IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5252コメント)

  • >>No. 674

    ジー・スリーホールディングス

    特色 太陽光発電所関連事業を展開。発電所の取得・売却、周辺機器販売、自社運営発電所の売電が主

    連結事業 【連結事業】環境関連94(87)、SBY6(-5)、FATBURGER(-33)(2020.8)

    バイデン政権が始動、地球温暖化は避けられません!これからは出遅れ株が物色されそうですね?

    2030年以内に平均温度が1.5度上がれば地球は大変な事になります。科学者は指摘しています。地球温暖化一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能になる。地球温暖化対策は急務の事態に入っています。

    これからは石油・石炭に代わり再生可能エネルギーの出番です。主役は太陽光発電です。ジー・スリーホールディングスは小型の銘柄で第3・第4のAbalanceになる可能性を秘めているのではないでしょうか?ヽ(^o^)丿

  • 徐々に上がって来ていますね!

    再生エネルギーの資金が3番手

    4番手の銘柄に回って来てますね?

  • まだ分からないが反発の兆しが?

    空売りガッポリ入っていますか?

  • バイデン米新大統領、パリ協定復帰へ署名 1/21(木) 8:11配信

    バイデン米新大統領は新政権発足初日の20日、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」復帰への手続き開始を指示する大統領令に署名した。

    今日は大きく動きそうですね?第2のAbalanceになる可能性も秘めています。

  • >>No. 717

    SARS-CoV-2遺伝子組換えワクシニアウイルスベクターワクチンにナノ社のミセル化ナノ粒子技術が使用されていれば?東京都医学総合研究所とiCONM・ナノ社共同のmRNA新型コロナワクチン開発にも大きな影響を与えそうでは?今日の出来高!何を暗示しているのか?

  • 2021/01/18 09:22

    >>No. 420

    Vortex SafetyLightingがUshioAmerica、Inc(Ushio)との戦略的提携を発表

    この件について本日はウシオ電機からIRがあるのかな?

  • 東芝ライテックは、ウシオ電機が開発した、有人環境下でも使える紫外線ランプを用いた照明器具やソリューションの展開で100億円の売上げを目指す。

    天井に設置できる照明器具タイプを今月発売!凄いニュースがでましたね!

    医療・学校・空港・飲食店・スーパー・デパート・駅・劇場・カラオケ店・フィットネスクラブ以外にまだあると思うが?どのくらいの需要が見込まれるのか?100億でなく1000億ぐらいまで膨らむのではないでしょうか?これが世界に波及していきます。

  • ウシオ電機 222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化技術「Care222®」ご紹介動画

    https://www.youtube.com/watch?v=fKwhLyf4lSc

    Care222®は、人や動物の皮膚や目に紅斑や角膜炎を起こさず(※1)、紫外線本来の殺菌、ウイルスの不活化能力を保持した新しい殺菌用光源です(※2)

    ユーチューブの動画が15秒ぐらいのTVCMになれば良いのですが?視聴回数が少ないですね!世間ではまだまだ知られていないのでしょうか?

    世間一般の方がCare222を認知するごろには株価は5000円を超えているでしょうね?知られていないうちに再度買い増しをします。

  • >>No. 420

    >1月20日は待ちにまった大統領就任式。ざわついてきました、アメリカが。

    >Vortex SafetLightingの消毒製品の多くは構成可能であり、OEM器具に最適であり、ほぼすべてのアプリケーションに適合します。2021年5月までに空気および表面製品を発表する予定です。

    米国では新型コロナの感染者がさらに急増して手におえない状況に陥っています。新型コロナワクチンで鎮静化するのはまだまだ先です。その前に手を打つ必要があるのではないでしょうか?ウシオ電機は米国で2社提携しています。ウシオ電機のCare222が新型コロナ鎮静化の打開策になる可能性も秘めています。バイデン政権の新型コロナ対策の目玉になる可能性もありますね?

  • 2021/01/17 08:45

    Vortex SafetyLightingがUshioAmerica、Inc(Ushio)との戦略的提携を発表

    ウシオ電機は、コロナウイルス、バクテリア、インフルエンザを空気や表面から根絶するために、占有スペースで使用するCARE222®UV消毒モジュールをVortex SafetyLightingに供給することに同意しました。

    2021年1月16日12:28ET | 出典: LED Lighting Inc. dba Vortex Safety Lighting

    2021年1月16日、イリノイ州バッファローグローブ(GLOBE NEWSWIRE)-Ushioは、コロナウイルス、バクテリア、インフルエンザを空気や表面から根絶するために、占有スペースで使用するCARE222®UV消毒モジュールをVortexSafetyLightingに供給することに同意しました。特許取得済みのフィルター付きエキシマランプは、222nmの遠方UVC光を生成します。

    これらのランプを、UVC / HEPAフィルターが組み込まれた天井に取り付けられた器具を含むさまざまな製品に組み込むことを計画していますVortex SafetLightingの消毒製品の多くは構成可能であり、OEM器具に最適であり、ほぼすべてのアプリケーションに適合します。2021年5月までに空気および表面製品を発表する予定です。

    明日が楽しみですね!ヽ(^o^)丿

  • 今は商業用のcare222がベースになっているが夏ごろには一般家庭用のcare222の照明器具が出て来るのではないでしょうか?さらに需要の拡大が見込まれそうですね?ヽ(^o^)丿

  • ちょっと調べて見ました!

    VORTEX SAFETYLIGHTINGがUSHIOAMERICA、INC

    https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=https://vortexsafetylighting.com/&prev=search&pto=aue

    安心して人が集まる安全な空間づくり。

    当社は、特許取得済みのモジュールであるCare 222を使用した消毒技術のカスタムOEMメーカーであり、稼働中の占有スペースに対して安全です。

  • BS6の1930でやっていましたよ!広島80万人PCR検査

    他にも広がりそうですね!ヽ(^o^)丿

  • 東芝ライテックは、ウシオ電機が開発した、有人環境下でも使える紫外線ランプを用いた照明器具やソリューションの展開で100億円の売上げを目指す。

    https://dempa-digital.com/article/152392

    天井に設置できる照明器具タイプを今月発売!凄いニュースがでましたね!100億円の売上げを目指すと言うが医療・学校・空港・飲食店・スーパー・デパート・駅・劇場・カラオケ店・フィットネスクラブ以外にまだあると思うが?どのくらいの需要が見込まれるのか?100億でなく1000億ぐらいまで膨らむのではないでしょうか?これが世界に波及していきます。ウシオ君の株価、今は1400円だが2年後には10000円を超えているのではないでしょうか?本日は新型コロナ関連銘柄が物色されています。来週もこの流れが続きそうですね?(*^_^*)

  • J&Jの新型コロナワクチンは1回の投与で済むそうです!東京都医学総合研究所とiCONM・ナノ社共同のmRNA新型コロナワクチンどのようなワクチンになるか?モデルナ社(Moderna, Inc.)は伝令リボ核酸(mRNA)をベースにした形質転換医薬品事業に従事する。後発でワクチンを開発する場合は他社よりも優れた医薬品を提供することが大事ではないでしょうか?挫折となるとナノ社の核酸医薬の消滅にもなりかねません。がん医薬の開発にも大きな影響を与える事にもなるでしょうね?

  • 新型コロナ対策の一環として政府が補助金を出して飲食店などに設置奨励となれば凄いことになりそうですね?専用線工事も不要だそうです。

  • 東芝ライテック、紫外線ランプ関連製品に力 筋肉質な経営体制 今年、攻めに転じる 2021.01.11 電波新聞デジタル

    https://dempa-digital.com/article/152392

    東芝ライテックは、ウシオ電機が開発した、有人環境下でも使える紫外線ランプを用いた照明器具やソリューションの展開で100億円の売上げを目指す。天井に設置できる照明器具タイプを今月発売したが、ラインアップ拡充に向けた製品開発にも着手している。発売したのはユニバーサルダウンライトタイプ。首振り角度45度、水平回転角度340度と紫外線の照射範囲に自由度を持たせ

    天井に設置できる照明器具タイプを今月発売!凄いニュースですね!100億円の売上げを目指すそうです。一般家庭・飲食店で爆発的に売れるのではないでしょうか?ヽ(^o^)丿

  • 当第1四半期連結累計期間における連結売上高は244百万円(前年同期比6.8%減)と減収となりました。その主な要因は、太陽光パネル等の発電商材販売は堅調に推移したものの、2020年1月1日付でSBY事業及びFATBURGER事業から撤退したこと、並びに太陽光発電所の売却により売電収入が減少したことでありま
    す。一方、損益の状況については、グループ全体で固定費の削減を進めたこと、また、有利子負債の圧縮により支払利息が減少したことなどにより、連結営業損失は66百万円(前年同期は140百万円の損失)、連結経常損失は89百万円(前年同期は179百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は90百万円(前年同期は118百万円の損失)と損失幅を縮小させることができました。

    当第1四半期連結累計期間におけるセグメント毎の経営成績は以下のとおりです。(再生可能エネルギー事業)再生可能エネルギー事業は、太陽光発電所の販売活動を継続しつつ、同発電所の売電収入、及び太陽光パネルなどの発電商材の販売、並びに発電所のメンテナンス事業などにより、売上高は244百万円(前年同期比229.1%増)、セグメント利益(営業利益)は1百万円(前年同期は19百万円の損失)となりまた。

    同発電所の売電収入、及び太陽光パネルなどの発電商材の販売その他で売上高は244百万円(前年同期比229.1%増)2Qはさらに伸びるのでは?
    -

  • 上がるのが早くなって来ましたね!

本文はここまでです このページの先頭へ