて、結構衝撃なんじゃないですか?
    明後日の決算に合わせてIRを出すこともできたのに、あえて今日出してきたことに深い意味を感じます。

  • FPGの場合、決算が良いに決まってるって思って、
    みんな決算前に短期決戦のつもりで買うのよね。
    んで、決算後に売り抜けたろって思ってるわけ。
    そりゃみんな売る気なんだもん。下がるに決まってる。
    前回の決算のときも、長期投資をうそぶいていたアホな人達がしたり顔で戻ってきて、痛い目に遭ってましたよね。
    ざまーみろです。

    んで、そこを空売り機関に目をつけられてるってもんですよ、ええ。

  • FPGからJIAへの役員引き抜き(ただの自発的転職かもしれませんが)は、2016年4月でした。
    FPGでは『執行役員財務部長兼人事部長』という、なかなかのポジションをしておられた方ですね。
    自分でウソ言ってたらイヤなので、改めて記録をたどってみました。

  • ついでに言えば、
    「出資者募集開始」と「出資金完売」に関するお知らせの配信終了をしたのも、
    2017年4月28日(つまり2017年9月期)だったんよね。
    あの時はそこまで深く考えてなかったけど、
    水面下で他社と何かあったんでしょうね。
    (ちゃんとそのお知らせに『競合他社とうんぬん』って書いてるし。)
    ヒドイ話だ。

    2017年はFPGにとって、受難の年だったのかもしれません。

  • いつも良い情報提供をありがとうございます。
    一方で、2016年9月期の3Qの数字が誤ってますよ。多分4Qのコピペミスかと。
    正しくは1371(1372?)だと思います。

    改めて組成をみると、2017年9月期の金額の低さが顕著ですね。
    振り返ってみると、2017年9月期の当初予定が4000億だったのが3Qで3000億に下方修正され、それすら達成できず2761億で着地。
    あの頃に、FPGにとってなにか重大なトラブルがあったのではないかと推察します。
    役員(でしたっけ?)がJIAに引き抜かれたのもこのへんだった気が(勘違いならごめんなさい)。
    2017年9月期の組成の低迷が、ボディーブローのように効いていたのが2018年9月期だったのだなと、今さらながらに思います。
    おそらくは組成が間に合わず、商品価値を高めるための所謂『寝かせる』こともできないまま、販売をせざるをえなかったのでしょうかね。
    まぁ、そう言いながらも2018年9月期には3874億の予想のところが4281億と急回復しました。
    今のところ組成も好調ですし、今後に期待です。

  • あからさまなフタが置かれましたね。
    だいぶんと煮詰まってきたことですし、
    これはそろそろかもしれません。
    板は厚い方に動きます。

本文はここまでです このページの先頭へ