IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • パイプライン価値は、890億円程度(税前)と試算
    トレアキシン®のパイプライン価値は、r/rDLBCLへの適応拡大により潜在市場規模が約2倍になると見込まれること、及び、液剤への切替えで原価率が大幅に改善すると推測されることから、自販のための営業コストを考えても、570億円程度(税前)と試算される。リゴセルチブは、RAS模倣分子として、種々のがん種への適応が期待できるが、低メチル化剤不応の高リスク骨髄異形成症候群のみを対象にした場合でも、249億円程度(税前)のパイプライン価値が期待できる。ブリンシドフォビルに関して、適応対象は、臓器移植を除外し、造血幹細 胞移植後のウイルス感染症(ウイルス性膀胱炎及びHHV-6脳炎)とし、日米欧の市場を考えた場合、そのパイプライン価値は291億円(税前)と試算される。管理費や基礎研究費等の全社コストの存在を考慮しても、パイプライン価値合計は890億円程度(税前)と 考えられる。あくまで、さまざまな前提を置いたうえでの試算であるが、潜在的な価値は大きいと考えられる。トレアキシン® の 適応拡大や剤型変更の申請・承認、資金調達の進捗が 、価値発現のカタリストとなる可能性があろう。
    2020.04.07
    ベーシックレポート改訂版
    フェアリサーチ株式会社
    鈴木 壯


    臓器移植を除くとしているが、昨日の投稿と異なるのだが、シンバイオは何をやっているかが判らない。

  • 中国人の居住区となっている豊島区において、豊島区議が「中共肺炎・・・・」と発言したことがヘイトであるということで、これらのヘイトスピーチを排除する誓願を多くの議員が採択するように働きかけているそうだ。川崎に次ぎ、中国人の租界地となった豊島区が愈々、香港並みに発言できないようになる。日本が日本でなくなりつつある。

本文はここまでです このページの先頭へ