ここから本文です

投稿コメント一覧 (170コメント)

  • 為替が止まりませんね。
    昨日今日と戻してくれましたので、1月に買った明らかに失敗の2銘柄を、損切撤退してキャッシュ化しました。
    含み合わせればプラスですが、今年の確定損益、マイ転してしまいました。

  • 外国人が史上最大級に日本株売り越している時に買い増しとは...メロン漢!ですね。

    この時間の先物ほどあてにならないものはないですが、VIX指数の20割れ、そしてNYダウは先週の安値を試しにいくのも難しいほどのリバウンド。対する日本は体たらく...今日は高値追いしないように、3銘柄買いました。うち一つは、ベイカレント。後場後半少しダレてきたところで予定外の買い増し。その後さらに少し下がっちゃいましたけれど。

    っということで、しばらくお休みするしかない状況(覚悟を決めたということ?)になりました。
    ベイカレントは、今月の配当ガッポリいただいて、4月の本決算楽しみにしています!

  • 確かに銘柄に拘る必要はなく、こういう時は銘柄入れ替えのチャンスではありますね。
    ただ、私は売買ヘタなので、普段は逆張り思考ではありませんが、今は逆張りに近く、バーゲン価格でコツンときかけているのを少し買い始めました。
    短期的な効率が必ずしも良くないかもしれないのと、リバウンド後が心配ではありますが...

    ベイカレントは、底割れせずにチャート修復すれば、っと思っています。

  • ごめんなさい、狸吉さんを、ポン吉さんって...
    すげー失礼。ごめんなさい。

  • ポン吉さんが今朝書かれていたように、調整にしては下げ幅が大きすぎるのですよね。
    日経平均の上昇の起点昨年9月の19239.52円、高値は24129.32円。上げ幅4889.8円。上げ幅の半値押しが21684円。61.8%(フィボナッチ)押しが21107円。実際の安値は21078円(2/3押しで20868円)。いったん下げ止まる水準ではあるものの...やはり、よくある調整とは、思えないのです。

    私は一昨年に少し大きめの下落予測をして大外ししてから予想はせずに相場のトレンドについていけるだけついていくようにしています。ただ、想定できる範囲が想定外にならないように...備えています。
    少なくとも先週押し目買いを入れた人たちが投げさせられる、一番怖いのは先物を買い下がった人たちですが、これは一掃されるくらいのゆさぶりを想定しておく必要はあると思います。

  • この週末は、気分転換に色々な検証をしていました。
    『未来かたる』氏が12日付のブログで、米国の10年債と2年債のスプレッドに注目する仮説を立てられていたのですが、非常に興味深い検証だったので、興味おありの方は検索してみてください。


    さて、今回の下げは米国長期債の金利上昇が直接的な原因(同時にいえば特にこれといった材料はない)だと思うのですが、類似するケースは、アベノミクス初動の2013年にありました。長期債金利が1%台から3%弱まで上昇という意味では今回と同様。

    その時...順調に上昇を続けていた日経平均も調整するのですが、15,942円→12,415円まで、率にして20.4%、期間で3週間程度の下げになりました。この下げ率を、今回の高値24,129円から計算すると、19,200円。問題は、そこまで下げるか否かというよりは、仮にそこまで下がっても強制退場を食らわないようなポジション取りをすること、ですね。当然ですが。

    弱いな、戻りが...涙

  • そうあってほしいですが、大半の銘柄が、昨日開けた窓を埋めての大陰線。
    窓を埋めることすらできなかった銘柄もありますが...

    昨日時点での日経平均のPERが13.81倍に低下しました。平時には13倍台は
    買いになりますね。ここ数年の最低値は、一昨年ブレグジットショック時の
    瞬間安値12.62倍というのがあります。
    日米共に業績好調ですが、日本株には割安感がありますから、落ち着けば...
    っと、思います。

  • 久々に凄いのきましたね。
    ここ数年は、波乱局面を買えばほぼ例外なく取れたので、昨日の段階でデイではなく買ってしまった人も多いように思います。

    私は...日経平均も主力株もチャートが悪すぎてとても追加では買えていませんが、持ち株は握ったままなので、今日は洗面器を抱えるような勢いで含みが消えていきました。

    個別の材料で動いているなら予想も機能しますが、NY次第なので、予測は難しいですね。さらにガラればひとたまりもないし、リバれば一転全面高。丁半博打になってしまいます。勇者と呼ばれる必要はない、コツンときてから無理せず買うようにします。

    私は30年間で、口座を二度吹っ飛ばしそうになったことがあります。リスク管理は重要、10-15%程度の損失なら一度のチャンスで挽回できますから、最悪でもその辺にロスカットラインを設けるのが良いと思っています。

    ちなみに私のここの含みは、今この瞬間で+20%前後まで落ちています。明日ガラれば死亡です。

  • 2,400-2,500円台もそこそこ時間をかけましたからね。ここでの値固めは歓迎です。
    前提条件としては、日経平均が大崩れしないことと、成長性が保たれることで、それ以外の材料についてはある程度考慮して...仮に分割などを交えながらなら、私は5,000円台後半という予想にしておきます。東証一部に3844コムチュアという銘柄がありますが、分割を交え2年で8倍程度になっていますが、そういう波動に期待しています。
    来期ベースでPER25倍(コンセンサス)で5,750円ですから、非現実的な株価ではないと思います。

  • >>No. 431

    月曜の押し目で入れなかったので、昨日の1,700円割れで乗りました。
    上場来高値...いい響きですね。(^^;

  • ベテランではないですが。
    先日の3Q決算で、成長に陰りがないことが確認できたのですから、とりあえず3か月後の本決算を楽しみにしていれば、いいことあるのではないでしょうか。日々あれこれ派手に上がっているのを見ると、物足りなく思えたりするでしょうが、ある程度のスパンで振り返った時には、十分なリターンが見込めると思っています。

    ただ、この会社のIRは非常に手堅い印象があり、仮に本決算まで上方修正を行わない場合、増配幅拡大のIRだけが先行して出てくるという可能性は低いと思っています。配当額の確定は、権利落ちまでにしなければならないわけではありませんので。

    材料(上方修正、増配幅拡大、株式分割など)が欲しいというのもわかりますが、それらの材料を出さずに上昇してきていることがポイントだと思います。

  • 他銘柄のことなので突っ込みたくないのですが、『業績』というのは、経常利益のことでしょうか。
    仮に経常利益が280億(多すぎませんか?)になるとすれば今期会社予想比2.8倍ですから相当なインパクトがあると思いますが、PERというのは経常利益ではなく最終利益から算出するものなので、PER4.3倍ってことはないですよね。

    あと、モルガンスタンレーが既に来期(19.3)の大幅増収増益予想に加え、最来期(20.3)の大幅な減収減益予想を出していますので、お気をつけください。

  • なるほど、そうでしたか。

    ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180119-10000066-dzh-stocks

    探したら、ここに概要が紹介されていました。
    フィスコとは大違いですね。

  • 昨年は、予想比5割近い上方修正にもかかわらず、発表されたのは期末決算と同時でした。
    今期の着地点はまさかのEPS200円接近ということになりそうですが、実際の発表までは時間がかかると思っておいた方が無難かなと思います。
    ここは、短期的な上げ下げを狙うのももちろんアリだと思いますが、来期のさらなる成長を期待してじっくり持つスタンス継続で良いのではないかなと...あらためて思いました。

    それにしても。費用増で見かけ上の利益の伸びが少し鈍化するかと思いきや。素晴らしい決算ですね。

  • 年末から昨日までずっと出ていた大口の成り行き売りが、今日は一件も出なくなりましたね...

  • 上がる時も下がる時も、大口の注文は基本成り行き中心になります。
    見ていればわかりますが、昨日の前場も、直下に厚めの買い板が並ぶと、そこに大きめの売りがぶつけられていました。今朝も同様。なので、直下に買い板が並んでいるからと油断しない方がいいです。まだ売りは狙っているように見えます。

    売りが一巡すると、またスルスルと戻すんですけれど。

  • 大きく突っ込んだので言い訳しませんが、私は先月の日柄調整時も持ったまま。むしろ月末にかけて買い増ししていったのですが、回転は苦手なので、引き続き今はまだホールドです。
    上の板は少し戻ると相変わらず逃げていきますから、見えている板は実際に売りたいというよりは、下で売らせたいのだと思います。ただ、こういう展開になると、昨日の朝までは存在しなかった『戻ったら売りたい』という層も一定数出てきてしまうはずなので、やっぱり少し時間はかかるのかなぁっと、思います。

    ゆうべからの書き込みでは、なんだかいろんなものを見せてもらった気がします...

  • 年末で参加者が減っている時に...前場で3件、後場は成り行きで2万株の売りが入りましたね。離席している間に3,150円つけていました。ただ、それ以上におや?っと思ったのは、3,100円台でウロウロしていた時、フル板でアンダーの買いがトータルで1万株前後しかなかったことですね。さすがに、なにかあったのかなと調べてしまいましたよ。

    3,200円台に戻してからは、アンダーの板がいつも通りの感じに戻っていたので、作為的だなぁっとも思うのですが...機関投資家の売りだとしたら、あまりに雑い。個人のまとまった売りじゃないかなぁ。
    機関投資家は、『買い支え』なんてしないでしょ、普通。チャートを作るようなことはしてきますけど。

  • 調子がいい時だけ書き込むのも良くないので、今日はもう一度。
    今日は寄り付きから5日線を割り込みましたから、短期目線の買い方は利食いに走るのも理解できます。

    ちょうど安値をつけた時間帯に板を見ていることができたのですが、3,300円割れに3枚そこそこの売り板が並んでいました。アンダーの買い板がすっかすかでしたから、その状況だと不安になってその下でパラパラと100株単位の売りが出てくるわけですが...
    安値から20円ほどリバっただけで、3,300円割れにあった3枚の板はすっと消えてしまいました。

    どんな銘柄でも、押し目がない銘柄なんて存在しませんね。ただ、実質新年入り早々これかー!って感じですわね。
    今日は他の銘柄が順調なのが救いですが。

  • 売らせるために見せ板作ってるケチな人がいますねぇ。
    この程度でふらついているような人は、こういう銘柄には向いていませんから、今日一通り売ってほしいです。

本文はここまでです このページの先頭へ