ここから本文です

投稿コメント一覧 (8550コメント)

  • >>No. 219

    ユニバを買う理由って;-

    フィリピンの経済成長への期待じゃなの。
    フィリピンって、いわゆる人口ボーナスの恩恵を受けられる国なんだよ。それに対して日本や中国なんかは先が見えちゃってるかもね。少子高齢化ってのは経済にとって最悪かもよ。

    例えば、2017年の出生率のデータを見てご覧(202か国中);-
    161位 中国 1.63
    184位 日本 1.43
    198位 シンガポール 1.16
    199位 台湾 1.13
    200位 香港 1.13
    202位 韓国 1.05

    東アジア諸国ってそろいもそろって、出生率が低いんだよね。韓国なんて世界最下位だよ。将来は暗いね。中国は一見するとましに見えるけど、長く続けた一人っ子政策の弊害があるんだよね。

    これらの国々に対し、フィリピンの出生率って2.89で、且つ人口構成が理想的なピラミッド型なんだよ。老齢化が進む周辺国に囲まれた若い国って将来が有望なんだよね。

    近年の経済成長率って名目では17年9.2%、18年が10.2%だよ。人口は増える、経済成長率は高い、都市化は進む。
    カジノの成長は中所得者層の増加率なんかにに依存するんだろうけど、これって経済成長率より高いんだよね。

    都心一等地の価格って、どうなるのかアホでも分かりそうなもんだよね。カジノ売上も長期にわたって2桁成長が期待できるんじゃないの。
    okamaniのカジノ売上が今後年10%成長を10年20年って期待できるとしたら、一体いくらの価値があるのか、アホでも分かるんじゃないのかな。

    それこそ、okamaniの売上があと10%も伸びれば、純利益ベースで益転し、更に10%のびれば、売上比10%近い純利益が得られ、・・・・、。ただ待つだけのことでしょ。

  • フィリピンの8月の入国者数がでてますね。
    前年8月との比較で;-
    韓国 122,095→185,334、+51.8%
    中国 106,083→170,903、+61.1%
    日本 65,130→78,699、+20.8%
    台湾 20,533→32,676、+59.1%
    4か国計 313,841→467,612、+49.0%
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    その他 228,409→235,231、+3.0%
    合計  542,250→702,843、+29.3%

    増加者数+160,593人中153,771人(95.8%)は近隣の4か国ですね。
    香港の騒動や日韓関係が影響したのかも。

  • >>No. 220

    5年保有で指数に大敗って? ダウ、それともnasdaq?
    日経やjasdaqにはかっているようなんだけど。

  • >>No. 598

    大田市場の白菜を見ると、昨年に比べると10月は平均的に見て3割程度安いですね。
    ただ、茨城の被害の影響って、年末から1月あたりで出てくるかも知れませんね。ただ、収穫期では無かったので影響は限定的だったかも。これから一斉に植えなおしたりすると、収穫時期がかさなるので厄介かも。

    茨城の農産物被害って、メロンとか収穫直前に被災したものの影響が大きそうですね。

  • >>No. 558

    撤去作業って、夜行うんでしょうね。
    昼間行うと感電の危険が有りますし。

  • >>No. 211

    そう言わずにね。

    上がってくれると愛が芽生えてくるかもよ。でも、その時にはお別れしないといけないかもしれないけど。
    出会いがあれば、別れも有るんだよね。
    良い思い出を残して別れたいものですね。

  • >>No. 558

    日本の水上ソーラ第一号って、ウエストの埼玉県にある「ソーラーオンザウォーター桶川 1.18m」で13年7月稼働なんですよね。
    今回も15号/19号など数度台風に直撃されたんでしょうが、ビクともしなかったのでは。調整池の構造自体、消波される仕組みになってましたし。

    それに引き換え、白石町のは少々大胆な試みでしたね。吹走距離が南北に1kmもあるのに、消波対策らしきものが見当たらないんです。最悪の条件なのでは。

    良い勉強になったでしょうね。

  • 明日から9月締めの決算発表が始まりますね。ここは来週の金曜日(25日)ですね。

  • >>No. 596

    この調査報告書によると;-

    「ピクルス」ー「(有)茨城白菜栽培組合」ー「契約農家」
    というルートでピクルスと契約農家の間に茨城白菜栽培組合が入っており、さまざまなリスクを負っているようですね。

    価格決定の仕組みとしては;-
    「価格の決定方法は、基本的には過去数年の平均単価を用い、月ごとに市況動向等も加味しながら両者協議して改定する。なお、価格は、規格による差はなく1ケース(1ケース15kg)単位である。
     天候等により量の確保が困難なときは、茨城白菜栽培組合は市場から購入して、東海漬物に納入している。この場合でも価格については、取り決めどおりとしている。」

  • 昔の話ですが、ピックルス(東海漬物)の白菜取引に関する調査報告書(事例研究)があります。

    農畜産振興機構
    https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/index/2007_1.html

    2007年1月
    決め手は、国産はくさいのおいしさ
    ~生産者側と実需者の連携事例から~

    読むと、取引の仕組みなどが分かります。今もそれほど変わってはいないのかも。

  • そもそもキムチって保存食なんですよね。
    韓国では一度に1年分のキムチを漬け込むんですから、1年持つのかもね。日本のは持たないでしょうが。

  • >>No. 592

    白菜の生育期間って、2~3か月じゃないの。

  • 3,700円台にのったってのは今年初めてなんですね。

  • >>No. 189

    カジノ規模に対して、客室数が少なすぎますね。
    vegasのstripなんて、30カジノの総客室数が95千室あるよ。ggrは総計でもokamanの10倍にも満たないのにね。
    海外客を引っ込むにはホテルをバカスカ建てないとね。

    四季報によると、”周辺の未整備地に廉価なホテル誘致視野”ってなってるし、やるんだろうけどね。

    ホテルをバカスカ建てて、それを埋めるためにコンプを大判振る舞いするのがカジノだよ。ツアー会社と提携したり、既存顧客に宿泊券(+game券)をバラまいたりして客を集めて、部屋をうめるんだよね。

  • >>No. 548

    メガソーラって、オフィスビルなんかの売買と同じ感覚で取引されているのかな?違いは、オフィスビルの場合は、不動産価格変動、家賃変動、金利変動、空室率などにより、収益の変動が大きいのに対し、メガソーラは金利変動リスクくらいで、収益の安定性は高そうですね。借金によるレバレッジを利かさなければ、かなり安定的な収益が確保できますし、金融機関にとっては好ましい資金運用先かも。それに金融機関にとって金利上昇はそれほどのリスクとは言えないでしょうし。短期的には上場証券ですので証券の価格変動がありますが、長期的には無視できそうです。20年後も1口あたりの出資金の近辺でしょうから。

    インフラファンドの投資利益率は年2.5%程度もあれば十分のようです。出資金5割、借入5割で借入金利を1%とすれば出資金に対する分配金は4%となりますし。一般の貸付に比べれば安全性は高く、利率も高そうです。
    それから、いろんな保険があるものですね。事故によって失われた利益の補償や、出力制御による損失補償とか。リスクは徹底的に排除して、利回りの安定化を図っているようです。

    オリックスなんかのリース系の会社も太陽光に熱心ですね。オリックスのメガソーラ保有高をみると;-
    17/3末 570M
    18/3末 700M
    19/3末 840M

    芙蓉総合リースなんかも、
    17/3末 77M
    18/3末 102M
    19/3末 140M
    20/3末見込み 200M

    コンスタントに増やしてますね。金融系の会社にとってメガソーラって、直接投資にせよ証券化商品に対する投資にせよ良い資金運用対象なのかも。

    メガソーラって、いわゆる競争による市場価格ってのも当然のことあるのでしょうが、もう一つ、収益還元価格ってのがあるようです。こちらの方が高そうですね。

  • 性懲りもなくモルガンスタンレーMUFJさんが再INしてくれましたね。
    10/09 124.4K
    10/15 147.5K

    23.1Kの増加です。

  • >>No. 170

    あほか。
    請求権は国際法的に日本にはあるんだよ。勉強しなさいね。

    戦争は終わってたんだよ。捕虜ではないんだよ。それを、賠償代わりに役務提供させる権利はソ連には無かったんだよ。
    アンタさん、抑留者は誰に補償を求めるべきなんかね。それとも、泣き寝入りしろってんかいな。なんで、個人が多大な犠牲を払わされるいわれがあるんかいな。

    日本は戦後処理はおわってないんだよ。やっと10年ほど前に特例法かなんか作って、抑留者補償に動き出したけど、いくらだかご存知かな。日本政府って、シベリア抑留者に関しては知らぬ存ぜぬってなとこが実態だったんじゃないの。一種の棄民だね。70万抑留者は浮かばれないよならな。なんで、自分らが賠償代わりに多大な犠牲を強いられなければならないのってね。

    アンタさんからみれば、どうってことはないんだろうけど。
    と言うか、シベリア抑留なんて史実はご存知なかったかな。

    それから、多大な犠牲をソ連にしいたのは日本じゃないけどね。なにせ、日ソは2次大戦中はある意味では友好国だよ。おかげでソ連が対独戦に専念できたんじゃなかったっけ。日本は協力こそすれ、ソ連とは敵対していなんだよね。日ソ中立条約ってのを結んでいたんだよね。感謝されても、怨まれることは無いんじゃないのかな。その有難い条約を一方的に日本は破棄されちゃったけどね。一体、二次大戦で日本ってなんかソ連に悪さをしたっけね。寧ろ協力はしてあげたけんじゃなかったっけ。

  • >>No. 544

    上場インフラファンドをみると、順調に資産を積み上げてますね。
    例えば、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)をみると、
    出資金総額
    17/3上場時 37憶円
    18/7期末 65億円
    19/1期末  89億円
    19/7期末 110億円  (借入金155億円)
    19/9 142億円

    この2年半で増資を続け出資金総額が4倍近くになってます。借入金は出資金の1.5倍程度あって、レバレッジを利かせてます。出資者には地方の金融機関が多いです。
    19/7末で68.6Mの保有ですね。ウエストが65Mの保有ですからほぼ同規模です。但し、「機械及び設備」の取得価格は25,671百万円(374百万円/MW)とウエストを大きく上回ってます。ウエストの取得額は太陽光以外の設備も含んでも16,143百万円(248百万円/MW)に過ぎませんし、おまけに保有メガソーラのFIT価格の加重平均はウエスト保有分より低そうです。
    今後もバカスカ増やすようで、20年末には246.5M既に、21年には316.9Mの計画ですね。既に513.1M(内238.8Mは現時点では未着工)までの目途は立っているようです。出資金・借入金の調達の目途もたっているようです。いとも簡単に金が集まるような。

    売らなければ目先の利益確保が厄介でしょうが、私募のインフラファンドでも組成して、そこへ押し込み、高額の管理報酬でも稼ぐってのが得策かも。

  • >>No. 159

    余な話だけど、シベリア抑留の補償をロシアに要求すべきなんだよ、
    あれって、完全に国際法違反なんだよ。
    恐らく30万人近い人命が犠牲になった強制労働の補償ってハンパじゃないよ。ちょっと、関東軍さんも弱腰過ぎたのも問題だけどね。

    実はあの時、製鉄所を解体してソ連に戦利品として持ち帰ったんだけど、その際に民間人が徴用されたんだよ。製鉄所の一労務担当者が、”怒り狂うソ連兵にピストルを突きつけられたりするという極限的な状況の中での交渉で、「我々は捕虜ではない」として、働かせるのなら賃金を払え、負傷した者に治療費を払え”とソ連軍側と交渉し受け入れさせたんですよね。ソ連側って、無茶苦茶な要求をしては来るものの、交渉の余地ってのは少なからずあったはずで、なのに関東軍さんは魂の抜け殻みたいなもんだったようです。おまけに”トウキョウ・ダモイ”に騙されて、抵抗もなくシベリアへ連れて行かれちゃったんですよ。関東軍さんは弱腰過ぎたようで、まんまとソ連ペースに嵌まっちゃったんですよね。

    北方4島の返還なんかでお茶を濁されては困るんですよね。せめて補償金20~30兆くらいは貰いませんと。払えないんなら体で返せって訳でもないですが、シベリアの半分くらいはいただきたいものですね。当然、樺太や千島列島もふくめてですが。

    それから、あの抑留って、捕虜として連行されたんじゃないんです。そもそも停戦が成立してたんですから、国際法的に言って捕虜ではないです。仮に捕虜だとしても、速やかに帰国させるべきなんです。戦争は終わっているんですから。
    あれって、ソ連側からみれば、賠償金代わりの役務提供だったんです。つまり、日本政府が支払うべき賠償金を抑留者達が個人の犠牲において肩代わりさせられたんですよね。ただし、そんな倍書金の合意なんてありませんし、支払う義務もなかったんですが。
    ともあれ、ロシアさんに落とし前を付けて貰いませんとね。ただし、弱腰の日本政府は正当な要求さえしないでしょうが。

    韓国に対しては、日本は適切な対応をすべきですね。

本文はここまでです このページの先頭へ