ここから本文です

投稿コメント一覧 (70コメント)

  • >>No. 498

    その通り。DeNA株を頻繁に売買しているのなら損失は現実になるが、売らずに持っていれば、含み損であっても損失として固定されるわけではない。
    資金の余裕のある投資家は、複数の株式を保有して、配当や優待を享受していることが当たり前だから、運用をしっかりしていれば、保有株式のトータルとして利益を出せる。
    つまり、現時点でDeNA株が含み損を出していたとしても、ポートフォリオの中の銘柄でその含み損をカバーできていれば、トータルとして損失を出しているわけではない。中には購入時の10倍を超えている銘柄もある。
    そうしてポートフォリオの決算を、切りの良い、年末か年度末にして、その時点でトータルとして利益が出ていれば運用としてうまくいっていると言える。
    私は、DeNAの将来計画と現在進行中の事業の戦略などを見て、将来はきっと成功すると考えているので、気長にそれを待つという姿勢。
    もっとも、資金力のない投資家にはできない話だがね。

    要は人によって、様々な投資に対する考え方があるということ。
    特に株式投資は、短期的な動きに惑わされるとストレスになり、寿命を縮めかねない。おおらかに中長期的にポートフォリオを管理するというやり方の方が精神衛生上良いことだ。

    個人投資家が機関に勝てるのは、期限がないこと。
    機関の担当者の様に期限を切られているわけではない。
    彼らは神経をすり減らしてストレスで辞める人間もいると聞く。

    こんな掲示板で、一時的な利益や損失で一喜一憂する人を見ていると、大丈夫かなと思う。短期の投機的な投資というのは丁半博打と同じようなもので、それによるストレスは相当なものだろう。のんびりとポートフォリオ管理をした方が気楽と思うのだがね。

  • >>No. 480

    君も無視リスト行き。
    まあ少しはましかと思ったが。
    ということで、この掲示板は無視リストだらけ。
    南雲提督くらいかな。有益な情報として読めるのは。

  • >>No. 445

    一所懸命に私のコメントにそう思わないを押し続けているあほがいるが、最近はだいたい20件ほどになるまで押している(そう書くともっと増やすか^^)。
    いずれにしても、DeNAに関しては、これからは上昇ネタの方が多くなるだろうね。

  • >>No. 591

    機関に勝つ方法は、じっくり待つこと。
    彼らは結果を出す期間が定められているから、じっくりと待てる個人には絶対にかなわない。
    業績が良いと信じて買った株は、目先の動きに惑わされず上がるまで放っておくほうが良い。ストレスを感じて寿命を縮める方が損。
    安く買った良い株は、結果が出れば、何倍にもなるからね。
    短期の資金効率よりもたいていは得している。でも将来性のない株はその限りではないけどね。

  • >>No. 428

    おはようございます。
    練習しなくてそのスコアならできる方だと思いますよ。
    アベレージ200以上を狙うには、練習を続けて平均台を歩くくらいの助走と目標のラインに正確に投げるコントロールが必要ですからね。
    何でも好きで楽しんでいれば上手になるものです。
    DeNAもこれ以上悪くならない状況に来ましたから、これから上がるのみゆっくり業績の向上を見守りましょう。

  • >>No. 363

    器の極小の人間に測ってもらってもね^^
    まあいいよ。せいぜい頑張りなさい。
    そうだね。今まで十分に人生を楽しんできたからね。
    余生も君たちの将来を見守りながら楽しく生きていくとしましょう。

  • >>No. 361

    自慢話をしろというのなら、私のボウリングの話かな。
    一所懸命に努力した結果。アベレージ200が見えてきた。
    目標は210~220。
    70歳でもこれくらいのことはできる。
    何でも研究して努力すればたいていは実現できる。
    だからDeNAに期待して将来の成果を待っている。

  • >>No. 359

    不遜で傲慢な君が言うか^^
    別に私は自慢話をしているわけではない。
    君たちがいろいろと揶揄してくるから、事実を書いたまで。謙虚に事実をね。
    自慢するのなら、息子が実際にどういう仕事をしてどういう表彰を受けたのかについて書くところだが、謙虚に役職だけを書いているだけ。分からないかな?

  • >>No. 356

    それなら最近の陸自の一佐の昇任者の名簿を見てごらん。
    そのうちのだれかだから、具体的に一名に絞ってこの人かと聞けばOKかNOで答えてやるよ^^
    私が過去に書いたことからその気で調べれば分かると思うよ。
    自衛隊の現役のヘリのパイロットに聞けば分かるのではないかな?まあ知らない人間はもぐりだろうね。

  • >>No. 352

    けっして負け惜しみではないよ。
    持株のうち持ち続けて買値の10倍以上に上がっているものもある。
    ポートフォリオのほとんどが何倍だ。
    たまたまDeNAは現在は業績が最悪だが、将来は十分に期待できる。
    それに私は年金だけでも十分に生活できるし、余裕資金も十分にある。
    DeNAが上がる前に私の寿命が尽きようともいずれ子供たちへの遺産となるだけ。
    それに75歳までは1500万円の生命保険があるからそれまでに上がらなければ十分にカバーできるよ。

    投資というのはライフプランに沿っておこうなうべきだと思うよ。

    それから、私の息子についてもいろいろと揶揄してくれたが、42歳で一等陸佐になり、頑張っているよ。孫にしてもしかり。こんなところで他人の批判をするばかりでなく一所懸命に生きれば、子孫もその後姿を見てついてくるということだ。

    それから風俗やエロネタばかり書く輩がいるが、お金に余裕があれば、どこかの富豪の様にほとんどのことが実現できる。ただそんなことをやるかやらないかだけだよ。

  • >>No. 249

    そうだね。ここは特に程度の低い輩が多いからね。DeNAは今が最悪だから、これから上昇あるのみではないかな。
    今は辛抱してがんばってくださいね。

  • >>No. 533

    どうやらここには素人が紛れ込んでいるようだね。
    もしそういう人間が相場を動かしていたとするなら放っておくべきだね。
    いくら天邪鬼な行動をとっても長くは続かない。
    健康補助食品事業が赤字というだけで他の部門はそろって大幅黒字。
    だから事業全体としては前期比倍増と素晴らしい決算。
    しかも健康補助食品事業は、いつもの決算の通り、3Qで着実に利益転換する。

    しかし、通期を据え置いたのはあまりにも保守的だね。
    年度末の決算で、前年の様に、また多額の宣伝広告費をかけるというのはやめてほしい。イミダペプチドは宣伝広告費をかければ売れるというが、そろそろ費用対効果について見直すことも必要だね。

  • これだけ業績が良いのに売り込んでくるのは一時の利益をとろうとするトレーダーの仕業だろう。
    もし健康補助食品事業の赤字を理由に売ってくるのなら、それはこの会社のことを全く知らない素人以下の投資家。
    相手にせずに、ゆっくり待てば、3Q決算が見えるころには株価は必然的に上がるだろう。慌てるべからず。

  • >>No. 221

    自社株買いをしても株価が上がるとは限らない。直近の状況が最悪だからね。
    それよりも増配をしたことの方が長期のホルダーにとってはありがたいことだ。
    将来業績上がる見込みがあれば、じっくり待てば良い話だからね。
    投資というのは長期の資産形成のためにするものと考えている。
    目先の利益を求めるのは結果が欲しい企業のトレーダーか一時の楽しみの金が欲しい投機的な投資家。
    DeNAが中長期の計画通りに成長するのなら、ゆっくり待てば株価は上がるだろう。
    私は経営者に計画の達成を願うのみ。
    お金に余裕があるのなら短期の株価の動きに一喜一憂する必要はない。

  • >>No. 204

    いつも保守的な予想しかしない社長が言い切ったのだから、やるだろう、
    後は中国の新作を今度はヒットさせられるかどうかだね。

  • >>No. 69

    お金のある会社だから、目先の利益に走るよりも、将来を見据えた方が良い。
    タクシー事業を着実に進めているのも、ベイスターズを保有していたおかげ。自治体との良好な関係を築きながら、神奈川県全域からいわばテストマーケティングをして全国展開へと進めている。
    DeNAの後を追っていたグリーを見てごらん。楽天と一緒になって、プロ野球に反対をしたが、いまだにゲーム事業にしがみついている。
    対してDeNAは、プロ野球により、スポーツ事業の比率を12%に高めて、一方でEC事業からは撤退しながら、AIを活用するなどして新しい事業に取り組んでいる。実用性の見えない無人運転から現実的なタクシー事業へシフトする他、ヘルスケアや新薬開発にも挑んでいる。これらの成果が見えるのはもう少し先だが、着実に新しいことへ挑戦を続けている。内部留保も十分で、直近であれだけ業績が悪くても新規事業に挑戦する余力を持っている。
    プロ野球を売って一時的な金を儲けても将来にはつながらない。

  • >>No. 59

    決算があれだけ悪くても、無借金で増配する余裕のある会社が何故プロ野球を手放す必要があるのかね?
    オリンピックも開催される横浜スタジアムはこれからさらに利益を生んでくれるだろう。売ってしまうなんてそれこそもったいない。

  • >>No. 38

    決算数字も最悪、マリオカートは延期になるし、任天堂はLINEに浮気するというこれ以上ない悪材料が続いたおかげで株価は低迷している。
    お怒りもごもっとも。
    でも、経営陣が努力していないわけではない。
    中国との提携ゲームや、なにより遅れたとはいえマリオカートが待っている。タクシー事業も今春に大阪展開が始まり、首都圏関西圏の2大需要地区での展開開始で大幅な伸びが期待される。スポーツ事業はいよいよ東京オリンピックが近づいてスタジアムの増席も着々と進んでいる。
    将来へのプラス材料が実を結びつつある。
    さらに、現時点での目先の投資家による株価の低迷に対して、経営者は記念配当を加えた増配でホルダーの将来への希望をつないだ。
    それでも待てないならさっさと売ってしまえばすっきりするだろう。

  • 水泳をやっている孫娘と同学年だが、大事にならないでほしいね。

  • だから今後の見込みのないペイジェントを譲渡してEC事業からの撤退を進めているのではないかな。トラベルもしかり。

本文はここまでです このページの先頭へ