IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • 中国の核搭載可能巡航ミサイルを搭載できるH6爆撃機が
    紀伊半島沖まで演習で飛んで来ているのに、日本国国民は
    これに全く危機感を抱かなかった。世界の人々はこの現象
    に恐れ戦いたことだろう。

  • 「具に当世の体を観るに、愚かにして後生の疑ひを発こす。然れば則ち、円覆を仰いで恨みを呑み、方載に俯して慮りを深くす。
     倩微管を傾け聊経文を披きたるに、世皆正に背き人悉く悪に帰す。故に善神国を捨てて相去り、聖人は所を辞して還らず。是を以て魔来たり鬼来たり、災起こり難起こる。」

  • パイプライン価値は、890億円程度(税前)と試算
    トレアキシン®のパイプライン価値は、r/rDLBCLへの適応拡大により潜在市場規模が約2倍になると見込まれること、及び、液剤への切替えで原価率が大幅に改善すると推測されることから、自販のための営業コストを考えても、570億円程度(税前)と試算される。リゴセルチブは、RAS模倣分子として、種々のがん種への適応が期待できるが、低メチル化剤不応の高リスク骨髄異形成症候群のみを対象にした場合でも、249億円程度(税前)のパイプライン価値が期待できる。ブリンシドフォビルに関して、適応対象は、臓器移植を除外し、造血幹細 胞移植後のウイルス感染症(ウイルス性膀胱炎及びHHV-6脳炎)とし、日米欧の市場を考えた場合、そのパイプライン価値は291億円(税前)と試算される。管理費や基礎研究費等の全社コストの存在を考慮しても、パイプライン価値合計は890億円程度(税前)と 考えられる。あくまで、さまざまな前提を置いたうえでの試算であるが、潜在的な価値は大きいと考えられる。トレアキシン® の 適応拡大や剤型変更の申請・承認、資金調達の進捗が 、価値発現のカタリストとなる可能性があろう。
    2020.04.07
    ベーシックレポート改訂版
    フェアリサーチ株式会社
    鈴木 壯


    臓器移植を除くとしているが、昨日の投稿と異なるのだが、シンバイオは何をやっているかが判らない。

本文はここまでです このページの先頭へ