ここから本文です

投稿コメント一覧 (117コメント)

  • 自社株買いもコツコツ頑張ってるね。買い入れ上限に対する買い入れ余力は、株数で約2倍、金額は約3倍残ってて、金額の余力の方が大きいから、もっと高い株価での買い入れを増やしていっても良いんじゃないかな?と思う。
    まあ、2月末までコツコツ買い入れお願いします。
    東京近郊や箱根、長野や福島に至るまで台風被害が甚大だったから、こんな時間までツイッターなどで色々調べてたけど、台風被害に関連して、紙の需要はどうなんだろうか?関係あるのだろうか?

  • 今回の台風被害は、東京近郊だけでなく、箱根や長野、福島に至るまで広範囲で、河川の氾濫や堤防の決壊に伴う住宅への被害も甚大だったけど、災害復旧や住宅建て替えなどに関連して、コロナの住宅設備機器や暖房機器への需要は如何に・・・これから寒い季節になるし・・・

  • 今回の台風被害は東京近郊だけでなく箱根や長野、福島に至るまで広範囲で、橋や道路の寸断、堤防の決壊による住宅への被害なども相次いだけど、災害復旧に関連して岩崎電気の照明の需要は増えないのか?

  • こんな時間まで台風被害や半導体関連を中心にツイッターやニュースチェックしてたけど、自分は頭悪いから単純に考えてだけど、東京近郊や箱根、長野、福島等に至るまで、洪水や浸水被害が広範囲に発生してるから、高島の住宅資材や建築資材の需要も大きいんじゃないか?と思った。
    それに、ちょうど10月1日付で株式会社レストの全株式を取得して完全子会社化したけど、そのIRを見たときは「これで高島もトイレ関連か~(笑)」って思ってたけど、子会社レストを含めて高島も建て替えやリフォーム需要とかも取り込めないのか?とも思った。

  • >>No. 586

    参考までに、以下は本日のFLOSFIA社のIR。(中略)部分は、586番投稿の酸化ガリウムの説明と大体同じ。
    今日の場中に出たこの材料でどうこうでは無いけど、伯東の半導体商社としての評価や、来期辺りから主要な自動車メーカーが電気自動車量産を本格化させていくとの報道がある中での世界初の酸化ガリウムパワーデバイス量産に係る国内販売代理店契約なので、伯東の将来の楽しみが一つ増えた印象。
    今月下旬に開催の東京モーターショーでの国内主要自動車メーカーの量産型電気自動車発表なども、併せて注目したい。

    「この度、FLOSFIAは、伯東株式会社及び協栄産業株式会社の2社と国内販売代理店契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
    両社は、国内の販売代理店として、FLOSFIAが手掛けるコランダム型酸化ガリウム製パワーデバイス(以下、「GaO®パワーデバイス」)製品の取り扱いを開始いたします。
    (中略)
    FLOSFIAは、本契約締結により、パワーデバイスにおいて豊富な経験と多くの販売実績及び販売チャネルを持つ伯東および協栄産業とのパートナーシップを通じて、より強固な販売体制を構築するとともに、GaO®パワーデバイスのさらなる販売拡大を進めてまいります。」

  • 2019/10/15 23:41

    2019年10月15日 13時過ぎ頃 伯東IR

    「株式会社FLOSFIAと国内販売代理店契約を締結 ~世界初、酸化ガリウムパワーデバイスを量産販売~」
    当社は、この度、京都大学発のベンチャー企業である株式会社 FLOSFIA(本社:京都府京都市、代表取締役社長:人羅俊実、以下「FLOSFIA」)と国内販売代理店契約を締結し、同社が手掛けるコランダム型酸化ガリウム製パワーデバイス(以下、「GaOⓇパワーデバイス」)製品の取り扱いを開始いたします。

    酸化ガリウムは、優れた材料物性ゆえ近年注目され始めた最先端の半導体材料です。FLOSFIA は、酸化ガリウムのなかでも、天然に存在しない特殊な結晶構造「コランダム構造」を人工的に合成し、パワーデバイスに応用する技術開発に取り組んできました。このコランダム構造の酸化ガリウムは、低損失化の材料ポテンシャルを示す「バリガ性能指数」において、従来材料のシリコンに対して約 7,000 倍、シリコンカーバイドに対して約 20 倍となる圧倒的な物性値を示しており(FLOSFIA 推定)、電気自動車や産業機器、民生用小型電源などさまざまな機器に搭載することで電力変換損失を劇的に低減する効果が期待されます。
    FLOSFIA は、これまで世界トップデータである特性オン抵抗値 0.1mΩcm² を達成、デバイスレベルでの材料ポテンシャル実証に成功しています。さらに GaOⓇパワーデバイスの最初の製品として SBD(ショットキーバリアダイオード)のサンプル出荷を世界に先駆けて開始、2019 年 7 月には新しい製造拠点でのクリーンルームの稼働を開始するなど、2020 年の量産販売に向けた準備を進めています。加えて、嘱望されるノーマリーオフ MOSFET(電界効果型トランジスタ)の動作実証にも成功しており、より幅広い領域への展開を目指しています。

    当社は、本契約締結により、パワーデバイスにおいて豊富な経験と多くの販売実績及び販売チャネルを通じて、より強固な販売体制を構築するとともに、GaO®パワーデバイスのさらなる販売拡大を進めてまいります。

  • 二つの意味ですみませんでした<(_ _)>
    自分の今の投資方針は短期回転型では無く、細かく分散投資でkimotoは全投資額の40分の一程度で少額というのが大きいですが、
    一つは、投稿してる内容程にはkimotoの先行きや株価に全く心配していない事です(足元の業績には全く期待してませんが、先行き5Gスマホ発売&買い替え需要が年々高まっていく事は確度が高いと考えている事と、車載用フィルムの件、時価総額以上の現預金保有と2万円以下で買える100円台の株価水準という所に安心感があるというのもあり、買値に戻ってくれば倍数買い増ししても良いかな位な気持ちです)。
    二つは、きもと米、美味しいんですね!ディスってスミマセンでした!!
    お二方にお詫び申し上げます。

  • おい!キモティー!!
    今日は日経400円高でTOPIXも大幅高でみんな頑張ってるのに、TOPIX銘柄のお前はダメだな!他にダメなのは優待の寿司だぞ!
    何でダメなんだ!四季報の記載が悪いのか?もしかしたら1円高でもお前は凄く頑張ったのか?コメなんかやってるからじゃないのか?
    それでも俺はお前を見捨てない。。。何故ならば、100円台の株価だから。そして借金無くてお金持ちだから。。。借金は嫌いだ!お金持ちは好きだ!!!
    そして、今期中間期はどうでも良いから、今期後半から来期は今期中間期よりも良くなると期待しているぞ!!!

  • >>No. 585

    一方、今回の台風に関して、「台風 橋 崩落」でツイッターやグーグルで検索してみると、
    ・上田電鉄別所線の橋きゃく、一部崩落 上田市
    ・甲州街道の橋、崩落の恐れ
    ・東京・日野橋で道路陥没、橋崩落の恐れ
    ・唯一の橋が崩落し孤立 不通の鉄道橋を緊急利用 福島 矢祭町
    ・長野県東御市の田中橋崩落で車3台が転落、行方不明者も
    をはじめとして、多くの橋の崩落や被害が発生している様子。

    こういった報道を目の当たりにすると、「駒井は4月22日のIRに『2018年9月に発生した台風21号により、大きな被害を受けた関西国際空港連絡橋損傷に伴う災害復旧作業に対して、西日本高速道路株式会社関西支社より感謝状をいただきました』とある様に、最近も台風に伴う橋損傷の早期復旧実績もあるし、足元の受注残が少なかったりするのが逆に橋復旧需要を取り込みやすいんじゃないか?」「補正予算で国土強靭化を組みやすいし、堤防だけでなく橋復旧も社会生活に不可欠では?」と自分は考えてしまい、終わった中間期までの業績どうこうよりも、ついつい先行きに頭が行ってしまう。。。

  • 自分は頭悪いんで「公表されてる数字の受注残が多いから買い、前の四半期の業績進捗率が高いから買い」「その逆なら売り」ではなく、皆が知ってる数字や足元の決算を重視するよりも、先行きへの期待や財務、世相などを勘案して株価水準が割安か否か、次の四半期より更にその先の来期以降が今よりも良くなるのか否かで投資判断をしてしまう。
    「これから駒井お膝元の大阪で、万博開催も決まったし、大阪IRが決まるかもしれないし、普通に考えれば大阪都市再開発や高速道の整備とかもあるんじゃね?」「リニアや名古屋再開発もあるんじゃね?」「それでPBR0.2倍台で1600円台?1700円台?株式併合前だったら160円や170円の株価水準で安くね?」
    台風での工場被災に関しても、「一時的に特損あっても後々保険金支払われて、ある程度賄えるんじゃね?」「操業度低下して一時的に業績落ちても、その先で操業度上がるから良くね?」と頭が悪いので考えてしまう(もちろん、一時的に株価は上下するだろうけど、ノイズの範囲という事で)。

    駒井ハルテックの先行きに対する自分の見立てとの擦り合わせに関しては、道路構造物ジャーナルに今年9月11日に掲載された「2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ②駒井ハルテック」の社長インタビューが参考になった。

  • 業績悪くて株価が下がった方が掲示板賑やかだね。
    上方修正してもう少し賑やかだと思ったけど。
    詳しくは中間決算で損益計算書などを見たいけど、個人的には、広告宣伝費とか販管費を圧縮すれば、この売上で黒字を出せるんだという事が分かったので、早く優待復活してください。もしくは今の2倍の株価のPBR2倍水準で、ゼンショー株と株式交換でも良いよ。ジョリーパスタのPBR4倍程度よりはお得だし、優待無くなっても見切らないで株主やってる人にも良いでしょ。既にココス株の半分以上はゼンショー(日本レストランHD)とココスが自社株で持ってるんだからさ。

  • 「米グーグルが次世代高速通信「5G」に対応したスマートフォンの試験生産を開始したことがわかった。2020年前半にも発売する可能性がある。」
    詳しくは今晩の日経電子版参照だけど、来年5Gは熱いのか?

  • こんなん出てました。地域貢献も大事ですかね。
    「2019年(令和元年)9月10日(火)、「新滝見橋上部工工事」(兵庫県加東市)の現場において現場見学会を開催しました。現場見学会に参加されたのは、滝野東小学校1・2年生の児童約160名です。(中略)新滝見橋は、近畿地方整備局から受注した橋長131mの鋼3径間連続非合成鈑桁橋です。」

    【駒井ハルテックと九州整備局】橋梁現場見学会を開催
    (建設通信新聞公式ブログ)
    「駒井ハルテックと九州地方整備局有明海沿岸国道事務所は3日、福岡県大川市で地元の中学生を対象にした出張授業を開いた。同社が施工する有明海沿岸道路の「国道208号大川高架橋上部工(A1-P4)工事」で初めて現場代理人を務める吉田恵子さんや設計担当の在原優佳さんら女性技術者が中心となって土木の魅力を伝えた。(中略)駒井ハルテックが整備している大川高架橋上部工(A1-P4)工事は長さ209m、重量約600tの鈑桁でことし5月に着工し、10月末に工事を完了する。」

  • >>No. 305

    「グーグル、来年にも5Gスマホ投入 ハード強化鮮明に」今晩の日経記事。
    試験生産を開始したらしいので2020年前半にも発売される可能性がある、との事だが、詳細は、日経記事や、15日にグーグルがアメリカでイベント開くみたいだから、その辺りを注目といったところだけど、グーグルは5Gスマホでアップルを先行する動きみたい。
    6月初旬にキモティーを分散投資の一環で買った時は5Gスマホは先の話と思ってたけど、最近の記事を見ると、思ったよりも早い印象。来年辺りは5Gは熱いのか?
    ついでに個人的にも、業績低迷時に新米などのコメ情報とか発信されると、「投資家から株式市場で資金を集めて事業を展開した上場企業が、何年も低収益なのに本業以外のコメに販管費を掛けてるのは如何なものか?コメ事業が赤字ならば選択と集中で主力事業に経費や人員を割くべきではないのか?もっと高収益体質になってから地域貢献のコメに取り組めば良いのでは?」と疑問に思ってしまうので、主力のフィルム、特に自動車関連の動向や、5Gに関する事項についてのIRやPRを求む。
    コメが好きで投資するなら、ヤマタネや、優待で本物のコメを送ってるく前澤化成、お米券をくれる高千穂交易とかで間に合ってます。。。

  • 半導体関連が上がってるのに、ここは確かにズコーッだ。
    高配当株の配当権利落ち後というのもあるけど、四季報の記載が悪いのも原因かね?
    まあ、自分は頭悪いんで、四季報の記載や目先の決算などよりも、ついついその先を見てしまう。
    先日、著名投資家の方のつぶやきで「次の10年で半導体市場がもう一個できるってすごいな。」というのを見つけました。
    情報ソースは分かりませんが、東京エレクトロンの社長が番組で何かしゃべった時に東京エレクトロンが上がりだしたので、その社長の発言なのか?他からの情報なのか?弱小個人投資家の自分には図りかねますが。。。
    ただ、すでに動き出した世界的な5G化の流れの中で、それに関連する半導体や電子部品の需要は確実に高まると思うので、個人的にも納得のつぶやき。

    株式会社シェアードリサーチのレポートによると、伯東は、ユニークな販売システムで同業他社に比べて低い在庫廃棄率を実現していたり(P20-21)、最近の案件では10社中8社は一度同社との契約を解除しても、また同社に戻ってきている(P27)という半導体・電子部品商社としての魅力だけでなく、「プリント基板製造関連機器を自社ブランドで開発・製造するメーカーの一面も持っている」(P18)という事なので、今後、5G化の流れの中で本当に半導体市場がもう一個できれば、単純に考えて伯東にも必ず恩恵があると頭の悪い自分は思ってしまっている。

  • こんなん出てました。逆に調査代くれ。。。

    2019年10月7日
    この度のシステム障害により、競輪開催を中止する事態となりましたことを、お客様並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
    今回の障害は、競輪情報システムにおいて不整合なデータが入力されたことに伴うシステム障害により、開催中止・順延・打切りといった一連の事象が発生することとなりました。
    これまでの調査の結果、当該システムそのものについての問題でないことが判明しましたので、安全性が確認されたものから順次開催することとなりました。
    今後このような事態が発生することがないよう、業界をあげて再発防止と信頼回復に努める所存でございます。
    なお、今回の事象は外部からの不正アクセスやサイバー攻撃といった事案によるものではなく、情報流出も生じておりません。
    お客様並びに関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたことを心より深くお詫び申し上げます。

    公益財団法人JKA会長 笹部俊雄

  • 投資判断はそれぞれなので、ここに投資妙味を感じない人がいるのも理解できる。
    自分も、脱プラという世界的な流れが無ければ紙関連であるイチカワや日本フエルトは買ってない。そうは言っても分散投資作戦中なので、イチカワも日本フエルトも投資総額の数十分の一程度しか仕込んでないけど。

    ただ、信用残もほとんど無い事でも分かるように、紙関連で注目度が低い一方で、イチカワの製品は紙の製造に不可欠で、国内や世界シェアも高いものの、時価総額が100億円未満と低い。
    だから、脱プラ特需などが発生した時の業績インパクトはデカい。

    特需が起こらなくても、高配当、低PBR、好財務なので、上値の大きさよりも下値の方が低いと思うので、リスク&リターンのバランスを考えれば、個人的には投資妙味を感じる。
    後は、決算の数字や株主還元の有無なども影響するので、現物株でノンビリ配当もらって放置が良いかなと思う。

  • 投稿削除された・・・
    面倒なので、イチカワに書いた投稿の頭だけ書く。
    日経電子版に出てた「日本製紙、「脱プラ」で狙うESG銘柄」の記事

  • 「村田などアップル銘柄に勢い 米中摩擦むしろ追い風」
    の日経記事など、米中貿易摩擦に関連して、日本企業にポジティブな感じの記事が出始めたし、ここ2年位、減少が続いてたスマホ販売も、買い替えサイクルの関係で今後三年間は回復していく見通しも出ているらしい。
    kimotoも日本国内やアメリカに工場あるし、米中貿易摩擦の漁夫の利を得るべし。加えて自動車業界版ISOであるIATF、VDA関連などの続報も求む。

  • >>No. 116

    日経電子版に出てた「日本製紙、「脱プラ」で狙うESG銘柄」の記事。
    既存の洋紙製造工程の塗装工程を改良するだけで製造可能な日本製紙のシールドプラスという新製品の話や、紙=脱プラ代替としてグローバル企業から注目されてるという記事の内容で興味深かった(詳しくは日経記事へ)。

    特にEUは2021年までに使い捨てプラスチックの一部販売を禁止したり、インドは2022年までに使い捨てプラスチックの全廃を目標とするなど、脱プラは海外の動きの方が活発な感じ。

    それなら日本製紙に投資すれば良いじゃないか!と突っ込まれるかもしれないけど、イチカワは製紙用製品での国内、海外シェアが高いし、時価総額が日本製紙2千億円<イチカワ75億円なので、イチカワに投資妙味がある気がする。
    もっとも、次の決算ですぐに結果が出るとかの話ではないけど、個別株の中長期投資は足元業績不振の割安で誰にも注目されてないけれど、将来に期待がある方が面白い。

本文はここまでです このページの先頭へ