IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (232コメント)

  • >>No. 202

    あんたみっともないよ! 株は自己責任が基本だよ!
    自分の判断で買った株が値下がりして 会社の経営方針や経営計画に
    批判ならともかく 個人の誹謗中傷はやめなさい。

  • 信用買い残136万株、売り残2万 貸借倍率 約62倍 出来高50万株
    業績で買われた分は当に織り込み済み。これでは上がるはずない。
    デジタル社会を見据えた将来につながるIRの発表が待たれる。

  • 材料出尽くしで下げてるのなら 従来いの600-1000ぐらいのボックス入りか?

  • 二番煎じを期待してもたかが知れていますよ。
    MCJは現状 一過性のコロナ特需による業績UPで買われた
    ということでしょう。
    デジタル製品から どこでもあるアナログ事業に力をいれるのか?
    今後のデジタル社会への取り組みが描けない 負け組になるのか?

  • どこでもやってるようなロボットをいくら売っても株価の反応など無い。
    とてもまともな利益など上げられとは思えない。
    やはりサイバーダインらしさを発揮し注目を浴びるには”医療用HAL”の
    復活である。
    サンバイオの脳再生細胞薬SB623とのコラボが実現し 画期的なリハビリ効果が
    期待できるとなれば 患者さんの夢であり 正に市場にとってもホームラン級の
    話題となるだろう! 実現の可能性は兎も角あくまでも夢である(笑)

  • 一度は1500,2000の夢を見せて欲しいものである。
    ビジョンが示せない今の経営方針ではとてもとても....
    コロナ特需が終了する前に見たいものである。
    もっとも間違ってそんな価格に跳ね上がれば すぐ 売って撤退します。

  • 将来的に発展する意欲が無い企業と視られているのかも?
    一部上場の要件も満たしているのに未だ果たさない。
    「誰もやらないからこそ私たちがやる。」高島代表のメッセージにあるが
    まさか ネットカフェ・マッサージ店・接骨院のことじゃないだろうに?

  • 2~3年前 株価がまだ1500前後だったころ 米国のヘッジファンドがC・Dの
    株価は400前後が妥当と発表し 当時掲示板でも否定的投稿が多かったのですが
    現状を見れば大当たりでした。
    医療用介護ロボットHALで名を売ったC・D 初心に帰り付加価値の高い医療用に特化すべきだと思う。
    バイオベンチャーのサンバイオが10年以上研究開発に取り組んでいるSB623
    「中枢神経系疾患に対する治療薬として開発している再生細胞薬SB623の慢性期外傷性脳損傷プログラムを、再生医療等製品として21年1月期中に 厚労省へ製造販売の承認申請を目指す」という材料があります。
    脳損傷の治療薬ができれば HALにマッチングすることにより 格段とリハビリの
    効果が発揮できる可能性があるのではと期待したいところです。
    業務提携などに持ち込めれば大材料となるのでは?
    あれこれ手を出しても他社との競争力が問題でしょう。
    だいぶ損切しましたが まだ多少期待して少し持っています。

  • 今の会社の展望では 2Qの好決算目当てに待つ以外株価上昇の道はないと思う。
    単に好決算などすぐに株価に織り込まれてしまう。如何に好業績を活かし将来的に何をどの様に目指しているかが明確に描けないことが問題だろう。
    株価は思惑的な要素がなければ 特需の終わりが見え 業績の停滞が予測されれば あっという間に500~600台に戻るかも知れない。

  • 現状では分相当な配当で 背伸びした配当などする必要はないと思う。
    会社が成長する必要な投資に回して欲しいものである。

  • >>No. 350

    そりゃあ 即戦力になる人材であればのこと。先行投資であればやはり”教育”
    して戦力となる人材に育てる事でしょう。うまく育てばいいが?

  • 昨日 1000株終値付近で売り 1000株持ち越したがやはり従来のパターン通りになってしまった。 PCの特需はそんなに長く続かないと思う。これだけ財政出動して国の財政赤字は大幅に膨らみ景気も一段と悪化している。そのうち中古市場に大量のPCが並ぶだろう。MCJの経営陣に将来の展望が描けない状態では 1500以上は夢かなぁ...

  • コロナ禍で大幅赤字や減益に陥る他企業のなかで 1Qは予想通り大幅増益となった。しかしながら特需に支えられているPC事業だけでは 将来の展望が見出せない。 M&Aや業務提携などについては ちょこっと触れてるだけで具体性がありま
    せん。特需などいつまでも続く事はありません。
    PC事業に特化するなら 例えばベンチャーのアプリメーカーとのコラボやPCメーカーが撤退したテレビ機能付き安価なPCなど PCメーカー専業としての強みを活かす製品を考えて欲しいものである。
    業績が株価に反映されない状態が長期間継続されている事に経営陣は何も感じないのだろうか?
    わけわからない子会社の”アプレシオ”については
    「総合エンターテインメント事業は引き続き厳しい事業環境が継続する事を想定」
    既存にいくらでもある ネットカフェ・ビジネスホテル・タイ式マッサージ・接骨院等になにを期待しているのだろうか?
    そもそもPC事業と何の関係もないと思われる事業に 資金を投下していること自体不思議である。

  • ここまで日立の名が出てこないということはPSSに日立ハイテクからの役員はいないのだろう。
    3年前の業務提携が現状殆ど生かされていない。
    製造・販売・保守の総合力でも当然ながらPSSを圧倒する。今は非常事態日立に対し協力要請を行なっているのだろうか?

  • PCR検査は 今後の国の存立を掛けた事業とも言え経産省の補助金20億円もそれを表しています。今こそ3年前に締結した大株主”日立ハイテク”との業務提携推進を図って欲しいものである。
    日立の協力を得ることにより 事業の円滑化及び株価の安定にも繋がるのでは?

  • MCJは好業績や高配当及び資産内容から 普通1200~1300台の株価にあって当然と思っている。コロナ特需もありなぜこんなに人気が無いのか不思議に思うが やはり将来に展望を見出す成長戦略を打ち出せないところが問題だと思う。
    儲かっている時こそ 先端技術を有するベンチャー企業との業務提携やM&Aを積極的に仕掛けるべきではないか?
    特需が一段落すれば 元の単なるPCメーカーに戻るのなら 今の株価推移にも納得だが…

  • 同感です! 夏は一年で一番賑わう季節。安全・安心が担保されれば
    GoToキャンペーンに1兆7千億もの無駄な税金をつぎ込むことないのに!
    それこそGoTo PCR検査を大々的にやるべきだろう。それにより国民に
    危機意識も高まり 若者の安易な行動も抑止できるのでは?

  • PSSも日立ハイテクもなぜ動かんのでしょうね。
    田島社長の検査センターへの300施設へ納入を目指したいとの願望。
    国内納入実績の少ないベンチャー企業のPSSが どんなに良い検査システムを売り込もうとしても旧態依然の日本のお役所が簡単に受け付けるわけもない。
    時間を稼ぎ 同様システムが可能な他社の参入を待っているのかも?
    販売すればそのメンテナンスも必要である。 コロナ禍は世界の脅威である。
    お互い大所高所から妥協し 第二波が 本格的来前に業務提携の実を上げて欲しいものである!!

  • おーい日立の出番だぞ!
    PSSが国や自治体が関与する大型物件の受注を単独では到底無理だ。
    この掲示板でも 不思議と思うのだが日立ハイテクとの資本業務提携が3年前に締結され 社長に次ぐ2番目の大株主となっており この重要性に誰も触れず書き込みがない。日立ハイテクは当然ヘルスケア分野でも力を入れていたので 第三者割当増資に応じたものと思う。1株当たり371円で231万株である。持ち株8%に減らしたがコロナ禍により人気化したPSS株価は 今日は大幅安でも1300円を上回っている。今年のコロナ禍で日立ハイテクの「先見の明」が証明されたものだ。
    日立ハイテクも今年”日立”の完全子会社となったが 第二波がひたひたと近づいてPCR検査の重要性が益々叫ばれている。 今この時期こそ PSSと日立ハイテクの”業務提携の実”を上げる機会である。 コロナ禍は今や日本のみならず世界人類 最大の脅威である。「小異を捨てて大同につく」早急にお互い協力し発表して欲しいものである。これこそが最高のインパクトあるIRだと思う!

    https://www.hitachi-hightech.com/jp/science/news/release/2017/nr20170515.html

本文はここまでです このページの先頭へ