ここから本文です

投稿コメント一覧 (72コメント)

  • > よく読んでください。私の癌は早期発見で、小野のオプジのお世話にならなくてもいいと友達が言っているです。確かに、友達も末期癌に近い人では、30%の治癒率は大したものだと言っていました。だがら、小野の株価が3000台で、今後は4000に行くでしょう。

    ポーポーのエキスをお飲みください。
    発酵黒ニンニクとブロッコリーもやしも有効です。

  • > 今、今井雅人議員が籠池被告の話を信じて、
    > 安倍昭恵さんの話がおかしいと行ってたけど、
    > おかしいのはお前やろって言いたい。
    > 籠池って嘘つきで詐欺師という認識がないのが怖いし、
    > こういうのが国民を洗脳していくんだろな。


    今井議員は籠池氏を信じていません。
    自分の議論に使えるから使っているだけです。

  • > 世界悪トランプ失脚待ですな。

    ご冗談でしょ。
    オバマが大統領なら日本は北朝鮮の支配下になっています。
    それをお望みですか。

  • > トランプ一族世界の株を空売りしてんじゃない❔😅(笑)

    株価が下がると戦争期待が高まる。

  • > 2週間前、
    >
    > 夕焼け君は信用が100万株減ると言いました。
    >
    > しかし、減るどころか
    >
    > 2週間連続増えました。
    >
    > 完全に風説ですね。

    風説ではありません。
    無能なだけです。

  • > 100円割れ株価は、倒産予備軍の会社やで、
    >
    > 高田社長やる気有るんか?
    >
    > 株主を何時までもなめるなよ、
    >
    > 能力無いなら早く辞めるべきだな、
    >
    > 早い決断を待つ、

    既に決断している。
    じっくり時間を掛けて長期的な成長を目指す。

  • >  今日の下げってよくわからないけど、だって70円以上も上げた記憶ほとんどないのに。敢えて理由探すとしたら下がる要素が見当たらないという大多数のコンセンサスからの下げしか思いつかない。

    東証の地合いが悪い中、これだけ上がってきたのですからどこかで下げるのはよくあることです。
    利確したい短期株主が沢山いると思います。
    難しく考えなくともよいと思います。

  • >
    > >下げ過ぎや
    > >早く350円を目指せ^^
    >
    >
    >
    > もう無理

    この地合いの中、姫路企業の神姫バスは強いですね。
    西芝さんなら原因をご存知でしょう。
    これは公開情報ですが、神姫バスは東証二部から東証一部への指定替えを申請しています。
    これも公知の事実ですが、東証二部から一部へ指定替えがあると8割以上の銘柄が2割以上値上がりします。
    このことを知っている市場参加者が買っているので4000円から4100円の間をぶらぶらしていたのです。
    ファンダメンタルから言えば3800円相当の株ですが、指定替えになると5000円弱まであがるはずです。
    指定替えは確実ではないので安値が出れば拾うという買い手がかなりいるはずです。
    今月指定替えにならなくても年内には8割くらいの確率でなるでしょう。半年で20%の金利なら悪くない。
    夕焼け君は自分が知らないことは、インサイダー情報か根拠のない風説と決めつけて憚りません。
    人から学ぶということを知らない可哀そうな人です。

  • > キャリートレードで円が使用されているのは単に金利が安いからでしょう。
    > 他国通貨に替えて 他国債券などを買って利ザヤを稼いでいるだけだと
    > 自分は思います。

    そうです。
    そのとおりです。。
    円キャリトレードを行う個々の会社からすればその通りです。
    私が書いたのは日本ではそのようなことを多くの企業が長期にわたって行っていけるという構造が存在しうるということです。
    ブラジルが低金利政策を行って多くの企業がレアル・キャリトレードをおこなえば、たちまちブラジルの金融不安が高まり、20年間も続きません。最初にレアル・キャリトレードを行った数社だけがレアル暴落で金利差と借りた通貨の暴落の両方で得をします。長期と短期、ローカルとグローバル、ミクロとマクロでは異なった原理が支配します。これを理解し正確に区別しないと夕焼けマインドになります。

  • > >短期のトレンドを動かすためです
    > 残念ながら同意できません
    > 外資は日本で稼いだ金は本国へ送金します
    > その際 自国通貨が減損したら困るから
    > 予め 自国通貨を確保しておくのです
    > 円では儲けたが 自国通貨で損が出た!では
    > 青い目の運用者はクビです。

    先ほど書き込む前に「投稿する」ボタンを押しました。
    失礼しました。
    ご返答ありがとうございます。
    大手の外資系企業は、日本のように通貨の信用度の高い国からの送金は短期で為替レートが高い時に行っているわけではありません。
    短期の上下は1%とか2%ですが中期の上下は10%とか15%のように大きいので中期の為替変動を観て自社の送金で為替が大きく変動しないように小分けして送金します。
    連結決算していれば、海外子会社の利益剰余金も連結されます。また自社が他国通貨でもっている現金も合算されます。
    ドルに換えなければいけない理由はありません。
    日本株を短期のトレードで買うとき、ドル買い円売りを行うと東証の地合いが好くなりその分株価があがります。ドル換算では下がるように思えますが、短期のドル買いで上がってもすぐに円の底値買いが入って為替レートは元に戻ります。
    為替レートの戻りがあっても、株価変動が追い付くのは遅れるのでそのタイムラグで高めの株価で売って利益がでます。
    また、為替レートが1%変われば株価は2%から5%くらい変わります。
    したがって、短期トレードでは日本株を買うと同時にドル買いをして日本株が上がったときに株を売って、円の本国への送金は中期でみた円高の時に行います。
    こういったことや昨日お知らせしたIMM通貨先物ポジションの動態と為替レートの関係といったことを知らないで夕焼け君はアホなことをもっともらしく書いています。
    自分の知らないことが書き込まれるとすぐにコピペと呼びます。

    円が信用されていないのなら円キャリトレードなんてことが出来るわけがないではありませんか。もう20年くらい円キャリトレードが行われています。これが、外資系企業がすぐに円資金をドルに換えない証拠です。

  • > >短期のトレンドを動かすためです
    > 残念ながら同意できません
    > 外資は日本で稼いだ金は本国へ送金します
    > その際 自国通貨が減損したら困るから
    > 予め 自国通貨を確保しておくのです
    > 円では儲けたが 自国通貨で損が出た!では
    > 青い目の運用者はクビです。

  • > ありがとうございます
    > ポジション見ても
    > 肝心の解釈能力ないので 猫に小判です。
    > 外資が日本株を買う時は
    > 為替リスクを避けるため事前に
    > 大口のドル先物買い 円先物売りをすると聞きました。
    > 逆に 日本株を売る場合は 
    > そのポジションを閉じるため
    > 円高 ドル安になるそうです
    > そういうポジションもIMMで実施するのでしょうか?

    為替レートには長期のトレンド(数年)と中期のトレンド(数ヶ月から一年)と短期のトレンドと超短期ののトレンドがあります。ヘッジファンドが日本株を買うときはドル買い円売り、日本株を売るときはドル売り円買いを行うのは短期のトレンドを動かすためです。
    IMM通貨先物ポジションを観てわかるのは中期のトレンドです。
    つまり別物です。
    円とドルのように通貨のペアには、売り越し・買い越しの容量の限界があります。
    この限界を超えるような買い越し/売り越しが発生したり、限界に近いぎりぎりの買い越し/売り越しが長く続くと小さな切っ掛けで逆方向に転換します。この容量はとてつもなく大きく一つ二つのヘッジファンドど同行できる大きさではありません。
    FXを扱っている証券会社で情報提供に熱心な会社は無料でIMM通貨先物ポジションの情報を提供しています。
    観ていると非常に面白いことがわかります。

  • > よせる波も
    >
    > いつか引くで!

    西芝さん、
    山陽特殊鋼がバカ上げですね。
    新日鐵住金が買収するとの観測がでています。
    これで姫路企業が一つ消えるのはおさみしいかもしれませんが、懐にたんまり入ったお金で秋津大吟醸を堪能してください。

  • > 第一関門3251は既に決壊
    > 第二関門3128を来週死守できるかどうか
    > 暫し 見物。

    IMM通貨先物ポジションをシカゴ市場が公開しています。実需を含む全額と実需を除く投機目的のポジションと両方で、後者を観ると中期のドル/円の動きが予想できます。
    ご参考までに。

  • > 神のみぞ知る。
    > 資産株になるので安心して下さい。
    > 神より(笑)

    貴方が買い上がれば空天井です。

  • > 遠赤外線は軟体動物だったら考えられますが、人間には骨や筋肉が複雑に絡み合ってるので難しそうです。血液に薬を入れてガン細胞に運んで貰うのが一番効率がいいと思う。

    小林久隆氏が米国国立がん研究所で研究しているのは「近」赤外線を使った治療法です。
    詳細は、私の書き込みにURLを添付した「無限大」誌の記事をご覧ください。

    私の書き込みでは、それに加え「遠」赤外線の中でも最も波長が長いテレヘルツ波を使った治療法も付け加えて書かせていただきました。こちらは全く別のメカニズムに基づくものです。健康な人間はテラヘルツ波の電磁波を放射しているので、その波長の電磁波を外から照射することにより、照射された人間の自然治癒力を高めようとするものです。

  • > 今日のTVで赤外線によるガン治療の治験が日本でも始まるって放送されていたけど、どうなんでしょう。ほんとに効き目があるのでしょうか。

    京都大学医学部を卒業して現在米国の国立がん研究所の研究員をしている小林久隆氏が開発した近赤外線を利用した治療法のことですね。
    効き目があるか私には判断が付きかねますが、以下の記事をご覧ください。
    https://www.mugendai-web.jp/archives/6080
    装置自体が300万円なので、かなり安い治療になると思います。
    「無限大」もともと日本アイ・ビー・エム株式会社の広報誌で、直接はコンピュータともIBMとも関係のない分野を含めていろいろな分野の技術に関する記事を掲載しています。
    昔IBMがむちゃくちゃに儲けていた時、社会貢献を兼ねて無料で配布されていたものです。
    今は電子版で読めます。
    一私企業がやっているものですが、学閥や系列と関係のない会社なのでかえって中立性が高い内容になっています。
    これを読むとかなり有望な技術のようです。

    これとは逆に波長が長い遠赤外線の中でも最も波長が長くマイクロ波と境目にあるテラヘルツ波のなかに人体に非常に良いものがあります。
    私は枕の中にテラヘルツ波を発するものを入れています。私が夕焼け君とは違ってボケずにいられるのもそのおかげかもしれません。
    ちなみに発明家のドクター中松が二年以上前に癌で後三か月の命と医者に言われてから、テラヘルツ波を発する装置を内蔵した椅子の上で生活をしていたら元気になったそうです。一昨年海外のホテルでテレビを観ていたらCNNでドクター中松の椅子を話題にしていて10分くらいやっていました。中松氏はずいぶん元気のようにお見受けしました。20年くらい前にパーティー会場で遇ったときとたいして変わらないようでした。

  • SINOさん、
    2月28日にポーポーの葉っぱに抗癌物質が含まれていると書きましたが、多く含まれているのは小枝 (twig) と果実で、葉には数十分の一しか含まれていません。
    訂正させていただきます。詳しくは発見者のマクローリン博士の講演を見てください。
    https://www.bing.com/videos/search?q=Richard+Lund&view=detail&mid=73F948A6AF545EF4E74B73F948A6AF545EF4E74B&FORM=VIRE

    小枝から有効成分を抽出するのは難しいので、以下のサイトでサプリを買う方が楽です。
    http://www.healthysunshineworldwide.com/

    ご参考までに。

  • >>No. 520

    sydneymex2001 さんが、2月28日に小野薬品の掲示板にポーポーの癌治療への使い方を質問されました。
    葉に水を加えてミキサーでジュースにして飲むとよいと書きました。
    開発者のマクローリン博士の講演の動画を見たところ。
    抗がん成分が一番強いのは小枝、次が果実で葉は数十分の一、さらに季節によって強さが大きく変わり、6月に次運だものが最強とのことでした。
    https://www.bing.com/videos/search?q=Richard+Lund&view=detail&mid=73F948A6AF545EF4E74B73F948A6AF545EF4E74B&FORM=VIRE

    したがって、苗木を植えても2年間は使えません。
    下記のURLでポーポーエキスのサプリを買う方が簡単です。
    http://www.healthysunshineworldwide.com/
    オプチーボの数百分の一の価格です。

  • > そうなのですね。
    > ポーポーのエキスのサプリは予防として飲んでもよいのですね。
    > ご案内いただいたサイトだと55ドルですね。本当に買ってみようかと思います!
    > あまちゃずる茶も美味しそうですね!
    > 以前、ニキビの記事を書いていたことがあって、マヌカハニーも抗がん作用があることがわかりました。
    > マヌカハニーはどう思われますか?マヌカハニーは一番グレードが良いものだと1万円以上するのですが、
    > ポーポーのエキスとあまちゃずる茶と比べてどう思われますか?
    > ちなみに下記、私が書いた記事です。
    > http://nikipedia.jp/honey-acne-6431

    私は以前最高グレードのマヌカハニーをかなりの期間飲んでいましたが体調等の変化は感じませんでした。
    ただし人によると思います。
    あまちゃずるの抗がん作用は常飲している人のがん発生率が低いということです。
    ただし、仏壇に甘茶を供える習慣のある日本人ではなく、米国人で甘茶を飲むのはなかり健康に気を付けている人だけです。米国の健康雑誌の記事の記述はその点を割り引く必要があります。
    先日書き込みに貼付したマクローリン博士の講演にもあるとおり、ポーポーエキスは、既に癌にかかっている人にも効果があります。
    https://www.bing.com/videos/search?q=Richard+Lund&view=detail&mid=73F948A6AF545EF4E74B73F948A6AF545EF4E74B&FORM=VIRE

    効果のレベルが異なります。
    ポーポーエキスは常飲すると胃を痛めるので、予防目的の場合は飲む頻度を非常に少なくすると好いと思います。
    知人のために購入したものに余りが有ったので、一日一錠一ヶ月間飲みましたが、私は胃に異常がありませんでした。ただし、私は、一ポンドのステーキと野菜サラダたっぷりを平気で平らげる人間なので参考にはならないと思います。
    常食するなら、発酵黒ニンニクやブロッコリーもやしのように食事の一部として楽しめる物の方が好いと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ