ここから本文です

投稿コメント一覧 (1860コメント)

  • 汗孔微細構造認証スマホデビュー待つだけ~♪(´∀`)人(´`*).

  • 楽天モバイル光免疫.待つだけ~♪(●´∀`)

  • 騰がってきましたね~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 騰がってきましたね~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 3桁は長い事見ませんね?・・(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 日経新聞より~楽天、東南アの格安ホテル会社に出資 AIで需要予測

     
     
    その他



    楽天は東南アジアの格安ホテル運営会社、レッドドアーズ(シンガポール)に出資する。他の投資家と合わせて7千万ドル(約75億円)を投じる。レッドドアーズは人工知能(AI)を使って宿泊需要を予測し、料金を変動させて稼働率を高める技術を持つ。楽天は投資リターンを見込むと同時に、最先端の需要予測技術などをグループに蓄積する狙いがありそうだ。



    レッドドアーズは東南アジアの80都市で格安ホテルを展開

    画像の拡大

    レッドドアーズは東南アジアの80都市で格安ホテルを展開

    楽天傘下のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)である楽天キャピタルが、19日付で投資ファンドのアジア・パートナーズ(シンガポール)などと共同で出資する。各社の出資比率は明らかにしていない。

    レッドドアーズは2015年創業のスタートアップ企業。インドネシアなど東南アジアの80都市で約1400の物件を管理している。アプリを通じて予約し、日本円で数百円程度から泊まれる格安ホテルを提供している。加盟するホテルの選定にもビッグデータを活用している。需要の大きい場所に営業部隊を派遣するなど効率の良い加盟ホテル開拓を進めている。

  • 7年前のスマ-フさんの出師の表の実行時期になりましたね~♪(製造販売からの脱却.~♪(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • ぬか喜びでしたね?・・(●´∀`)ハ(´∀`●)

  • 汗孔微細構造認証スマホデビュー待つだけ~♪(´∀`)人(´`*).

  • 2019/08/19 04:26

    >>No. 153

    同感~♪┏(-_-;)┓ガックリ

  • 2019/08/18 06:49

    >>No. 123

    これですね~♪(^^:)/.楽天モバイルネットワーク、PLMN番号440-11を取得

    (楽天)の全額出資子会社であるRakuten Mobile Network (楽天モバイルネットワーク)は総務大臣よりSIMカードの発行に必要な電気通信番号(International Mobile Subscription Identity:以下、IMSI)の指定を受けたことが分かった。

    総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の番号企画室によると、Rakuten Mobile Networkは2018年11月の最終週にIMSIの指定を受けたという。

    IMSIは3桁の国識別コード(Mobile Country Code:以下、MCC)、2桁または3桁の事業者識別コード(Mobile Network Code:以下、MNC)、最大10桁の加入者識別コード(Mobile Subscriber Identification Number:MSIN)で構成されており、日本では総務大臣が指定する。

    なお、日本のMCCは440または441である。

    したがって、Rakuten Mobile Networkが指定を受けたIMSIはMCCが440、MNCが11となり、MCCとMNCで構成される公衆陸上移動体ネットワーク番号(Public Land Mobile Network Number:PLMN番号)は440-11となる。

    Rakuten Mobile Networkは総務省より日本全国を対象とする1.7GHz帯の20MHz幅*2の割当を受けており、移動体通信事業者(MNO)として新規参入することが決まっている。

    IMSIは移動体通信事業者としての事業で利用する。

    2019年10月に移動体通信事業者としてサービスを開始する予定である。

  • 2019/08/18 04:48

    >>No. 119

    KDDIが440-53を運用開始



    KDDIは基地局から新たな衆陸上移動体ネットワーク番号(Public Land Mobile Network Number:以下、PLMN番号)の報知を開始したことが分かった。

    PLMN番号は3桁の国識別コード(Mobile Country Code:MCC)と2桁または3桁の事業者識別コード(Mobile Network Code:MNC)で構成されており、日本の国識別コードは440または441となる。

    KDDIは440-50、440-51、440-52のように基地局から複数のPLMNを報知しているが、新たに440-53の報知も開始した。

    440-53はKDDIが割当を受けたPLMN番号で、滋賀県内の複数の場所で440-53を検出できた。

    KDDIはLTE (FDD)方式の2.1GHz帯(Band 1)、1.5GHz帯(Band 11)、800MHz帯(Band 18およびBand 26)、700MHz帯(Band 28)、LTE (TDD)方式の3.5GHz帯(Band 42)を運用し、KDDIの連結子会社であるUQ CommunicationsはLTE (TDD)方式と互換性を確保したWiMAX R2.1 AE方式の2.5GHz帯(Band 41)を運用するが、複数のスマートフォンでネットワークの検索を実施したところ、800MHz帯のみ440-53が報知されている模様である。

    440-53の用途は不明であるが、Rakuten Mobile (楽天モバイル)のローミングで使う可能性も排除できないと推測している。

    Rakuten Mobileは2019年10月に移動体通信事業者(MNO)として商用化する予定で、それに先立ちKDDIと同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)とローミング協定を締結した。

    ローミング協定に基づいてKDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはRakuten MobileにLTEネットワークを提供するため、Rakuten Mobileは移動体通信事業者として商用化した直後より日本全国でLTEサービスを提供できる。

    Rakuten Mobileは首都圏、大阪府大阪市、愛知県名古屋市から優先的に基地局の

  • No.120

    様子見

    http://blogofmo…

    2019/08/18 04:41

    >>No. 119

    http://blogofmobile.com/article/117771

    途は不明であるが、Rakuten Mobile (楽天モバイル)のローミングで使う可能性も排除できないと推測している。

    Rakuten Mobileは2019年10月に移動体通信事業者(MNO)として商用化する予定で、それに先立ちKDDIと同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)とローミング協定を締結した。

    ローミング協定に基づいてKDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはRakuten MobileにLTEネットワークを提供するため、Rakuten Mobileは移動体通信事業者として商用化した直後より日本全国でLTEサービスを提供できる。

    Rakuten Mobileは首都圏、大阪府大阪市、愛知県名古屋市から優先的に基地局の設置を進めており、ローミングの予定エリアは東京都特別区(東京23区)、大阪府大阪市、愛知県名古屋市以外の日本全国となる。

    滋賀県内では2019年6月上旬頃より様々な場所で440-53を検出しているが、大阪市内では2019年7月に入っても440-53を検出できていない。

    カバレッジを確保するための800MHz帯のみで、さらにローミングの予定エリアのみで440-53を報知している可能性もあると考え、これらを理由に440-53をRakuten Mobileのローミングで使う可能性があると推測している。

  • >>No. 529

    想像ですがDDSは資金も設備も持ち合わせていないので・・

    当然ライセンス売り上げになると思いますよ?・・

    現金は入金されていなくても会計基準では出来ると思いますよ?(特許委託権利金).

    汗孔微細構造認証スマホデビュー待つだけ~♪(´∀`)人(´`*).

  • 日経新聞より~♪.個人情報保護 アジアで進む法整備 EUに追随
    アジア各国で個人情報保護を強化する法整備が相次いでいる。影響しているのは先行する欧州連合(EU)と中国の動きだ。アジアに拠点や顧客を持つ日本企業は、各国のルールの特性を把握したうえで対応する必要に迫られている。
    「就航地の間で乗客の個人情報を移転しないと運航が成り立たない。各国の法令に沿って適切にデータを管理しなければならなくなった」

    全日本空輸(ANA)は、アジア各国で相次ぎ強化される個人情報保護法制の情報収集を急いでいる。

    グループで対応するためのモデルはある。EUが2018年に施行した一般データ保護規則(GDPR)だ。当時はプライバシーポリシーを改定し、世界の空港で周知。情報漏洩を防げる態勢かどうかもチェックした。

    現在は、中国のサイバーセキュリティー法、20年1月に施行が予定される米カリフォルニア州の消費者プライバシー法(CCPA)への対応を進めている。メドが立てばアジア各国の法制への対応を個別に検討するという。

    アジアの主要国で個人情報保護法制が強化されるのは「GDPRの影響が大きい」。東南アジア諸国連合(ASEAN)の規制に詳しい小出将夫弁護士は指摘する。

    タイは今年5月、個人情報保護法を施行した。18年5月に異なる内容で一度内閣の承認を得たものの、今回、GDPRの規制をほぼなぞる形に改めた。





    画像の拡大


    シンガポールも今年5月に公表したガイドラインで、企業が情報漏洩を把握した場合、一定の条件で個人情報保護委員会への通知が必要と定めるなどGDPRと同様の規制を運用面で取り入れた。インドでも法案が審議中だ。

    新興国のデータ法制では、注意しなければならない点もある。サーバーやデータの国内への設置、保存を求める「データローカライゼーション」の規定だ。

  • >>No. 3


    楽天は自社ポイントを還元(楽天のサイトのイメージ)


    消費者はアマゾンの通販サイトで、登録済みの中小や個人事業者の商品をクレジットカードなどで購入した場合、即座に5%が戻ってくる。例えば、アマゾンのサイトで利用できる金券「アマゾンギフト券」で支払った場合、決済と同時に5%分が入金(チャージ)され、実質の割引となる。

    楽天とヤフーは消費者の囲い込みを狙い、自社サービスのポイントを還元する。「楽天市場」はどの商品に還元するかを分かりやすく表記する。楽天グループのクレジットカードでの決済に対し、5%分の楽天ポイントの付与を検討する。

    「ヤフーショッピング」は、スマートフォン決済の「PayPay(ペイペイ)」の残高として利用できるポイントを付与する。さらに、米イーベイ傘下で国内4位のECサイト「Qoo10」もポイント還元制度への参加を目指している。

    もともと、実店舗のキャッシュレス決済の普及を目指す制度だが、結果的にEC市場の拡大を後押ししそうだ。クレジットカード決済が主体で、販路を広げたい中小企業が出店するケースが多いためだ。大和総研の神田慶司シニアエコノミストは「実店舗よりネットでの購入が得と考える人は増える」と指摘する。

    アマゾンの日本のサイトでは、中小企業の商品の販売額が年間9千億円に達する。アマゾンを通じたポイント還元は最大300億円超分に膨らむ可能性がある。

    楽天とヤフーは中小企業の商品の販売額を明らかにしていないが、外部事業者の出品の比率が高いことから、還元額はアマゾン以上になる公算が大きい。

    国のポイント還元制度の予算は、実店舗の決済端末の導入費用などを含め9カ月間で4千億円規模とされる。その約4分の1がEC大手3社に流れる可能性が出てきた。

    EC各社が商機とみる半面、実店舗への周知は進んでいない。数百万店舗の参加を目指す経産省は7月中の申請を呼びかけていたが、今月1日時点での申請数は約28万店舗、登録は約5千店にとどまっている。

  • 日経新聞より~♪消費増税後のポイント還元、アマゾンや楽天も 広がる対象、消費者に恩恵策の一環として、キャッシュレス決済した消費者にポイントを還元する制度がアマゾンジャパン(東京・目黒)や楽天にも適用される。サイトに出品する中小企業の商品が対象となり、5%分を還元する。実店舗にとどまらず、幅広いネット通販に還元の対象が広がることで、消費者が恩恵を受ける場面が増えそうだ。

  • 日経新聞より~レノボ4~6月期決算、純利益2倍に

     
    その他



    【広州=比奈田悠佑】パソコン世界最大手のレノボ・グループが15日発表した2019年4~6月期決算は純利益が前年同期比約2倍の1億6200万ドル(約170億円)だった。機器の保守などサービス事業の強化が奏功したほか、スマートフォン事業の構造改革の成果も大きかった。



    レノボはサービス事業などが好調だ=ロイター

    画像の拡大

    レノボはサービス事業などが好調だ=ロイター

    パソコンやサーバーといった機器を売り切るのではなく、保守やデータ処理などのサービスを合わせて提供するサブスクリプション型の事業が利益を押し上げた。社内にIT関連の人材が乏しい企業などの需要を獲得しているようだ。

    レノボの業績は14年、米グーグルから買収した「モトローラ」が中心のスマホ事業が長く足を引っ張っていた。販売地域の絞り込みなど構造改革が進み、利益体質が戻りつつある。

    売上高は5%増の125億1200万ドル(約1兆3千億円)。20年にサポートサービスを終了する予定の米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の更新需要も追い風に、アジア太平洋や北米などの地域で販売攻勢をかけた。

  • >>No. 331

    II. ライセンス(license)契約

    ライセンス契約は、知的財産権にかかわる特許技術、実用新案、意匠、著作、商標などの企業の開発した技術、設計などのノウハウに対し、ライセンス料を支払い、ライセンス受諾者のリスクで当該製品を製造(生産)する方式です。また、海外の有名ブランドやキャラクター商品の衣料、雑貨などの分野では、商標権許諾者(ライセンサー:licenser/licensor)は商標権受諾者(ライセンシー:licensee)とブランド・ライセンス契約を締結し、商標を付した製品の製造および販売を一定の販売領域に限り許可します。

    この場合ライセンシーは、ライセンス契約に基づきライセンサーの製品を製造、販売しますが、ライセンサー側から見れば、ライセンシーが販売することを前提に海外メーカーであるライセンシーに商品を製造する権利を与えるともいうことができます。ライセンサーはデザインやノウハウをライセンシーに提供し、それに基づきライセンシーはブランドイメージに沿った商品を製造、販売します。ライセンサーは常にその商品のイメージ管理、品質管理を怠らないようにしなければなりません。ライセンシーは供与された商標やキャラクターを製品に付けることにより、商品を差別化して付加価値を高める手法を取ります。通常は、排他的独占契約を結んだ企業だけがその商標を使用できるので、価格競争を避けることができます。ライセンサーはライセンシーよりライセンス契約に基づき、通常は基本ライセンス料(イニシャルペイメント)と売り上げに応じた一定率のライセンス使用料(ランニングロイヤルティ)を受け取ります。

  • >>No. 329

    OEM契約とライセンス契約の違い:日本

    社ブランド商品を海外のメーカーに生産委託しようと考えています。この場合、OEM契約とライセンス契約の2つがあると聞きました。その違いについて教えてください。


    回答


    OEM(Original Equipment Manufacturing/Manufacturer)契約とは、納入先商標による製品の受託製造(者)をいいます。すなわちメーカーが納入先である依頼主の注文により、依頼主のブランドの製品を製造すること、またはある企業がメーカーに対して自社ブランド製品の製造を委託することです。開発・製造元と販売元が異なり、製品自体は販売元のブランドとなります。なお、OEM供給には完成品供給と部品供給の2種類があります。
    ライセンス契約とは、知的財産の使用、利用を許諾することであり、ある企業のブランド商品が商標や特許などの知的財産権を有する商品の場合、ライセンス契約を締結してそれらの権利の使用許諾を受けることにより、海外メーカーはそのブランド商品の製造や販売が可能になります。
    OEM契約

    OEM生産の場合は、製品の仕様は依頼主が決め、完成した製品の管理権や所有権は依頼主に帰属することになります。依頼主はOEM生産受託メーカーと製造委託契約(OEM契約)を締結し、仕様書、図面、原料、資材の供給および製造上の機密保持などに関して取り決めます。

    ある分野で特定のメーカーが優れた技術を製品に応用して製造、販売している場合、後発メーカーは自社で新たに技術開発投資をせず、そのメーカーとOEM契約を結んだ上で、製品供給を受けることにより、自社ブランドで直ちに市場に参入できる利点があります。また、販売力の優れた会社がメーカーにOEM発注した製品を、販売会社のブランドの強さを生かして販売していく場合もあります。発注を受けたメーカーは、同じ商品でデザインを少し変え、他社ブランドで売る分と自社で売る分を作ることで、量産効果によりコストダウンを図ることができ、同時に売上高の増大を見込めます。ただし、受注メーカーはOEM受注だけでは当該市場にいつまでも自社ブランドを浸透させることができず、また製造量が常に納入先の都合によるというデメリットがあります。

    II. ライセンス(license)契約

    ライセンス契約は、知的財産権にかかわる特許

本文はここまでです このページの先頭へ