ここから本文です

投稿コメント一覧 (99コメント)

  • 参議院廃止で憲法を改正しよう

    現憲法が作られたとき、天皇制とか戦争放棄とかに関心が集中して、議員制度は大雑把にアメリカの制度を真似ただけのものにされた。
    日本の明治以来の2院制は封建制の名残りで、米国とは建国過程がまったく異なる日本では、本来2院制は不要なのだ。
    現代の日本で、参院制度がもたらしている非効率と無駄の害悪は恐るべきものである。国としての意思決定の遅延や莫大な浪費、さらには、政治家や行政官僚の質の低下、国民の政治への関心の希薄化など、計り知れない深甚な害悪の根源になっている。
     
    9条問題などはさておき、参議院の廃止こそ、喫緊の憲法改正課題である。

  • ここの投稿見てると、世の中、"1960年安保"を経験したことの無い人ばかりみたいだね。

    つくづく、平和ニッポンのありがたみを実感するよ。

  • 山口二郎法政大教授 「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる!」

     健さん!かっけー 唐獅子牡丹だ!

     それとも、”組長”ツイッター見過ぎて、興奮した?

  • 中・露・韓の3国首脳が並んで対日威嚇の大軍事パレード

    70年前の戦争ではなく、現に日本と領土問題で係争中の3国トップが連携を誇示。
    いずれも、まともな民主主義のブレーキが利かない国ばかり。

    これを見て、肌寒く感じない人は、やっぱり「不感症」ですね。

  • いったい、国連は何をしてる?

    こんな問題こそ国連事務総長が先頭に立って汗をかかなければならんのに。

  • ”氾濫原”に住宅を建ててはいけない。

    常総市は昔から「水海道」と呼ばれてきたところ。
    海岸から50キロ以上も離れているのに標高は10mから20m程度しかない。
    鬼怒川だけでなく、利根川水系の多くの河川が平行して流れている。
    大雨が降れば一帯が湖のようになった。

    この地形では、いくら堤防を改修しても、何十年に一度の豪雨が来れば決壊する。
    昔の人は、それを良く承知していた。だから水海道と名づけた。
    昔から常住人口は少なく、水運の集散地に「港町」があるだけの水郷だった。

    現在でも、本来は農業用の仮設建築しか建ててはいけないところ。
    今回、被災した家屋が住宅として建築されたものなら、昨年の広島と同様に、
    人災と言うべきだろう。

  • 「民主」の名が泣いてるよ、民主党さん

    民主主義の原理は「多数決」だろ。
    肉弾戦で採決を妨害するなど、民主主義の否定以外の何ものでもない。

    議案を否決したければ、賛成派の議員を一人ひとり説得して反対派に転向させる。
    きみたちがやるべきことは、それしかないのだよ。
    かって、あのオザワ大先生は、とにもかくにも、そうやって政治を動かした。
    そういう点は、見習ったらいいんんだよ。

  • 鴻池委員長は、本来なら、議事妨害する野党委員を毅然と退場させるべきだった。

    参議院規則第51条
     委員が国会法又はこの規則に違いその他委員会の秩序をみだし、又は議院の
     品位を傷けるときは、委員長は、これを制止し又は発言を取り消させる。
     命に従わないときは、委員長は当日の委員会を終るまで発言を禁止し、又は
     退場を命ずることができる。

    日本の国会は、テレビの前では乱闘していても、実は「なれあい」でやってる。
    だから、あんな酷い議事妨害をしても、なにも処分されない。
    マスコミも、そんなこと百も承知のくせに、与党の暴挙だ、などと国民を扇動する。

    こんな連中に騙されない賢い国民になりましょうね。

  • 今般の参議院安保法制特別委員会の修羅場では、何といっても「ヒゲの隊長」の活躍が目立った。

    やっぱり、危ない現場で職責を全うした人物だけのことはある。
    その点、自称中核派の山本太郎君は、口だけ詐欺だね。

  • ”憲法を守る”のが看板の民主党。

    裁判所が違憲と判定した「在日外国人への生活保護給付」には、なぜ反対しないの?

  • ドイツは、システムとして嘘をつく。

    フォルクスワーゲン、排ガス性能を偽装するシステムを組み込んだ車を
    大量に販売したことが露見。米国から2兆円の罰金を科されるおそれ。

    積極的な難民受け入れ姿勢の背景をよく調べておくべき。

  • >>No. 555

    >  ドイツには気を付けた方がいいねー。

    明治の日本の勃興を見て「黄禍論」を最初に唱えたのはドイツ皇帝。
    第1次世界大戦では、日本は(ドイツから見て)狡猾に立ち回って旧ドイツ領の太平洋の島を獲得。
    この恨みをドイツは決して忘れず、日本が中国侵略を始めると、中国側に軍事顧問団を派遣して
    蒋介石軍を支援。
    その一方で、米英ソ連を牽制するために、アホの松岡外相をたぶらかして、三国同盟を締結し、
    日本を何の成算もない戦争に引きずり込む。
    敗戦後、すべての罪はナチスになすりつけ、東西冷戦に苛まれる善良な被害者を演じる。
    その間に、第3帝国時代に育成した鉄鋼・化学・機械などの工業を復活。
    仏伊など欧州諸国を騙してEUを結成、高いマルクではなく安いユーロを武器に輸出を伸長。

    まあ、真面目で努力家の国民が多いことは間違いないようですが・・・

  • 「大阪都」は小さい。「近畿州」構想を唱えよ

    現代日本の最大のガンは「東京一極集中」。
    先般の大洪水を見ても、関東は地勢的に脆弱で、首都圏としては不適格だ。
    とくに現代の東京の過密ぶりは常軌を逸している。地盤のゆるい埋立地に高層ビルが林立、
    海岸近辺に高深度地下鉄網が密集。直下型巨大地震が起これば即座に日本国はお陀仏だ。

    首都機能の分散の必要性は昭和40年代から叫ばれてきたが、実態は逆に一極集中の一途。
    首都機能分散が進まない大きな要因は、移転先をめぐる各地方の足の引っ張り合い。
    北海道から九州まで、首都機能の「分散」を前提にした誘致合戦をやってきたので、誰も
    真剣に考えなくなった。
    しかし、いまや高齢化が進んだ日本に、首都機能をばら撒き再整備するような余裕はない。
    東南海大地震の予測などから、時間的な余裕も無い。

    となれば、選択肢は「近畿」しかないことは自明である。
    長らく日本の首都圏であった近畿には、首都機能を担える膨大なストックがある。
    古代人が奈良、大阪、京都、滋賀に都を置いたのには、自然の摂理を踏まえたからだ。

    大阪都構想は、単に地方行政の効率化という小さな視点のみで議論してはならない。

  • 大阪の共産党は市長選・知事選で自民党候補支持を決定。

    自民党より橋下が怖いって?
    シールズのお嬢さんがたの好みですか?

  • 知事は政治家だから馬鹿なパフォーマンスしたがるのも仕方がない。

    しかし、行政法の専門家である県の幹部職員が、誰一人知事に諫言もできない、
    というのは、きわめて異常なことだ。このままでは、だれも沖縄県をまともに
    相手にしなくなるよ。

  • 「自民・共産共闘」が維新勝利の最大要因だった

    自民と共産が一致できる点といえば「既得権を守る」しかないもんね。
    大阪の有権者を甘く見すぎたな。

  • 麻生さん、そろそろ円売り介入の出番だよ

    年初からの円高の原因、いろんな自称経済評論家がアベノミクスの失敗だ、
    云々と、わかったような言説をたれ捲っているが、呆れるね。
    円高の原因は、中国が「人民元防衛」のために莫大なドルやユーロを市場に
    放出しているからじゃないか。余ったドルやユーロが円買いに回ってきてる。
    それだけの話だ。黒田のマイナス金利とか、何の関係もない。

    ここで、世界一の通貨強国の日本政府がやるべきことは「円売り介入」だ。
    つまり、中国がいままでため込んでいた外貨をごっそり横取りしてしまう。
    これが、将来、中国の世界経済覇権を防ぐためにも重要な武器になるのだ。

  • 「マイナス金利、静かな船出」(本日の日経新聞夕刊の見出し)

    取り付け騒ぎでも起こると期待してたの? (笑)

  • >>No. 299

    嘘つきヒラリーより直言子トランプ氏のほうが、はるかに健全ですね。

    ヒラリーなら、また「慰安婦」で韓国が燃え上がりそう。

  • 私にはわかりません、というのが沽券にかかわる職業ですからね、裁判官というのは。

    なにせ、このスレッドを見ても、いまだに国民の関心が高い問題ですから。

本文はここまでです このページの先頭へ