ここから本文です

投稿コメント一覧 (338コメント)

  • >>No. 8316

    出来高増は認知度向上への道標?

    ちなみに、
    38円をつけた3月22日は150万株、年初来高値の45円をつけた1月4日は600万株の出来高。

    更に、2011年3月25日に69円をつけた時は1000万株で、2005年7月26日に150円を付けた時は550万株程度を記録している。

    上場来高値1470円をつけた1990年3月2日の出来高は50万株程度。

    来年7月の東証での取引スタートへ向けて過去の記録を塗りかえて欲しいものだ!

  • >>No. 169213

    ご賛同のお蔭かどうかは解りませんが、急激に出来高が増えてきました。
    来年7月の東証での取引スタートに向けての投資スタンスですが、想定外で近いうちに一波きそうな気配も感じられます。

    南海辰村建設は現在30円ですが、今の内に仕入れて、長谷工を抜いたら、又、長谷工に戻ると言うのも一手では?
    但し、あくまでも投資は自己責任でお願いします。

  • ここまで下がっていたのにカラ売残が減らず。
    そろそろ出番では?

    熱烈歓迎!?

  • >>No. 31162

    南海辰村建設は現在30円。
    南海電鉄の子会社で関東圏で中小型マンションに実績のある元東証2部の辰村組を吸収合併。 来年7月からは親会社の南海電鉄と共に東証での取引がスタートします。 大証単独上場会社を狙えはこれからの投資スタンスとして有望!?

    ここは信用残の重さとデイトレ投資家の活躍(?)で雁字搦め?
    同じ建設株で小型の大証単独上場会社へ乗換えておいて。株価がここを上回ってきたら、再度好きな三住建へ戻るのも一手!?

  • 三井造船は来年7月東証での取引一本化に先立って、大証、名証での上場廃止申請に踏み切った。経費削減と効率化がその理由。 これからも複数の証取に上場している大手会社が同様の動きを見せるのは必死か?

    そうなれば、日本全国の投資家に東証・大証の統合により、7月からは大証単独上場会社も東証での取引がスタートして、有名な一部上場会社は別としても、2部上場会社にとっては新規上場並(?)に人気を集めるかも知れない。もちろん、東日本の通の方はそれを見越して先回りして仕込みをされると思われる。

    既にインターネットでも’大証単独上場会社を狙え’で検索をすれば様々な動きが進行しているのが解る。

    南辰の出来高は1ヶ月前とは様変わりに厚みを増している。果報は寝て待とう。

  • >>No. 24801

    数量商いもOKのようだし、時々の鐘の音さんも熱烈歓迎!

  • >>No. 169242

    長谷工には現在の信用残の整理がもう少し必要で、1日の出来高が長谷工単体で3億株位に盛り上がらないと3円程度の値動きで大量の売り買いを繰り返しているプロには勝てません。例えば54円で100万株買建をして56円では200万株の売り(100万株の売落 +100万株の新規売建)を出す。これの繰返しです。

    南海辰村組(1850)は南海電鉄の子会社の南海建設と元東証2部上場の辰村組が合併して出来た小粒のゼネコンです。

    1)現在大証2部単独上場ですが来7月より東証での取引がスタートします。
    2)先週末に過去6ヶ月間での高値・出来高数を更新しました。
    3)チャートもMACDも美しい形をしています。
    4)今週の目標は35円を突破して、年初来高値(45円)に限りなく接近です。

    南海辰村建設の波に乗り、万が一にも長谷工株価を上回ってきたら大好きな長谷工に戻るのも一手では?
    (但し、投資判断は自己責任でお願いします。)

  • >>No. 31283

    ご検討有難う御座います。
    指摘の件ですが、
    南海辰村建設の時価総額現在の株価(33円)でも時価総額は一部会社の飛島建設並で資本金が過大ではとの指摘は正しいと思います。これは元東証2部上場であった辰村組との合併が理由です。 しかし、安定株主が殆どで浮動株率は9.1%のみで投資ファンドの大量所有も無く鉄壁です。
    1株当たりの株主資本(BPS)も南辰は19円程度有りますが、三住建のBPSはー27円程度で実質債務超過会社です。三井住友グループの唯一の
    恥部会社です。 有り得ないとは思いますが、グループ全体で決断して抜本再構築となれば青木建設のように100%減資して、再スタートも?

    南辰に関しては来7月東証2部スタートして、株価回復、復配見通しが立てば時価総額の大きさから東証1部への指定替えも近いのでは考えます。

    先週末に過去6ヵ月間の高値・1日出来高数も更新してきました。
    今週の目標は35円を突破して年初来高値に限りなく近づくことです。

    参加をお待ちしています。(但し、投資は自己責任でお願いします。)

  • >>No. 31301

    確かに三住建と比べれば南辰は大証2部単独上場の超亜流株です。小粒にしては資本金過大も事実です。 しかし、南辰の浮動株率は9.1%(約2,600万株)のみです。

    三住建にとっては最大チャンスと思われる年末に54円ー65円当たりで仕入れた方のの信用期日到来です。 一方で、南辰はすでに先週末に過去6ヶ月間の高値(32円)をクリアーしていて身軽です。

    お互いに競い合いましょう。

  • >>No. 8349

    何とか30円以下で仕入れたいのは理解できますが、時には決断力も必要です。 明日の寄付きで仕入れられる事をお勧めします。 投資スタンスとしては来7月の東証での取引スタートに向けての相場を期待するもので、40円以下は安心買いの感有り。(但し、投資はあくまでも自己責任で!)

    代金を払うよう訴えているのは南辰の方です。 大覚側は何とか割引価格での示談に持込みたいのでは? 既に貸倒引当金を積んであるはずですから、裁判もしくは示談が成立すれば、逆に特別利益が出るかも知れませんね。

  • 始値  37円
    高値  45円
    安値  35円
    終値  42円
    出来高 6,093,000株
    信用買残 3,918,000株

    あくまでも参考資料です。
    果報は寝て待とう。

  • 2012/12/04 09:00

    今春策定された’3ヶ年経営計画’の基本方針は
    1)目標受注工事高の確保 - 消費増税と社会基盤の再構築が後押し!
    2)各年度必達目標利益の達成 - 26年度の経常利益8億1千万円(今期予想7億7千万円よりたったの4千万円UPのみ!)
    3)復配の実現。

    現在の環境からすれば26年度の復配は確実で、場合によっては25年度にも可能か!?

  • おめでとう御座います!
    南海辰村(大証単独上場)は来7月より東証デビューします。

  • この一ヶ月程度で出来高は数段とボリュームアップされてきたのはそれだけ先高予想をする投資家が増えてきた証しに他ならない。 来7月からの東証デビュー、消費税増税前の駆込み需要、老巧インフラ整備必然性等々と南辰に取ってはこれまでに無い好環境の大波が押し寄せてくることが想定される。

    信用買残が500万株程度になるまで中長期の投資なら安心買いか?
    (投資は自己責任で!)

  • 早くも各新聞社・通信社が自民圧勝の勢いを伝えている。 年末にかけて建設株には集中的な大相場が津波のようにやって来るかも知れない。 建設株から50円以下の株が無くなることも想定される。(見果てぬ夢!?)

  • 三住建ホールダーの皆さん、年末ジャンボ当選おめでとう御座い舞う!
    1日出来高3億株をめざして建設株全体を引っ張って行って欲しいものです。

    利確者の皆さんは1850(南海辰村 - 来7月東証デビュー)で株数を倍増して年を越しましょう。(投資は自己責任で。)

  • >>No. 8344

    K氏、般若の会、時々の鐘の音もそろそろーーーーーーーーの感!?

    (果報は寝て待とう。)

本文はここまでです このページの先頭へ