ここから本文です

投稿コメント一覧 (52コメント)

  • http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17IGJ_X10C15A4TJ2000/
     
    2015/4/17 23:33日本経済新聞 電子版

    自家培養軟骨の生産能力を増強 再生医療のJ・TEC

     富士フイルムホールディングス子会社で再生医療製品を手掛けるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J・TEC)は6月にも、自家培養軟骨の生産能力を増強する。10億円弱を投じて愛知県にある本社の一部を改装する。自家培養軟骨の急速な普及に対応する。

     設備増強により、年間生産能力は現在の500個程度から数千個規模になるもよう。同社の自家培養軟骨「ジャック」は患者の軟骨細胞を培養した後、欠損したひざ関節などの軟骨に移植する。関節の痛みが和らぐほか、歩行機能を改善する効果も期待されている。

     厚労省は自家培養軟骨の利用には、一定の基準を満たしたうえでJ・TECの研修を受けた医療機関に限定している。2014年春には認定施設は100に満たなかったが、再生医療の導入機運の高まりとともに認定施設も増え、今年4月時点で全国170に広がっている。今後も利用が拡大すると見て供給体制の増強を急ぐ

  • 富士フイルム・テルモ…再生医療参入に弾み M&Aや提携急ぐ

    医療や素材、機械などの分野で、日本企業による再生医療ビジネスへの参入が相次いでいる。医療の姿を大きく変える可能性を秘める再生医療はまだ勃興期。早期の事業化に向けて各社はM&A(合併・買収)や提携を急いでいる。京都大学の山中伸弥教授が2012年のノーベル生理学・医学賞に決まったことで、こうした動きに弾みが付きそうだ。
     
    富士フイルムはこのほど、山中教授が所長を務める京大iPS細胞研究所に細胞を増殖させるための素材の提供を始めた。同研究所はiPS細胞の増殖にこの素材が応用できるか評価を始めた。
     
    同社は10年、再生医療ベンチャーのジャパン・ティッシュ・エンジニアリングに出資、発行済み株式の41%を取得した。iPS細胞研究所に提供した素材は同社の持つ技術やノウハウを活用した。
     
    テルモは昨年、米医療機器メーカー2社を相次ぎ買収した。両社は再生医療に必要な細胞を育てる培養装置や、患者の血液や骨髄から必要な成分を遠心分離する技術がある。帝人も骨髄を加工・培養した脳卒中治療用の細胞医薬品の開発に向け、米ベンチャーに出資。旭化成も再生医療ベンチャーに出資した。
     
    再生医療は病気やケガで失った体の機能を回復させる新たな医療分野。ニコンや島津製作所などは、その中でも有望なiPS細胞を効率よく作製するための装置の開発・商品化を急いでいるが、日本企業の取り組みは多方面にわたっている。
     
    市場調査会社シード・プランニング(東京・文京)によると、再生医療関連の世界市場は10年に約270億円。しかし研究の進展と企業の取り組みで20年には約4000億円になる見通し。iPS細胞の活用が広がれば市場はさらに拡大が見込まれる。
     
    各社はいち早く実績を積み、急拡大が見込まれる新市場での地位を固めるために買収や提携を急ぐ。要素技術を持つベンチャーの数が限られており、早期に囲い込みを果たす狙いもある。

  • 【富士フイルム】米再生医療ベンチャー買収‐約368億円、創薬支援事業に参入 - 薬事日報

    2015年04月07日 06時39分 googleニュース iPS細胞
    【富士フイルム】米再生医療ベンチャー買収‐約368億円、創薬支援事業に参入薬事日報富士フイルムは、iPS細胞の開発・製造大手の米セルラー・ダイナミックス・インターナショナル社(CDI)を買収すると発表した。買収額は3億0700万ドル(約368億円)。4月下旬に公開買い付けを完了する予定。子会社の「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J‐TEC)」などで再生

  • 富士フイルム古森会長、「再生医療で世界一の企業に」
    2015/3/31 23:00

    日経デジタルヘルス
     富士フイルムホールディングスは2015年3月30日、iPS細胞の開発・製造を手掛ける米Cellular Dynamics International(CDI)を株式公開買付け(TOB)で買収すると発表した。手続きは2015年4月中に完了する見込みで、買収総額は約3億700万米ドル(約360億円)。

    同日、東京都内で記者会見を開催した。登壇した富士フイルムホールディングス 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏は、CDIの買収は「アンメットメディカルニーズの究極の解決策とされる再生医療での事業拡大に向けた、重要で力強いステップ。取り組みを加速し、再生医療で世界一の企業になる」と述べた。

     富士フイルムはかねて「総合ヘルスケアカンパニー」を掲げ、ヘルスケア分野を強化してきた。今回の会見でも、同分野は「中長期的な成長の柱として、積極的に事業を拡大する」(古森氏)とした。

     買収するCDIは、2004年設立のバイオベンチャー企業。創薬支援や細胞治療、幹細胞バンク向けにiPS細胞を開発・製造しており、「高品質のiPS細胞を安定に生産する技術で先行している」(古森氏)。既に、ヒトiPS細胞由来の心筋細胞や神経細胞などを創薬支援向けに提供している。従業員数は155人、2014年度の売上高は1670万米ドル(約20億円)である。

    ■細胞治療や臓器再生にも

     富士フイルムは、写真フィルムのノウハウを生かし、細胞増殖の足場となる「リコンビナントペプチド(RCP)」と呼ぶ人工たんぱく質を開発。2014年12月には、自家培養表皮・軟骨などの再生医療製品を手掛けるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)を連結子会社化するなど、再生医療分野を強化してきた。ここにCDIのノウハウを融合する。

  • かつて“巨人”と呼ばれた米イーストマン・コダックはデジタル化の波にのまれ、経営破綻。一方、富士フイルムは新分野を開拓して生き残った。その立役者は何を考え、どのような行動に出たのか。

    「僕はホラは吹くけど、嘘はつかない」

     かつて、部下たちを前に、毅然と、そう言い放った男がいた。現在、富士フイルムホールディングス取締役の戸田雄三だ。

     1989年、成長を続けていた同社の花形商品であるカラーフィルムの生産部門の課長に就任した戸田は職場に入るなり愕然とした。忙しさのあまり笑うこともない、意気消沈とした社員たちを目の前にしたからだ。花形の職場なのになぜみな暗い?
     戸田は社員を奮い立たせるために力説した。「皆さん、僕を信じてください。僕は富士フイルムの屋台骨を支えているいちばん重要なこの職場を明るく、勢いのあるものに変えたいんだ」
     それでも、社員たちの白けた顔つきが変わることはなかった。そこで、戸田は、冒頭の一言で、とどめを刺したのである。「僕はホラは吹くけど、嘘はつかない」

     すると、社員の中からすかさず突っ込みが入った。「私にとってはホラも嘘も同じようなものですが、いったい、どこが違うんですか?」
     戸田は応えた。「ホラは“明日の夢”を語ること、嘘は“昨日の過ち”をごまかすこと」
     とっさに応えた回答だったが、以来、この言葉は、戸田にとって、自身の会社人生を切り開く原動力となった。そして後には、富士フイルムが進む道をも照らすこととなる。

  • PS細胞を用いて画期的な肝臓の芽(肝原基)の培養法を開発した横浜市立大学大学院医学研究科の武部貴則准教授。ヒトの臓器で一番大きく、様々な機能を持つ肝臓に対して、移植以外の効果的な治療方法につながる技術として注目を集めている。再生医療という先端医療だけでなく、広告医学という患者目線から医療を考える活動にも従事し、日本の医療に新風を吹き込んでいる。

  • 東京医科歯科大学の仁科博史教授、英・バース大学の古谷—清木誠氏らの研究グループは、三次元に臓器を形成するための遺伝子を同定。脊椎動物が重力下で立体的な臓器および体を形成する機構の一端を明らかにした。

  • テラ株式会社は、再生医療・細胞医療の要素技術である免疫細胞用凍結保存液の製造、販売に関する独占的通常実施権を取得した。子会社のテラファーマ株式会社に再実施権を許諾し、樹状細胞ワクチン・バクセルを搬送する際に用いる凍結保存液の実用化を図り、バクセルの薬事承認取得に向けた準備を加速させ、治験届を2015年内に提出する予定。

  • 大阪市立大学の中村博亮教授、上村卓也病院講師らの研究グループは、iPS細胞を末梢神経の再生に初めて応用。iPS細胞と人工神経を組み合わせてマウスの坐骨神経欠損部に移植し、神経再生への長期有効性を世界で初めて明らかにした。


  • http://www.jst.go.jp/ips-trend/

    富士フイルム株式会社は、再生医療のための細胞培養・移植に必要な足場素材『リコンビナントペプチド(RCP)』のマイクロサイズのペタロイド状微細片を開発。これと細胞を組み合わせて、モザイク状の三次元細胞構造体『CellSaic(Cell and Scaffold, forming Mosaic)』を作製。これをマウスに移植すると細胞だけ移植した場合と比較して、生体内に移植した細胞の生存率が大幅に高まることを実証した。また、1型糖尿病モデルマウスの実験では、血糖値を制御する膵島、ヒト間葉系幹細胞とRCPのペタロイド状微細片を組み合わせた『CellSaic』を共移植して、血糖値を正常レベルにまで下げることにも成功した。

  • 【富士フイルム】再生医療事業へ本格進出‐J-TECに40億円出資し筆頭株主に

    富士フイルムは、自家培養表皮等を販売する再生医療ベンチャー企業「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」(J-TEC)の第三者割当増資を引き受け、約40億円を出資すると発表した。資本提携によって、富士フイルムはJ-TECの発行株式の41%を保有する筆頭株主となる見込み。写真で培った高分子材料の「足場」技術に、J-TECの「細胞培養」技術を組み合わせることで、再生医療事業に本格進出する。
     富士フイルムは昨年、「医薬品研究所」を新たに設立。写真で培った高分子材料、素材の成型技術などを応用し、リコンビナントペプチドを足場とする素材研究を進めてきた。
     一方、J-TECは昨年1月、日本初の再生医療製品として、自家培養表皮「ジェイス」を発売した。ただ、長期的な事業見通しが不透明なことから、第三者割当による資金調達を決定。富士フイルムが約40億円の増資を引き受けることになった。
     今回の出資により、富士フイルムはJ-TECの発行株式の41%を保有する筆頭株主となる見通し。既に富士フイルムグループの富山化学が、J-TECの大株主となっており、グループ全体では約46%の株式を保有することになる。
     ライフサイエンス事業を成長分野と位置づける富士フイルムは、2008年3月に富山化学を買収し、医療用医薬品事業に参入。今年2月には、三菱商事、東邦ホールディングスと資本・業務提携を行い、「富士フイルムファーマ」を設立し、ジェネリック医薬品を含めた医薬品開発・販売に本格参入するなど、医薬品事業の拡大を進めてきた。今回、J-TECに出資し、新たに再生医療事業にも進出することで、ライフサイエンス事業のさらなる拡大を目指す方針だ。

  • 再生医療研究所
    新しい医療として注目される再生医療の研究・開発を推進強化するために、新たに発足した研究所です。再生医療の三要素(細胞、活性因子、足場)である足場材料として当社独自のリコンビナントペプチドをキー技術に、富士フイルムの培ってきた技術、グループ会社の関連技術を結集し研究・開発を推進します。世界の先陣を切って再生医療分野を開拓し製品を提供していきます。


  • 富士フイルムの動物由来成分を含まない細胞外マトリックス「リコンビナントペプチド」
    富士フイルムは、写真フィルムで培ったノウハウを活用した動物由来成分を含まない(ゼノフリー)リコンビナントペプチド(RCP)を開発しました。リコンビナントペプチドは、スポンジ、顆粒、多孔質粒子、フィルムなどの形態に加工できるため、幅広い用途に適したバイオマテリアルです。

  • 親会社の異動に関するお知らせ

    このたび、当社のその他の関係会社であった富士フイルムホールディングス株式会社(以下、富士
    フイルムホールディングス)が、以下のとおり、親会社に該当することとなりましたのでお知らせい
    たします。

    1.異動に至った経緯
    平成 26 年 2 月 14 日付「第三者割当による新株予約権発行に関するお知らせ」ならびに平成 26
    年 10 月 30 日付「第三者割当による新株予約権の行使に関するお知らせ」でお知らせしたとおり、
    平成 26 年 3 月 31 日付で当社が発行いたしました第三者割当による新株予約権に関して、平成 26
    年 12 月 18 日付で割当先である富士フイルム株式会社(以下、富士フイルム)によりその全てが
    行使され、払込が完了したことを確認しました。
    富士フイルムは当社の筆頭株主です。富士フイルムは富士フイルムホールディングスの 100%
    子会社であり、同じく、当社の大株主である富山化学工業株式会社(以下、富山化学工業)は富
    士フイルムホールディングスの 66%子会社です。平成 26 年 9 月 30 日現在、富士フイルムホール
    ディングスは、当社議決権の富士フイルム所有分(40.98%)と富山化学工業所有分(4.50%)と
    合わせ、45.48%を保有しておりましたが、本新株予約権の行使に伴い富士フイルムホールディン
    グスの議決権割合は 50.33%となり、同社が当社の親会社に該当することとなります

  • 2013 年日経優秀製品・サービス賞「最優秀賞 日本経済新聞賞」受賞のお知らせ

    このたび当社は、日本経済新聞社が特に優れた新製品・新サービスを表彰する 2013 年日経優秀
    製品・サービス賞において、「最優秀賞 日本経済新聞賞」を受賞いたしましたので下記のとおりお
    知らせいたします。

    【受賞名】 2013 年日経優秀製品・サービス賞
    最優秀賞 日本経済新聞賞
    【受賞製品】 自家培養軟骨ジャック
    自家培養軟骨は、広島大学整形外科 越智光夫教授が研究開発されたわが国オリジナルの技術で
    す。越智教授は世界に先駆け、アテロコラーゲンゲル中にて患者自身の軟骨細胞を 3 次元培養した
    自家培養軟骨の移植を行い、それまで修復が不可能であった膝軟骨の再生に成功しました。
    当社は越智教授より技術移転を受け、科学技術振興機構(JST)の支援により製品開発を進め、「自
    家培養軟骨ジャック」の製品化が実現いたしました。ジャックは平成 24 年 7 月に厚生労働省から
    製造販売承認を受け、平成 25 年 4 月に保険収載されました。
    このたび、越智先生をはじめ多くの関係者の皆さまのお力添えにより、栄誉ある賞を受賞するこ
    ととなりました。当社は今後も、医師・医療機関と連携し、患者さまの QOL(生活の質)向上に貢
    献すべくジャックの普及に努めてまいります。

  • 第 5 回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞のお知らせ

    このたび当社は、経済産業省が国土交通省、厚生労働省、文部科学省と連携して開催した第 5 回
    ものづくり日本大賞において、「内閣総理大臣賞」を受賞いたしましたので下記のとおりお知らせ
    いたします。

    【受賞部門】 第 5 回ものづくり日本大賞
    内閣総理大臣賞(製品・技術開発部門)
    【受賞案件】 自家培養軟骨ジャックの製品化 ―わが国発の再生医療製品の実現―
    自家培養軟骨は、広島大学整形外科 越智光夫教授が研究開発されたわが国オリジナルの技術です。
    越智教授は世界に先駆け、アテロコラーゲンゲル中にて患者自身の軟骨細胞を 3 次元培養した自家培
    養軟骨の移植を行い、それまで修復が不可能であった膝軟骨の再生に成功しました。
    当社は越智教授より技術移転を受け、科学技術振興機構(JST)の支援により製品開発を進め、「自家
    培養軟骨ジャック」の製品化が実現いたしました。当社は、高品質で安全なヒト細胞組織利用製品の
    製造方法、原材料、工程検査・出荷検査等を確立し、ジャックは平成 24 年 7 月に厚生労働省から製
    造販売承認を受け、平成 25 年 4 月に保険収載されました。
    このたび、蒲郡市役所(代表:稲葉正吉市長)からのご推薦をいただき、多くの関係者の皆さまの
    お力添えにより、栄誉ある賞を受賞することとなりました。今後も、当社は医師・医療機関と連携し、
    患者さまの QOL(生活の質)向上に貢献すべくジャックの普及に努めてまいります。
    なお、今回の受賞案件につきましては、経済産業省のホームページをご参照ください。
    http://www.meti.go.jp/press/2013/09/20130913004/20130913004.html

  • http://winlife.main.jp/7774.html

    再生医療事業を展開している「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」が外国人投資家を中心に機関投資家やヘッジファンドなどに買われ続け、上場来最高値を更新する青天井相場に突入しています。自家培養表皮、軟骨、角膜上皮などを開発している再生医療ベンチャーのジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、海外投資家が過去最高の買い越し金額を記録するほど日本株を買う展開で、同社も2007年12月にIPOしてから最高の出来高を記録する大相場になっています。ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングだけでなく、タカラバイオやカイオム・バイオサイエンス、 オンコセラピー・サイエンス、 そーせいグループ、ユーグレナ、ジーエヌアイグループ、メドレックス、メディネット、ナノキャリア、アンジェスMGなどのバイオベンチャー株が買われ、東証マザーズの時価総額ランキングの上位を占めており、マザーズはネット関連株というイメージからバイオベンチャー市場というイメージに変わっています。

  • 膝軟骨治療の自家培養軟骨ジャック 使用認定施設が全国 170 施設に拡大し、全都道府県で使用可能に
    平成 27 年 4 月 16 日
    株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
    富士フイルムグループの株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(本社:愛知県蒲郡市、社長:小澤洋介)は、
    膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎(変形性膝関節症を除く)を適応対象とする自家培養軟骨ジャ
    ック®(以下、本品)の普及のため、医療機関及び実施医への研修を積極的に進めています
    。この度、本品を使用できる医療機関(使用認定施設)が全国 170 施設に拡大し、全都道府県で使用可能になったことをお知らせいたします。

    全国の主な使用認定施設の一覧(最新情報)は、下記ホームページをご覧ください。
    http://www.jpte.co.jp/JACC_institutions.html

  • 自らの軟骨細胞を培養…膝関節内欠損 広くても補完

    読売新聞(ヨミドクター) 12月29日(土)12時45分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121229-00000301-yomidr-hlth

本文はここまでです このページの先頭へ