ここから本文です

投稿コメント一覧 (234コメント)

  • これから一年半、海外からの来訪者は確実に増える。日本の外食は多岐にわたり、値段も味も想像つかない。1週間日本に滞在する際、何回マクドナルドやスターバックスを利用するだろう。
    ましてや円高と不況はマクドナルドの大好物である。
    この特需に乗らない手はない。

  • メリルさんは早く買い戻したい。
    本当に売りたいわけではなく蓋をしているので、メリルの蓋を誰かが買い始めたら蓋は消え去るし、蓋に絶望して諦めて売り始めたら、メリルさんはそれを買う。

    つまり今日はもう大きく下がらない。下がるとすればメリルさんが買いきれないほどの売りが出た時。

    買い方がすべきは様子見か買い増し

  • No.896

    強く買いたい

    携帯業界1位のNTTの2018…

    2019/06/12 22:29

    携帯業界1位のNTTの2018年の売り上げが11兆円、2位のKDDIが5兆円、3位のソフトバンクが3.7兆円。

    売り上げ1.1兆円の楽天が、この携帯業界に本格参入したら、最悪でも3〜4兆円はかたい。ポイント還元や、値引きでうまく当たれば、10兆円もあり得るかも。

    つまり3年後の世界から見ると、今は楽天の株がたった1200円で買える、伝説のような時代。

    下がれば買い増すのみ。

  • 渋谷フクラスと渋谷スカイ。今年秋の開業が待ち遠しい。
    その頃には新規の大口受注も決まり、600円代で買えた頃を自慢しているでしょう。
    (希望的観測)

  • 2019/06/11 20:57

    10月の携帯参入に向けて、メリルさんも買い戻しを早めていて、ついに空売りも900万株を切った。
    期待に勝る高揚などないのだから、順調ならおそらく9月中頃に年高をつけるし、10月に間に合わないなど何か遅れが出れば大きく下げる事もあるだろう。10月以降の実際に参入した後は、通信トラブルの可能性や、逆に加入が増えすぎて社会問題化するなどある程度ギャンブルの側面がある。

    ここから選挙終わりの7月末までは少しでも下げたら買うつもり。

    携帯事業に参入なんて歴史的なお祭り騒ぎ。参加しないなんてあり得ない。

  • 色々な予想があるようですが、昨日のADRは9560円台だったが実際は9298円まで下げたわけで、ADRもあてにはならない。

    買い残の減りもいまいちだし、明日3空に向かって大きく下げれば
    戻りも早い気がする。逆に明日上げるようならMSQに向かってカオス。

  • >>No. 1434

    さすがにそこまでの馬鹿はソフトバンク1単元すら買えないのでは?
    私はボケたのだと思います。

  • >>No. 1425

    昨日のadrじゃないか!
    と一応つっこむ優しさ。
    ナイスボケです。


    >鶴のおんがえし!
    >アリババが1丁3000億のかねをソフトバンクに返すことになりました。
    >勿論孫社長は大喜びでしょう!このことは15時の終値後に情報されました。
    >9時のお気ここをみるとなんにまこの情報はないごとし!海外はもうすでに
    >反応しています!
    >
    >ADR
    >円換算
    >06/03
    >9,568
    >東証比: +270(+2.9%)
    >(688176)
    >島国ですね!日本は

  • >>No. 524

    あと一か月待てば犯罪じゃないとわかったかもしれませんね。

  • >>No. 507

    単純に錬金術ってすごくない?

  • SBGは絶対に買いなのは火を見るよりも明らか。間違いない。

    しかし何故MSQ前の今買うのだろうか。どうしてそんなに最安値をつかみたいのだろうか。二番底確認まで待てないか。


    今買う馬鹿は買値より100円上がったら大喜びで売る。1単元で10000円の儲けってか?
    自問自答してから買うように。

  • ソフトバンクグループとはなにかという問いの答えが株主が株を持つ理由であり、これがぶれなければ大きな失敗はない。
    現時点では12兆のアリババ株、4.5兆のソフトバンク株、2.5兆のスプリント株を持ち、5600億円のヤフー株を持ち、ビジョンファンドで有望な会社を探しながら5Gの普及と自動運転への参入を目指している。つまり半分以上の資産がアリババ株で、アリババは追い風を受けてまだまだ伸びる。

    日本にはなかった企業形態であり実にわかりにくいが、今までの実績はとてつもないし、これからも大きな間違いはなさそうに思う。多分みんな5年後には5G使ってるし、10年後には日本の配送トラックとバスは高速道路上だけでも自動化されるでしょ。

    ただ株価だけは今週金曜の10時まで荒れる。

  • 7月18日のアマゾンの中国完全撤退も決まり、米中貿易戦争の1番の勝者はアリババになるであろう。
    日本でいうとアマゾンが完全撤退した後の楽天のようなもの。
    アリババはさらに株価を上げ、ソフトバンクはさらに重みを増す。米中の間でうまく立ち回る孫社長の凄さは5年後に理解されるはず。今は安売り競争に過ぎない。

    ただ株価は別。今はまだまだ下がるので短期志向の方は買うべきでない。

  • どなたかの投稿に、蛍光灯屋という揶揄がありました。非先進国で気づくのは何よりもオフィスの暗さ。つまり日が暮れたら帰るしかない。
    オフィスが明るい、というのは海外進出した日本企業にとって切実な問題なんですよ。現地語でない使いやすい電話もしかり。
    蛍光灯屋、電話機屋。
    でも大事だし切実なんですよね。

    投機家でない投資家の皆さんは、理解されているとは思いますが、お忘れなきよう。

  • アメリカのゴールドラッシュで儲けたのは、地図や道具を売った企業であるという逸話がある。

    レカムには現地企業間の連絡役としての魅力がある。

    これからも一攫千金を目指して海外進出する企業は増えるであろう。ゴールドラッシュのように、海外進出の成否はわからないし、撤退する企業が大半であろうが、初期設備を整えるレカムは常に一定の儲けがある。

    ライバルの少ないニッチ産業であり、日本企業が海外進出に夢を求める限り、レカムの役割は終わらない。

    株価はまだ下げ続けると予想しているが、成長が期待できる。底をみたら買うべき企業。

  • グランドセイコー はとてもよい。女性で使っている人も最近は増えてきているようだし、業績も堅実に伸びている。
    揺らぎはあるものの長期平均移動線は常に上向きであり、今日のように大きく下げた時はなるべく買うようにしている。

    オリンピックで来日した際にはお土産に買う人も多いだろうし、価格が高いだけに増税前の駆け込み需要もあるだろう。
    チャートを見るとまだまだ下げてくるだろうが、待てる人ならオススメである。1年以内に一瞬でも3000円を超える確率は9割以上と予想している。

  • 2019/04/22 19:39

    東急建設が下げている理由は大口受注がないから。まだまだ下がるかも。

    逆にいうと大口の受注が入ると跳ね上がる。海外大都市からなのか、国内大都市からか。1200円に戻ったときには、今の800円前後の攻防も笑い話、誤差の範囲。

    あと1年間全く大口の受注がなかったら、、、大笑いしましょう。

  • 11月には渋谷スカイで注目を集め、2022年には歌舞伎町再開発で注目を浴びる。
    人口全体が減り、都市に人口が集中する今の流れは変わらないであろうから都市の再開発は今後も注目を浴び、強いブランド力を持つ東急はまだまだ伸びる。

    上野や浅草の再開発もあり得ると見ているし、2027年の大阪にも絡むだろう。

    問題はどこまで下げるかだ。長期なら超おすすめ、短期はやめるべき。

  • POSシステムの障害について、障害が発生したのはしょうがないが、その後1カ月以上も何も発表をせず、株主に向けて一言の説明すらない。
    これはさすがに責任問題であろうし役員交代は免れない。まさかうやむやにするつもりだろうか。

  • 下落を強調したいのかもしれないが、今まで必ず復活してきたことを強調してしまっている(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ