ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • 何のアイデアもなく、ここまできちゃったねw
    どうすんの? 社長!!

  • https://toyokeizai.net/articles/amp/318563?page=3
    連続18年、累計73億円赤字積んだ社長の言い分
    これが連続赤字を続ける上場企業47社リストだ

    5期以上連続赤字の会社をリストアップした。その1位になったのがぷらっとホームだ。

    ぷらっとホームの18年間での累計最終赤字額は73億円に上る。これだけの赤字を垂れ流すことができたのは、上場時の公募増資で74億円を調達していたからだ。

    売れない芸人の例え話に引きつけていえば、同社の株主はさながら芸人を支えるパートナーというところ。その株主の期待は上場当初大きかった。

    ぷらっとホームの上場直前の決算は0.27億円の最終黒字。その同社に331億円の企業価値(公募価格)がついた。1000倍超の株価収益率(PER)は高い成長期待の証しだった。

    しかし、現在まで株主の期待は裏切られている。足元の2019年9月中間期も0.8億円の最終赤字となっている。

    今年11月には20年3月期の通期見通しを期初時点の黒字予想から1.6億円の最終赤字に修正した。IoT事業の受注が本格化せず、売上高計画が未達となったのが理由だ。

    同社は業績予想の下方修正も18年連続で行っている。期初時点では14回の黒字予想を出してきたが、期中に下方修正、最終赤字での着地が定番化している。

本文はここまでです このページの先頭へ