ここから本文です

投稿コメント一覧 (5992コメント)

  • 新型スカイラインの自動運転システムに KYB製SBWを採用

    手を使わない自動運転には SBW(ステアバイワイヤ)必然

  • 四季報のコメントも徐々に軟着陸方向に変化・・には笑ってしまう

    結局、現在の引当金+期毎の雑支出 で対処できそう

    今のうちに買って多少の株価上下に耐えた者が キャピタルゲイン+インカムゲインを総獲することになりそうだな

    我々が買える浮動株は 僅か 350万株

    自動車ダンパーが世界2位、油圧シリンダーが世界首位

    350万株・・・1万株がたったの350口

  • お、アナリスト予想・・・レーティング分布、弱気が消滅・中立のみに変化

    だんだん、弱気から中立へ、ほぼトヨタ紡織とレート一緒

    トヨタ紡織
    (予per9.47 実pbr0.93)
    kyb
    (予per5.47 実pbr0.51)
    (トヨタ紡織なみ評価、5189円~5436円)

  • 8/12日に投稿した自分なりの計算・見方です

    (1Qの営業利益が36.6億円・・・4期分では146.4億円・・・防衛装備過大売上げの税金還付が約10億円

     で通期の営業利益156.4億円 法人税控除後利益106億円・・・一株益418円
    <今日現在、経常利益予想、会社185億、アナリスト165億>
    毎四半期、ダンパー対策費20億円考慮しても、一株益418円(会社予想548円)

    本業はトヨタ売上げ連動で、セグメント利益(粗利)+22%の絶好調
    ・・・・2019年8月(前年比)・・・1~8月累計(前年比)
    世界・・151,356台(120.6%)・・1,269,513台(116.9%)

    一株益418円なら十分、100円位なら配当出すでしょ)

    ・・・・会社では相当、経費削減してますし、トヨタの販売台数も前年比116.9%
    、セグメント利益+22%は経費削減が寄与してます

  • 幼稚な売り煽りしてる間に、 後場は上がりそうだぞ

    ・・・

  • kybの新しいダンパー問題の責任者は 将来の社長候補の経済産業省の元官僚
    だよ
    業界・国との太いパイプ

  • 8/12日に投稿した自分なりの計算・見方です

    (1Qの営業利益が36.6億円・・・4期分では146.4億円・・・防衛装備過大売上げの税金還付が約10億円

     で通期の営業利益156.4億円 法人税控除後利益106億円・・・一株益418円
    <今日現在、経常利益予想、会社185億、アナリスト165億>
    毎四半期、ダンパー対策費20億円考慮しても、一株益418円(会社予想548円)

    本業はトヨタ売上げ連動で、セグメント利益(粗利)+22%の絶好調
    ・・・・2019年8月(前年比)・・・1~8月累計(前年比)
    世界・・151,356台(120.6%)・・1,269,513台(116.9%)

    一株益418円なら十分、100円位なら配当出すでしょ)

    ・・・・会社では相当、経費削減してますし、トヨタの販売台数も前年比116.9%
    、セグメント利益+22%は経費削減が寄与してます

  • >>No. 842

     追伸、 制振ダンパー付随費用は四半期毎計上してるから、このままでは 来年には
    今現在の製品保証引当金は 巨額の残高が残り それが特別利益として戻し入れされることになる

    この掲示板で 偶発債務とかぬかしている投稿者がいるが騙されないことだ、繰り返すが
    今のkybのスキームでは 巨額の製品保証引当金が残ることになる

  • あと1~2年で 7000円目標(約2倍強、2年ほど前の株価)
    で徐々に買い増しのスタンス(多少、株価は上下するから、平準化するため)

    但し、制振ダンパー付随費用を四半期毎に費用化してるから場合に寄っちゃ、通期の
    会社予想を下方修正するかもしれぬが、そこに援護射撃の一括期末配当(中間を無配にして、一括で期末配当にする、配当率25%の100円とか)をだしてくるという
    シナリオが自分のイメージ
    このパターンなら、下方修正で株価下落どころか、正反対に悪材料出尽くし+大幅配当復活で株価は大上昇となると思われる

    つまり、クレディ・スイス、jpモルガンなどが空売りから撤収し、日本インベスター株がほぼ第二位大株主の買い手として登場した背景だとおもう

    兎に角、徐々に買い増しである

  • 結論からすれば・・・・もうクレディスイスであれモルガンであれ、他いろいろ

    全て空売りから撤退しております

    逆に、大口のシルチェスター系の物言う機関が 大株主ほぼ第二位に買い大手として登場してる

    もう売りの時期はプロから見ればうまみなしなんでしょう

    個人は知りませんがね

  • その認識は間違いでしょう
    >801 
    つまり、免震・制振用オイルダンパーは主要構造物ではありませんので、それが原因で建物が倒壊するとういのは理論上からして間違ってます

    >795
    企業会計原則上、<注記>処理は適正な会計処理であります、また金額を合理的に
    見積もれないものを無理に計上すれば、それ自体が不適正な会計処理となります
    つまり795の投稿は 間違ってます

    以上、これ常識

  • なにかしら妙に強いなあ・・・どこか買ってるのか

  • クレディ・スイス、 9/11 三回目の空売り買戻し、報告義務消滅

     クレディ・スイスの空売りは失敗したようですね

     kybは例え通期予想を下方修正したとしても、復配予定をぶっつけてくるのではないかな、そこで悪材料でつくしの大上昇ではとおもいますね
    単純に、大幅黒字転換・復配で株価は大上昇ってことです

     また、世界的にも自動車・部品株は上昇中

    9/12、13の3160あたりの蓋はクレディの空売り残処理と考えたほうが
    良さそうですね
    そろそろ蓋の必要もなくなるでしょう
    次は
    直近高値 3310円、 穴埋め3820円

  • 3連休中に 米中通商協議が進展すんのかな? ボルトンが解任されてから

     やたら世界の株が強くなってきた・・・

  • >>No. 771

    自分でも不思議・・・但し、理由があるでしょ

     つまり、その大事な時に ヘッジファンドがアルゴで株価崩してたんだよ

  • クレディ・スイス 9/5も空売り買戻し

     もう新規に空売りする機関・ヘッジファンド・証券なし

     安心してホールド

  • >>No. 746

    もうまともに売り込む大口・ヘッジファンド・証券も皆無・・・

     反対に日本バリュー(株)のような大株主が登場

     上がりだせば、青天井

  • いよいよクレディ・スイスも空売りの買戻し開始 8/27

  • 8/27日 22:30 (北京 ロイター)

    中国国務院、自動車購入の規制緩和・撤廃検討へ

    欧州自動車株上昇

  • 日米貿易交渉、大枠合意-G7首脳会談で成果発表へ
    8/24(土) 11:32配信
    Bloomberg


    日米貿易交渉は決着へ
    *農産物関税はTPP水準
    *自動車関連関税は現行水準

    三菱総合研究所の武田洋子チーフエコノミストは協議終了前、大統領選をにらんでトランプ氏はTPPや経済連携協定(EPA)の影響が一番出ている農業で、何か勝ち取りたいのは間違いないと指摘した上で、トランプ政権は自動車・同部品に最大25%の輸入関税を賦課することも辞さないとしてきただけに、日本にとっては「農産品で食い止められて、自動車・同部品で25%かけられなかったら御の字」との見方を示していた。

    自動車株には朗報、米国は大口顧客ですからね

本文はここまでです このページの先頭へ