ここから本文です

投稿コメント一覧 (6077コメント)

  • >>No. 14

    デ・ウエスタンやそーせいのときは、かなり勉強しましたが
    しかし、しょせん、文系のど素人ですからね。
    バイオの難しさは身をもって知りました(笑)

    サンバイオ、今ちょっと見ましたが、
    去年の11月には、外傷性脳損傷の2相はいい結果だったみたいですね。
    今回のは慢性期脳梗塞での有意差が認められなかったのでしょうか。

    1200万株の成り行き売りが約定できてないのですから
    マザーズで時々起こる追証連鎖はあるかもしれないですね。

  • 東証一部の某銘柄を一銘柄だけ保有して、株価ボードも見ない日が続いてますので、サンバイオのことは知りませんでした。

    今見ると凄まじいですね。
    バイオは本当に怖いですね。
    今までの私が触ったバイオ銘柄は、デ・ウエスタンとそーせいだけで、それぞれ5倍と7倍になりましたが、今の株価はびっくりな感じですからね。
    人の役に立つ分野で夢があって好きなセクターですが、あれからは自分の中では『禁断のバイオ』と呼んで近づかないようにしてます。

    サンバイオ、買い3万株に対し、売り1200万株ですか・・・

  • >>No. 3

    しかし、掲示板が凄く不安定ですね。
    ほとんどの掲示板の終了という1日だったので不安定なのは仕方ないでしょうけど。

    私が昨日の昼に為替板に立てたスレッド『ただのひとりごと』は投稿数7つ、投稿者5人くらい、時間で言えば何十分も経たないうちにスレッドごと消されてますが
    なぜか、その消されたスレッドのアクセスランキングが昨日は10位、8位と上がって、今は5位まで上がっています(笑)
    消されてアクセスできないのに、アクセスランキングだけが上がっている変な現象が起きてます。

  • 龍さん、こんばんは。
    今年ほど、為替の予測が難しい年もないですね。
    専門家も、ドル円の予測は真っ二つに意見が分かれていますね。
    ポンド円も切り返して強烈に上昇していますし。

    極めて予測が難しい年になりそうなので皆さんのご意見を聞ければうれしいですね。

  • 今までこのスレッドに投稿してくださった皆さん
    そして閲覧してくださった皆さん
    ありがとうございました。

    『映画についてのひとりごと』(人生についてのひとりごとに改名)
    https://shawshank-blog.hatenablog.jp/


    『仏教についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hatenablog.com/



    『今まで絶対に書けなかったこと』
    https://shawshank-blog.hatenadiary.jp/


    『法律についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hateblo.jp/

  • 今までこのスレッドに投稿してくださった皆さん
    そして閲覧してくださった皆さん
    ありがとうございました。

    この『仏教についてのひとりごと』の過去投稿は同名のブログに収納してます。
    https://shawshank-blog.hatenablog.com/

    また、

    『今まで絶対に書けなかったこと』
    https://shawshank-blog.hatenadiary.jp/


    『法律についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hateblo.jp/


    『映画についてのひとりごと』(人生についてのひとりごとに改名)
    https://shawshank-blog.hatenablog.jp/

  • >>No. 7870

    今確認したら、どのコメントも表示されてないですね。
    設定を変えたのですが。
    まだまだ、慣れなくてすみません。
    表示されるようにします。

  • >>No. 7870

    owlさん、こんばんは。

    このスレッドも終わりですね。
    ありがとうございました。

    ブログにコメントしました。やっとコメントの仕方がわかった段階です(笑)

  • すみません。
    いま、ブログ『映画についてのひとりごと』(人生についてのひとりごと)のコメントが表示されない設定になっていることに気づきました。
    初めてコメントが来ていることを知りました。
    コメントしていただいていた方には申し訳ないことをしました。
    すみませんでした。
    コメントにレスする方法がまだわかりませんが、週末、調べてみます。

    どのブログも設定を確認してみます。

  • >>No. 7865

    owlさん
    こんばんは。

    風邪でしたか。大丈夫ですか。
    特にいまはインフルエンザが大流行しているようですのでお気をつけください。
    私も今年はインフルエンザの予防接種をしてないので、気をつけるようにしてます。

    ブログはまだシステムに全く慣れてないので、コメントにレスする方法とかわかっていないですしコメント設定もどうなっているかがわかってませんが、慣れてくるとスムースになるとは思います。コメント確認してみますね。

    凄い寒波が来るようですが、暖かくしていい週末をお過ごしください。

  • >>No. 7864

    たーぼーさん、認証、一発でしたか。
    凄いですね。
    映画『ショーシャンクの空に』は興行成績は非常に悪かったですし
    アカデミー賞も『フォレスト・ガンプ』に全部取られました。
    しかし、その作品が素晴らしかったので、毎年じわじわ口コミで評判になり
    昔は知る人ぞ知る名作でしたが、今では映画好きで知らない人はいないくらい有名になりました。
    ここ何年も IMDbのトップですから、今までの映画で最も評価が高いということです。

    原作のスティーブン・キングの日常生活を超えた視点とダラボン監督の処女作への熱意が奇跡的に融合した稀有な作品です。
    最初は筋の面白さでその奥深さまでは踏み込めないでしょうけど
    何回か観ているとじわじわその奥のものが感じられてくるような作品です。

    映画は一度観ると『ああ、あれなら観たことがある』という感じで二度と観ない人が多いですが
    特に名作は絶対に一度ではわかりませんね。

  • >>No. 13261

    同じ投稿文でも、いまは投稿できました。
    ヤフーの基準は何でしょうね。

  • >>No. 13246

    アドヴァイタはシャンカラから始まります。シャンカラは私も好きで本も読んでいますが、今ネットで大流行しているのは、ネオ・アドヴァイタというやつです。伝統的なアドヴァイタからはしばしば、似非アドヴァイタなどと否定的に書かれることがあるものです。
    YouTubeにいっぱい出てきますよ。若い女性が『すべては起っているだけ』『起っているなかのここからここが自分だと思い込んでいるだけ』『自由意志などない』『私はいない』『誰もいない』などとしゃべっています

    私が、ネオ・アドヴァイタの思想を危険だと思うのは、聞いた多くの人が本質でないところにいって意志を軽視して原動力をなくして無気力な方、悪い方にいってしまうだろうと思うからです。

    現に、ネオ・アドヴァイタのルパートスパイラという人の講演会でこんな質疑応答をしてます。

    『全てはただ起きているだけで、私がするべきことは何もないことは分かっているのですが…
    癒したい、癒されたいという衝動が起こるんです。でも、「私はただ観察しているだけだ」とも思います。この二つの考えを行ったり来たりして悩んでしまいます』

    この質問者は正直です。この質問に対し、ルパートスパイラはこう答えます。

    『ネオアドヴァイタの「何も起きていない」といったビリーフを鵜呑みにしないでくださいね。』

    そう。それは危険なことです。本質がわからず鵜呑みにすると、とんでもないことが起きるからです。

    ネオアドヴァイタとは、トニーパーソンズやネイサンギルなどを筆頭にした新しいアドヴァイタの概念で、ネオアドヴァイタと言われるティーチャー達は、人間的なストーリーに巻き込まれる事無く、「何も起きていない」と語りかけます。

    天台本覚思想が、非常な退廃を招いたような、そのような危険性を感じています

  • >>No. 13248

    この短文は投稿できるようです。
    なぜか長文ははじかれることが最近多いです。
    今日は遅いので、明日にでも返信します。
    こことブログのどちらにも書くと思います。

  • >>No. 13246

    ネオ・アドヴァイタについてレスしましたが
    なぜか投稿できませんでした。
    こんなことが最近多いです。ネオ・アドヴァイタについて書いただけですが。
    ブログの『レス』に貼っておきました。

  • >>No. 7861

    しまとりさん
    こんばんは。

    しまとりさんのアドバイスによって、消滅するヤフー掲示板の過去投稿をブログに保存することができました。ありがとうございます。

    ブログ『今まで絶対書けなかったこと』のなぞなぞ認証、しまとりさん、一発通過ですか、素晴らしいですね。
    しまとりさんからは映画『放浪の画家 ピロスマニ』という非常にマイナーな隠れた名作を紹介していただきました。相当映画にも精通されているように思えましたので、『ショーシャンクの空に』のなぞなぞ認証も一発だったのもわかります。

    仏陀の真意、無量に触れると、大乗仏典の素晴らしさも、他の芸術作品の真髄もわかるのではないかと思っています。
    また、大乗仏典の私なりの解釈、今までの伝統的な解釈とはかけ離れたものになるかもしれませんが、していけたらと思っています。

    ブログを見ていただいてありがとうございます。

  • >>No. 7859

    たーぼーさん、お久しぶりです。

    『映画についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hatenablog.jp/

    『法律についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hateblo.jp/

    『株についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hatenadiary.com/

    『仏教についてのひとりごと』
    https://shawshank-blog.hatenablog.com/

    『今まで絶対に書けなかったこと』
    https://shawshank-blog.hatenadiary.jp/


    この5つが私のブログです。
    『今まで絶対に書けなかったこと』以外の4つは、ヤフー掲示板の過去投稿の保存倉庫として始めました。

    上のうち、『映画についてのひとりごと』は過去ログは保存し終わりましたので、名前を『人生についてのひとりごと』に変えました。映画だけでなく芸術全般や人生全般についてつぶやいていくつもりです。

    なぞなぞ認証が必要なのは、『今まで絶対に書けなかったこと』だけです。
    認証を一発で通る自信があるとは凄いですね。
    DVDプレーヤーは買ってあげられませんが、チャレンジしてみてください。

  • >>No. 7857

    はじめまして。
    ありがとうございます。

    ブログのなぞなぞ認証、初回でクリアとは凄いですね。
    ほとんどの方は、敵であるボグズやノートンあたりを入力されるように感じます。

    映画『ショーシャンクの空に』は非常に奥の深い作品だと思います。
    理解度がかなり深くなければ、初回でクリアは難しいと思います。
    用事をしながらなので、ブログも遅々としていますが、
    焦らずゆっくりと時間があるときに書き足していきます。
    よろしくお願いいたします。


    (ここを見ておられる方へ・・daeさんはコメント1つですが、私のダブハンではないですよ(笑))

  • >>No. 13054

    pipitさん、こんにちは。

    歴史上の仏陀が本当は何を言いたかったのかを最古層の仏典から探求するというのがこのスレッドの主旨でした。
    小乗大乗問わず、今までの仏教理解をいったん白紙にして、直接仏陀の真意を探ろうとしました。
    そのため、スマナサーラ長老に対しても厳しいことを言ってしまって、pipitさんにはお叱りを受けましたね。申し訳ないことをいたしました。

    教えていただいたパーリ語仏典サイト、本当に助かりました。

    お蔭さまで、私なりに、心が震えるような発見をすることができました。
    仏陀の真意とは何か?大乗仏教は何故出現したのか?
    そのキーワードは、brahmam vihara にありました。
    その位置がどうして下がっていったのか、に謎解きの鍵がありました。

    これで小乗大乗の統一ができるかもしれません。

    私もpipitさんとお話しする時が一番充実出来て楽しかったですよ。

    今まで本当にありがとうございました。

    お元気で活躍してください。

  • >>No. 13131

    私がこの私のスレを見たのは1日ぶりですから、昨日の昼から今朝までの投稿を初めて見たのですよ。
    で、昨日の夕方に赤い実さんが誰へのレスでもなく『疑問。』と書かれていて、スレ主の私に向けての内容でもあったので、返信しました。

    それで『赤い実さんが不快に思われているならブログの赤い実さんの部分は削除しますよ』と書いたのです。
    何と書かれても無視しろ、と人には言うけど、自分は無視できないのかな、とは思いましたが
    嫌な気になっているなら、削除はしますよ。

    その答えは削除しなくてもいいようなことだったと思いますが。

    それでは終わらせていただきますね。

本文はここまでです このページの先頭へ