ここから本文です

投稿コメント一覧 (110コメント)

  • ちなみに普通の会社が製品や仕掛品が増えるとよろしくないのですが
    小田原は完全受注生産なので、売れずに在庫ということがないので
    この点は安心です
    (誰です?ローヤル電機があるといっている人は(汗)ツッこまれそう)

  • 皆さん、お久しぶりです。
    第2四半期決算出ましたね。
    相変わらず、場中発表で、2,100に行ったり
    1950円くらいになったりと、本当に心臓に悪いです。

    第2四半期決算(前第2四半期比較)
     売上高 :5,779百万円(-3.39%)
     営業利益:408百万円(-34.82%)
     経常利益:440百万円(-33.23%)
     当期利益:305百万円(-30.52%)

     通期会社予想比進捗率(第2四半期なので50%が目安)
     売上高 :+42.81%
     営業利益:+34%
     経常利益:+36.07%
     当期利益:+35.88%

    売上原価率 74%(前第2四半期69%)
    営業利益率 7%(前第2四半期10.5%)
    これだけ見れば前年割れ・目標未達ですが・・・

    今回(といってもいつもなんですが)注目すべきは
    商品および製品 1343百万円
    仕掛品     2624百万円
    です。
    両方合わせて約40億円というのは過去に例がないです。
    (H29第2四半期の製品21.7億+仕掛品14.8億の36.5億で
    この時残りの2四半期売上は約84億)
    原価率74%で計算しても売上54億円分。当然あと半年
    ありますから、仕掛品上乗せ分+新規製造開始・完成・販売
    を考えると
    通期売上135億円は保守的(うまくいけば150億)
    営業12億はいい線だと思います(原価率の上昇が気がかり)。

    業績の修正発表のボーダー(予想の30%増し)は
    売上175.5億、営業15.6億 純利益 11億
    うーんここまでは難しいかな?

    さらに来期は新工場が稼働予定となれば、皆さんはどう判断
    しますか?
    とにかく財務は盤石なのですから、振り落とされないだけです。
    私は突っ込みたいのですが、軍資金が底をついていて動けません。
    握力十分ですので、握り続けはします。

  • >>No. 328

    topさん
    報告ありがとうございました。

    株主総会どのくらいの人数が参加されていましたか?
    質問とか出ていましたか?

    新工場が完成するのが楽しみです。
    フルで寄与する20年12月期決算がどう出るか。

  • 明日(28日)は株主総会です。
    行かれる方いますか?

    もしよろしければ様子教えてください。

  • >>No. 305

    プジョーさんお久しぶりです。
    1,400円で買っていたら、ほぼ損失解消でしたね(笑)

    2,900円はチャンスあると思います。
    それにしても一息つけましたね。

    「そう思う」が伸びていますので、もうしばらく大人しくお願いします(笑)

  • 皆さんお久しぶりです。
    四季報見ました。

    巻線機受注残過去最高、子会社含めフル操業。
    国内、欧米自動車企業から満遍なく受注。

    期待できそうなかきかたで、ホールドします。

  • あと仕入れ債務の件を除けば営業CFは前々期と変わらないからですかね。

  • >>No. 680

    xgfさんはCFにも着目していますから財務分析出来る方だと思いますのでxgfさんなりの分析でよいかと思います。私は私はなりの分析です。私はバランスで判断しました。FCFも大切ですが流動性に問題ないと判断したまでです。どこかの家具屋のようでは困りますが、それはないでしょうから。xgfさんがもし会社に連絡して情報が得られれば是非教えていただきたいと思います。私は度胸がありませんので、大変助かります。

  • >>No. 677

    会社に直接聞くしかないのでは?
    財務諸表からはそれしかわからんよ。
    何でキャッシュフロー犠牲にしてまで支払ったんだって。

  • >>No. 674

    仕入債務って買掛金+支払手形(流動負債)のことですが・・・
    2017年は58億から2018年は30億に減らしています。

    何か間違えがあったら教えてください

  • >>No. 672

    特に問題ないのでは?
    今まで、無駄にキャッシュが多かったわけで、債務の削減は問題ないとおもいますよ。仕入債務の減少が問題あるのは取引先から支払い条件の変更があって、掛け取引や支払手形での仕入れができなくなった場合は問題だと思います。ノエビアの場合は経営不振ではないので、単純に債務削減を行ったのでは?
    税金およびこの債務の減少がなければ変化はなく、順調かと。
    現金預金が減少していますが、財務が大幅に悪化というのは賛同しかねます。
    18年9月末の現預金の287億で負債合計が308憶(17年9月末は現預金404億で負債合計340憶)。
    負債30億減、自社株買い99億やってのこの状況ですからね。
    正直、現預金持ちすぎで、特に投資案件がなければ株主に還元するのは当然ですから。
    自社株買い(消却)を行えば1株当たりの利益を増加させます。(1株配当額が同じなら、株式数が減る分配当総額を減らすことも可能です)

    たしかに、利益=配当額に近づいていますので、減益となった場合はちょっと問題ありそうですが、前期の配当は極めて真っ当(無駄にため込まず、株主に配当するという点で)な気はします。

    株は暴落状態ですが、配当利回りが4%を超えてきました。配当額が変わらないと仮定すれば、これ以上はオーバーシュートです。冷静に考えてみましょう。

  • >>No. 153

    こういうときはどうしようもないですね。勢いだけですから。分析も何もないです。バーゲンセールになりますからじっくり銘柄選びの時間にしましょう。
    PER11倍、PBR0.65ですか。
    普通なら十分ですがねぇ。
    どこまでバーゲン価格になりますかね。
    まだ我慢します。

  • >>No. 132

    プジョーさん生きてますか?
    1400円のナンピン明日できちゃうかも・・・

    自分第2弾の900円まで待ちます。

    みんな固唾をのんで下げ止まりのタイミングを探っているのでは?

    もうどんなに下がっても1438円下がるだけですから。
    今までの下げ幅考えればもう気になることもないですよ。

    あげるときは青天井(無限)ですから。

  • すごい落ち方ですね。感覚狂います。テンバガーならぬ1/10バガー狙えそうです。
    正直いえばここまで来ればあと5000株欲しいです。800円なら400万円かぁ・・・
    ワンちゃん狙いますか?皆さん。(泣)

  • 下げ止まらないので、買いも入らない感じでしょうか?
    皆さんおっしゃる通り、EVの流れは変わらないと思います。

    長期的に持てるなら、どこかのタイミングで買いに回ればよいと思います。
    プジョーさんの1,400&900はいいところでしょう。

    指標的にはもう止まってもいいと思いますが、売りたい人がいる限りはもう少し我慢でしょう。
    フェニックスではありませんが、不死鳥となるには炎で焼かれなければいけないのですから。

    とはいえ、もうこんがり焼けちゃってるんですけど・・・

    あと、配当20円はあると思いますよ(頼むよ・・・社長さん)。

  • >>No. 108

    5000円目標だったので、持ち続けてますよ。
    タマホーム1棟消しました(笑)

    機関投資家ではないので報告義務がないのが救いです。
    だから妻には報告していません。
    (聞いたら「くび!」と言われますから)

    損きりせず(できず)に頑張っている人に少しでも有益な情報を提供したいと思います。

  • 連日安値で辛いですね。高値からは半値八掛け二割引です。指標もPBR1倍割れ、PERも13倍。
    売ろうか迷っていましたが、迷う理由がなくなった気がします。まだまだ下がる可能性もありますが、新しく取り組む人にはチャンスがやってくるのでは?
    プジョーさんナンピン準備してますか?

  • >>No. 683

    逆に下回ることはないです。下回ればTOBに応じればいいだけなので。

  • ちょっと書き方に問題があるかもしれませんので補足

    >結果的に連結ベースでは22億円分純資産が
    >減少することになりますが、代わりにキャッシュ
    >を58億円得ることになります。

    もちろん 関連会社株式の額も減りますから、ここでは58億円現金化できるチャンスになったということです。

  • 素晴らしい( 〃▽〃) さん

    株探ニュースももう少し内容書いてほしいですよね。
    原因は関連会社である「フジ」の株式(フジの発行済み株式の10%)を売却し、その売却に伴う税金負担19億円と関連会社株式売却損3億円を計上するため連結最終利益が減少するというのが正しい記述ですよね。
    営業・経常ともに現状では変更なしです。

    間違っていたらご指摘ください。
    本来なら簿価の安い「フジ」を売却すると売却益が出るのでは?と思いますが、「アスティ」では確かに売却益が発生(簿価1株470円、売却益が約60億、実効税率30%弱で19億円)します。

    また、連結決算になると「4℃HD」の「関連会社株式」の額はフジの「取得原価」や「株価(時価)」ではなく「純資産額(の持ち分である20%)」の金額が計上されています。
    今回の売却では1株2142円での売却になりますので、18年2月末の「フジ」の純資産額「2,201円」を下回っています。売却株式数3,637,300 株×差額77円=約2億8,000万円のマイナス(関連会社株式売却損)として計上されます(多分純資産額は現在は2,201よりも大きいので約3億円なのでしょう)。
    もう少し簡単に言えば連結決算上、PBR1倍を下回った(フジのPBRは0.96)価格で関連会社株式を売ると損失が出るということになります。

    結果的に連結ベースでは22億円分純資産が減少することになりますが、代わりにキャッシュを58億円得ることになります。

    売却額77億円(税金で19億持っていかれるので58億円)を、経営陣はどのようにするのでしょうか?
    (現金化できるのは大きなチャンスですが、現経営陣(というよりは現会長)は「三鈴」の件でやらかしていますから、どこぞの企業の買収とかは慎重にやってほしいです)

    とりあえず、表面的な数値で思いっきり反応しちゃうのかと思うと、うつです。
    経営陣はこの売却で得た資金をどのように有効利用するおつもりか聞いてみたいものです。

    12月のクリスマスシーズン頑張ってほしいものです!
    (これが悪いとえらいこっちゃですから)

本文はここまでです このページの先頭へ