ここから本文です

投稿コメント一覧 (950コメント)

  • 立憲民主党の辻元議員は全く日本国の政治家か疑われる著しい下烈な政治家である.何故か❓現今新型コロナウイルス問題で与党は真摯に真剣にこれらの重大問題

    に政策対処している時期である.パンデミックに発展するかの重大な時期である.まさに[時の流れ]に反する様な言動[まさしくドスで刺す様な言動,鯛は腐っても鯛]こ

    の時期は与党も大変な努力をしている時期なので本来なら政治休戦で与党へ手助けすべき時である.これらを熟慮出来ない政治家は国民から見捨てられる.本人の馬鹿さ

    ,下品さを表現したもので,下劣極まりない.立憲民主党も党としてこの時期を熟慮しておおいに反省すべきと思考する.

  • 世界的市場は[コロナウイルス肺炎下落相場]となっている.さてオリンピックまでこのパンデミック現象はどう展開するのか?

    この道の一部専門家によると爆発的に拡散して大混乱が起こり得る.一方タイ国や米国等の保健省によるとインフルエンザウイルスとエイズウイルス(HIV)の治療に使わ

    れる抗ウイルスを投与により劇的病状回復薬が成功しているのでパンデミックの心配は不要との事.さて近未来の現実はどのように展開しているか❓

  • 市場は[コロナウイルス肺炎下落相場]となっている.さてオリンピックまでのこのパンデミック現象がどう展開するかで株価の上下が決定される.

    この道の一部専門家によると爆発的に感染拡大し大混乱が起こり得る.との話と一方米国やタイ国等の保健省によるとインフルエンザウイルスとエイズウイルス(HIV)

    に使われる抗ウイルスを投与により劇的病状回復薬が成功しているのでパンデミックの心配は不要との事.さて近未来の現実はどのように展開するかである.

  • No.798

    強く買いたい

    その内4080 株価は急暴騰す…

    2020/01/30 11:32

    その内4080 株価は急暴騰する.そこで覚えておく重要名は

    フォンデアライアン欧州委員長,ノースボルト社,VW,BMW,TSL,LG化学,CATL

  • No.793

    強く買いたい

    ロイター電によると EVメー…

    2020/01/30 10:21

    ロイター電によると
    EVメーカーテスラが発表した第4・四半期決算は納車台数が過去最高水準に達し,2四半期連続で大黒字を確保した.2020年に50万台超の納車は確定的見透しである.

    株価は13%高の654ドルで,初めて600ドル代の大台に乗せた.テスラは欧州と中国での好調な販売で期末時点の現金保有額は63億ドル(6900億円)となりさらなる飛躍が期待される.まさしくうらまやしい次第である.4080もこれらにあやかろう.

  • No.742

    強く買いたい

    EVsmartニュースより …

    2020/01/28 20:54

    EVsmartニュースより

    [現行リチュムイオンの4倍のエネルギー密度]
    オーストラリアのモナシュ大学の研究チームが現行のリチュムイオン電池よりもエネルギー密度が理論上4倍以上高いリチュムサルファ電池の製造技術を開発した.

    これまでの最大の課題とした正極カソードの体積膨張による劣化を防止し,優れた電池性能を安定して維持,充放電サイクルを大幅に伸ばす事が期待される.研究成果が

    2020年1月4日の[Science Advances]誌に公開されている.なを共同研究先のドイツ・フラウンフォーホァー研究所がプロトタイプの電池試作をしたところ,現行の

    リチュムイオン電池の電池容量(140mgAh/g)をはるかに超える1200mgAh/g以上を示した.また充放電サイクルは200回以上でも安定した性能を示すと共にクーロン

    効率も99%以上であった.この新しい電池のコンセプトは高性能かつ長寿命だけでなく,原料供給も豊富で製造コストも環境負荷も低くリチュムイオン電池に代わる大

    容量電池として実用化が期待される.すでに製造プロセスに関する特許申請済みであり,一回の充電で1000km超の航続距離も可能と言われる.

  • No.734

    強く買いたい

    CO2排出量世界第3位のインド…

    2020/01/28 20:05

    CO2排出量世界第3位のインドも再生エネルギー源(太陽光発電,風力発電,水力発電等)に石炭火力発電から強力変遷する.これらも近未来人類が生存可能かどうかまでお追い詰められた瀬戸際[地球温暖化問題][ホットルーム・アース現象問題][大気候変動問題]等の大問題を認識した結果であり,またオーストラリアから毎年5〜6兆円分の石炭の輸入を中止して財政健全化を図る.一石ニ鳥の政策でもある.
    さらにインド環境相は早急なるEV化も強力推進を意図するとの事.

  • No.704

    強く買いたい

    EU,気候変動に122兆円温室…

    2020/01/27 11:35

    EU,気候変動に122兆円温室ガス[ゼロ]へ計画   時事通信より
    EU欧州委員会は今後10年間で気候変動対策として1兆ユーロ(122兆円)投資する.

    大規模な投資で経済社会の構造転換を促し,2050年に温室効果ガス排出量をEU内[実質ゼロ]の目標の実現を目指す.これらの計画は2019年12月に就任した強固なる意志,

    知的賢明なフォンデアライアン欧州委員長が主要責任者,全権限を把握して[欧州グリーンディール政策]を強力推進させる.これらに鑑み[ノースボルト社]の今後の動きであ

    るがVWは2025年までにEV年間150万台の生産販売の目標のため,現状は電池メーカー(LG化学,CATL,SKイノベーション等)に供給元頼っているが,近未来リチュム電池

    の供給不足早期解消のためノースボルト社の2023年末の生産開始はかなり前倒し計画となり,電池工場建設もスエーデン3カ所,ドイツ5カ所,他EU内2カ所と増設ラッシ

    ュ計画となる.

  • 2020/01/24 13:03

    続編,テスラの時価総額は1000億ドル(11兆円)達してVWを抜き自動車メーカーでトヨタ自動車に次ぐ位置に浮上した.年初から株価上昇率は36%に達する.スイスで

    開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でも環境問題は重要テーマ.アセットマネジメントOneでESGを担当する桜本恵氏は[気候変動]が市場の投資テーマ

    として熱を帯びている.と指摘する.一方で23日の東京市場で三菱自動車が続落して上場来安値に迫った.ドイツでディーゼル車の排ガス規制に関する不正疑惑が浮上した

    事が嫌気された.

  • No.673

    強く買いたい

    日経新聞16面(1月24日)よ…

    2020/01/24 12:49

    日経新聞16面(1月24日)より
    [気候変動株価揺さぶる] 自動車の二酸化炭素(CO2)排出量など,環境規制への対応力が投資家の銘柄選びの基準になっている.ESG(環境・社会・企業統治)への取り組み

    業績と並ぶ評価軸になりつつあり,1/22の米国市場ではEVメーカー,テスラの時価総額が自動車会社で世界2位になった.技術力の分析も進み,対応が遅れるとみた企業

    からはマネーが遠ざかる.

  • 2020/01/22 20:48

    電気自動車ニュースより
    中国製電気自動車[ORA R1]を世界が絶賛❗️100万円で航続距離200km以上を実現

    中国自動車 メーカー[Great Wall,長城汽車]が一充電で200km 以上走れる小型EV車[ORA R1]を発売し,世界的に有名となっている.EVは高価とゆう常識を覆す

    [ORA R1]の登場をいかに評価すべきか?電池容量は35kwhでCATL製造電池で,近くインド市場へ大量販売予定とか?スズキCOやダイハツ等日本の小型車販売有志

    連合社も競争に拍車がかかる.

  • 遂にオーストラリア大森林火災に日本国政府が国際緊急援助隊として,航空自衛隊輸送機C-130を2機派遣する方向である.現地の消防隊員や支援物資の輸送を行う.

  • No.515

    強く買いたい

    ソニーEVコンセプトカー[VI…

    2020/01/14 12:01

    ソニーEVコンセプトカー[VISION-S]素晴らしいスタイル,まさしくカッコイイ,スタイルばかりか性能もテスラモデル3よりも優れものさすがソニーCO,リチュウム

    イオン電池は200kg,航続距離は650kmとかもちろん電池は自家社製造,性能はかなり優れているとの事,近いうち山田電気,東芝,等異業製造メーカーの電気自動車も

    出品可能性極めて大である.各種会社では秘かにEV車を製造して近未来激化するEV市場を観察している.もっとも現今各国政府が遅れをとっている[地球温暖化問題対

    策政策]は既に世界的にかなりな遅れを取り国連事務総長も現今オーストラリアでの昨年9月からの莫大なる森林火災,日本国の面積の半分が燃え盛り消化不能状態,

    地球温暖化のよる[ホットルーム・アース現象]により現地気候温度は39〜53℃であり世界的に地球温暖化問題政策対策が現今の様に遅れを取れば我が国の10年後も

    オーストラリアと同じく消化不能の森林火災が起こり得る.よって早期の再生エネルギーへの変遷や早期のEV化への乗り換えがいかに重要課題であるかが問われる時代

    時の流れである.

  • 2020/01/14 11:27

    IHIの再生エネルギー源,黒潮潮流発電はいよいよ実用化し,近未来の原子力発電に変遷する我が国の大エネルギー源である.日本近海を南から北へ常時一定の莫大なるるエネルギーで流れる黒潮は我が国の重大な宝である.近未来中東からの石油等輸入は不必要となる.もちろんロシアからの天然ガスも不必要となる.年間80超円もの輸入金額が節約出来る.これらを考慮するにIHIの黒潮潮流発電の実用化試験の成功は我が国に取り極めて重要課題である.

  • 新年明けましておめでとうございます.2020年度は田中化学株がいよいよ大大的に飛躍する年である.ここでの飛躍とは具体的には5000円超まで上昇を意味する.

    2020年は欧州連合が脱炭素社会の形成やEV化,再生エネルギー革命の強力推進の世界でのリーダー国となる.続いて中国,米国,...日本国等,欧州連合国に素晴ら

    しい[グリーンに秘めた野心家政治家が新星のように出現]その名はスエーデンの環境活動家グレタ・トゥベリさんのことではない.2019年12月1日欧州連合(EU)

    の行政をつかさどる欧州委員会のトップに就任した[ウルズラ・フォンデァライエン氏]である.前職が独メルケル政権の国防相とゆうとコワモテを連想させるが彼女の

    得意分野は社会政策である.就任直後の12月11日温暖化ガスを実質ゼロにする目標達成に向けた検討項目[欧州グリーンディール]を打ち出した.2030年の温暖化

    ガスを1990年比で50〜55%削減.ユンケル前欧州委員長時代の目標の40%に比べはるかに野心的である.2050年には欧州内の温暖化ガス排出ゼロを目指す.

    現今,未来とも欧州政治は環境問題が主題の第一のテーマである.2019年5月の欧州議会選挙では環境重視のグリーン政党が大躍進した.この様な欧州政治状況に

    おける田中化学研究所がスエーデンの電池メーカーノースボルト社との技術支援は近未来莫大な利益を生み出す.ノースボルト社は現今欧州連合の著名EVメーカーから

    莫大なる注文を受注しておりまさしく予約殺到状況である.この様に日本国内と異なり欧州連合は脱炭素社会の形成,すなわちCO2削減政策が命なのである.

  • 来期黒字化がドンドン進行すれば,来年度中,5000円は上昇する事,確定的である.ただし毎期黒字化が確実に継続するとゆう条件付きである.現今4080 株は

    ESG株の代表的株でもあり,[地球温暖化問題]や[大気候変動問題]に対処出来る株種であるのでの日本国の代表的銀行は莫大な金額を貸してくれる.さらには現今欧州銀

    行は,この様な会社には優遇的大量金額を[会社近未来予想財務内容]を提示することにより,大量金額貸与の機会を提供してくれる.これらの貴重な内容をおおいに利用

    して会社の2020年度の大躍進を企図すべきが株価急上昇の根本にある.

  • 来年は大黒字になり,株価も5000円位になると個人的に予想しているので,現今の株価はあまり気にしていない.買うのは今かな貴方次第で決断すべきである.

  • 2019/12/22 20:46

    FCVは高価格代金を必要とする.水素ステーションは1基4億円〜5億円,水素は天然には存在しないので化石燃料(天然ガス,石油等)から莫大な電気量を使用して人工

    的に製造される.また水を大量の電気量を使用して製造される.故に1L あたり現今の価格は1500円相当で高価である.その他FCVのカソード(水素と空気中の酸素を

    化合させて電気を発生させる高額機器)は高価な白金を大量に使用している.水素は一歩間違えれば大爆発大事故につながり水素ステーションの敷地や施設は周囲に重分

    な気配りをしてその施設を建造しなければならない.よって近未来直ちに流行的拡大建設には今後相当な時間的要素を必要とする.故にEV化の方が先行的に早期施行と

    なる.

  • 田中化学研究所の工場等で使用する電力源の再生エネルギー源は何%であるのか知りたい.何故ならここの会社も立派なESG株である.であるならRE100(使用する電源

    は全て再生エネルギー源)に努力して現今は100%で無くとも何年以内にRE100を達成する計画を宣言する.これらの宣言により一流RE100のリコー社やその他多く

    のRE100実行中の有名企業との取り式が何十倍となる故,RE100宣言は極めて重要である.

  • 近未来,日本国は遅れている再生エネルギー源をさらなる飛躍で,太陽光発電,風力発電だけで無く,有り余る火山国第3位に位置する地熱発電を開発すべきである.日

    本国の素晴らしい優秀な地熱発電技術者は火山国第1位のインドネシアに長期に派遣されその素晴らしい地熱発電に大貢献して来た.にもかかわらず,自国の地熱発電は

    数パーセントしか開発されず有り余る日本国の地熱発電エネルギーは数年前から停止したままである.阿蘇山や桜島等は有力開発地域であり,地熱発電は長所として昼夜

    一定の莫大電源が得られる.これらも送電網の関係から電気を蓄えるため莫大量のリチュムイオン電池が不可欠である.さらにはバイオマス発電も改造の努力もあり,電

    力量も増大して来ており近未来有望である.さらには今話題のIHIの黒潮潮流発電である.日本国の近海を南から北へ常時一定に流れる莫大なエネルギー源を伴う黒潮

    潮流発電である.IHIは長期の実研に大成功し,いよいよ来年度大規模化した潮流発電を九州沖で実用化試験(3000kw)を開始する.これら全て大量のリチュウムイオ

    ン電池を必要とする.であるので田中化学研究所の正極材はEV用,再生エネルギー源のリチュムイオン電池に莫大に使用される.

本文はここまでです このページの先頭へ