ここから本文です

投稿コメント一覧 (378コメント)

  • 投資のタイミングは、相手が最悪の状況にある時でしょう。SBGの大きな投資先が反日の矛先になってもいけないしね。これから崩壊する韓国経済が韓国投資への最高のタイミングという判断なんだと思う。血に染まる土地を買え。

  • G20でトランプがマサに合併承認の良い知らせをもってくるさ。
    Huaweiの件でマサ(ARM)は協力したし。
    それを織り込んで株式分割の期日が決まってる。

  • ARM CHINAの51%保有で、国産チップが生産できると中国共産党指導部は
    心底喜んでいたのに、米国企業でないARMですら米政権の意向には逆らえない。
    ARMはHuaweiという大きな顧客を失うことになり、長期的には中国の国家事業
    としてのRISC-V勢力を勢いづけてしまうかもしれないから、『どうだ!?』はない
    だろうね。孫さんもさすがに苦渋の決断だと思う。BABAの子会社アントフィナン
    シャルのブロックチェーンが進み、中国のAI技術が進展していくごとに、
    今後米中貿易戦争の正にど真ん中にSBGが位置することになるから、
    米中の間で難しい綱渡りが続くことになるだろう。しかしSBGは日本企業であり、
    米国の同盟国日本の国益を最大化する動きをとることになるでしょう。
    ブロックチェーン(通貨発行権)とAIが世界覇権のキーテクノロジーに。

  • こんなに面白い話はないのにねぇ。笑
    トランプも習近平も孫正義を敵にすることはできない。
    チャイナに深く入り込んでいるからこその特別な地位だ。

  • どういたしまして。
    高橋氏は新聞読まないから、SBGの知識を増やすことは今後もないだろう。
    米中貿易戦争序章において、SBGはキープレーヤーだ。
    SBG(ARM)の動きで米中の勝負が決するのは、見ていてゾクゾクする。
    トランプ政権が続く間はSBGは安定だろう。ドナルドとマサは友達だから。
    6月末のG20のころには、ドナルドがスプリントとT-Mobileの合併承認の話を
    マサへもとへ手土産に持ってくるよ。そしてSBGの分割された株式は上昇する。
    SBGが構築した特別な地位(群戦略)は、日本の国益に大きく寄与していると思う。

  • チャイナリスクは織込んでのBABA:NYSEの株価だろ。SBGの評価が低いのもチャイナリスクの要素は大きい。今日の高橋氏の話ぶりだと、SBGの群戦略も知らなければ、たった20億円の投資が12.6兆円の時価になったことすら知らない様子だ。BABAの香港上場でSBGの持ち株がどうして希薄化するんだよ。(BABA 中国預託証券 )を検索してよく読んでみな。中国の投資家を増やしてBABA株価をあげる仕組みだ。

  • 英ARMは取引停止。ARM mini chinaは取引停止出来るの?中国法人だよね。

  • G20でトランプがスプリントとT-MOBILE合併承認の話を持ってくるとか?

  • WHY OYO LIFE? OYO LIFEが選ばれる理由
    1 初期費用が抑えられる!
    敷金礼金不要、家具家電付きだから無理なく新生活をスタートできます。
    2 18ヶ月以内なら、 これまでの賃貸よりもお得!
    例えば10万円の物件の場合、3ヶ月なら41万円、6ヶ月の利用なら33万円お得に
    3 最短30分。 スムーズな入居手続き。
    入居プロセスを大胆に短縮。 部屋探しから入居前手続きまでが最短30分で完了します。

  • 日経は所詮「東証村新聞」だから、視点がSBGには合わなくなってるかもね。

  • ソフトバンク含み益9600億円か。
    2019/04/13 日本経済新聞

     ウーバーテクノロジーズが開示した資料で、ソフトバンクグループ(SBG)が同社株の16・3%を保有する筆頭株主であることが分かった。上場時の時価総額が1000億ドル前後なら、出資額から計算したSBGの含み益は86億ドル(9600億円)になる。もっともSBGは含み益の一部をすでに利益計上しており、決算にどう影響するかははっきりしない。

  • 米ユニコーン陰る勢い、ウーバー公募価格、予想下回る、市場環境変化、赤字を警戒。
    2019/04/13 日本経済新聞

     未上場の急成長企業「ユニコーン」の新規株式公開(IPO)が試練を迎えている。11日に上場を申請した配車サービス最大手、米ウーバーテクノロジーズのIPO時の想定時価総額は最大で1000億ドル(約11兆円)と、当初予想を2割下回る見通し。IPO市場では「将来の成長性」を理由に赤字企業でも資金を容易に調達できてきたが、世界景気の減速が懸念されるなか、マネーの流れは変わりつつある。

  • Uberの最大株主はソフトバンクで保有率は16.3%。米Alphabetも5.2%保有する。創業者で前CEOのトラヴィス・カラニック氏は8.6%。

  • >>No. 915

    たぶんnewtmobileのサイトのおかげで、FCCに凄く陳情が集まっていると思う。
    反対勢力は、それほどの力はないので合併は承認されると思います。

  • 2019/04/11 10:17

    >>No. 867

    ■F-35 (戦闘機)
    F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機。アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発。開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(英: Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。コンピュータによる情報統合を推し進めており、ヘルメットディスプレイによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超える。航空機を同じ原型の機体により代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づき、ボーイング社のX-32とロッキード・マーティン社のX-35の2種の概念実証(CDP)機が開発された。F-35の主契約社は開発元のロッキード・マーティンであるが、ノースロップ・グラマンとイギリスのBAEシステムズが主要製造パートナーとして計画に参加しており、製造においてロッキード・マーティンと共に機体・操縦システム・アビオニクスなどで作業を分担している[8]。航空システムの実証・システム統合・機体の最終組み立て・軍への引き渡しは、ロッキード・マーティンが行っている。

  • 2019/04/11 10:16

    >>No. 870

    2019/1Qでは、737MAXの引渡不能は12機程度だから12-14億ドル棄損でほぼ影響ないと思う。しかし今後の見通しとしては一番のドル箱機種なので大きく影響しかねない。運航再開されれば、引渡し可能になるなのでその時点で仕掛737maxがドンと利益になるはずだが。

  • UBERのロードショーを前に上げる展開。

  • アラムコ債、応募11兆円、予定額の10倍が殺到。
    2019/04/10 日本経済新聞 夕刊
     【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが初めて発行する債券で100億ドル(1兆1000億円)の調達予定額に応募が殺到し、購入希望額が9日、1000億ドル(11兆円)に達した。新興国企業の債券としては空前の応募額だ。アラムコは調達予定額を当初の100億ドルから120億ドルに引き上げた。アラムコは起債で調達した資金を用いて、国営の石油化学大手サウジ基礎産業公社(SABIC)を買収する計画だ。

    サウジ石化大手を買収 アラムコ、7兆6千億円
    2019.3.28 10:06国際中東・アフリカ
    サウジアラビア国営の石油会社サウジ・アラムコは27日、石油化学大手サウジ基礎産業公社の株式の70%を取得すると発表した。政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から691億ドル(約7兆6千億円)で買い取る。石化事業の強化で、原油価格の変動に左右されやすい経営体質を転換したい考えだ。
    ********************
    サウジ原油価格に影響されない国を目指す。VCへの投資も続けるだろう。

  • 既に大型商業施設にAI清掃ロボットがテスト運用されていて、明確なコスト効率の良さを商業施設の責任者が実感として述べていました。だから、ひと月無料でテスト運用させて、契約に持ち込むという集客方法なのでしょうね。こうやって働き方はどんどん変わっていくのですね。

本文はここまでです このページの先頭へ