ここから本文です

投稿コメント一覧 (782コメント)

  • こんばんわ。
    24日に投稿した金魚さんへのコメントが消えてしまっています。
    ここは、不安定になってるようですね。
    表示名をクリックすると読むことができます。うみさんの時と同じですね。

    26日に大腸内視鏡検査を受けてきました。
    19年前にがん性のポリープを切除したことがあるので、てっきりがんだろうと心配していましたが、ポリープの一つもありませんでした。検査結果は半月後に出るそうなのですが、たぶんなにもなかったのだろうと思います。

    検査は30分で終わりましたが、腸をきれいにする準備段階に4時間もかかって、待ち時間やらで六時間も病院にいました。朝からずっと絶食だしねえ。。。でも空腹感というのは、時間が経つとなくなりますねえ。初めて気が付きました。

    で、やっと検査が終わって帰ってくると、娘がインフルエンザで高熱を出していました><しかたなく家政婦はばたばたと働きました。

    また来年も家政婦はこき使われるのだと思います。。。
    皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。

    来年からは、ラインでよろしく。

  • こんにちわ。

    金魚さん、お久しぶりです。お元気そうでなによりです。
    お孫さんは、まだ小さいのかな?とっても可愛いけれど、疲れますよねえ。

    うちは五年生と三年生になりました。ほとんど手がかかりません。でも家政婦仕事は、相変わらず忙しいです。たぶん私が年老いたせいで、なにをするにも億劫になってしまうのだと思います。五年前だと平気でできたことが、今はできなくなりました。五年後は、もっとできなくなるのだろうと思いますねえ。。。それが老いるということなのだと実感しています。

    もし金魚さんがラインをされているなら、どうぞライングループに入ってくださいませ。このトピのメンバーの誰かの連絡先を知っていれば、ラインで繋がることができますよ。
    ラインのグループ名を変更しないとね。「掲示板グループ」にしましょうかしら。

    今夜はクリスマスイブですね。娘家族はケーキとピザでパーティをやるそうです。いつもなら私がご馳走を作りますのに、今年は、明後日の検査のためにご馳走を食べることができないので、作ることもできません。
    階下の自分の部屋で一人寂しくおうどんをすするつもりでしたけれど、それではあんまり可哀そうだからと、風さんが近所の美味しいお蕎麦屋さんに連れて行ってくれることになりました。いちばん値段の高いお蕎麦食べていいからねって、言ってくれたけれど、いちばん高くて美味しいてんぷらが食べられないから、悔しいですわ。
    でも、こういう時は風さんの価値がぐんとあがりますねえ。
    ちゃんとそばに寄り添ってもらえることの幸せを感じます。たいていいつもはウザイ。。んですけど^^;

  • こんにちわ。

    はなさん、お久しぶりです。手術されたとかで、たいへんだったでしょうけれど、今はお元気でなによりです。
    はっちさんとも仲良く暮らされているご様子で、良かったです^^
    もしラインをされているなら、ラインのグループに入ってくださいね。
    お忙しい毎日でしょうけれど、お身体大切にお過ごしください。

    あんずさん、ピアノのおさらい会が無事にすんでよかったですね。
    今年もあっという間に一年が過ぎてしまいます。
    私は、10月11月12月と、絵の発表会が毎月で、すっかり疲れてしまいました><

    うららさん、お母さんのお世話もたいへんですね。
    元の旦那様は年老いて、寂しくなってしまったのでしょうねえ。。。

    今年は健康診断の大腸検査で、初めてひっかかりまして、精密検査を受けることになりました。それがクリスマス前の26日。なんと二日前から、お肉やケーキを食べてはいけないそうで。。。どうすんの?いや~~と、大騒ぎしています><

  • こんばんわ。

    それでは、みなさん、来年からはラインでおしゃべりしましょう。
    グループの名前は、「あんずうみうららくもの会」ってことにしましょうか。
    ラインのほうがプライベートなお話もできますしね。写真も送れますよ。

    いまや若い人達は、パソコンは使わず、スマホでなにもかも済ませています。
    掲示板も使う人が少なくなっているのでしょうねえ。
    私は、風さんとも子供たちとも友人ともラインでお話しています。ラインなら外国からも繋がるしね。
    だけど文字を入力するのが、パソコンのほうが使いやすいのですよねえ。。。スマホは画面が小さいし、指でちょんちょんつついての文字入力がいまだにうまくできないしねえ。
    時代が先に進みすぎるので、ばーさんはたいへん><

  • こんばんわ。

    あらまあ、うみさん、お元気でよかったです。
    でも、書き込みが掲載されていないなんて、そんなことがあるのですねえ。
    へえ。。なすびのジャムですか。初めて聞きました。

    このテキストリームは、12月末で終了ということなのですね。とても残念です。
    うみさんとは、ラインでお話できますが、うららさんとあんずさんはラインをされていますか?ラインでグループを作ると、三人でおしゃべりができますよ。


    茨城県の大洗に一泊旅行して、あんこうどぶ汁を食べてきました。あんこうの肝をまぜまぜして、あんこうと野菜を入れて、水を一滴も使わずに作ります。板前さんが目の前で作ってくれます。
    あっさりしていて、とても美味しかったです^^
    ホテルでは、あんこう吊るし切りというイベントをやっていました。20キロもあるあんこうをさばいて見せてくれます。なかなかおもしろかったです。
    ご存知ですか?あんこうって、雌を食用にします。雄は、雌よりずっと小さくて、雌にくっついているそうです。食用にならないので、捨てられるか雌に食べられてしまうそうです。
    風さんが、俺みたい。。。って、失笑していました。

  • こんばんわ。

    関東も冷たい雨が降りました。
    うちの犬は、外でしか排泄をしないので、雨が降ると困ります。盲目になってしまったので、だっこして庭に連れていきます。いつも不安なのか、私の後を付いてまわります。階段の昇降ができなくなったので、だっこして登ったり下りたり。。。けっこうたいへんですわ。

    うららさん、妹さんが亡くなられたので、お寂しいことでしょうね。
    でもうららさんには、私やうみさんやあんずさんにはいない素敵な旦那様がいるじゃないですか^^私は、とても羨ましいですよ。

    娘夫婦と住んでいても、私は家政婦にすぎません。この家は彼ら家族のもので、私のものではありません。私は、彼ら家族の邪魔にならないように、小さくなって暮らしています。そういう暮らしは、とてもみじめなんですよ。
    うららさんは結婚されてよかったです。

    うみさんは、このごろご無沙汰ですね。元気かな?

  • こんばんわ。

    うららさん、東福寺に行かれたのですね。私は、東福寺の近くにも住んでいたことがありますよ。懐かしいです。

    あんずさん、メタセコイアの赤い並木道を見にいかれるとか。楽しみですね。

    今日は、かねてから楽しみにしていた赤坂の菊乃井に、風さんの招待で娘と三人で行ってきました。帰りに新国立美術館に寄って、大好きなボナール展も見てきました。すごく充実した一日でした。かなり疲れましたけれど。

    菊乃井の京懐石は、とっても美しくて、はんなりした優しいお味で、メインは、私の大好きなフグさしと合鴨のお料理で、娘と美味しいの連発でした。
    笑顔の可愛い若いイケメン板前さんとたのしくお料理のお話もできて、お誕生祝いの美味しいお赤飯をサービスしてもらって、板前さん全員からおめでとうございます!ってお祝いしてもらって、嬉しかったです^^
    高級料亭と聞いていたけれど、カジュアルな雰囲気で良かったです。

    風さんは、私にほんとうに素敵な思い出を、ほんとうにたくさんプレゼントしてくれます。素敵な思い出は、人生を生きる糧になります。
    たとえば、なにも高級料亭に招待するようなお金のかかることでなくても、この前は、私の大好きな洋ナシを突然もってきてくれました。その日私は娘と行ったコストコで洋ナシを買おうとしたら、いやぶどうにしてと言われて、我慢をしたのです。だからとても嬉しくて嬉しくて、ただそれだけのことで、風さんのことが大好きになるってわけですね。

    二人の関係は、ただの友人関係に過ぎなくて、いつ壊れるかもしれないけれども、いつまでもこうして幸せな温かい思い出を積み重ねていきたいものです。

  • こんばんわ。
    もうすぐ師走ですね。一年が過ぎるのが、毎年早くなります。

    うららさん、京都に旅行されたのですね。紅葉見物なら、嵐山かな?
    私は45年前は、嵐山に住んでいました。そのころの京都は、人も少なくて、良い観光地でした。今は、いつでもどこでもなんと人の多いことか。。。秋の三連休となると厳しいですよね。

    あんずさん、イチョウの黄色がきれいな写真ですね。近くに大きな公園があって、良いですねえ。

    昨日昔の人形劇仲間とランチ会をしました。その中の一人の友人が、激しいめまいと円形脱毛症に悩まされています。子供が独立して、気楽な夫婦二人暮らしになって発症したそうなので、夫源病ですね。
    夫のいない私は、夫婦揃って気楽な余生を送れる友人が、とても羨ましいのですが。。。孫たちと賑やかに暮らす私が羨ましいと、その友人に言われてしまいました。家政婦としてこき使われて、たいへんなんですけれどねえ。。。

  • こんばんわ。いよいよ寒くなってきましたねえ。

    犬は元気になりました。盲目なので、あちこちぶつかって可哀そうなのですけれど、ごはんもよく食べてくれるようになり、安心しました。
    私の赤ちゃんですから、だっこするたびにモフモフに頬ずりするのが、嬉しいのです。

    あんずさんの猫ちゃんもたいへんですねえ。
    私は毎月一万円でもお手上げで、子供たちに、○○ちゃん基金ご協力お願いしますメールを素早く打ちましたのですよ。旅行費がなくなりますからねえ^^;
    ピアノのおさらい会頑張ってね。趣味は、私も絵だけです。長く続けることが大切です。


    うららさん、私も手術されたほうが良いかもと思います。顎がはずれるって経験はないけれど、痛いのでしょう。あくびをしただけではずれるなんて、たいへんですよね。

    コラージュの絵の布地は、私の洋服と、振袖と十三参りのときの着物と七五三のときの帯を切って貼りました。親が買ってくれた古い着物を残しておいて、作品に使うことができたのが、なんとなく嬉しいです。
    油絵の教室の若い先生は、私のような年寄りにも意欲的にいろいろなことを教えてくれます。とても楽しいです^^

  • >>No. 19810

    あ、うみさん、私が誤解されるような書き方をしました。

    タイ旅行の費用を子供たちが出してくれるのではなくて、犬の入院費用と高額な薬代を、私と娘と息子で、三分割して出すという話なんですよ^^;
    犬は14歳です。心臓病の薬が毎月一万円、寿命が尽きるまで必要になりました。あと2,3年の寿命だと思いますが、私一人の負担では厳しいですから、子供たちにお願いすることにしました。こころよく引き受けてくれて、嬉しかったです。安月給の息子なんですけれどね。

    うららさん、うちの近所の回転すしも回らなくなりました。ちょっと、寂しいかな。

    写真は最近出来上がった油絵の作品です。布を使ってコラージュして、油絵具と色鉛筆で仕上げています。
    息子のような先生に習っています。自分では描けない斬新な絵を描くことができて、年老いた頭脳が若返るような気がします^^

  • こんばんわ。

    うちの老犬が、昨日の夜、呼吸がおかしくなり苦しんで、夜中にたいへんでした。私はほとんど眠れない状態に。。。
    朝、動物病院に駆け込んで、すぐさま緊急入院。ICUに入れられました。
    心臓が悪くなり、肺気腫を起こして、危ない状態でした。
    でもさっき見に行くと、すこし元気になって、しっぽをふってくれました。しばらく入院とのこと。
    入院費が高いので、タイ旅行はあきらめようと思っていましたが、娘と息子が出してくれると言ってくれてひと安心。三人で分割して出すことにしました。やっと子供たちも少しは頼りになるようになりました。

    うららさん、今は家電の寿命って、10年もたないみたいですねえ。昔のようにものを大事に使わないし、修理するにも部品は生産していないし、家電の進化が早いので、新品を買ったほうがお得みたいですよ。
    洗濯機を買い換えたら、ものすごくきれいに洗えて、水も節約できて、脱水後の洗濯物がふんわりしていて、乾燥機能もふんわり乾くので、びっくりしました。
    はるさんが次男で、よかったですね。ちなみにうちの娘婿も次男ですよ。娘は気楽です。

  • こんばんわ。

    あんずさん、赤ちゃんのお世話は、可愛いですけれど、なかなかたいへんですよね。
    私が孫の世話をしていたのは、50代後半。いまは、もう絶対にできませんわ。絶対にいや!ですわ。
    あんずさんはお仕事もされているので、よけいにお疲れになるでしょう。あんまり頑張りすぎないようにね。

    うちの老犬が、突然失明してしまいまして。。。足もかなり弱ってきたので、階段の昇降ができません。それでも私が動くと付いてきたがるので、いつも抱っこで移動です。トイプードルなのに、10キロもあります。食事も一日四回少しずつ与えて、排尿排便は外でしかしないので、抱っこして庭に連れていきます。でもお漏らしも頻繁です。一人で歩かせると、あちこちにぶつかる始末で、ほとんど介護状態。。。><
    それでも可愛い愛犬なので、頑張ってお世話しています。ジムに通って筋トレしているので、今のところは、私の足腰は大丈夫なんですけどね。けっこうたいへんですわ。

  • こんばんわ。

    うみさん、あの歌は、若き日の悲しみの思い出だったのですね。そういう気持ちを歌にして、記録しておくことができるなんて、うみさんの素晴らしい感性に感心しました。

    先日、お誕生日が来て、65歳になりました。
    ずいぶん長く生きてきたなあって。。。我ながら、びっくりしているところです。
    夫が居なくなって、20年も過ぎました。子供たちはすっかり大人になって、息子は独り立ちをして、娘は私に寄り添って、お互いにけんかしながらも仲良く暮らしています。

    iPhoneに替えてから、詐欺の変なメールが来るようになり、今日ももう少しでひっかかりそうになり、娘に叱られてしまいました><PCでも詐欺メールにすぐひっかかりそうになるので、娘と暮らしていなかったら、大変なことになりそうです。
    いつのまにか、子供に守られている年寄りになってしまっています。

    今月末には、風さんが、11月生まれの私と娘のお誕生祝いに、赤坂の菊乃井のランチに招待してくれる予定です。行ったこともない高級料亭です。
    私は近頃、興味と言えば食い気のみ。
    風さんは、私を喜ばせるために苦労してくれているのです^^;

  • こんばんわ。
    やっと風邪が、身体から抜けてくれました。ほぼひと月かかりました。

    うららさんは、旦那様がお風邪ですか。お大事にね。

    あんずさん、私は決断が早いのが自慢ですが。。。慌て者で、たいてい失敗ばかりしていますのよ。

    うみさん、短歌祭りに出品される作品は、そらさんのご臨終のときの気持ちを歌にされたのでしょうか?
    うみさんの溢れるような愛情と深すぎる悲しみを感じて、胸を打たれました。先生も手直しする余地のないほどの素晴らしい作品だと思われたのだと思いますよ。

    以前タイに行ったのは、18年前ではなくて、15年前でした。いずれにしても、あれから15年も過ぎたのですねえ。。。このトピにいろいろ書きましたから、うみさんも覚えていてくれたのですね。
    このトピも長く続いてますねえ。三人になってしまったけれど、頑張って続けていきましょう。
    元トピ主のまるさんって、お元気かしらねえ?

  • すこし、お久しぶりです。

    うみさんは良いお友達ができて、よかったですね^^お人柄がいいので、自然に人さまが集まってこられるのでしょうね。

    うららさん、ボランティアを毎日って、すごいですね。
    私もお友達は少ないですよ。なんだかこの頃は、風さんとばかり遊んでいて、女友達とは疎遠になってしまいました。。。人形劇の友達が多かったのに、やめてしまって、お付き合いがなくなりました。友達が電話してきて、寂しいと言われました。

    11月のはじめから、風邪を引いて、久しぶりに熱を出して、それでも公民館のイベントとかいろいろ外出することが多くて、なんとかこなしてきましたが、なかなか風邪が治りません。年のせいですねえ。

    来年の㋅にバリ島に旅行する予定で、一年がかりで旅程表を作り、ホテルも予約して、楽しみにしていたのに、先日ガルーダ航空の直行便のチケットを買おうとHPを見たら、売り切れてました><が~ん。。。八か月も前なのに。私の失態です。毎月HPを見ていたのに、まだ売ってなくて、まだだろうと、二か月HPを見ないでいたら、すでに売り切れって。。。。

    頭にきて、バリ旅行はキャンセルしました。で、今度は来年の二月にタイに行くことにして、この一週間ほどPCとにらめっこして、旅程を作って、ホテルも航空券も予約しました。タイは、JALだから、大丈夫なんです。

    こんなことをしていて、忙しくて、ここに書き込みできなかったというわけなんです。


    タイは二度目です。18年前にお付き合いしていた彼と行きました。で、その旅行で相手に幻滅して、すぐ別れたという因縁のタイです^^;タイはスパ天国です。男を待たせて三時間スパに行きました。
    今度も風さんを待たせて、三時間スパに行く予定。風さんに18年前の話をしたら、苦笑いしてました。

  • >>No. 19768

    うららさん、ただ世間体が悪いだけで、八年間も二人の生活が続くなんてことは、なかなかないことですよ。

    うららさんはちゃんと旦那様のために美味しい食事を作ってあげて、そうじも洗濯もして、だんなさまはちゃんと働いて、二人の生活をきちんと維持されています。お互いに守り守られて、八年間を過ごしてきたのは、お互いを思いやる気持ちが底辺にあるからではないでしょうか。

    私と風さんは、ただの遊び友達にすぎません。風さんは友達としては極上の相手です。なんでも私のいいなりに動いてくれる。私はもう女友達を必要としなくなりました。

    風さんは、私に出会う前に二人の女性に結婚を迫られて、逃げています。彼は結婚という責任を負う経済力も気概もありません。
    私は結婚したくても子供の反対でできないし、家政婦にされて死ぬまでこき使われることになってしまったというばかな人間です。
    そして、二人とも配偶者を自分のせいで死なせてしまったのではないかという罪の意識を背負っています。

    たまたま二人の利害関係が一致したことが、二人の関係が続いている理由だと思います。

    もちろんその上に、風さんの青年のような情熱が存在していますけどね^^;出会ったときのまま、好きで好きで仕方がないって、なに?って、聞きたくなるほど、私に会うたびに喜んでくれますのよ^^

    なので、私も、風さんに惚れているわけでもなかったのに、この頃は、彼が私にとっては、とても大切な存在に変化してきました。

    うららさんもはるさんとこれからずっと何年も時を重ねて、毎日向き合って食事をして、良きご夫婦になっていかれると思います。つまんないわ、やだわ~なんて言いながら...夫婦って、そんなものですよね。

  • こんばんわ。

    うみさん、カープ優勝おめでとうございます!うみさんの嬉しい気持ちが文面から伝わってきますよ^^

    また大型台風が来ますね。あんずさん、気をつけてね。関東も強風が吹くそうで、びくびくしています。
    兄に電話で先日の台風のことを聞いたら、家に被害はなかったものの、道路に四メートル四方の屋根みたいなものが落ちていたそうで、家の裏にも大きなトタンが落ちていたとか、貸している借家の屋根瓦が飛んで修理中だとか、ものすごい話でびっくりしていたところですが。。。また来るなんて、怖いです。

    今日は風さんが、うちの家のすぐ近くに引っ越すことになって、アパートを見てきました。今はうちの家から歩いて20分くらいのアパートに住んでいますが、もっと近くになります。歩いて3分くらいかな。
    私もやっと風さんとの関係をどちらかが死ぬまでと覚悟を決めたので、できるだけ近くのほうが通いやすいと思ったのです。

    アパートをネットで探して、不動産屋さんに連絡して、見学の予約を取るのも私がやります。
    風さんが引っ越そうかなと私に話して、3日後にはもうアパートの契約書を書かされている風さんです。私はいつだって、仕事が早いのですよ。
    三つ部屋があるので、自分の家で油絵を描くと、娘に臭いと叱られるので描けないでいる可哀そうな私のために、一つ画室として使わせてくれるそうです。とても嬉しいです^^

  • 今日は雨です。すっかり秋の気配。

    うみさん、可愛いかごですね^^パステルカラーが素敵です。

    うららさん、風さんはとっても可哀そうなんですよ。
    私たちは、赤の他人です。「さよなら!」の言葉ひとつで別れられる。
    風さんは、私がヒステリーを起こして、別れます!って怒鳴られることを何よりも怖れて、始終びくびくしている状態です。
    八年間で三回別れることになって、そのたびに娘と息子が私を説得して、事なきを得ました。
    ですから彼は、私の娘と息子のご機嫌を取ることに努力を惜しまないというわけです。グアム旅行の娘夫婦の旅行費をだして、豪勢な夕食を奢ってしまうというわけですね。

    うららさんとはるさんは、ちゃんとしたご夫婦です。いやなら別に相手のご機嫌を取る必要もないので、子供さんたちともお付き合いしなくてもよいと思いますよ。

  • こんばんわ。

    うららさんも春さんと出会って、八年過ぎたのですね。
    私も風さんと出会って、八年過ぎました。

    結婚も同居もしないで、他人のままで、よく八年続いたと思います。
    こんな不細工でわがままでヒステリーで大食いのデブ女を、出会ったときのままの気持ちでずっと好きでいてくれるなんて、ほんとうに風さんって奇特な人なんですよねえ^^
    この頃は私もやっとずっとこのままどちらかが死ぬまで、関係が続くような気がしてきました。

    昨日は、娘と三人でランチしました。
    風さんは、「お母さん(私のこと)が怖い。」と、娘に言っていました。風さんは私のヒステリーが怖くて、いつもびくびくしているのです。
    娘が「母は恐いですよ~~。父にもすごいヒステリー出してましたからねえ。」って、笑っていました。
    夫は私のヒステリーをいつもにやにやして受けていました。そしてどんなに言っても、のれんに腕押しで、私が何を怒っているのかまるでわからず、知らぬ顔でした。
    風さんも夫に似て、穏やかな人なので、私のヒステリーを黙って受け止めてくれます。でも彼は夫とちがって、一応私を怒らせたことを反省はしてくれます。まあ、すぐ忘れているようですけれどね。

    私は風さんに甘えているのだと思います。夫にも甘えていました。甘えられる相手がいて、私は幸せだと思います。


    うららさんも、はるさんにきつい言葉を投げられるのは、甘えがあるからではないでしょうか。
    お母さんにはやめたほうがいいです。年老いて、力のなくなった母親は、守ってあげるべき対象で、子供と同じです。
    私は母親が大きらいでしたが、年老いてからは、なんでも言うことを聞きました。聞けないときは、知らぬ顔をしていましたが。

    風さんが私の家の近くに引っ越してきて、四年ぐらいになります。誰も知り合いのいないところです。
    この頃は、公民館のサークルに入ったことで、お友達が近所にたくさんできました。いまや私よりも知り合いが多いくらいです。
    私たちの関係を羨む方も多いようです。夫婦と間違っている方もいるようですけれど、この頃は私もニセ夫婦に目くじらを立てることもなくなりました。

    八年という歳月が、ギクシャクしていた私の気持ちを滑らかにしたような気がします。ひとえに風さんの努力の結果かもしれませんけれどね。

  • >>No. 19750

    うみさんは、お幸せですね。
    そらさんの悲しい死の記憶の中にさえも、暖かなそらさんの思いやりを感じられる思い出があることは、とても幸せなことだと思います。
    短い夫婦生活だったとしても、良い思い出がたくさんあって、それを支えにして生きていける人生は、素晴らしいことです。

    私の場合は、20年も過ぎた今でも、夫の死の記憶は、不可解な冷たい暗闇です。何故夫が死んだのか?今でも答えがみつかりません。私が死んで、夫に会えたら、真っ先にむなぐらをつかんで、聞いてみたいですわ。
    この暗闇を抱えて生きる人生がときどきいやになることもあります。

    和歌のことは、よくわかりませんが、選ばれた短い言葉で、表現したい情景がはっきりと鮮やかに浮かび上がるのが、和歌の醍醐味ではないかと思っています。
    そういう意味では、先生が添削された歌のほうが、情景がはっきり浮かぶと思いました。


    和歌もお勉強は、楽しそうですね。うみさんはいつも新しいことに挑戦されて、意欲的で羨ましいことです。若さを保つ秘訣ですね^^

本文はここまでです このページの先頭へ