ここから本文です

投稿コメント一覧 (1767コメント)

  • 損切り撤退後、
    再参戦の機会を狙ってるけど まだ早い??
    毎日チェックするために 100株だけ買いました。

    新型肺炎がピークアウトして、企業・経済指標の悪化を見た後に
    金融緩和効果で ミニバブル的な金余り相場が到来かも。

    今は日経平均空売り型を握ったまま、様子見。

  • もう一回1600円割れをリクエストしたけど、
    ココまで下げろ とは言ってないよ!

  • ここからは がまん比べ。

    新型肺炎は暖かくなれば収まるかな??
    でも、企業、経済指標の悪化はすでに始まってる。

    金融の下支えは中国の18兆円をはじめ、ほかの国でも大規模になる可能性も。
    肺炎がピークアウトして落ち着きを取り戻せば
    金融緩和効果で余ったお金がリスクオンに向かうはず。

    それまでは、日経平均空売り型を握りしめて。
    タイミング良く底値付近でドテン返しできれば。。。

    となれば、往復で儲かる。
    今は、おとなしく様子見。

  • 6.5%上げとはいえ、安く?買い増すことができて良かったかな。

    銘柄の入れ替えでココが投資先で2番手に。。。
    今回のIRがなくても 今期業績・来期予想とも期待できるので。

    ドコモが同時にIRを出してくれていたなら、
    S高だったかも知れないけど 良い買い場だったかな?

    地合いは不安だけど、日経平均空売り型でヘッジ済みなので
    この先 下げるなら1番手になりそう。。。

  • ドコモのスマートライフ事業全体で 今期4000億超ですが
    dショップの流通高は200億台ではないでしょうか??

    マージンは見当が付かないですが、
    ココのコンシューマーサービス部門の営業利益率は2%ほど。
    同程度なら、ドコモと折半の場合でも1%ですが、どうだろう。。

    サイト運営の受託と合わせて、安定的に数億の営業利益が生まれる。

    EC市場は巨大なのに、
    ドコモは手間の割りに現時点で利益が少ないので 丸投げしたのかな?
    サンプル百貨店の高成長もあっての英断。。

    長期チャートを見れば、楽しみが大きい銘柄ですね!

  • 機関の空売りは当面は入りにくい?
    出来高が小さい銘柄で空売りは危険ですから。

    今期は3Qは良かったし、上方修正も期待出来る内容。
    空売りで押さえ込むことはできても、
    出来高が少ない銘柄を買い戻す時、大損しかねない。

    18年8月に日証協の貸株残高が100万株超の時期もありますが
    その年は、3回も下方修正を発表して、
    当初6.7億の経常黒字予想を 0.5億の赤字予想に修正した
    ボロボロ決算(実績は+0.8億)だったみたい。
    漏れていたから、機関は空売りを積んだんでしょうね。

    2/7時点の日証協貸株残高は14万株。
    今回のビッグIRで踏み上げるなら 予想外に跳ねるかも。。

  • IFRSでは、のれん の多くは償却対象外で、資産に計上されるようです。

    今回の収益性低下の原因が、よく分らない。。。

  • 今日は少しだけ追加。

    来月の経済指標はネガティブが続きそう。。。
    個人投資家のマインドは冷え切ってるし、先行きも不透明。

    でも、ここの業績自体は安心出来そう。

    ヘッジは日経平均空売りダブル(1357)で。
    日経平均が5%下げても、ここは そこまで下げないと思う。
    儲けは減っても保険は必要かも。

  • >>No. 115

    おお、同志。。

    自分もここに居ついて数年。
    トータルでは儲かる。。。
    だから粘着。

    ボラがデカいので、爆益と大損の繰り返しだけど。
    今回はヤラれてます。。。

  • 数字は まあまあ。
    だけど、自分はもっと上を期待してたので。。

    前期比で 営業外収益が減り、営業外費用が増えていて
    1.4億ほどの減益要因です。

    本業が順調なだけに、残念。

  • 決算数字は冴えないけど、ココまで売られるか??

    また大口が やってるのかなあ。。
    ただS安から浮上してるし。
    月曜は下げるなら、買い??

  • ビッグIRですね。

    NTTドコモと提携して「dショッピング」の共同運営。
    ここの子会社AALMが
    「運営主体として本サイト全体の出店社サービスやカスタマーサービス、
    サイトシステム構築を行い、・・・」
    とあります。

    18年3月期は 同サイトの流通高は180億、42社が出店。
    19年は未公表らしいけど このサイトにはNTTドコモは力を入れており、
    数字は順調に拡大しているはず。
    現在はポイント20倍キャンペーンで利用者の掘り起こし中。

    ここのパートナーに選ばれたこともすごいし、
    「運営主体として」というのは いい。

    7月協業開始らしいけど、売上マージンとサイト運営の収入は
    ココにとってはデカいはず。

  • >>No. 400

    今期は予断を許さない状況みたいですね。

    丁寧に ありがとうございました。

  • なんだ、こりゃ!!!

    決算書見ないと、何とも言えないけど。
    売上は伸びて減益なので。

    ただ、売上の伸びが低い。。。

  • 本決算・来期予想にはとっても期待。
    でも、目先の値動きとは別。
    なので、半分以上は売っちゃった。。。

    今日で赤三兵なので、明日は今日の高値より上で売る、
    というのが自分のセオリーですが、今日の長い上ひげ見ると厳しいかな?

    もちろん、下げたところで買い戻します。

    先月末は相当ハラハラさせられたので、とりあえずは一息つきたくて・・・。

  • >>No. 392

    >新オフィスはほぼ費用かかってないよ。

    そうなんですか??

    3Qで営業費用が大幅に増えているのは、
    何が原因だと推察されますか?

    新オフィスの費用が大きくない、
    と思われる根拠も教えていただければ勉強になります。

  • 自分も地合いの調整は近々あると思うけど
    ヘッジは日経平均空売り型(1357)で。

    23800円程度で空売りなら、
    当面は上がったとしても知れてると思うし、戻すシーンはありそう。

    ここは。。
    今日発表される日証金の貸株残高を見てみないと。
    大幅に増えていると思うので、粘ってもいいような。

  • 決算みればこうなりますよね!

    良かった、良かった。。  ホント良かった。

    本決算・来期予想も期待。

  • 明日の決算は いい数字を期待。

    ホームズ事業の値上げでは 会費と反響課金に対して大幅な値上げがあったし。

    会費は有価証券報告書に記載されているランニング売上に該当すると思うけど
    前期は128億。
    そのうち、値上げの対象とならないモノもあるようだけど。

    反響課金は同95億。

    値上げは大幅だったし、前期末時点では会員数の減少は小さかったみたい。

    海外のMitulaの1Q分も純増。

    前1Q比で 大きな?売上増を期待。。。

  • 業績の向上を見込める決算だと思うけど。

    コンシューマーサービス部門の主力である「サンプル百貨店」は
    サイトの改良によって売上の伸び率が EC市場全体の伸び率の2倍の高成長になってます。

    マーケティングソリューション部門では安定した収益を得るために
    トライアルの最中。
    わかりにくいけど、従来のビジネスに加えて
    ネット広告業界で「広告代理店の元締め」のようなプラットフォーム構築を目指しているみたい。

    前期から今期にかけて
    前者では物販サイトの整理で6500万ほどの特損を計上、
    後者では開発投資の増加もあり、冴えない利益水準。。。

    売上の伸びは順調だし、特損・投資負担がある中で
    浮上を感じさせる3Q決算だと思うし 来期以降は収穫が始まるのでは?

本文はここまでです このページの先頭へ