ここから本文です

投稿コメント一覧 (118コメント)

  • >>No. 91

    skyさんお久しぶりです。
    四半期決算ごとに登場し、長々と書いております。
    ご迷惑をおかけしております。
    個々の皆さんは穏やかな方が多いので楽しいです。

  • >>No. 84

    あのちょっとどこの数字かわからないのですが・・・
    セグメント別巻線機の売上高は
    2019年3Qで46.04億円
    2019年通期で90.67億円
    です。
    4Qのみで巻線機事業で44億の売り上げ計上です。

    売上がマイナスってことは返品食らった形なのでさすがにそれはないだろうと思い確認しました。

    4Q一気に納品したのに、期末製品・仕掛品が50億円あるのですから、原価率75%とみても66億円分です。

    小田原は納品の時期がずれることが多いので、2Qや通期が予想と狂うことがあります。差異があるときは「製品仕掛品」の残高を見ながら考えるといいと思います。
    本来、在庫が増えることはよくないのですが、巻線機事業に関しては完全受注生産ですから、粉飾とか不良在庫の積み上がりといった不安がほとんどないのがたすかります。
    キャッシュフローも大きく変動しますが、中身を見れば当然の内容で疑問はあまりありません。

    小田原が下方修正の時は大体売り上げの期ずれがほとんどで、ライバルの下方修正(売り上げの急速な減少)とはちょっと違うことがあります。
    とはいえ、世界経済の減速感は否めないので苦労するとは思いますが、流れは止まらないと思います。長期的な投資としたらここはもってこいだと思います。
    巻線に代わる新たなモーター開発が発見・実用化されるなら厳しくなるでしょうけど。

    急落しましたが、PBRは1倍割れ(1株あたり純資産2,207円)になりました。バリュー、グロースのどちらでもOKですから、楽しみです。

    とはいえ、4,000円のあと18年12月から3月の1,200円台もあったから、まだまだ一波乱ありそうですけどね。
    そのときはプジョーさんは今度こそチャンス逃しちゃだめだよ(笑)

  • あ、受注高絞るってことは機会損失でもあるから痛し痒しですが新社屋が大いに役立てばと思います!

  • 決算出ましたね。
    いろいろ皆さんご意見もあるでしょうが、とりあえず定性的な面から

    本決算
     売上高 :13,274百万円(+4.40%)
     営業利益:1,297百万円(+18.66%)
     経常利益:1,364百万円(+18.82%)
     当期利益:1,011百万円(+20.50%)

     通期会社予想比進捗率
     売上高 :+98.33%
     営業利益:+108.08%
     経常利益:+111.80%
     当期利益:+118.94%

    もうね、上出来ですよ。ふつう上がるよね。配当も30円だしね。

    2020予想
     売上高 :14,500百万円(+9.2%)
     営業利益:700百万円(-46.0%)
     経常利益:730百万円(-46.5%)
     当期利益:480百万円(-52.5%)
     一株益 81.82円(2019年172.45円)
     配当予想 20円(記念配10円落とし)

    あーこれじゃあ下がるわー・・・でも下げすぎだよね。

    会社予想かなり保守的だと思います。
    現時点で製品・仕掛品50億 19年3Qは57億ですから、
    3Q→本決算で売上増加 54億
    単純に当てはめれば 20年1Q売上40~45億見込めると思うのですが・・・
    開発案件はいつものことで、確かにかかると思います。
    あと、新社屋(16億円)の減価償却が通期(19年度は2か月分のみ)計上されてくるのでこれも50百万程度の減益要因になると思います(それ以外の増加分も少しかかるか)。

    2020年予想もひどいですが、
    H28年の予想(当初予想の経常利益 450百万 実際 983百万)
    H29年の予想(当初予想の経常利益 750百万 実際 1,326百万)
    ってこともありましたからねぇ・・・
    今回の予想はこの時の雰囲気に近いような気がしてなりません。
    (売上高も新工場ができた割には伸びないことになってしまいます)

    あと、良い意味で気になる表現は
    「受注高は8,437百万円(前年同期比35.4%減)、受注残高は10,979百万円(前年同期比5.4%減)となりましたが、受注集中に伴う長納期化を避けるため、受注活動の調整を行ったことによるものです。」

    額面通りに受け取れば、受注選別できる(利益率の高い案件から受けることが可能)や今後につながる企業優先で受注できるといったことではないかと思っています。いまのご時世こんなことができる会社そうそうないのでは?

    コロナウイルスでちょっと読めませんが、電気自動車への流れが止まる原因ではないですし、モーターのキーデバイスを握っている小田原の長期的な成長は止まらないと思います。

    株主還元もうちょっと考えてほしい部分もありますが、基本ホールド&押し目の戦略で私はいきます(たが軍資金がないんだなぁ・・・)。

    この下げはちょっと仕掛けてきた感じに思えてなりません。

  • ソニーも電気自動車参入でしょうか?
    ますます小田原エンジニアリングに追い風となりますかね。

  • 第三四半期決算出ましたね。

     第3四半期決算()は前年同期比
     売上高 :7,780百万円(-13.93%)
     営業利益:391百万円(-50.63%)
     経常利益:432百万円(-48.75%)
     当期利益:286百万円(-50.43%)

     通期会社予想比進捗率(第3四半期なので75%が目安)
     売上高 :+57.63%
     営業利益:+32.58%
     経常利益:+35.41%
     当期利益:+33.65%

    あーやっちゃいましたね。200円一気下落しますわ・・・これ見たら。

    ただ、中身を読むとプジョーさんのポイントを押さえた解説

    >・受注残高150億円近く
    > ・いくつかの大型案件に関する売り上げは第4四半期以降の予定
    >・巻き線機は完全受注生産で、商品製品仕掛品の資産が57億円
    >・11月より新工場稼働

    受注残は過去最高とのこと。11月の新工場は四季報の書き方でいけば垂直立ち上げになるでしょう。ただ、決算12月末への影響はあまりないでしょう。(1か月では製造開始→販売は不可能でしょうから)
    来年度の第2四半期くらいから効果が出てくるのではと思います。(仕掛品は第1四半期くらいに兆候が見えるとおもいます)

    大型案件売上が第4四半期以降。第4四半期に売り上げ計上されるとは書いていない(来期以降ということも)
    前に売上が期ずれして中間予想に届かなかったことがあるので、期末の目標に到達するかは微妙。

    製品仕掛品勘定が57億(製品21億 仕掛品36億)、製品は引き渡しが完了できれば売上30億程度の上乗せ(原価率70%として)、仕掛品の36億の2/3が売り上げに回れば目標は達成できると思います。
    気になるのは原価率が上がると利益(経常利益)が目標達成できるかが勝負かなと思います。

    どっきり第3四半期ですが、通期では会社予想で着地できると思います。

  • プジョーさんお久しぶりです。
    買値知ってましたから、きっとドキドキしながら
    過ごしていたのでしょうか?

    1400円くらいの時に買っていたら
    プジョーさん今頃余裕出来ていたのにね。

    プジョーさんがプラスになったらみんな
    うれしいはずですよ。

  • ちなみに普通の会社が製品や仕掛品が増えるとよろしくないのですが
    小田原は完全受注生産なので、売れずに在庫ということがないので
    この点は安心です
    (誰です?ローヤル電機があるといっている人は(汗)ツッこまれそう)

  • 皆さん、お久しぶりです。
    第2四半期決算出ましたね。
    相変わらず、場中発表で、2,100に行ったり
    1950円くらいになったりと、本当に心臓に悪いです。

    第2四半期決算(前第2四半期比較)
     売上高 :5,779百万円(-3.39%)
     営業利益:408百万円(-34.82%)
     経常利益:440百万円(-33.23%)
     当期利益:305百万円(-30.52%)

     通期会社予想比進捗率(第2四半期なので50%が目安)
     売上高 :+42.81%
     営業利益:+34%
     経常利益:+36.07%
     当期利益:+35.88%

    売上原価率 74%(前第2四半期69%)
    営業利益率 7%(前第2四半期10.5%)
    これだけ見れば前年割れ・目標未達ですが・・・

    今回(といってもいつもなんですが)注目すべきは
    商品および製品 1343百万円
    仕掛品     2624百万円
    です。
    両方合わせて約40億円というのは過去に例がないです。
    (H29第2四半期の製品21.7億+仕掛品14.8億の36.5億で
    この時残りの2四半期売上は約84億)
    原価率74%で計算しても売上54億円分。当然あと半年
    ありますから、仕掛品上乗せ分+新規製造開始・完成・販売
    を考えると
    通期売上135億円は保守的(うまくいけば150億)
    営業12億はいい線だと思います(原価率の上昇が気がかり)。

    業績の修正発表のボーダー(予想の30%増し)は
    売上175.5億、営業15.6億 純利益 11億
    うーんここまでは難しいかな?

    さらに来期は新工場が稼働予定となれば、皆さんはどう判断
    しますか?
    とにかく財務は盤石なのですから、振り落とされないだけです。
    私は突っ込みたいのですが、軍資金が底をついていて動けません。
    握力十分ですので、握り続けはします。

  • topさん
    報告ありがとうございました。

    株主総会どのくらいの人数が参加されていましたか?
    質問とか出ていましたか?

    新工場が完成するのが楽しみです。
    フルで寄与する20年12月期決算がどう出るか。

  • 明日(28日)は株主総会です。
    行かれる方いますか?

    もしよろしければ様子教えてください。

  • プジョーさんお久しぶりです。
    1,400円で買っていたら、ほぼ損失解消でしたね(笑)

    2,900円はチャンスあると思います。
    それにしても一息つけましたね。

    「そう思う」が伸びていますので、もうしばらく大人しくお願いします(笑)

  • 皆さんお久しぶりです。
    四季報見ました。

    巻線機受注残過去最高、子会社含めフル操業。
    国内、欧米自動車企業から満遍なく受注。

    期待できそうなかきかたで、ホールドします。

  • あと仕入れ債務の件を除けば営業CFは前々期と変わらないからですかね。

  • >>No. 680

    xgfさんはCFにも着目していますから財務分析出来る方だと思いますのでxgfさんなりの分析でよいかと思います。私は私はなりの分析です。私はバランスで判断しました。FCFも大切ですが流動性に問題ないと判断したまでです。どこかの家具屋のようでは困りますが、それはないでしょうから。xgfさんがもし会社に連絡して情報が得られれば是非教えていただきたいと思います。私は度胸がありませんので、大変助かります。

  • >>No. 677

    会社に直接聞くしかないのでは?
    財務諸表からはそれしかわからんよ。
    何でキャッシュフロー犠牲にしてまで支払ったんだって。

  • >>No. 674

    仕入債務って買掛金+支払手形(流動負債)のことですが・・・
    2017年は58億から2018年は30億に減らしています。

    何か間違えがあったら教えてください

  • >>No. 672

    特に問題ないのでは?
    今まで、無駄にキャッシュが多かったわけで、債務の削減は問題ないとおもいますよ。仕入債務の減少が問題あるのは取引先から支払い条件の変更があって、掛け取引や支払手形での仕入れができなくなった場合は問題だと思います。ノエビアの場合は経営不振ではないので、単純に債務削減を行ったのでは?
    税金およびこの債務の減少がなければ変化はなく、順調かと。
    現金預金が減少していますが、財務が大幅に悪化というのは賛同しかねます。
    18年9月末の現預金の287億で負債合計が308憶(17年9月末は現預金404億で負債合計340憶)。
    負債30億減、自社株買い99億やってのこの状況ですからね。
    正直、現預金持ちすぎで、特に投資案件がなければ株主に還元するのは当然ですから。
    自社株買い(消却)を行えば1株当たりの利益を増加させます。(1株配当額が同じなら、株式数が減る分配当総額を減らすことも可能です)

    たしかに、利益=配当額に近づいていますので、減益となった場合はちょっと問題ありそうですが、前期の配当は極めて真っ当(無駄にため込まず、株主に配当するという点で)な気はします。

    株は暴落状態ですが、配当利回りが4%を超えてきました。配当額が変わらないと仮定すれば、これ以上はオーバーシュートです。冷静に考えてみましょう。

  • こういうときはどうしようもないですね。勢いだけですから。分析も何もないです。バーゲンセールになりますからじっくり銘柄選びの時間にしましょう。
    PER11倍、PBR0.65ですか。
    普通なら十分ですがねぇ。
    どこまでバーゲン価格になりますかね。
    まだ我慢します。

本文はここまでです このページの先頭へ