ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • ワラント期間が終わらないとやはり上昇に転換するのが厳しいようですね。

    MSワラントとは何かをあまり聞き慣れない方もいるかと思いますので、興味がある方は下記記事をご参照ください。
    https://kabukiso.com/column/msso.html

  • 慌てて損きりする必要が無い。
    なぜなら、決算は予想を下回っていないから。

    好決算を想定しても株価が高すぎた調整はすでに1ヶ月前に調整済み。

    昨日決算発表後のPTSを調べてみればわかるはずで、少しの下りのみで、ほぼ横ばい。

    この株は、タピオカなんかに注目すべきでは無い、タピオカはあくまでも一つのPB商品のみ。

    「冷凍野菜」と「日常必須品が安く買える」の2点に注目すべきだ。

    ここ数日株価が上昇しているが、世界の景気が確実に下がっていく。
    ヨーロッパもアメリカも中国も、金利を下げたりして景気後退を見据えていろいろな対策を練っている。

    けど日本は景気対策の打ち手がほぼ残っていない。その上、来月から増税予定。今更増税を延期することなんかできないので景気悪化が目に見える。

    景気悪化でも日常必須品は買わなければいけない。だから業務スーパーは10月以降さらに業績を伸ばしていくはずだ。

    冷凍野菜も一つのキーワード。ここの皆様はあまりご存知無いかもしれないが、昨年野菜値段が暴騰した。理由は天候が悪く新鮮な野菜があまりとれていなかった。今年はどうなるか分からないがこの数日の天候だけでも秋の野菜収穫に大きな悪影響を与えているだろう。

    昨年の野菜高騰で始めて業務スーパーの冷凍野菜を買う人も多かった。我が家もそうだが、案外悪くなく使いやすいのでその後も冷凍庫に常備している。

    野菜の収穫が恵まれない時、業務スーパーがまた助けてくれるだろう。

    冷凍野菜は安定して棚に並べる。常に新鮮野菜より安いので天候が良い時もあり買う人がいるし、天候不順な時にさらに重宝される。

    株を買うのは企業に投資してあげていることを忘れてはいけない。

    景気が悪くなるという「灰色のサイ」に対処すべく、神戸物産さんに引き続き応援したい。

本文はここまでです このページの先頭へ