ここから本文です

投稿コメント一覧 (2124コメント)

  • 楽天ミニデビューまつだけ~♪(´∀`)人(´`*)

  • 孔微細構造認証スマホデビュー待つだけ~♪(´∀`)人(´`*).

  • バイバイパスワード~♪
    歴史の判断を待つ~♪\(#´▽`)人(´▽`#)
    ps久.保氏との力の差は歴然だと思いますよ(^^:).

  • 楽天ミニの発表はいつなのでしょう?・(今auで8使用.
    .使用).

    楽天ミニデビューまつだけ~♪(´∀`)人(´`*)

  • 2019/09/13 12:58

    ようこそ此処に9.9.9.く.く.く.(´∀`)人(´`*)

  • 2019/09/13 09:37

    パルちゃんの勝利(^^:)/.

  • 1000円タッチ(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 楽天モバイル光免疫待つだけ~♪.・・・(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 自分の死後、生体認証でロックされたiPhoneを誰かが開けることはできるのでしょうか。実は、すでに死体でもスマートフォンをロック解除する技術は確立しているそうです。ただし、今のところは犯罪者が主な対象です。

    生きている指でなくても大丈夫

    指紋認証を行うTouch IDは、生きている人間の指でなくてはなりません。

    Touch IDは、指紋の凸部とセンサーが触れ合う部分に集まった電荷を読み取り、認証を行います。これは、生きている人間の指が汗でわずかに濡れているため、電気を通す電解質を含んでいるために可能となります。したがって、切断された指ではTouch IDに代表される指紋認証センサーを突破することができないとされてきました。

  • 生体認証?・・・(@×@)ㇹㇸ?

  • 携帯ビジネス、配送ビジネス等>

    楽天の 携帯ビジネス では 、獲得した 周波数帯域を用いて低価格 、高品質のネットワーク 構築 を目指し
    ている。インド 等 で実績のある エンジニア に 参加してもらい 、 ネットワークの完全仮想化 を行 ってい
    る 。 仮想化は 、 ハードウェアとソフトウェアとを 完全に分離し、 無線ユニットを 含めたネットワーク
    全体を クラウドで 制御する 世界 初の試みである 。 これにより 、 基地局アンテナの追加と ソフトウェア
    の更新のみで 4 G から 5 G へ の スムーズな 移行が可能であ り 、 また、 障害対応力の向上 も 期待でき
    る。

    楽天の ドローン を 活用した配送システムについて、 現在、日本 で の テストフライトを 行っている。 技
    術的にはオートデリバリーを 達成できる状態にあるが、 日本では 規制により目視によるドローンの 追
    従 が 必要であることから 、 オペレーションコスト は 減 っておらず 課題である。 先日 打ち上げた衛星
    「みちびき」により、精度 10 cm 以下での 飛行が期待できる。 7 kg の荷物を 往復 10 km の 距離 、 搬
    送することが 当面の 目標である。

  • No.741

    様子見

    第 10 回 Pitch t…

    2019/09/13 05:47


    10 回 Pitch to the Minister 懇談会 HIRAI Pitch 議事概要
    1.開催日時・出席者等

    日時: 平成 30 年 12 月 3 日( 月 16 00 17 00

    場所: 中央合同庁舎 8 号館 10 階 平井国務大臣室
    ○Pitch
    テーマ: バイオベンチャーによる光免疫療法 等

    招へい者: 三木谷 浩史 楽天株式会社 代表取締役会長兼社長

    出席者:平井国務大臣、 河内内閣府次官、幸田内閣府審議官、三輪 CIO 、住田知財戦略本部
    事務
    局長、髙田宇宙開発 戦略推進事務局長、黒田審議官(科技)、大坪次長(健康・
    医療
    )、小川次長(健康・医療)、寺井秘書官、西山秘書官、柴山秘書官
    2.
    三木谷 代表取締役 会長兼 社長からの説明
    <光免疫療法>

    米国立衛生研究所( NIH の 小林 久隆 主任研究員が開発した 光免疫 療法 の ライセンスを 、 バイオ ベン
    チャーであった アスピリアン社 が獲得し 、その後 、 私 が アスピリアン社 に 事業費の 大半 を 出資して 楽
    天 アスピリアン 社を設立した 。 シーズ の 独占的ライセンスを中小企業に優先的に付与する 米国商務省
    が所管する法律 を フルに利用し、大手製薬会社と の 獲得競争を 避け 、 ライセンスを 獲得できた。 多く
    の バイオベンチャー が 開発 の 一部 のみ を 行う 中 、 楽天 アスピリアン 社は 、 薬事承認 を 経た 商業化まで
    を目指した企業で あり 、 個人投資家 私 の 支援により 、 投資要素に 左右されない患者中心の意思決
    定ができる点 が 、会社の特徴として 挙げられる 。

    光免疫療法は 、 「 がん細胞に発現する EGF R 受容体 と 呼ばれる タンパク質 と 特異的に結合する抗体 」
    と 、「 近赤外線に反応して細胞 破壊 能を発揮する 化合物 」 と を結合させた薬剤 を 用いる ものであ る。
    本 薬剤 を 患者さんに投与 した 後、 腫瘍部位に 近赤外線を照射することで 、 正常細胞には 影響を与え
    ず、 がん細胞を 特異的に 死滅させる ことが 期待できる 。 また、光照射 により 死滅したがんの 細胞成分
    に 対する 免疫が活性化 されることにより 、 残存した がん細胞 も 死滅させる ことが 期


  • 孔微細構造認証スマホデビュー待つだけ~♪(´∀`)人(´`*).

  • 2019/09/12 04:27

    日経新聞より~♪新iPhone価格下げ、日本市場では効果未知数

    高額化路線から一転してiPhone新機種の価格を引き下げてきた米アップル。日本国内では法改正によって10月から携帯大手が通信契約とセットで端末を販売する場合、端末の値引き額が最大2万円に制限される。新ルールはアップルの牙城とされた日本市場を大きく揺さぶっている。





    画像の拡大


    新型iPhoneの3機種で最も安い「11」の日本での直販価格は7万4800円(税別、米国は699ドル)から。昨年発売の「XR」の発売時の価格と比べると米国では50ドル安くなったが、日本では1万円の下げとなる。17年発売の旧機種「8」も、1万5千円下げて5万2800円(税別、米国は150ドル下げの449ドル)で継続販売する。

    日本ではアップルによる直販のほかNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社が20日午前に発売する。

    年々iPhoneの高額化を進めてきたアップルにとっては方針転換。ただ、アップルの牙城とされる日本市場では値下げの効果は未知数だ。足元で逆風が吹いている。

  • 日経新聞より~♪総務省有識者会議 ソフトバンク批判相次ぐ 端末代半額で

     総務省が11日開いた携帯電話料金に関する有識者会議で、ソフトバンクが13日に始める端末代を最大半額免除する販売手法に対して批判が相次いだ。総務省は指摘を受け、他の携帯大手の契約者に端末を売る場合は「SIMロック」の解除を求めるなど指針の改正を検討する。ソフトバンクは対応を迫られそうだ。

    ソフトバンクの新プランは48回の分割払いで端末を買う。2年後に端末を返却して新機種に買い替えると、最大24回分の端末代金の支払いが免除され、実質半額となる仕組み。ほかの携帯大手の契約者でも利用可能とすることで、10月施行の通信と端末の分離ルールに抵触しないようにした。

    ただ、実際は購入から100日間はソフトバンクの契約でしか使えないSIMロックがかかる。有識者からは「法改正の趣旨に反している」(野村総合研究所の北俊一パートナー)との声が相次いだ。総務省の担当者は「課題が浮き彫りになった。時間をかけずに議論する」とし、SIMロック解除に関する指針を見直す考えを示した。

  • パルちゃんプラテンしましたよ---~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 2019/09/11 09:46


    kilyouhaパルちゃん見かけませんね?・・・(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 季報(14日)と決済サービス指令(PSD2)(14日)待つだけ~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • アイフォに興味はないですが楽天ミニには興味がありますね?・・(^^:)v.

    新型iPhone、699ドルから 動画も月4.99ドルの低価格
    5G対応では出遅れも
    ロイター

    【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルは10日、新型「iPhone」3機種を発表した。主力機種「11」の価格は699ドル(日本での販売価格は7万4800円)からと、昨年発表の「XR」より50ドル引き下げた。新モデルを出すたびに価格帯を引き上げてきたアップルにとって異例の方向転換となる。動画やゲームの定額サービスも競合を大幅に下回る低価格で投入し、ハード・ソフトともに競争力重視の戦略を鮮明に打ち出した。

  • 季報と決済サービス指令(PSD2)待つだけ~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

本文はここまでです このページの先頭へ