ここから本文です

投稿コメント一覧 (17コメント)

  • 今一度考察した。
    IPS-NKT→ 早くても来年から臨床入り(安全確認等、延期の可能性も有り)

    GRN-1201(抗体併用)→ 経過報告を会社がしないのはLOに向けてデータ調査中?
    逆に言えば免疫併用療法に対してのエビデンスが確立していない為、高額LO
    が狙える時期ではない(まだ時期早い)

    抗体医薬→ 去年株主への説明でCEOは、複数候補があり近日の内にPLに
    挙がると説明。 公表遅延に対しライバル会社への影響と。
    総会でPLの公表及び特許申請の話があったが、過去の事例よりCEOの
    リップパフォーマンスで、新任取締役者の経歴を見てもまだ研究段階ではないのか?

    以上の事から、この会社が収益化を図り企業価値が大きく上がるのは5年以上先
    の話で、増資も含め今はまだ準備段階であると判断しました。
    上場間もなくこの会社へ投資を始め、5年ほどのスパンで企業価値が上がっ
    ていくのではと考えた自分の勉強不足と甘さを痛感。
    勿論、この会社の事業内容はPL共々魅力的ではあるが投資資金が10年近く
    マイナスが膨らんだまま凍結してしまうのは自分のアセットでは厳しい
    状況でした。

    ここの有識者の方々には色々教えて頂き、大変感謝しております。
    有難うございました。
    資金を抜いた後、突然サプライズ等あれば悔しく想いますが、それもまた一興。
    長文失礼しました。

  • 以前のブログにて新興市場の上場基準について言及したり、CEO自身が決算説明会で「どれだけ期間をひっぱれるか」など、時間軸のスキームがイメージしづらいです。おそらく「2020年半ばにはガン治療において10兆円規模に達するだろう」と説明しているとうり、この頃に大きな一手をと考えているのでは? イメージ的にCEOは堅実であり戦略的手法を用いると思っていたが、話が二転三転したりと、実はすごいギャンブル脳なのでは?!

  • > 広報がだめなのか永井がだめなのかブライトパスそのものがだめなのか
    >
    > 春はいつなんでしょーか?

    この手の意見を散見します。確認ですがCEOは会社の最高経営責任者です。 例え広報部所に問題があっても、そこを改善しない責任者の怠慢と言われて然るべきです。
    過去「日産自動車」や「シャープ」なども、言葉は悪いですが無能な経営陣により危機的状況へ追い込まれました。 ご承知のとうり有能な指導者へとコンバートし回復の実績をあげています。(人種の事や諸問題は触れませんが)

    もちろんこの会社がそうだと断定するには早計だと個人的には思っていますし、現状も意図的な事と考察してます。
    ただ上記の判断をされるカウントダウンはそう遠くないはずです。 今株主は結果を求ています。 経営の為の戦略的時間をどれだけ引っ張れるか、CEOも正念場ではないのでしょうか。

  • 確かに仰る通りですね。
    全くのずぶの素人が経営者ならいざ知らず、過去の経歴など見てもこの分野ではかなり長けているハズです。(CEOが業務的内容全てに関与しているのが大前提ですが)
    つまり意図的にやっているとしか考えられないのですが、これをどう解釈して良いのか判断するにはもう少し様子見と個人的には思っております。

    ただ、不信感はエグイです...。

  • 世間から会社の信用を失えばどうゆう結果を迎えるかくらい、幾つかのの経営に携わってきた此処のCEOは理解していると思います。 研究内容は順調に進んでいるが、この現状を迎え少し原因を考えてみました。
    1.研究開発以外の、経営に関する内容(厳しい状況)によりIRが出せない
    2.経営陣自らの経験の元、戦略的意向でIRが出せない(意図的に出さない)
    3.此処の会社に関係する第三者機関の圧力により、IRが出せない

    まあ真相は時間が解決してくれるものと思いますが、株主に対する信用を取り戻す為にはかなりの時間と、余程の経営陣による誠意が必要になるでしょう。
    手腕が問われます。

  • 今現在バイオセクターに投資資金がきているにもかかわらず、何故このチャンスを戦略的に生かそうと見えないのか?! 他のライバルは”ここぞとばかりに”一手を投じているのに!! その辺に違和感を覚える株主が多いのではないでしょうか。短期的な考えは良くありませんが、時価総額を上げる為にも話題が大きい今こそ外国人投資家などにもアピールするIRが必要ではないのでしょうか。 カウントダウンの最中だったら良いのですが...。

  • > あーこれは何処の業界出身かで意見分かれそうですね。。。その理屈は会社では通じないってのが自分の経験則ですかねー。
    >
    >
    > クライアントにとっては内部で何が起ころうと結果が全てですから。 エンドユーザーにとっては経営層も末端社員も「同じ会社の人」で終わりですわ。
    >

    > もち、努力とかかけた時間が評価される方が嬉しいけど。相手方の社内事情まで考慮するのは、こちらからの善意からくる行動であって。
    > そこには利益に基づいた行動は無いので、ちょっとここの株危ないかなーとなってまうわけですよ。
    >
    > まあボロクソ書いたけどまだ売りませんけどね(´・ω・`)

    なるほど、投資への解釈の違いという事ですね(^^♪
    自分は此処の会社の事業内容に投資した訳で、経営者に投資した訳ではありません。

    研究内容が順調に進んでいるならば研究部署に手を加える必要はありません。
    経営に問題がある(株価低迷/ライセンスなどect)ならば、経営力のある人材へ挿げ替える提案をする。
    つまり会社が悪いではなく、会社の実績が上がらない部署に対し問題定義し株主と
    して指摘し改善を求むという事です。

    此処の会社を応援している事は共通と思われますので、どうぞ気分を害さないでくださいm(__)m

  • > 株式会社が報告が無しでしっかりやっているなんて言ってもダメなんですよ。そんなイロハも知りませんか?

    正にそのとうりだと思います。 共同研究などで成果開示の制限があろうとも、可能な限りの内容で株主を納得させる報告をする事が優れた経営力だと思います。
    もちろん報告をする内容や、するしないの指示は経営陣が判断しているはずです。
    問題は経営陣です。

    研究者の方は結果報告義務などありません、粛々と研究成果を出している事がしっかり仕事をしていると認識しています。

  • > ものっそいしっくりきました。
    > ここの社員、自分たちの事を国お抱えの研究職か何かだと思ってるのか、、、
    >
    > そら、営利目的で投資しようとしてる株主と温度差あるわけだ。。。株式会社が何なのか知らないのか。。。

    以前も申し上げましたが、社員の方々は一生懸命研究、業務をこなしている
    と思います。
    会社からの報告では有りませんが、有能な株主の方が重要な研究結果を調べ報告
    されています。
    問題は会社経営の舵取りをする方達です。 研究者の方々の所得を上げる事は
    賛成です、実績を上げています。
    経営の実績を上げれない経営幹部は、株主からの指摘を受け対処する必要がある
    と思います。

  • 研究機関の立場として、この会社が言いたい事は良く分かります。
    ですが、此処はあくまで営利企業の株式会社です。
    補助金だけで成り立っている機関ではありません。
    他の同業者はどうでしょう、比較的ハードルの低い創薬や別途業務
    をこなし業績や運用資金を捻出しているはずです。
    皆厳しい条件は一緒!

    「こんな過酷な条件で革新的な成果をあげるの無理でしょ!、うちら
    やる事やってんだから、株主も国も協力してよ~!!」って子供が
    駄々捏ねてる様に聴こえてしまいます。
    応援しているんですけどね......、まったく

  • > 広報プログ概要
    >
    > ・アメリカだっら今の日本のバイオ株は上場できないよ

    これ逆です。
    現在米で上場しているバイオベンチャーも、今の日本の上場基準では上場不可
    と言っています。

  • > 学会とか色々と調べても株価には影響ない。
    >
    > 昔は、色々と調べたが結果的に悪質な買い煽り野郎という素晴らしいレッテルを貰いました。
    >
    > なので、会社から出るIR以外は意味ないです。

    まさにそこなんですよね、会社から株主に対する報告が全く無い! 公けに出来ない事も有るだろうと、株主自ら事業内容を調べ賛同株主に報告すれば嵌め太郎扱い....、もう少し経営陣は空気を読んでもらえないのでしょうか! オンコリスの様に社長コラムを書けとまでは言いませんが、「事業の成功を株主共々共有できたら幸いです」くらい言えんのか!! がっぺムカつく(-_-メ)

  • CEOの経歴上、個人投資家を軽視しすぎた挙句”箱もの化”しない事だけ切に願う。
    経営手腕の問われる瞬間だす!!

  • 企業が悪いとかでなく、各ポジションの能力値の話。 仮に研究開発が順調にも拘わらず企業価値が上がらない(株主誘致/株価向上/ライセンスなど)のは研究部署の問題ではなく経営陣の問題。 シンプルに言えば能力不足部署を挿げ替えを望む、かつてApple.Incのジョブズのように...。 その企業に出資している以上、株主は会社の一部。株主の納得いかない経営であれば改善の声は必然でしょう。
    ただここは日本だし、今はまだ経営陣の真価が問われている時だと思います。

  • > それが相場やで。
    > 説明会資料にもご自分で判断してくださいと書いてあるやろ。
    > 資料には増資の肥やしやでとは書いてへん。

    そもそも此処は基礎研究機関ではなく、利益追求型の会社です。もちろんビジネスモデルとして薬を上市させる事でなく途中ライセンスアウトする事。 創業から株主に報告した収益に繋がる大きな実績はITK-1のライセンスアウト関連くらい。上市を約10年スパンで考えると、この会社に投資している投資家(投機でない)から不満が出てもおかしくないのでは? 勿論研究者の方々はしっかり仕事をしてると思います、がんに特化した創薬は簡単ではないのも分かります。問題は経営に対する姿勢、長期投資家(しつこいですが投機者ではない)に対する配慮が足らないのでは?と経営陣の方々へものも~す!!

  • > アホやな。
    > 増資するために上場してんねん。
    > 個人を儲けさせるためちゃうで~。

    なるほど! てことは増資引き受け先を儲けさせる為のカモ、つまり個人投資家説明会なども”カモ集め説明会”ってわけですね、イッヒヒッ~!(^^)!

本文はここまでです このページの先頭へ