ここから本文です

投稿コメント一覧 (574コメント)

  • トトちゃん様
    サンバイオからの回答内容を共有いただきありがとうございます。予想通りの答えでした。過度な期待をせずに良かったです。

    とはいえパーキンソンへの有効な手段になるであろう候補にSB623が挙げられたことは喜んでいいことですよね。

  • 先程WBSでキムリアの薬価はブラックボックス化の特集がやっていました。キムリアを始め既に承認されている14の革新医薬的医薬品について、製造原価の内訳詳細の開示率が50%未満とのこと。全て開示されていなくても薬価は決まってしまうのですね…

    何でも企業からすると全ての開示はしたくなく、厚労省からすると無理に開示させようとすることで、日本を敬遠されてしまい治療の機会を喪失してしまうことは避けたいというジレンマがあるようです。全て開示する義務がない以上は企業側は盛ることも可能ということですね。

    さてサンバイオは製造原価の詳細をどこまで開示するのでしょうか。オーダーメイドの自家移植よりはずっと安い金額にはなるのでしょうが、、薬価の行方は気になるところです。

  • >>No. 8746

    Hhh様
    私も定期的に再生医療センターの再生医療分野の掲示板を定期的に拝見しておりますが、SB623に関する質問や回答が多くあり、患者さんやその家族から製品化が切望されており、またその声も非常に多くいかにサンバイオが期待されているかが感じ取れますよね。

  • >>No. 8703

    パーキンソンで盛り上がってるようですが、私も「このSB623は(脳損傷の臨床試験において)ベースラインからの改善を示している」という見方に賛成です。行間をすっ飛ばして書かれてる可能性があると。

    もちろん本当に臨床に着手してたとあれば株主としては大変喜ばしいことですが、会社からの発表がない以上は過度な期待は禁物ですし、間違った解釈してた時には落胆も大きくなるので、冷静に捉えておきたいと思います。

  • >>No. 8645

    sbb様、トトちゃん様
    お返事遅くなり申し訳ありません。
    やはり大日本住友との契約はブラックボックス化しているんですね。ここはお互いWinwinの関係になれるようにきっとこれから水面下で取引を行なっていくものだと私も予想しています。

  • PMDAが海外データでも申請できるのかは気になりますが、私はそれよりも下で触れられている大日本住友が日本での申請に米国での治験データを使わせてくれるのか、現状どういう契約になっているかの方がずっと気になります。

    だって普通に考えたら治験費用を大日本住友も負担しているのですから、そこで得たデータを使って大日本住友には何のメリットもない日本での販売に向けて使用するなど都合の良いことができるのか?が疑問です。ビジネスですから、タダでどうぞ使っていいですよなんてことはないでしょう。それなりのお金を積むのか、いや契約上米国でのデータを使っても問題ないのか、はたまた日本での販売を大日本住友にやらせろと言われるのか、その辺りの話もどこかで出てるようでしたら教えてください。

  • >>No. 290

    それは過程と結果の違いです。
    治験はあくまで過程で、順調に進んだから1月29日の速報となりましたが、順調でなければ速報は後ろ倒しになっていたでしょう。結果としては残念ながら主要評価項目を達成できませんでした。
    過程が順調に進んだからといって結果が良好とは限りません。

  • サンバイオとは関係ありませんが、面白い記事を見つけたので貼っておきます。
    重度のがんで余命数ヶ月の方が犬の駆虫薬であるフェンベンダゾールを摂取したところガン細胞がきれいさっぱり無くなったそうです。フェンベンダゾールはマウスでがん細胞を攻撃することは研究で分かっていたそうで、他にも40例ほどヒトでの改善報告があるとのとこ。

    https://www.google.co.jp/amp/s/news.goo.ne.jp/amp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-539484.html

  • 薬価についてご返事いただいた方々ありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありません。

    過去にサンバイオ側が話したことがあったのかな?とも思っていましたが、やはりあくまでアナリスト予想でしたか。先日の総会でのニュアンスや雰囲気からして、あれひょっとして意外と薬価は高くなるのかな?という印象を受けました。

  • ステミラックは発症から1ヶ月以内が対象でしたか。てっきり慢性期が対象の認識でいました。
    それを考えると先日判明したTBIの発症から20〜30年経過した患者が改善したというのは改めて驚異的なことであると感じさせられました。ましてやn数61での二重盲検での成功を収めている。ステミラックを貶めるつもりは全くありませんが、商業的な成功が近いのはサンバイオであることは素人目に見ても分かります。

    先日の総会でソニアさん以外の動画が出せないとのことでしたが、承認がされれば当然多く患者の動画等が出てくることでしょう。SB623が世間に知られるのも時間の問題ですね。資金が出来たら少しずつ買い増していきます。

    ところで疑問なんですが、薬価については当局と決めていくと総会でも言われてましたが、ずっと前から300〜400万円という金額が掲示板では度々出ています。これってサンバイオ発信の情報なんでしょうか?それともアナリストの予想?

  • Yahoo!ニュースに「脳卒中 リハビリ難民が急増」というタイトルで脳卒中患者のリハビリの大変さについて書かれています。いつ脳卒中になるかわからない、明日は我が身だと考えるととても怖い、、、高齢化が進めばより患者も増えることでしょう。

    患者の負担や健康保険料の増加を少しでも解消するためにサンバイオには1日でも早く開発を成功させて欲しいです。

  • 風説の流布はさすがに酷い。ありもしない話、むしろ事実と真逆のことを書いてる。
    根拠を持って論じてた事情通さんが今は懐かしい。

  • >>No. 8271

    すみません、ミスがありました。
    「これからいざ承認申請するという段階」です

  • >>No. 8269

    もう少し補足させてください。
    サンバイオからは動画の紹介が出来ないのは旧薬事法の関係で承認されるまではあくまで薬として認められない、だから動画等をサンバイオが公開し宣伝することはしてはいけない。ましてや先駆け指定され、これからいざ承認するという段階だからこそ当局を刺激する訳にはいかない、というような説明だったと思います。

    私も何故ソニアさん以外の患者が取り上げられないのかはずっと疑問に思っていましたが、理由を聞けて十分に納得できました。

  • >>No. 8252

    ひとまず食事にありつけました笑
    わたし株主総会そのものが初めての経験でしたけど、本当に有意義な総会でしたね。

    経営陣への厳しい質問はそれなりにあったものの、あれだけの暴落があったにも関わらず、誰一人サンバイオショックや株価、その時のIRとしての対応を口に出したり責めたりする人はいませんでした。正直全く良い意味で想定外でした。よく調べてるなぁと感心するような厳しい切り込みをされてた方を、何名か閉会の際に見ましたが、総じて笑顔でした(あくまで私が目にした人だけたので違う人がいたらすみません)ので、それなりの手応えを感じて帰られたのだろうなぁという感想でした。これは完全に私見ですが、やはり総会に来られるような方々は目先の株価ではなくもっと先を見られているのだろうと感じました。

    増資の心配をされてるいる方がおられますが、スライドにもあったように資金調達として株式市場からの調達が書いてある以上は可能性として考えておくべきだと思います。ただ、目的が明確でありそれが会社の成長のスピードアップに繋がるのであれば、増資はするべきだと私個人は思います。市場から資金調達をすることは上場企業の意義のはずです。投資家は希薄化のリスクを飲む、但し、会社は将来的にそれ以上のリターンを株主に還元するように尽力すべきである、というのがコーポレートガバナンスとして正しい姿ではないでしょうか。

    偉そうなことを書いてしまい恐縮です。

  • 事業説明会が終わりました。最後まで参加したら14時になってしまいました。質疑応答は他に参加された方が投稿されていますので、雰囲気等について後ほど投稿したいと思います。今はとにかくお腹が空いてます😅

    それにしてもやはり自分の目で見たり聞いたり、経営陣や他のホルダーの雰囲気を感じるのはすごく良いものですね。遠方から参加して本当に良かったと思います。今から来年も参加したいと思いました。

  • 会場到着しました。終わり次第、情報共有させていただきたいと思います。
    今回見えてる方って権利確定のタイミング的に全員大暴落経験者ですよね、気持ちは全員共有できてますね笑

  • 明日はいよいよ総会ですね。行かれる方は議決票をお忘れなく。。私は遠方からの出席の為、早朝に起床しなければならず、もう寝ます。

    明日お会いする(!?)であろう皆さまよろしくお願いします。

  • あと欧州で認められたなら米国でもRMAT指定を受ける可能性も飛躍的に高くなってきましたね!

  • まだ詳細はこれから見ますが、とにかく欧州先端医療指定おめでとうございます。
    この時間にIRが出るのは時差もあるかもしれませんが、前日の先駆けの時と同様にサンバイオ が発表しなくても先に当局が発表してしまうからではないでしょうか?
    日立化成の売却が発表されましたね。おめでたい発表直後に水を差すようで申し訳ないですが、これによる不安が残るのはとにかく外資には売却されないで欲しい。肝となるSB623の製造が外資持っていかれるのは避けていただきたい。。

本文はここまでです このページの先頭へ