ここから本文です

投稿コメント一覧 (185コメント)

  • >>No. 105

    私は、 ちょうど 半分 増えていました。
    感謝、感謝 !!

  • >>No. 498

    現金及び預金 : 144 . 97 億円
    短期借入金 : 480 . 72 億円

    " 粉飾企業への融資 " につき、 銀行業協会 等で、 統一した ステイトメント が 出ているのか ?
    個別金融機関の判断によるものなのか ?

    いずれにせよ、 あと 半年で 結果は出ます。




    ※ 『 四半期報告書-第71期第1四半期 ( 平成31年4月1日-令和1年6月30日 ) 』 ( 8月9日 )

  • ちょうど 1週間 ( 5営業日 ) 後に、 「 臨時株主総会 」 が 開かれる。
    今回は、 " 報告事項 " のみで、 " 決議事項 " は 無し。

    仮に、 会社側が 株主と真摯に向き合い、 質疑応答の時間を 十分とってくれるようなら .....

    「 " 短期借入金 " を 返済できる目処は あるのか ? 」

    につき、 お聞きになると良いかと思う。

    会社側が、 具体的に 答えられない場合には .....

  • 「 日本取引所自主規制法人 ( JPX-R ) 」 は、 今 何を考えている ?

    ・ 2007年 設立
    ・ 理事長 : 細溝清史 氏 ( 元 金融庁長官 )

    JPX HP
    > 自主規制
    > 新規上場会社・上場会社の適格性の維持

  • >>No. 266

    今回は、「 潔く " 上場廃止 " を受け入れて、 力を蓄えたのち、 " 再上場 " を目指せば良い 」 と 考えています。
    それよりも、 現状は " 短期借入金の返済の可能性 " の方が 気になります。


    それはともかく、 yuk***** さん による 一連の御投稿の御趣旨、 また、 会社への熱い想い には 敬意を評します。


    しかし、 私自身は、 日々 相場に挑む 個人投資家の端くれであり、 また、 ここは 株取引の対象銘柄としての " 8089 すてきナイス " の 板ですため、 失礼を承知の上で、 自身のスタンスを あえて 申し上げますと .....


    ・ 空売り = 悪
    ・ 倒産したら 社員と その家族 が、 かわいそう


    ではなくて .....


    ・ 市場のルール を 破った 8089 すてきナイス 社 = 悪
    ・ 粉飾で 財産を溶かされた、 長期ホルダー が かわいそう


    との立場です。

    この点、 恐らく " 株取引 " という体験を共有していないがための 意識の相違があるもの思います。

    今後とも、 それぞれの立場で、 当該企業に かかわって参りましょう。
    失礼致します。

  • >>No. 247

    一人の個人投資家としては、 「 " 粉飾 " は、 単年度ではなく 複数年度に渡り 行われていた 」 という感触を持っており、 こののちには .....


    ・ 確定判決 ⇒ 上場廃止
    ・ 銀行取引停止 ⇒ 上場廃止
    ・ 民事再生手続き ⇒ 上場廃止


    のどれかに 着地するものと考えている。

    何しろ、 一部上場企業の社長が、 記者会見において ( 粉飾疑惑を否定することで、 結果として ) 市場・世間 に対し、 " 嘘をついた ( ことになった ) " ため、 東証としても " 心証 " は 良くないだろうし、 このままでは 東証自体の存在意義が問われかねない。


    " Xデー " は、 突然 やってくる !!

  • >>No. 246

    > 「 第三者委員会の調査期間は2013年度~2018年度の6年間 」


    都合良く 解釈しすぎだな .....


    ここにいう " 調査期間 " とは、「 この 全期間に渡って " 不正・誤謬 " の有無につき、 精査した 」 という観点からの " 調査期間 " ではない。

    そうではなくて、「 すてきナイス から 委嘱された事項 ( 調査対象 ) を 調査するに際し、 当該期間にかかわる 資料を調査した 」 というほどの意味。


    そのことは、 以下 資料 「 P. 18 ( 7 ) 」 において .....

    「 すてきナイスと合意した委嘱事項以外の事項については、 調査の対象外として調査を行っていない 」

    と述べられていることからも明らか。


    ※ 『 第三者委員会調査報告書の受領のお知らせ 』 ( 7月24日 )

  • 週末の読み物

    ※ 『 臨時株主総会の開催に関するお知らせ 』 ( 8月23日 )
    ※ 『 第三者委員会調査報告書の受領に伴う再発防止策のお知らせ 』 ( 8月23日 )

  • >>No. 75

    8089 すてきナイス


    下図は、 金融機関のみ ( 9 社 ) を まとめたもの。

    38 銘柄 ー 9 銘柄 = 29 銘柄 ..... ?

    今回、 金融機関以外を 全て売った ?

    もともと、 木材の卸から始まった会社。
    1周回った この機会に、 もう一度 原点回帰が 良いのかも .....

    木材の卸、 建築、 建物管理、 情報・サービス , etc .

    多くのものを 抱え込み過ぎた ?

    「 川上から 川下まで 」 自社で賄うことは、 クール とされない時代になった。

    " お荷物の 事業・資産 " は、 この際 思い切って .....

    NEC だって、 苦しいときには " 本社 " を 売った !!

    今後は、 「 社内のやる気 」 と「 時間 」 との闘い !!


    個人投資家の一人としては、「 売り 一択 」 ではあるけれど .....


    ※ 『 有価証券報告書-第70期 ( 平成30年4月1日-平成31年3月31日 )  P. 37 〜 38 』 ( 8月1日 )

  • 保有していた " 特定投資株式 " 38 銘柄 ( 添付画像 ) のうち、 29 銘柄 が 売却されたとのこと。


    " 本社 建屋 " は ?
    " ナイスの森 " は ?


    ※ 『 投資有価証券の売却に関するお知らせ 』 ( 8月22日 )
    ※ 『 有価証券報告書-第70期 ( 平成30年4月1日-平成31年3月31日 )  P. 37 〜 38 』 ( 8月1日 )

  • >>No. 37

    通例では、 起訴から裁判開始までは、 およそ 1ヵ月 くらい。

    恐らく、 会社自体 と 日暮被告 は、 罪状を争わないようにも思え、 比較的 速やかに結論が出るかと .....

    他方、 平田被告 は、 反省の情を見せず 罪を認めなければ " 執行猶予 " が 得られないかもしれず、 場合によっては 実刑に .....

    " 受刑者 " となったのちにも 娑婆での意識を変えないならば、 刑務官に睨まれる。
    とことん いびられた挙句 「 裏口からの出所 」 と なるかもしれない。


    「 声が小さい 」、「 挙げた手の角度が足りない 」、「 足が上がっていない 」 等々 .....


    その都度、 大声で怒鳴りつけられ、 エンドレスでやり直し .....

    70 を 越えた老人が、 刑期を全うできるとは 到底思えない。
    弁護士は、 本人を 説得するべきかも しれない。

  • 現在、 東証は .....


    「 上場廃止にする " 大義名分 " を 待っている 」


    状態であることに 注意が必要。

    確定判決・銀行取引の停止・破産手続 ・再生手続・更生手続、 等々 .....

    " ロングポジション ( 買いポジション ) " を 持つにしても、 オーバーナイト は しないほうが良いかもしれない。

  • " 短期借入金 " とは 「 返済期日が、 貸借対照表日の翌日から起算して 1年以内に 到来するもの 」 のこと。

    「 480 . 72 億円 」 の 返済は、 厳しいかもしれない。

    また、 " 支払手形 " が 落ちないと .....

    本業で頑張って、 なにしろ " 現金 " を 稼ぎ出すしかない。

  • 『 四半期報告書 - 第71期 第1四半期 ( 平成31年4月1日-令和1年6月30日 ) 』 ( 8月9日 ) によれば .....


    ① 有利子負債 = 803 . 34 億円

    ・ 短期借入金 : 48,072 ( 百万円 )
    ・ 1年内償還予定の社債 : 40
    ・ 社債 : 160
    ・ 長期借入金 : 32,062

    ② 現金預金 = 144 . 97 億円

    ③ 従業員給与・賞与 = 120 . 022 億円 ( 販売費及び一般管理費 )

    尚、 上記 ③ の金額は ( 概略 ) ホワイトカラー の方々に対するものであって、 直接労務費 ( プレカット作業、 建築作業 等 に 携わる方々の分 ) は、 " 製造原価 " を経由して、 " 売上原価 " と " 期末棚卸資産 " の 双方に含まれている。

    すなわち、 今期、 いわゆる " ( 全社的な ) 人件費 " を 賄うことを考えた場合、 「 120 億円 」 を 遥かに超える " 現金 " が 必要となるということ。


    以上より、 当該会社における 「 現金及び預金 」 は、 現状、 とても 脆弱であって、 こののちには、 おおいに 「 建材・住宅 」 を売る必要がある。


    「 決算対策・益出し・協力会社への押し込み販売 」 にしても、 いつまでも 続けられるものではなく( 場合によっては ..... 大変恐縮ではあるものの ..... )、 冬のボーナス は、 " 材木の現物支給 " となる かもしれない ..... ?



    ※ 尚、 上記 ③ につき、 『 有価証券報告書-第70期 ( 平成30年4月1日-平成31年3月31日 ) P. 53 』 ( 8月1日 )

  • 8089 すてきナイスグループ


    第三者委員会 『 調査報告書 』 ( 7月24日 ) で 明らかになった 「 決算対策・益出し 」 が、 前 四半期でも 行われていた ?

    こののち、 " 資産の切り売り " が 継続するようなら、 もしかして .....


    故意に " 債務超過 " に 持ち込み、 そのタイミングで " 民事再生 " ?
    すると ( 多くの調整が 必要となるものの ) .....


    ・ 100 % 減資 が 可能となる
    ・ 経営幹部は 居残り可能となる


    まさかの " ウルトラC " ( 一応、 可能性を 頭の片隅に ) ?


    さて、 今次 「 東京都江東区新木場1丁目18−13 」 の売却については ( 一次資料 に 当たったところ ) .....


    ① 売上高 : 約 3億円
    ② 売却益 : 約 2〜 2.5 億円


    ① :
    『 販売用不動産の売却に関するお知らせ 』 ( 8月8日 ) において、 「 当社 個別売上高 ( 2,787 百万円 ) の 10% に 相当する額以上 」 旨、 記述がある。
    このとき " 連結の売上高 " ではない点に 注意が必要。
    「 27億8千7百万円 の 10% 以上 」 だから、 およそ 3億円 ( もちろん、 売却先と金額の妥当性については、 別の議論が必要 ) 。


    ② :
    同様に、 「 当社 個別経常利益 ( 675 百万円 ) および 当期純利益 ( 803 百万円 ) の それぞれ 30% に 相当する額以上 」 旨、 記述がある。
    したがって、 およそ 2〜 2.5 億円。


    恐らく、 土地の購入自体は、 大昔に行われていた ?

    ちなみに、 当該土地は ( Google マップ で見る限り ) では、 " 観光バスの車庫 " として 利用されている模様。


    勘違いは、 誰にでもあること .....

  • 8089 すてきナイスグループ


    ※ 『 販売用不動産の売却に関するお知らせ 』 ( 8月8日 )
    ※ 『 臨時報告書 』 ( 8月8日 )

    〒136-0082 東京都江東区新木場1丁目18−13
    地 目 : 宅地
    地 積 : 6,518 . 00 ㎡
    売上高 : 約 3億円

    " 有形固定資産 " から " 販売用不動産 " へと 科目を変えたため、 " 売上 " が立ち、 当該 売却益は " 特別利益 " から " 営業利益 " になる。

    借入金にかかわる " 財務制限条項 " に関しても、 有利に働く。

    " 資産の切り売り " が 始まった ?

  • 8089 すてきナイスグループ

    実は、 当該会社とは、 ちょっとした御縁があって、 今までに 3回ほど " 国際展示場の耐震博 " へ お邪魔させて戴いていた。

    " 起震車 " にも 1度 乗せて戴いたし、 各ブースを巡る " スタンプラリー " にも参加したりもした。

    天井に浮かぶ 大きな白い飛行船、 最先端の住宅諸設備にかかわる展示、 子供が喜ぶヒーローショー、 ぴちょんくんの着ぐるみ .....

    運営の皆様のご苦労が偲ばれたし、 自身 大変勉強になり、 また、 とても楽しい催事であった ..... ものの .....


    巷間 伝わる報道、 第三者委員会報告書 等々を 目にするたびに思う .....


    個人投資家としては、 売り一択 !!

  • 機関は、 9月末の決算 ( 45日ルール を意識すれば、 8月半ば ) を目処に、 色々 やっているみたい ?

    まさか、 ここに 入ってくるなんて、 そもそも サプライズだった。

  • 第三者委員会 『 調査報告書 』 ( 7月24日 ) における " タケイチ案件 ( P. 13、P. 114 ~ ) " は、 大略 3部構成になっている。


    第一部 : タケイチの概要とナイスグループとの関係 ( P. 114 ~ P. 121 )
    第二部 : タケイチと平田一族間の 一族所有物件取引 ( P. 122 ~ P. 126 )
    第三部 : タケイチとナイスグループ間の取引 ( P. 13、P. 127 ~ P. 143 )


    第三部 につき、 第三者委員会は 「 タケイチ が、 すてきナイスグループ の 子会社・関係会社・関連当事者 ではなく、 取引額・利益額 を 内部取引・内部利益 として 控除する必要は無い 」 旨、 述べている ( すなわち、 " 粉飾 " ではない、 ということ )。


    一方、 第二部 につき 「 創業家の専横・会社の私物化・取り巻きの忖度 」 が 述べられており、 内容は " クズ " 。

    ・ 平成21年 5月
    戸村氏が、 " 周次氏 の 15億円の負債 " の件を 恒一郎氏へ相談

    ・ 平成21年 9月
    恒一郎氏が、 「 ナイスコミュニティー から タケイチへ 購入資金を貸付けることで、 周次氏の不動産を売却する 」 方針 決定

    ・ 平成21年 11月10日
    「 売却は、 来年の株主総会後にしたい 」 旨、 恒一郎氏 発言

    ・ 平成22年 9月15日
    ナイスコミュニティー は、 タケイチへ 15億5,000万円 貸付 承認
    ( タケイチ の " 返済額・金利条件 " 等 を優遇 )

    ・ 平成24年 10月1日
    ナイスコミュニティー は、 タケイチへ ( 恒一郎氏の 自宅・土地 購入資金として ) 1億5,000万円 貸付 承認

    ・ 平成24年 10月3日
    すてきナイス は、 上記 土地・建物 を 「 " 研修施設 " として、 タケイチより 賃借する 」 旨、 決裁

    ・ 平成24年 10月23日
    すてきナイス は、 同 建物の 修理・改修費用として、 4,350万円 計上
    ( 同 建物には、 恒一郎氏の蔵書が 残置され、2階の一部を占有しているが、 本人は 現在 " 別荘 " に行っており、 利用できない状態 )

  • あえて 言うのも大人げないので、 スルー したのだけれど .....

    「 ザナック案件に関して、 すてきナイス から、 第三者委員会へ提示された図表 」

    十分、 " 巧妙 かつ 複雑 " だと思う。

    ※ 『 調査報告書 』 P. 12

本文はここまでです このページの先頭へ