ここから本文です

投稿コメント一覧 (1976コメント)

  • OcNOS

    データセンター向けから下流の事業者向けへと拡張中。
    評価中は多数と書いていた。(まだ、評価か?)

    「OcNOS」は、ネットワークのハードウェアとソフトウェアのディスアグリゲーション(分離)をサポートしていますので、従来型の通信機器でネットワークを構築し、革新的な技術への移行を可能にします。これにより、総所有コスト(設備投資:CAPEX、運用費:OPEX)を60%削減しつつ、柔軟性を向上させます。

    「OcNOS」ソリューションには、DC Clos、DCI(データセンター相互接続)、クラウドゲートウェイ、プロバイダエッジ、メトロネットワーク、モバイルバックホールゲートウェイ/CSRが含まれます。

  • 今度の決算では、
    売上想定、利益ともきちっと出すべし。
    配当額も。そうでないと業者にまた狙われるよ。

  • 3月投稿分で

    ●Odysseyセルサイトゲートウェイ ⇔ AT&T向け
    ボーダフォン、テレフォニカ、TIMブラジル、BT、およびオレンジなど
    Edgecoreと共同で開発と書いている。
    Infineraとのパートナーシップ契約はOdyssey。光パケットソリューションetc...

    ちなみに、 TIMブラジルに関する記事ではポル語で
    評価結果からソフトウェアのAdva、IP Infusion、およびVolta Networks
    を選定だそうだ。

    本日公表分
    Vodafone Webサイトも同様な記事を載せていた。
    ソフトウエアーはこの三社がリストに。
    Adva、IP Infusion、およびVolta Networks

  • 株価
    少しの上昇で、必ず其の分以上の売り増しが「即座」に出てくる。

    金融商品取引法では、風説の流布・偽計、相場操縦(仮装・馴合(なれあい)売買等)
    及び内部者取引といった不公正取引が禁止されています。

    相場操縦、度が過ぎるからね。
    但し、複数で連絡しないと効果がない。

    ●疑念を持つ人はジャンジャン通報しよう
    まともな売り買いなら問題ないが、そうでない取引者にとっては
    金融庁は怖い。

    --------
    ◆証券取引等監視委員会 情報提供窓口(詳しくはこちらをご覧下さい。)

    <平日:午前8時45分~午後5時>

    直通:0570-00-3581 (ナビダイヤル)
    (一部のIP電話等からは 03-3581-9909)

    <24時間>

    FAX:03-5251-2136

    やはり、再度掲載する

  • 株価はジャンジャン下がるが、日経では。
    ---
    伸びる会社 MIDDLE200(日本経済新聞社)
    2017.4.4公開 2019.06.11 更新

    最新版で、総合ランキング
    確かに6位にアドベンチャーが選出されている。

  • >>No. 41

    伸びる会社 MIDDLE200(日本経済新聞社)
    2017.4.4公開 2019.06.11 更新

    最新版で、総合ランキング
    確かに6位にアドベンチャーが選出されている。

    業績で不安要素はないが、株価だけは
    押さえ込まれている。

  • IP Infusion、「CommunicAsia 2019」にて、「OcNOS®」を用いたWhite Box型
    ネットワークへのシームレスな移行を紹介

    会期中「ConnecTechAsia」サミットの「コネクティビティの未来」セクションにて、“データセンター事業者および通信サービスプロバイダにおける新技術領域としてのネットワークエッジ”について講演を予定しております。

    ■講演
    演題: The Open Edge: Delivering Web-Scale Performance at the Edge
    (オープンエッジ:Webスケール※ のネットワークパフォーマンスのエッジでの実現)
    ※「Webスケール」とはクラウドサービス事業者が採用する分散システムによるインフラ構築の考え方。本講演ではそのコンセプトをネットワークの観点から、エッジにおいてどう実現するかについて述べます。
    講演者:Dhiman D. Chowdhury,
    IP Infusion グローバルビジネス開発&製品マーケティング担当バイスプレジデント
    日時: 6月20日午後1時30分~
    会場: Marina Bay Sands 4階

    そろそろ、かな。

  • 好決算で上げた株価を無理やり
    下げさせる。
    これを止めさせないと健全な弱小株主は
    去っていく。投資意欲を半減させる。

    会社に株価対策を頼むのも良いが、悪質な
    売りやさんの横暴を止めさせることも大事だ。

    その点で、証券取引等監視委員会にチェック
    してもらうのが良いではないか?
    話が外に出れば、彼らは止めるだろう。

  • OcNOS®(オクノス)の広がり

    Ocnosが大きく市場に広がっていくには
    関連会社とのサポート、取引が前提条件。
    その意味で、最近の米国上場会社
    Infineraとのパートナーシップ契約(2月)
    Inphiの光伝送モジュール「COLORZ®」 に対応
    には意味がありそうだ。

  • 2019/06/02 09:54

    >>No. 36

    IP Infusion

    プレスリリース2019.02.18
    Mobile World Congress(2月25~28日、バルセロナ):Vodafoneのブースにて、DCSG(Disaggregated Cell Site Gateway)のマルチベンダーのデモに参加します。また「Cassini」パケットオプティカル・トランスポンダーを、TIP(Telecom Infrastructure Project)のデモエリアにて、エンドツーエンドのマルチベンダーのデモに実装します。同エンドツーエンドのデモには、DCSG や「Cassini」、OpenRAN、vRAN fronthaul、エッジコンピューティングから構成されるOOPT(Open Optical Packet Transponder)など複数のTIPプロジェクトグループによるエレメントが含まれています。TIPのOOPTプロジェクトグループは、「Cassini」の開発により、DCI(Data Center Interconnect)やメトロネットワークを相互接続する長距離光伝送向けのWhite Box型ネットワークを提案しています。

  • Edgecore Networks

    日付:2019-02-25
    エッジコアネットワークス、Cassini Open Packet Transponder
    の一般出荷開始を発表

    2019年2月25日、バルセロナ - MWC - オープンネットワーキングのリーダーであるEdgecore Networksは本日、Cassiniオープンパケットトランスポンダー、業界最高容量と100ギガビットイーサネット(GbE)の柔軟な組み合わせを提供する初のモジュラーホワイトボックスパケットトランスポンダーの一般提供を発表しました。 )データセンター相互接続用のパケット交換ポートおよび100 / 200Gbpsコヒーレント光インターフェースおよびサービスプロバイダの光ネットワークの使用事例。 Cassiniは、ネットワーク事業者のコストを削減し、光学技術とソフトウェア技術の選択を可能にする、オープン型の製品です。 Cassiniは、主要な光パートナーであるAcacia Communications、Finisar Corporation、Fujitsu Optical Components Ltd.、Lumentum、およびNTT ElectronicsからのコヒーレントDSPおよび光トランシーバをサポートし、IP Infusionの商用ソフトウェアの選択、およびSONiCやOpen Networking Foundationなどのオープンソースソフトウェアをサポートします。 (ONF)Open Disaggregated Transport Network(ODTN)プラットフォーム。

    オープンネットワークプラットフォームとして、CassiniはIP InfusionのOcNOS TM 、サービスプロバイダーおよびデータセンターの相互接続のユースケースに最適化された主要なホワイトボックススイッチングNOSを含む商用ソフトウェア製品もサポートしています。

    「IP Infusionは、オープンネットワークの分離モデルをパケット交換と光伝送技術の統合に拡張することで、Webスケールのパフォーマンスと低いTCOを備えた長距離パケット光伝送の利点をデータセンターおよびサービスプロバイダの顧客に提供します」と述べました。 IPインフュージョンの社長兼CEO。 「当社のOcNOSネットワークオペレーティングシステムは、すでに豊富なスイッチングおよびルーティング機能をサポートしています。 現在、EdgecoreのCassiniパケット光トランスポンダにOcNOSを導入することで、ネットワーク事業者は既存のメトロおよび長距離高密度波長分割多重(DWDM)ネットワークを容易に拡張および移行し、新しい100G容量を追加し、DC間L2およびL3サービスを拡張できます。 」

  • 30社を超える通信キャリア等の事
    業者との技術検証・実証実験に注力
    しております。

    可能性があるところは。
    あくまで可能性

    AT&T,ボーダフォン、テレフォニカ、TIMブラジル、BT、
    およびオレンジなど。。。BIG ネームがうわさされている。
    協業している関係上、NTTもありえる
    (書いてしまった)

  • 株主の皆さ~ん。

    今回の決算は会社予算の想定範囲。

    前期末の決算予測で今期中間期までは
    前期中間期より売上1億減、純利益も
    赤字幅6億増と書いている。
    大体そんな線の第一四半期決算ですね。

    それ故、投稿も控えていましたが、もう少し
    ですね。

  • 売上、利益

    本社、欧州はそれなりに。
    IP社が問題だ。中間までは良くないと
    会社は考えている。
    想定外ならいいんだが。
    (いろいろありそうな大口案件が”早期に”とか)

  • ホワイトボックス
    APRESIA Systems(日立金属系)が今年より本腰を入れて
    販売するつもりらしい。
    日本でもようやくと言ったところかな。

    Edgecore Japan Summit 2019開催
    参加費   : 無料 先着150名
    オープンネットワーキング市場をけん引する企業が一同
    に集まる貴重な機会となりますので、スケジュール調整のうえ、
    是非ともご来場ください

  • 次世代の車載向けマルチメディアコンテンツ共有ソリューション
    「ACCESS Twine™ for Car 2.0(Twine4Car 2.0)」

    ACCESS欧州もえらい!!
    これだけのソフトは日本にない。
    世界でも最先端を行っている。
    あとはTier 1に売りつけるだけ。
    それが難しい??
    ???

  • IP InfusionのWhiteboxソリューション「OcNOS®」が、 Inphiの光伝送モジュール「COLORZ®」 に対応

    The most recent news story about the stock that appeared in Yahoo Finance‘s news section was titled “IP Infusion Qualifies Inphi COLORZ® in its Latest Release of the OcNOS Network Operating System” and dated May 23, 2019.

    Yahoo Financeのニュースセクションに掲載された株式に関する最新のニュースは、「OcNOSネットワークオペレーティングシステムの最新リリースでIP InfusionがInphiCOLORZ®を認定する」というタイトルで、2019年5月23日付け。

    IP社、Ocnosの認知も上昇したかな? 
    対応とは違って、Qualifiesだと。

  • IP社
    会社の想定によると中間期までは
    業績的に低迷とあるので、投稿を控えている。
    途中、何か良いNEWSが出ればと思う。
    カナダ、Northforge社の動向がさっぱり分からん。

  • カンムのプリペイドカード「バンドルカード」に新デザインが登場
    表側にカード番号のないVisaカードを日本で初めて提供

  • SBIはかなり前から20万を売っている。
    現在は約1.5万を所有。但し、その株は
    貸し株用に他社に貸している。
    社長関連株は以前と同様で66.57%
    (持ちすぎだが)である。
    EDINETで分かる。
    SBIは今後、ワラントで予約金払い済み
    で87万株を取得予定になっている。

本文はここまでです このページの先頭へ