ここから本文です

投稿コメント一覧 (588コメント)

  • 先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露してから数年。
    小保方が前々から言ってる通りの展開です。
    何年か前のD600の品質偽装はニコンなりに考え抜いた思い切った施策でしたが、案の定失敗に終わりました。奇策のつもりが順当に信用を落としました。
    前述の社長は取締役会で激しく自主廃業を主張しましたが、結局受け入れられずに静かに去ったとのこと。そして数年が経過してニコンはこの無様を晒しています。
    自主廃業は今からでも真剣に取り組むべきです。

  • 新参ソニーがカメラ最高級市場で初のシェア1位、悩むキヤノンとニコン(ダイヤモンド・オンライン)

    カメラしかないニコンの社会的存在意義は日に日に細っていきます。
    先代の社長は富士フイルムの優秀な社員達の活躍を描くCMを見るのがとてもつらかったそうです。そして、ある日の経済雑誌からの取材で自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業への思いを吐露したのです。

  • 小保方ハートフルフェスタ2019開催中

  • これからカメラ市場をけん引するのはキヤノンとソニー。ニコンは自主廃業を選ばなければ惨めに倒産するしかないでしょう。小保方の分析は鋭いです。

  • 私、小保方は正しい。

  • 今回の社長交代はいよいよ自主廃業に向けて本気で取り組むぞというメッセージでしょう。

  • 富士フイルムに出来てニコンに出来ないことはたくさんあります。
    ニコンに出来て富士フイルムに出来ないことは何もありません。
    カメラのシェアは依然、キヤノンがダントツのトップだけれど、キヤノンにとってカメラは今や「ついでにやってます」的事業で、明日、カメラの需要が完全に尽きても蚊にかまれた程度です。ニコンにとっては存在意義の消滅を意味しています。
    先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露したのは、先見の明があると思います。
    自主廃業待ったなしだと思います。
    私は正しい。

  • 私は間違っていない

  • コニカミノルタ、米遺伝子診断を買収 革新機構と 2017/7/2 2:00 日本経済新聞 電子版

    経済産業省がニコンを見捨てているのを如実に表しています。
    先代の社長が富士フイルムのCM(Value from Inovation)に登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露してから数年。自主廃業推進プロジェクトは粛々と進んでいます。
    経産省からのニコンへのオーダーは「とっとと潰れろ」、これだけです。

  • 取締役数を2割削減するそうです。やっと、自主廃業の意思をはっきり表してくれました。
    先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露してから数年。素晴らしい判断です。

  • 私は、生まれて初めて、分析がはずれるのか?

  • 半導体関連事業は売り上げほぼゼロのところに訴訟起こされ、とどめ刺されてジエンド。
    キヤノン等他社が既についでにの感覚でほそぼそやってる唯一の主力(もう主力と言える利益は出ない)カメラ事業でさえ、訴訟起こされアメリカから追放確実。
    もはや会社運営している意味がありません。
    先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露してから数年。
    自主廃業、近し。非常に近し。
    自主廃業推進プロジェクト、お疲れ様です。

  • さぁ、いよいよ来るぞ、自主廃業宣言!

    高畑、将棋はわかりませんが、投了は明日か来月か!

  • 明後日月曜日から、自主廃業推進プロジェクトは大忙しです。

  • ニコン、止血の成果は? 規模追わず利益重視
    2017/5/11 18:46 日本経済新聞 電子版
    「構造改革の第2フェーズに移り、収益改善に向け改革を加速させていく」。

    嘘だ。自主廃業だ。

  • 2017/05/11 15:17

    さて、Ladies and Gentlemen。
    私のずば抜けた洞察力、分析力、観察力に驚愕されていることでしょう。
    何を隠そう、私の頭脳はIQ135です。
    私は決していいかげんなことは言いません。

  • 先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露してから数年。
    今日、その答えのヒントが決算の数字と言い訳に現れるでしょう。
    ニコンは非常に近いうちに必ず、自主廃業に追い込まれます。
    ニコン全製品の需要が完全に枯渇してしまいます。
    しっかりした根拠があります。
    ①ニコンには、新しい価値を創造する能力はありません。富士フイルムを対比させればわかりやすいです。
     富士フイルムに出来てニコンに出来ないことは腐るほどある。
     富士フイルムに出来なくてニコンに出来ることは何一つない。
     ニコンに出来て富士フイルムに出来ないことは何一つない。
     ニコンに出来なくて富士フイルムに出来ることは腐るほどある。
    ②私の分析どおり、コンパクトデジカメの需要はスマートフォンの普及によりほぼ途絶えてしまいました。
    ③頼みのレンズ交換式カメラも、D600等の性能偽装訴訟敗訴などで信用と信頼を完全に失い、ただでさえ市場が縮小するなかでシャアを劇的に落としています。ブランド別人気、信用は依然としてキヤノンがダントツですが、とうとうLUMIX(パナソニック)に追い抜かれてしまいました。
    ④レンズ交換式カメラは徐々に、そして時に加速しながら需要が尽きてきています。
    ⑤半導体露光装置の惨敗は年初に会社が認めています。今後も引き続きもう二度と利益は出ません。
    ⑥藁をもつかむ気持ちで参入した医療事業は完全に失敗しました。

    とにかく、15時を待ちましょう。高畑の主張の正当性が証明されます。
    他にも解説したいことはありますが、まずは大惨敗、悲惨決算が開示されたあとにしましょう。

  • ニコンは2018年3月期から事業部門の経営管理の指標として投下資本利益率(ROIC)を導入する方針だ。
    売り上げや利益の絶対額ではなく、収益性を重視する風土を根付かせるのが狙い。

    自主廃業決めた会社が何やってんだか。もう廃れるしかないカメラ造る能しかないし、しかもその能さえ危うい状況。
    (今年、開発断念したほど)。
    株価は順調に自主廃業を反映し続けている。

  • D600の性能偽装を訴えられて、会社の威厳を守ろうとしたのか無理に抵抗して法の場で粗悪品製造会社を公式認定されたニコン。
    その個人株主(この掲示板特有なのか?)は、本当に義務教育を受けたのか?と思うほど低能。
    そりゃ、自主廃業やむなし。

  • ニコンの悲惨なブザマさが日経新聞にぶちかまされるとうの前に、私はニコンの自主廃業の可能性に言及した。
    まさしく私の卓越した洞察力の賜物である。
    いや、富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして自社の能力に絶望して嗚咽しながら自主廃業の提案を決めた先代の社長のほうがよっぽど先見の明があるだろう。
    この掲示板への投稿者の中では私の頭脳がずば抜けて優れていることは確かだ。
    (他の投稿者のレベルが低すぎるという話もあるが)

本文はここまでです このページの先頭へ