ここから本文です

投稿コメント一覧 (17コメント)

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00
    マザーズ
    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうか
    E31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    三洋化成工業
    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:3884円で引き受け

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00
    マザーズ
    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうか
    E31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    三洋化成工業
    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:3884円で引き受け

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00
    マザーズ
    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうか
    E31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    三洋化成工業
    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:3884円で引き受け

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00
    マザーズ
    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうか
    E31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    三洋化成工業
    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:3884円で引き受け

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00
    マザーズ
    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうか
    E31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    三洋化成工業
    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:3884円で引き受け

  • 4598 10月12日IPO 早ければ 米国2020年販売 販売額:500億円:ロイヤルテー50億円 FDA Ⅲ相治験 日本新薬より2億円マイルストン受け取り:急性骨髄性白血病:::2021年 赤字一掃:黒字化
    社長 WBC 夜 出演 オポジードの薬価の10分の1 薬効オポジードを凌ぎ患者毎に適切な抗がん剤組み合わせ効果発揮と社長詳細に説明。 テレビ東京 ビジネスオン デマンド 肺がん用モジュール創薬
    WBS:がん治療の創薬ベンチャー上場 「モジュール創薬」とは 
    18/10/12(金)23:00

    市場に上場しました。デルタフライファーマが強みとするモジュール創薬とはどんなものなのでしょうかE31476:ニッセイ・キャピタル株式会社E31476:10月22日
    大量保有報告書 提出:6.39% 純投資
    E03606:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループE03606:
    19日 5.2 3% 取得 純投資
    E00406:株式会社ヤクルト本社 18日提出:10.16% 取得
    純投資
    E31211:日本ベンチャーキャピタル株式会社 12日提出 :17.89% 取得
    純投資
    5%以下:京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合
    イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合

    みずほ成長支援投資事業有限責任組合

    三洋化成工業

    2018/11/18 第三者増資 O/A6万⑤000株
    みずほ証券:引き受け:3884円 屑株引き受ける証券会社なし

  • 3/3

    2018/10/12 19:24
    [有料会員限定]
    より 実際は 早ければ20年販売を目指している: 10月3日社長談 日経徳島支局
    長との対談:日本新薬の電子版のニュース参照
    上記は:販売開始に関し:販売契約金含まず
    同病は:大正HDが失敗し 大塚HD、一転減益
    今期最終11%減、新薬開発中止響く 主因は新薬候補「SGI―110」に関する損失計上だ。急性骨髄性白血病の患者を対象に、治療効果を確かめる最終段階の治験に入っていたが、主要な評価が基準に達せず中止を決めた 
    主因は新薬候補「SGI―110」に関する損失計上だ。急性骨髄性白血病の患者を対象に、治療効果を確かめる最終段階の治験に入っていたが、主要な評価が基準に達せず中止を決めた。#同薬は別の適応症を対象に治験を続けているが、将来の収益見通しなどに基づき資産価値を引き下げ約130億円の損失を計上する同薬は別の適応症を対象に治験を続けているが、将来の収益見通しなどに基づき資産価値を引き下げ約130億円の損失を計上する同薬は別の適応症を対象に治験を続けているが、将来の収益見通しなどに基づき資産価値を引き下げ約130億円の損失を計上する #如何に デルタフライ FDAⅢ相の秀悦性がわかる。再発・難治性の急性骨髄性白血病治療剤『DFP―10917』#
    #  肺がん用モジュール抗がん剤 協和化学工業と共同開発
    小野薬のオポジーボの薬価格:10分の1 @オポジーボ 副作用あり。
    患者によっては 全く効かない。デルタフライ 患者に応じてカスタママイズ
    するから 当たりはずれがない。阪大:助教:安田洋祐氏 
    売り上げ最低予測:米日:初年度1000億円 ロイヤリティ:100憶円
    デルタフライに於いて,強調したいのは、本年ノーベル医学賞受賞:本庶教授の京都大学

    小野薬との軋轢:と反退に 京大との良好な関係:今後も最大の支援を受けれる。
    IPO前 最大の支援者:
    京大ベンチャーNVOC1号投資有限責任組合:770,000株   21.36%

  • 先週金曜日の暴落、鼻でせせら笑てった大口個人投資家
    大口個人投資家 俺と同じで、日経(紙)と電子版を購読、当然 日本新薬の
    日経電子版 ニュースの記事:デルタフライの江島社長「40~50の新薬開発目指す」

    2018/10/3 7:30
    [有料会員限定
    をみていたのである。70万株以上浮動株あるのに 金曜日出来たか:29,000株
    俺も当然見ていたが、大口個人投資家は、FDAⅢ相が22年でなく、早ければ 20年に販売の記事(徳島日経支部長のインタービュウ:社長の本音)を知り、微動もしなかった
    理由を確認できた。かれらは、デルタフライ は 最低20倍株になるのを確信している。
    東証に上場する主なバイオベンチャー JPX 資料より 2018年10月現在
    銘柄名――――証券コードーーー上場市場――――上場日――――――黒字化予定日
    サンバイオ―――4592―――M―――――2015 04/06―――未定
    ヘリオスーーーー4593―――M―――――2015 06/16―――未定
    ブライド。バイオ4594―――M―――――2015 10/22―――未定
    ソレジア ファーマ4597――M―――――2017 03/24―――未定
    デルタフライF――4598――M―――――2018 10/12――21年3月
    日経電子版の中外製薬のきじであるが:中外製薬が次々と画期的な新薬を生み出せるのは「化学合成からバイオへ」という創薬手法のトレンド変化をうまくつかんだからだ。1990年ころからコンピューターを使って膨大な数の化合物候補を作る創薬手法が普及し、化学合成の開発余地は狭まった。現在基礎研究で探した新薬候補が実用化できる確率は2万~3万分の1とされる。
    一方で新しい技術であるバイオ創薬にはまだ可能性が残る。欧米では90年代後半から開発の中心はバイオに移り、現在では世界の医薬品売上高に占めるバイオ薬の割合は3割を超えている。ただ国内製薬の大半はこのトレンド変化に乗り遅れ、ブロックバスターを生み出しづらくなっている。
    デルタフライには、ブロック バスタ―候補が少なくとも 5~6薬品あると言われている (ブロックバスターとは 大型新薬で:売り上げが1年に:1,000憶円以上をさす)
    超高額のロイヤリテーである。IPO後3年で繰り越し欠損金一掃し、利益剰余金は
    大幅な黒字になるのである。

  • >>No. 843

    非表示 全部クリック 1/3 2/3 3/3 日本新薬は ニュースみる

    トップ ニュース(これを見る)チャート 株価業績・財務 企業発情報 企業概要 株主情報 コンセンサス

    ニュース参照 特ダネが記載

  • >>No. 843

    非表示 全部クリック 1/3 2/3 3/3 日本新薬は ニュースみる

  • トップ ニュース(これを見る)チャート 株価業績・財務 企業発情報 企業概要 株主情報 コンセンサス

    ニュース参照 特ダネが記載

  • 先週金曜日の暴落、鼻でせせら笑てった大口個人投資家
    大口個人投資家 俺と同じで、日経(紙)と電子版を購読、当然 日本新薬の
    日経電子版 ニュースの記事:デルタフライの江島社長「40~50の新薬開発目指す」

    2018/10/3 7:30
    [有料会員限定
    をみていたのである。70万株以上浮動株あるのに 金曜日出来たか:29,000株
    俺も当然見ていたが、大口個人投資家は、FDAⅢ相が22年でなく、早ければ 20年に販売の記事(徳島日経支部長のインタービュウ:社長の本音)を知り、微動もしなかった
    理由を確認できた。かれらは、デルタフライ は 最低20倍株になるのを確信している。
    東証に上場する主なバイオベンチャー JPX 資料より 2018年10月現在
    銘柄名――――証券コードーーー上場市場――――上場日――――――黒字化予定日
    サンバイオ―――4592―――M―――――2015 04/06―――未定
    ヘリオスーーーー4593―――M―――――2015 06/16―――未定
    ブライド。バイオ4594―――M―――――2015 10/22―――未定
    ソレジア ファーマ4597――M―――――2017 03/24―――未定
    デルタフライF――4598――M―――――2018 10/12――21年3月
    日経電子版の中外製薬のきじであるが:中外製薬が次々と画期的な新薬を生み出せるのは「化学合成からバイオへ」という創薬手法のトレンド変化をうまくつかんだからだ。1990年ころからコンピューターを使って膨大な数の化合物候補を作る創薬手法が普及し、化学合成の開発余地は狭まった。現在基礎研究で探した新薬候補が実用化できる確率は2万~3万分の1とされる。
    一方で新しい技術であるバイオ創薬にはまだ可能性が残る。欧米では90年代後半から開発の中心はバイオに移り、現在では世界の医薬品売上高に占めるバイオ薬の割合は3割を超えている。ただ国内製薬の大半はこのトレンド変化に乗り遅れ、ブロックバスターを生み出しづらくなっている。
    デルタフライには、ブロック バスタ―候補が少なくとも 5~6薬品あると言われている (ブロックバスターとは 大型新薬で:売り上げが1年に:1,000憶円以上をさす)
    超高額のロイヤリテーである。IPO後3年で繰り越し欠損金一掃し、利益剰余金は
    大幅な黒字になるのである。

  • 1/3
    日本新薬 日経電子版10月16日
    現在値(15:00):
    7,460 円
    前日比:
    -10(-0.13%)ニュース業績・財務企業発情報
    • 企業概要株主情報コンセンサスデルタフライの江島社長「40~50の新薬開発目指す」
    2018/10/3 7:30
    [有料会員限定] ニュースをクリック
    江島社長 地元で本音語る。新薬開発を手掛けるDelta-Fly Pharma(デルタフライファーマ)が12日、東証マザーズに上場する。事業内容や強み、今後の戦略を江島清社長に聞いた。
    ――事業の特徴を教えてください。
    画像のデルタフライ(4598)の江島清社長
    「がんを対象にした創薬が現在の事業の柱だ。新薬の開発は一般的には多額の費用と長い期間が必要だが、当社は『モジュール創薬』というコンセプトで開発効率を飛躍的に高めている点が特徴だ」
    「臨床試験では承認済みであるものの、効果に対して副作用がバランスしていない薬剤は多くある。ヒトに対して有効性が確認されているこうした既存物質を組み直すことで、安全性も効果も高い新薬を開発するという技術だ。様々な部品を組み合わせて作り上げる自動車や家電製品などと同様の考え方だ」
    ――現在の開発状況はどうなっていますか。
    「2010年の創業からまだ8年だが、5つの新薬候補が米国で臨床試験に入っている。最も承認に近いのが再発・難治性の急性骨髄性白血病治療剤『DFP―10917』。強力な化学療法ができない患者に少ない用量で長期間の投与できる、安全性の高い薬として期待が高い。米国ではすでに(臨床試験の最終段階である)フェーズ3に入っており、早ければ20年にも販売が開始される。日本では日本新薬が開発・販売の独占パートナーとなっている」

  • 2/3「上場で調達する資金は新薬の開発費用に充てる。モジュール創薬による開発コストは低いとはいえ、1つの新薬開発には最低でも数億円はかかる。今後は同時に開発する本数を徐々に増やし、40~50の新薬を臨床試験にもっていく体制を整える」
    「オプジーボなど超高額の抗がん剤が効果の高さで話題になっているが、それでも患者によって相性がある。肺がんを治療する新薬は現在、協和化学工業と提携して開発を進めており、承認されればオプジーボの10分の1程度の価格での販売が可能だ。抗がん剤の市場はまだ非常に大きいと考えている」10/3日(徳島支局長 長谷川岳志)
    20年販売開始は:TV東京:10月12日 WBSでも述べている 日本新薬のニュースをクリック
    有料会員はみれるが 会員でなくとも、見出しはみれる。有料会員でなくとも 月間10本
    無料で見れから 無料会員は みれる。
    難治性の急性骨髄性白血病治療剤は 日本新薬が2019年3月までマイルストン:2億円
    4598が受け取る:IPO時 短信
    売り上げは:500億円:ロヤルテー:50億円 IRに確認済
    米国では臨床試験の第3段階にある。このまま順調に行けば、22年ごろに市場に投入できそうだ。そうなれば薬としての売り上げは年間500億円くらいを見込め、そこからロイヤルティー収入を得られる。現状は研究開発費がかさみ(最終)損益は赤字だが、黒字に浮上するだろう」*デルタフライの江島社長「白血病治療薬は22年ごろに投入」*

本文はここまでです このページの先頭へ