IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2072コメント)

  • IP社の変貌

    1)自社製品Ocnos
    2) AT&TのDANOS-Vyatta edition&
      Open SD-Edge platform
    3)MicrosoftのSONiC(SONiC Distributionと呼ぶ)

    大手の AT&Tとマイクロソフトの製品に自社ソフト製品を関連付けて
    サポートもビジネスにする。
    来年からの売り上げ大幅増に期待かな?

  • 2020/11/25 08:43

    VISNOS

    ACCESSも面白くなって来た。
    米国、欧州が独自の特徴を出してきた。
    クラウド・パワー VISNOS platformテレビ
    次世代、画期的なスマートテレビ

  • 仮想化
    ネットワークのハードとソフトの分離
    の時代を向かえ今、Ip社の売り上げは
    数年以内(極々近いうち)に本体を超える
    ことになると確信する。

  • ローカル5G
    2020/11/02

    オリックスがAPRESIA社を買収
    ローカル5G開発参入
    APRESIA社は日本のEdgecore販売店になっていたので
    注目していたが、オリックスが!!
    日本におけるIP社のOcnosその他のソフト
    販売先になる。

    ACCESSの取締役である宮内が
    動いたことになる。
    ------
    オリックスに続き、東芝、OKI
    がローカル5G支援サービスに参入。
    本日の日経より。

  • The Market Feed Inc.
    November 10, 2020
    データセンターのファブリック市場分析調査

    詳細データセンターファブリック市場の主要プレーヤー-:

    レポートには、主要なプレーヤーのプロファイルと、競争で優位に立つために採用している戦略の情報が組み込まれています。

    少数のプレーヤーのリストは次のとおりです-AristaNetworks 、Inc.、Avaya Inc.、Broadcom、Cisco、Extreme Networks、HP Development Company、LP、Huawei Technologies Co.、Ltd.、Juniper Networks、Inc.、Dell、Unisys、oracle、 ALE International、Hitachi、Ltd.、HiveIO、Big Switch Networks、Inc.、IP Infusion、Corning Incorporated、Wave2WaveSolutionなど。

    大物ばかりの中に
    小物が混じっているね。
    Ip社だ。

  • Ip社の「Universal SD-Edge」
    ― White Box型プラットフォームにより、総所有コストを低減しつつ、VNF(仮想ネットワーク機能)のサポートおよび最高性能を実現 ―

    ------
    次世代のCPE!uCPEのご紹介
    ネットワーク業界に革命が起こるかもしれない!?

    そもそもuCPEって何?
    uCPEのuは”universal”の頭文字で、CPEは”Customer Premises Equipment”(顧客構内設備)の略語です。

    従来のCPEはハードウェアとソフトウェアが一体型の製品(ルータなど)で、
    一般的にCisco、Juniper、YAMAHAなどネットワーク機器ベンダによって提供されています。

    一方のuCPEは、仮想プラットフォームを内蔵したホワイトボックス装置に、仮想マシンとしてネットワーク製品を立ち上げます。
    仮想化により、装置の中にあるネットワーク製品は、作成/削除が自由に出来るようになりました。
    ーーーー

    新たにSilicom社が参入
    Silicomのハードウェア上でAT&Tの「DANOS-Vyatta edition」を利用可能とする総合ソリューションの開発に向けて、IP Infusionと取り組んでいます。当社プラットフォームの柔軟な機能とDANOSコミュニティが融合することで、新サービスを迅速かつ低コストでデプロイしたい事業者にとって画期的なソリューションが生み出されます。

    Silicom 最高戦略責任者 兼 最高事業開発責任者
    Elad Blatt(エラッド・ブラット)氏

    誰かの記事なので
    後ほど削除かな?

  • テレコムインフラストラクチャブログ
    2020年11月5日
    技術的評価に続いて、オペレーターは以下の最良の位置にある
    サプライヤーを特定しました.

    HW IDUの場合:Alpha Networks、Ceragon、Delta、Edgecore Networks、UfiSpace
    NOS SWの場合:Aviat Networks、Ceragon、Adva Optical Networking、IP Infusion、Altran、Exaware&Infinera

    ホワイトボックスの世界で評価されるの
    はうれしいね、生き残った、リードしている。

    (削除するかも)

  • TIPコミュニティのレポート
    2020年10月6日
    ブラジルでは、Edgecore Networks、IP Infusion、Lumentum、およびVIAVI Solutionsにより検証中
    詳細な結果を含む最終レポートは、完了後にTIPコミュニティと共有されます。

  • >>No. 79

    「Open SD-Edge」

    ケタ違いの売り上げをほこるAT&T
    ソフトの一部ではあるものの、その継続、アップデート、サポート
    を行うことになった桁違いに小さいIp社。その差はでかい。
    「Open SD-Edge」はアップデート品です。

  • もう終わってないか?
    さいなら、さいなら。

    Ip社は今、大変革中のことが理解できないのかな??

    台湾の通信事業者Asia Pacific Telecomから受注した
    5,000台以上のセルサイトルーター(CSR)で売り上げが
    どれほどになるか。1台数十万(20~40万円???)
    の売り上げ。計算してみよう
    (2020年7月21日 ネットワーク事業説明会で説明)

    これまで売り上げてきた中では最大となる。
    今後、このクラスの仕事が続出すると思われるし、
    新たに商売をするAT&T連携仕事の
    「Open SD-Edge」プラットフォームも想像が
    つかないよ。

  • >>No. 62

    朝日出版社の「デジタル版審査用見本提供システム」に電子テキスト配信システム「PUBLUS Lite for Browser」が採用
    - 全国の大学へデジタル版審査用見本の配信により、業務効率の向上かつ経費削減を実現 -

    2020.08.05
    講談社グループの豊国印刷が、「デジタル版見本誌提供システム」に電子テキスト配信システム「電子テキスト配信」を採用

    出版社、紙の見本より電子テキスト配信して業務完了が
    時代に合う。

    PUBLUS Lite for Browserの補助金対象ITツールに認定
    も加算される。

  • >>No. 3

    APRESIA社

    オリックスがAPRESIA社を買収
    ローカル5G開発参入

    APRESIA社は日本のEdgecore販売店になっていたので
    注目していたが、オリックスが!!

    すなわち、日本におけるIP社のOcnosその他のソフト
    販売先である。

    ACCESSの取締役である宮内が
    動いたことになる。

  • 何年遅れているか、日本のネットワーク
    APRESIA社(日立電線系)がやっと。

    Open Networkingとは?
    「装置本体(ホワイトボックススイッチ)」「ネットワークOS」「オプション品」等を自由に組み合わせて一つのスイッチをつくる、ユーザー主導の新しい考え方。ハードウェアとソフトウェアを選択できることで、より専門的で、より自由な組み合わせが、ネットワークの可能性を広げます。

    Edgecore Networks社製品ラインナップ
    Network OSと選び方について
    Cumulus,IP Infusion,Pica8

    まあ良いか??


    2020.07.16
    台湾の通信事業者Asia Pacific Telecom(亞太電信)、5Gモバイルネットワークにおけるセルサイトルーターの導入でIP InfusionのWhite Boxソリューションを選定
    IP InfusionのWhite Box型ソリューションで次世代モバイルネットワークを実現

  • 2.8兆円マーケットへ向かって
    突き進め!!!
    IP社の今後の戦略を
    再度、or まだ見ていない衆は
    NETWORKの学習をしよう。
    取締役の植松さんの話。

    https://www.access-company.com/investors/library/

  • マイクロソフトのSONICにも乗っかるIp社。
    ホワイトボックスに繋がるポートフォリオを拡充。

    「SONiC distribution」はIP Infusionよりフルサポートで提供される商用版となり、Edgecore NetworksおよびQuantaのWhite Box型ソリューション、並びにBroadcomのシリコン上で利用することが出来ます。IP Infusionは、「SONiC distribution」をサービスプロバイダーのデータセンターを対象に提供していきます。
    マイクロソフトとは以前から副社長が
    関係について少しコメントしていた。

  • P Infusion、AT&Tの「DANOS-Vyatta edition」をベースにした、
    WANエッジ向け「Universal SD-Edge」を提供開始

    これでひと安心だ。

    P Infusionは、24時間365日のグローバルなサポート体制と共に「DANOS-Vyatta edition」(DVe)ネットワークオペレーティングシステム(NOS)および汎用x86プラットフォームを含む、実証済みのパッケージソリューションを提供します。Silicom社提供のハードウェアによるWhite Box(ホワイトボックス)プラットフォーム製品群は、uCPE(Universal Customer Premise Equipment、汎用顧客構内設備)の選択肢としては初となり、今後ハードウェアの選択肢はさらに拡大される予定です。

    IP Infusionは、業界をリードする企業と協業することで業界最高のVNF(仮想ネットワーク機能)を提供します。「Universal SD-Edge」は、IP Infusionの「Open SD-Edge」プラットフォームの一製品となり、企業やMSP(マネージドサービスプロバイダー)におけるネットワークの俊敏性(アジリティ)を高め、運用コストを低減しつつ新サービスを追加できるようにします。本プラットフォームの上には、ファイアウォール、SD-WAN、WAN最適化などのサードパーティ製VNFを搭載することで、新サービスを迅速に導入することができます

    Silicom社
    イスラエルの会社
    米国上場

  • P Infusion、AT&Tの「DANOS-Vyatta edition」をベースにした、
    WANエッジ向け「Universal SD-Edge」を提供開始

    ブランチSDエッジは公表されていないだけ?
    メインはこのUniversal SD-Edgeですよ。

    株価は誰かが下げさせているが、
    売り上げは「Open SD-Edge」プラットフォーム
    で急激(?)に伸びる。

  • 2020/10/24 14:39

    23 Oct 2020
    Telefónicawatch
    ペルー
    Telefónica partner selected for a commercial deployment of disaggregated gateways. (Telefónica PeruパートナーのInfineraが分解されたゲートウェイの商用展開に選ばれた。)

    Infinera、Edgecore,IP社のラインと思われる。
    CassiniかPhoenixか?
    いずれにしても来年の話。
    じわり、じわりと。

  • この3つがIP社の売り上げに大きく貢献する。

    Virtual SD-Edgeーパブリックおよびプライベートクラウドまたはデータセンター向けのエンタープライズクラスのネットワーキングサービスとVPNテクノロジーを構築および管理するための仮想ルーター

    Branch SD-Edgeー安全なブランチオフィス接続とクラウド移行

    Universal SD-Edgeー適格な仮想ネットワーク機能のリストから新しいサービスを追加するオプションを備えた、データセンターまたはクラウドでの安全なエンタープライズ/ブランチ接続

  • TIPニュース
    VTSがアフリカでTIPのカッシーニソリューションの最初の商用展開を開始
    5th October, 2020:

    やっとIP社がプレス・リリース
    2020年10月21日
    IP Infusionにより、VTSはTIPのカッシーニソリューションを西アフリカに展開できるようになりました
    Virtual Technologies&Solutionsは、IPInfusionのネットワークスタックであるOcNOSを搭載した200kmの200Gbpsファイバーを介して、ブルキナファソの首都ワガドゥグーとダコラ市を相互接続しました。

本文はここまでです このページの先頭へ